mothra-flight さん プロフィール

  •  
mothra-flightさん: 灰色の脳細胞:JAZZよりほかに聴くものもなし
ハンドル名mothra-flight さん
ブログタイトル灰色の脳細胞:JAZZよりほかに聴くものもなし
ブログURLhttp://ameblo.jp/mothra-flight/
サイト紹介文ミステリ、人文書、ノンフィクションなどの書評。ジャズ、万年筆に関するエッセイなどを掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 1日(平均14.0回/週) - 参加 2005/03/25 11:27

mothra-flight さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ノルベルト・エリアス『死にゆく者の孤独』
  • ノルベルト・エリアス『死にゆく者の孤独』(法政大学出版局)死の意味やその解釈は、社会のあり方によって変化する。暴力や病、飢饉などに人が晒された時代では、死は身近なものであり、現代よりはるかに公共のものであった。だが、それまで公共のものであった死は文明化とともにその性格を変えた。いまや社会は、かつてないほど安全で、市民たちの人生はそれなりに見通しがつき、平均寿命も約2倍ほどに伸びた。このことにより、 [続きを読む]
  • 黒木曜之助『横を向く墓標』(春陽文庫)
  • 黒木曜之助『横を向く墓標 (1979年) (春陽文庫)』作者は新聞記者としての嗅覚を生かし、原研が東海村にできた翌年に早くも「東海村殺人事件」を発表(この作品については、「黒木曜之助『東海村殺人事件』を読む」を参照のこと)。これは日本原発小説の嚆矢のひとつといえそうだが、その3年後に執筆された横を向く墓標(『宝石』1962年6月号増刊)も、国産原子炉がはじめて臨界に成功した頃の東海村原研を舞台とした作品で、茨城 [続きを読む]
  • 過去の記事 …