モコ さん プロフィール

  •  
モコさん: 頭をバックアップ
ハンドル名モコ さん
ブログタイトル頭をバックアップ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/moco_660/
サイト紹介文ドラゴンズ戦の感想やドラ番組のテキスト実況やってます。高校野球を中心としたアマ野球、MLBもたま〜に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2005/04/11 23:57

モコ さんのブログ記事

  • 1番から3番打者へ 大島の思い///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、今季途中1番から3番に打順が変わりながらもヒットを量産し続ける大島の特集を放送してくれてました。大島「去年、シーズン終わってからずっと体をつくってきた中で、去年のシーズンよりも強くなってるかなと思いますね」今シーズン、大島は最高の滑り出しをみせた。4月30日にはプロ通算1000安打に到達。シーズン序盤の1ヶ月を打率.372と打ちまくり、自身初の月間MVP。このシーズン最初のひと月で大島の役 [続きを読む]
  • 柳裕也&京田陽太、それぞれの前半戦///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、柳と京田のルーキーコンビのインタビューや、先日復活星を挙げた吉見の特集など放送してくれてました。柳&京田のインタビュー。ちなみに別撮りのようです。柳「何でも言える存在だと思ってます」京田「頑張ろうっていう気持ちになったんで、ホントに感謝してます」活躍のウラにはふたりの絆があったドラゴンズの未来を担うゴールデンルーキー。先発ローテーションの一角を担うドラフト1位・柳裕也。ショー [続きを読む]
  • 若竜たちが輝いたフレッシュ球宴///スポスタ魂
  • 今週の中京テレビ「スポーツスタジアム魂」スポスタ魂は、静岡・草薙球場で開催されたフレッシュオールスターに選ばれた若き4選手の様子と、現地に入っていた湊川誠隆さんの直撃インタビューなど放送してくれてました。木曜日(7月13日)、静岡・草薙球場で行われたフレッシュオールスター。ドラゴンズからは丸山泰資、笠原祥太郎、石岡諒太、近藤弘基の4選手が初めて出場しました。(屋内練習場にて)湊川「選ばれましたけど、目 [続きを読む]
  • 峰竜太が森監督を直撃///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、放送当日・7月15日午後3時ごろ、ナゴヤ球場での練習の合間に、峰さんが森監督を直撃インタビューしてくれてました。(放送当日・7月15日、ナゴヤ球場の一室にて)峰「きょうはこれから監督にいろいろお話をうかがいます。まずは前半戦お疲れ様でした」森監督「何とか無事に終わりたかったんですけどね」峰「後半戦をいかに戦うか、監督にじっくりお話をうかがってまいります」峰「今の時間が3時10分でござ [続きを読む]
  • 森監督が生出演///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、ナゴヤドームで練習中の森監督が生中継で出演、後半戦巻き返しへの秘策などを語ってくれてました。オープニング。(VTR)(記者会見)森監督「また(借金が)7に戻ってるという状態は不甲斐なさを感じますけども」前半戦を37勝44敗の5位で折り返したドラゴンズ。(記者会見)森「目標はずっと5割。Aクラスの争いの中に入れるのかなと思っています」5割復帰、さらにはAクラス、上位進出へ明るい兆しも見え [続きを読む]
  • オールスター選出選手たち///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、今年はナゴヤドームでも開催されるオールスターに選出された4選手の記者会見の様子などを届けてくれてました。オールスター出場選手、まずは投手編。(記者会見)又吉「(監督推薦で)選んでいただいたので、野球選手としてあの大舞台に立てることは、本当にありがたいことだなと思います」バルデス「日本で初めてのオールスターでとてもうれしい」今年のオールスター、ドラゴンズから選ばれた投手はこのふ [続きを読む]
  • 京田陽太 第1打席へのこだわり///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、ドラの切り込み隊長として頑張っているルーキー京田陽太に、宮下純一くんが迫ってくれてました。宮下「お願いします。大活躍ですね!」京田「いや、そんなことないです(笑)」宮下「ホントですか〜!?」いまチームで最も輝きを放っている京田選手。(以前放送)森監督「1年間使うと決めてるんで。ボコボコにされてもやらせる」森監督の期待も高いドラフト2位ルーキーに、わたくし宮下が直撃です。現在 [続きを読む]
  • 再び輝く鉄腕・岩瀬///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、セットアッパーとしてチームの浮上に貢献している岩瀬の特集を放送してくれてました。岩瀬「(投げられないと)生きてる感覚がしないんですよねぇ」2015年はヒジの故障で1軍登板ゼロに終わった。岩瀬「上(1軍)での苦しみっていうのは幸せなんだなというのは思いましたね」2016年は15試合に登板するものの、セーブを挙げることはできなかった。岩瀬「ダメならね、潔く(引退)できるかなと思って」ダメ [続きを読む]
  • 小笠原慎之介、覚醒の時///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、交流戦での菊池雄星との投げ合いで覚醒した!?小笠原慎之介の特集と、得点圏打率がリーグトップの大島のコメントなど放送してくれてました。打撃好調・大島のコメント。(ヒーローインタビュー)大島「何とか先に点をと思って打席に入りました。打った瞬間に抜けると思ったので、ヨッシャ!っていう感じでしたけど」大島のバットが止まらない。交流戦明け7試合の打率は.423。さらに今年はリーグトップの得 [続きを読む]
  • 柳裕也・亡き父に捧げる初勝利&脇役に徹する亀澤///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、父の日にプロ初勝利を挙げたルーキー柳裕也に上山アナがインタビュー。またそのゲームで決勝打を放った亀澤の特集を放送してくれてました。上山アナが柳にインタビュー。先週日曜日(6月18日)のライオンズ戦、柳裕也はプロ初勝利をかけ3度目の先発マウンドへ上がった。柳「2回先発してみて、自分の中では行けるなっていう手応えがあったんで。投げる前は父の日って分かってたんですけど、でも結果的に父の [続きを読む]
  • 森監督が前半戦を総括&小笠原インタビュー///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、森監督が前半戦を総括。各選手への評価と期待を語ってくれてました。また、宮下純一くんが小笠原慎之介を直撃インタビューしてくれてました。森監督が前半戦を総括。交流戦を終えて28勝36敗3分け。森監督は後半戦巻き返しへの戦い方をどう描いているのか。選手個々の評価と今後への期待を踏まえ話を聞いた。まずは前半戦の戦いをどうとらえているのか。森監督「4月5月の5連敗というのがしんどかったと。 [続きを読む]
  • D-LOVE5 直倫・松井雅人・準規が本音トーク///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、「ガールズシリーズ」のファン投票で選ばれたイケメン5人組「D-LOVE5」から、堂上直倫・松井雅人・伊藤準規が○×インタビューに答えてました。鈴木孝政さんが放送当日・6月17日のヒーロー、木下拓哉を直撃インタビュー。(試合中継からの流れだったため、少し切れています)鈴木「ナイス追加点のヒットだったよね」木下「そうですね、守りでも自分を楽にするタイムリーだったので、よかったと思います」鈴 [続きを読む]
  • 荒木・2000安打への軌跡///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、先日みごとに2000本安打を達成した荒木をお祝いする特集一色でした。荒木、2000本までの軌跡。(色紙をしたためる荒木)荒木「この“驚”(おどろき)っていうのは、僕が2000本打てたっていうことの驚きです」荒木雅博、2000安打達成に自ら驚く。プロ22年目、その軌跡に迫った。(6月3日、記者会見)荒木「(プロ入り当時)バッティング練習とかを見ても『プロ野球選手か?コイツ』っていうような感じだっ [続きを読む]
  • 荒木2000本安打への道のり&星野仙一登場///サンドラ
  • アップが大変遅くなってしまいましたが、先週のCBC「サンドラ」は、星野仙一・イーグルス副会長がスタジオ生出演。下位低迷が続くかつての古巣・ドラゴンズに、率直な提言の数々を投げかけてくれてました。荒木の足跡。(VTR)1996年ドラフト1位でドラゴンズに入団。初ヒットは2年目だった(97年6月11日)。スイッチヒッターに挑戦したこともあった。(2002年)俊足を生かした守備範囲の広さでレギュラーをつかむと、そこから着実 [続きを読む]
  • 闘将・星野仙一&荒木が登場///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、ナゴヤドームの放送ブースから生放送。この日の対戦相手・イーグルスの副会長、闘将・星野仙一さんがゲストで登場したほか、終盤には記者会見を終えて駆けつけてくれた荒木との楽しいやりとりもありました。峰「きょういかがでした、荒木さんの2000本安打。ご自分が(ドラフトで)指名してドラゴンズに入った人が2000本っていうのは、何かまた感慨があるんじゃないですか?」星野「(立浪)和義は打つだろ [続きを読む]
  • 祝2000本安打・荒木が語る胸の内///スポスタ魂
  • 今週の中京テレビ「スポーツスタジアム魂」スポスタ魂は、遂に2000本安打を達成した荒木の特集。湊川さんによる荒木への独占インタビューを行ってくれてました。(6月3日、2000本安打達成会見)試合後に行われた記者会見。荒木は若手時代を振り返った。荒木「(熊本に)帰りたいし、辞めたいばっかりでしたねぇ、若いころは。ほんとバッティング練習とか見ても『プロ野球選手か?コイツ』みたいな感じだったんで、自分でもそう思っ [続きを読む]
  • 交流戦開幕///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、いよいよ始まる交流戦。ドラゴンズはどう戦ったらいいのか、スタジオ解説の今中慎二さん、川上憲伸さんが語ってくれてました。(VTR)運命の分かれ道、セ・パ交流戦がいよいよ始まる。過去の成績を見ると、パ・リーグが圧倒的な力を見せつけている。セ・リーグは12年間でわずか1度しか勝ち越したことがない。そんな中、ドラゴンズは通算147勝143敗10分けと苦手意識はない。さらに通算防御率はセ・リーグ [続きを読む]
  • D×C戦生中継、又吉に生インタビュー///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、ナゴヤドームから生放送。放送当日・5月20日の勝ち投手だった又吉がインタビューに答えてくれてました。山本昌「ベンチ前です〜。又吉投手に来てもらいました。ナイスピッチングでした」又吉「ありがとうございました」昌「調子はどうでした?」又吉「この前やられたっていうのがあったので、練習はブルペンの回数増やして、何としてもきょうは勝ちたいっていう気持ちで臨めたかなと」昌「その割にはそんな [続きを読む]
  • 柳裕也1軍への道のり&課題克服へ石岡諒太///スポスタ魂
  • 今週の中京テレビ「スポーツスタジアム魂」スポスタ魂は、中京ゴルフクラブ・石野コースから生中継。いよいよ1軍登録されたドラ1ルーキー柳、キャンプで期待されるもオープン戦で結果を残せず2軍スタートとなり苦しむ石岡、投打の若手にスポットを当ててくれてました。柳の特集。5月5日、ナゴヤ球場。柳裕也は真夏のような日差しの中で体を動かしていた。開幕前、六大学リーグナンバーワン投手としてファンやマスコミの注目を集め [続きを読む]
  • 大島・月間MVP受賞///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、自身初の月間MVPを受賞した大島の、受賞記者会見でのコメントを放送してくれてました。ドラゴンズが誇るヒットメーカー、大島洋平。自身初の月間MVPに輝いた。(記者会見)大島「(主催者が古巣の)日本生命なので、1回はやっぱり獲りたいと思ってましたけど、開幕から最初の月でこうやって獲れて、すごく光栄なことだと思います」開幕から全試合出場、打って打って打ちまくり、ドラゴンズでは歴代2番目 [続きを読む]
  • 柳裕也 待望の1軍マウンドへ///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、ヒジの故障も癒え、いよいよ1軍マウンド間近?というドラ1ルーキー柳裕也の特集を放送してくれてました。ドラフト1位ルーキー、柳裕也。ここまで3度2軍戦で先発し、安定した投球で猛アピール。いよいよ1軍合流へ。即戦力として期待され注目された初めてのキャンプ。縦に大きく曲がるカーブ、そして冷静なマウンドさばき。高度な投球術を武器に開幕ローテーション入りもささやかれた。しかし3月のオープン戦 [続きを読む]
  • 柳・1軍昇格へ3度目の登板///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、1軍昇格を目指しファームで3度目の登板を果たした柳の話題を放送してくれてました。1軍昇格に向けて最終段階に入った柳は、きのう(5月6日)3度目の実戦に登板しました。本人は序盤から苦しいピッチングだったと振り返るものの、それでも試合をつくることができたと要所を抑え、粘りの投球を披露。ファームでは最長となる7回、そして最多となる98球を投げ2失点。1軍昇格が大きく近づくマウンドとなりまし [続きを読む]
  • 絶好調・大島洋平に山崎が迫る///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、3・4月の月間MVPを獲るなど好調の大島を山崎武司さんが直撃。また、ようやく1軍に帰ってきた小笠原の特集など放送してくれてました。大島に山崎さんが迫る。開幕からこの男のバットが止まらない。打って打って打ちまくる! 現在安打数両リーグトップを独走する大島洋平。絶好調のバットマンに山崎武司が迫った。山崎「ここまで絶好調ですけど、今の自分の感覚はどうですか?」大島「オープン戦のときから [続きを読む]
  • 小笠原慎之介・手術からの復活///Spoken!
  • 今月のメ〜テレ「Spoken!」は、昨年の手術から、いよいよ1軍に戻ってきた小笠原慎之介の特集を放送してくれてました。5月5日、ゴールデンウィーク真っただ中。この男が笑顔で帰ってきた。小笠原慎之介、およそ半年ぶりとなる1軍の舞台。小笠原「予定通り、ゴールデンウィークに戻ってこられたんで、ひと安心してます。結果を残して、何とか僕も先発のローテーションの一角として投げたいので、そこまで上り詰められるように、しっ [続きを読む]
  • 小笠原慎之介が奪三振ショー///スポスタ魂
  • 今週の中京テレビ「スポーツスタジアム魂」スポスタ魂は、ナゴヤドームでの2軍戦で好投、いよいよ1軍昇格が見えてきた!?という小笠原のコメントを放送してくれてました。木曜日(4月27日)、ナゴヤドームの2軍戦で先発したのは小笠原投手。この日は最速145キロのストレートを中心に序盤から三振奪取。変化球もキレッキレ。前回からの課題だった、足を上げてからのバランスを修正してきたそうなんです。チェンジアップやストレー [続きを読む]