リゲイン総研 さん プロフィール

  •  
リゲイン総研さん: リゲイン総研〜競馬番組表なんて存在しない〜
ハンドル名リゲイン総研 さん
ブログタイトルリゲイン総研〜競馬番組表なんて存在しない〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/rudolf/
サイト紹介文片岡某は「番組表」という虚像を読み解こうとするが我々は「競馬番組」の実体を解き析かす点で全く別物。
自由文日本中央競馬会は、その名の下で施行される競馬番組の中で「何が勝っても構わないレース」の存在を許諾する事は無いし、1着でも2着でも良いなどという「連対許可」制など存在しない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供402回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2005/04/04 05:39

リゲイン総研 さんのブログ記事

  • 条件戦マニア〜(祝土)開催 九十九 夕月 大スポ杯〜
  •  いざ、条件時別の結果を並べると、何を発信すべきか迷ってしまうが、例えば阪神メインの「大スポ杯」はプロレス馬券なのらしいが、それ以前に、単勝1番人気馬を圧倒的に推す項目が複数存在していたのである。 このダ14の準OPは、過去5年単勝1番人気馬を勝たせていないが、今年は前走2枠で走った戦歴を1着起用する事になっていた。出走馬には、その条件を満足する馬がサトノファンタジーとエルフィンコーブの2頭の4歳馬が [続きを読む]
  • (変更版)第71回セントライト記念〜最終結論〜
  •  見直しで、皐月賞同枠を2着想定にして・・・まぁいいか、誰でも中るし、誰でもWIN5が配当されるWIN5特異日の馬券やもんな。 1着馬以外の掲示板が総て関西馬というケースは、人気サイドでも仕方ないわな。 (優)無し皐月賞馬は「消」とした。「セントライト記念」と言えば、G3である点をスルーすれば、ルドルフも出て来るだろうが、今は「朝日」がついて(国際)であるから、そんなもん超えたの潜ったのと、派生させても [続きを読む]
  • 【復活性再生】汐留特別 〜不安定な○○戦〜
  •  2015年降格「汐留」を勝ったウインオリアートは惜しくも「レインボーS」で単勝10番人気4着。同枠の単勝3番人気馬は、さらに下位の7着だった。その幕引から1年を於いて今年、復活性再生する「汐留特別」は、3日連続開催専用であるが、2011年〜2014年までは春季で一部1000万条件格付の施行である。2005年〜2010年は「4回中山」での施行。ここらは、芝1200と芝マイルの出たとこ勝負番組であった。  [続きを読む]
  • 東西メインが3歳トライアルG2という秋季番組稼働2週目
  •  秋季競馬番組も「サマーシリーズ」の完結を経て、その夏の残り香を一掃し関西でも、関東でも主場のメインは3歳のG1トライアルという馬齢戦での編成は、2003年から稼働したものだが、単純に「秋季定量戦≒馬齢戦」とするムキには、その歴史は古い事になる。 と言っても、「京都新聞杯」が秋季で施行されていた頃まで遡及する訳ではなく3歳改革の1996年以降の景色が見合うのは、「E女王杯」と「秋華賞」の新設が大きく影響す [続きを読む]
  • (コメレス)ダノンプラチナの取消とダノンリバティの3着起用
  •  しかし、そこまでウォッチされてQコメされるとは・・・油断ならんな(笑) 一言でお答えするなら「只のヤマ勘」です。ヤマ勘について敢えてコメントに明記するのは、それぞれの事情と言ったところでしょうかww昨年の「AH」も102の取消発生戦でした。そこで、今年取り消した305ダノンプラチナが3着に敗退。今年の「AH」は510の取消発生戦です。そこで、713ダノンリバティの3着を怪しいと睨んだ訳ですが、◎と▲が無駄な戦歴 [続きを読む]
  • [SMS]第62回京成杯オータムハンデ〜最終結論〜
  •  主催者も律儀なもので、シリーズ暫定10位までを掲載すると決めたらこの「SMS」まで、参加賞のポケットティシュを持っている戦歴まで、列挙する。同じ1ポイント10位なのに、ウキヨノカゼが一番上にあると、何でも気にするムキには、勘違いが生ずるでは無いか?野球やないから、得失点差なんて無いし、それに見合う、着順によるソートでも無い。これを問い合わせても、応えはいつも「順不同」であるが、それは面倒だから、そう応 [続きを読む]
  • 第2回紫苑ステークス〜オークス出走馬の取捨選択〜
  •  昨年、重賞に昇格して突然、「秋華賞」1、2着馬を出した「紫苑S」だが、1着馬ビッシュは「オークス3着馬」が影響したのか本番「秋華賞」では10着だった。「オークス3着」の秋季の歴史は1998年のファレノプシスが(優)所持馬の王道だが、既にこのトライアルは存在しない。TMオーシャンは、2歳G1歴を持つ桜花賞馬として「秋華賞」で起用されたもので、これが(優)なし直行馬の基本形になる。 さて、ビッシュの「オークス [続きを読む]
  • 平成29年度秋季競馬番組の稼働と夏季諸般の残香
  •  現行競馬の、表層部では秋季競馬番組の稼働は2場開催で稼働するが、嘗て春季競馬番組内で、3歳上重賞やオープン特別が先行して施行されていたように、秋季競馬番組が稼働しているにも拘わらず、夏季の残香が「2回札幌競馬」によって香っていた。 だから「スプリンターズS」は「2回札幌最終日」と共に施行を完了する必要があったし、その週の土曜には「札幌2歳S」が施行されていた。だから、10月施行の「札幌2歳S」も存在し [続きを読む]
  • 再び2場3日連続開催の編成
  • 平成29年度秋季競馬番組が稼働する。この段階、時期になると、「有馬記念」や、今年は、その後に施行される「ホープフルS」の扱われ方から来年度の「開催日割」予測に至るまで、巡らせる事になり、その結果は、「小倉2歳S」「新潟記念」の結末である。先週の記事投稿が閑散だったにも拘わらず、最近の傾向だが、「上から目線のクレームコメント」が一切無かった。まぁ、そんな些細はどうでもいい事で、要は、秋競馬の結果であ [続きを読む]
  • [コピー]平成29年度秋季競馬番組の概要について (Pdf→TexT版
  • 平成29年度秋季競馬番組の概要について<4回中山・4回阪神(9月)〜5回中山・5回阪神(12月)>                                平成29年7月30日                                JRA日本中央競馬会  秋季競馬は,3歳クラシックを締めくくる菊花賞をはじめ,天皇賞(秋),ジャパンカップ,有馬記念などのG1競走を中心に,各世代・各路線において本年の集 [続きを読む]
  • 第37回小倉2歳ステークス〜最終結論〜
  •  フェニックス賞連対馬不在が、そのまま起用性に反映された形だが...同枠の和田から手綱を移された武豊が「北九州記念」に引き続き獲ってしまうとは。 当該重賞がいつまでも、芝1200mに拘るのは別段、スプリント専用馬を選定する為では無い。JRAは、そのうち、直千のローカル2歳重賞も青写真にある。それらの戦歴には明け3歳のクラシックは無いから3歳G1にスプリントが加わる可能性もある。 [続きを読む]
  • (農)第52回札幌2歳ステークス〜最終結論〜
  •  やはり「新潟2歳S」で、隔離された「新潟デビュー馬」が起用されるという事か。ダート勝ちのサージュミノルの同枠、未勝利の(外)マツカゼの同枠が、それぞれ連対枠をつとめた事を結果論にしてはいけないんだろう。 結局、キーホースを、そのまま採用した形となった。だが、同馬は「新潟」である。いや、デビューは「東京」である。単勝1番人気での敗退も無い新馬戦敗退馬である。 [続きを読む]
  • 平成29年度秋季競馬番組に向けての主催者のシナリオ1本
  •  本日の全レース予想をしていて思った事を1つ備忘録しておく。何年かに1度、主催者が行うシナリオの1本に。。[地]の芝戦での活躍。ダート馬と思われる戦歴の芝戦での頭角。というものがある。それが2歳戦や3歳クラシックで稼働するか古馬混合のステージで稼働するか未検証だが...どうも、そのフシが見られる。[地]の。。。は、2歳オープンで(優)を獲得した事案が1つの因になっているのは誰の目にも明らかだが、中央デビュ [続きを読む]
  • 今週の施行変更と前年比較
  • た〜たぁと見ただけなので資料は無いが土曜の編成は、まるっ切り昨年と同じで、それは下級条件にも及ぶ。そんな中で、小倉の第1競走に障害オープンが12頭立で組まれているが元々、競馬番組的には、編成は「障害未勝利戦」で「障害オープン」は第4競走である。しかし、未勝利は11頭立戦で、これを組み替える必要性は感じない。昨年は、編成第1競走「障害未勝利」11頭立戦。第4競走「障害OP」8頭立戦で施行順は変更されていな [続きを読む]
  • 今週の重賞雑感〜(農)第52回札幌2歳ステークス〜
  •  メディアの話題は、やはり、オルフェーヴル産駒2頭の対決になっているのだろうか。そもそも「ローカル2歳S」は、その地でデビューした代表を「2歳G1」の舞台に送り出す為のものであったが、多様性の現行競馬では、そんな事は言ってられないようで、先週の「新潟2歳S」では、「新潟デビュー馬」が総じて隔離されるという状況は、人それぞれ様々な結果論が存在するだろうが、正規では無いのは当然の話である。それは「函館2歳 [続きを読む]
  • 今週の重賞雑感〜[S2K][農]第53回新潟記念〜
  •   今週の開催については、殆ど何も行っていないので、至極、一般的な事を少し書いておく。既に気持ちは「秋季競馬」である事は当然の話。S2Kも最終戦である第5戦「新潟記念」を施行する訳だが、ここで勘違いしないで欲しいのがシリーズ最終戦であるから、決定権がこの番組が所持しているという思い込みである。結果として、そうなる事があるのは、そういう条件(シリーズ既走馬のポイント配分では無い)が揃った時だけである。 [続きを読む]
  • [SWIN5-2][SSS]第12回キーンランドカップ〜最終結論〜
  •   今週の開催については、殆ど何も行っていないので、至極、一般的な事を少し書いておく。既に気持ちは「秋季競馬」である事は当然の話。S2Kも最終戦である第5戦「新潟記念」を施行する訳だが、ここで勘違いしないで欲しいのがシリーズ最終戦であるから、決定権がこの番組が所持しているという思い込みである。結果として、そうなる事があるのは、そういう条件(シリーズ既走馬のポイント配分では無い)が揃った時だけである。 [続きを読む]