リゲイン総研 さん プロフィール

  •  
リゲイン総研さん: リゲイン総研〜競馬番組表なんて存在しない〜
ハンドル名リゲイン総研 さん
ブログタイトルリゲイン総研〜競馬番組表なんて存在しない〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/rudolf/
サイト紹介文片岡某は「番組表」という虚像を読み解こうとするが我々は「競馬番組」の実体を解き析かす点で全く別物。
自由文日本中央競馬会は、その名の下で施行される競馬番組の中で「何が勝っても構わないレース」の存在を許諾する事は無いし、1着でも2着でも良いなどという「連対許可」制など存在しない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供446回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2005/04/04 05:39

リゲイン総研 さんのブログ記事

  • 函館最終週 〜ベタなリーディング狙い〜
  •  どうも、騎手地合は、吉田隼人の15勝+最終週12頭騎乗で諦めムード。特に岩田に藤原師が肩入れする訳でもなく、ローテ通りの2頭の出走のみ。それでも出走頭数は岩田が19頭で可能性はゼロでは無い。複数は橋田満2、藤原英2、角田2、西浦勝2が目立つ程度。 池添も兼雄から1頭しかなく学からは無く複数は安田隆行と本田優で馬主はS.モハメッド。社台系生産はノーザンFの5頭。特にここから狙うべき戦歴も今のところ不見当。函 [続きを読む]
  • [SMS]第65回トヨタ賞中京記念〜気になるあの戦歴〜
  •  昨日は、祝日のJRA無施行日という事で地方競馬の掻き入れで全国で6場開催が施行され、予想に追われて何も出来なかったが本日は、3場に収まったので、リアルにオッズを見ながら予想する予定でいる。と言っても、大相撲の地上波が始まれば、とっとと済ませてのんびり観戦したい欲求が出て来るのは間違い無い。 どちらにしても、想定オッズも設定しないままに向かい合う今年の「中京記念」には、昨年◎を打って殿負けした戦歴 [続きを読む]
  • 最終週に戻ってきた「尾頭橋特別」
  •  梅雨明け宣言が躊躇している間に猛暑モードが本格化している現状。「1開催分」を剥奪された北海道シリーズも当たり前のように「全6日開催」に抗う事無く淡々と施行を行っている。 これを「特異」だ「タブー」だ「一過性」だと主張していた打たれ弱いムキは、地下に潜らねばプライドが維持出来ない状況は「東京優駿」を例に挙げなくても何ら、事欠かない編成の常態化。 競馬番組の今週の移動は特別登録馬名表ベースでは、「3 [続きを読む]
  • 福島民報杯に騙されたのか?
  •  いや、そうとは思わないが、結果として、一般の一部メディア予想屋が「福島民報杯」から「鳴尾記念」や「新潟大賞典」を1着したキャラが出た事を理由の当該レースレベルが高いという安易な説に基づいて、これを2着したフェルメツァ推しという展開を予想していた。当研の◎も同馬だが、その理由はレースレベルだとか、そんなものでは無いし、そもそも「民報杯」は今年ハンデ戦で施行されているから、そこからハンデ戦を戦う事が [続きを読む]
  • 夏季競馬番組のコアは日曜日施行
  •  都議選は、小池ワンカラーに終始。小池と言っても共産党の話では無いが、告示前に代表になったチンドン屋さんは、選挙を勝つと、大義名分の下、さっさと代表を辞任するらしい。 中央競馬では、7月競馬が稼働し、土曜の平地重賞が施行されない週末が2カ月続く。日本中央競馬会にとって、この期間こそが「夏季競馬」になる。「サマーシリーズ」の看板を掲げながら「秋競馬」となる「セントウルS」などは、仕組や手続が、夏競馬 [続きを読む]
  • 第58回宝塚記念〜最終結論◎811サトノクラウン〜
  • こいつ、あの下級条件の結果から出目でも引っ張って来るんだろうと想定していた方、残念。 こんなもん、「春天」終了時に既に1着馬は決めていたから、炎十番と同じや。(正確には炎の十番勝負での「宝塚馬」としてエントリーしていたから出走馬予想を含めての推計値となる訳だ) [続きを読む]
  • 第58回宝塚記念〜当日施行の同場同距離戦〜
  •  それが、出目なのか?騎手なのか?明確な解など、どこにも無いし、誰も知らない。それが中央競馬である。今年は、たまたま偶然に同数戦を施行するから、他の分野からも注目を集めるのは当然の話。 キタサンブラック推しの話は、ヒシマサルが語ってくれるだろうし、相手がルメールに見えるのは誰の目にも明らかだが、それは、キタサンブラック有りきの展開である。 付近では、空が大泣きしているようで、この雨雲は、仁川の街も [続きを読む]
  • 第58回宝塚記念 〜G1覇者世代推移〜
  •  それが、出目なのか?騎手なのか?明確な解など、どこにも無いし、誰も知らない。それが中央競馬である。今年は、たまたま偶然に同数戦を施行するから、他の分野からも注目を集めるのは当然の話。 キタサンブラック推しの話は、ヒシマサルが語ってくれるだろうし、相手がルメールに見えるのは誰の目にも明らかだが、それは、キタサンブラック有りきの展開である。 付近では、空が大泣きしているようで、この雨雲は、仁川の街も [続きを読む]
  • 第58回宝塚記念〜11頭立戦の金曜発売〜
  •  戦歴研究者の殆どが、想定の範囲にあった、ファン投票第1位のキタサンブラックと8位でのサトノクラウンの同枠配置が実現したが、それぞれがそれぞれのロジックによって導出される結果は、真逆のものになる可能性も見え隠れする。サトノクラウンの昨年のファン投票順位は28位だった。17頭立の8枠で1着馬マリアライトの同枠を演じた同馬であった事だけを理由に今年の8枠を予測しただけでは不完全だろう。2億狙いの段取りは、 [続きを読む]
  • 第24回函館スプリントS〜G1馬の無増量出走〜
  •  G1「高松宮記念」から1着馬が出走し単勝1番人気を誇っている。そのセイウンコウセイは斤量負担で、一昨年の14着惨敗馬コパノリチャードの58kロとは全く異なると言う事で、コパノの4.0倍とは雲泥の35%以上の得票(単2.1倍)を誇示する8枠12番セイウンコウセイだが、同馬が増量にならないのは、4歳馬である事が最大の理由とも言える。そもそも小銭集めに走ったG1馬は特に珍しいとは言えない。 G1馬がG3参戦し単勝1番人気馬 [続きを読む]
  • [コピー]平成29年度夏季競馬番組の概要について (Pdf→TexT版)
  • 平成29年度夏季競馬番組の概要について<3回東京・3回阪神・1回函館(6月)〜2回新潟・2回小倉・2回札幌(9月)>                                                平成29年4月9日                                                JRA日本中央競馬会 夏季競馬においては,翌年のクラシックを目指す 2 歳馬がデビューする [続きを読む]