のっち さん プロフィール

  •  
のっちさん: 西訪旅游〜プーケット・ピピ島・諸々旅ブログ〜
ハンドル名のっち さん
ブログタイトル西訪旅游〜プーケット・ピピ島・諸々旅ブログ〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/meitetsu3500/
サイト紹介文旅好きが始めたブログです。ピピ島で経験したスマトラ地震津波の当時の事、その後の事を中心に書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2005/05/08 09:25

のっち さんのブログ記事

  • 六家線と内湾線 臺湾乗り鉄2014-2016(9)
  • 高鐵 桃園駅−高鐵新竹駅…臺鐵 六家駅−竹中駅−内湾駅−新竹駅高雄を起点にして臺湾を一周した”鉄旅”から1年半後、中部−台北のLCCが飛ぶようになり、往復20,000円で訪臺できるようになったので、再度台湾を訪問した。今度は、目的が「鉄道に乗る」ということではっきりしており、臺鐵の西海岸路線(縦貫線)を中心に乗るつもりだ。この日の予定は、新竹からの支線、六家線と内湾線。そして南下し、彰化の車庫を観てから、成 [続きを読む]
  • 高雄再び 臺湾乗り鉄2014-2016(8)
  • 高雄捷運 高雄駅−中央公園駅(翌日)高雄捷運高雄駅−同 小港駅−同 高雄国際機場駅同じホテルにチェックイン後、夜の高雄に繰り出す。まず高雄一の繁華街と言われる三多商圏へ。デパートや綺麗な商店が並び、若者が大勢ショッピングを楽しんでいるが、特にめぼしいものもなく、適当に屋台で串揚げなんかを食べながらブラブラする。地下鉄に乗っても大した距離ではないので、そのまま歩いて、一昨日も来た六合夜市へ。時間は遅か [続きを読む]
  • 台東 臺湾乗り鉄2014-2016(7)
  • 臺鐵台東駅−臺鐵高雄駅列車は数分遅れで台東に到着した。この列車にそのまま乗っていれば、高雄に着けるのだが、台東で途中下車。台東駅は台東市の西郊外に作られた新しい駅で、以前は花蓮〜台東間はナロ−ゲージの鉄道が走っていた。このナロ−ゲージ時代の旧駅は街の中心部にあり、「台東鉄道芸術村」として屋外資料館の様になっており今も昔の車両が保存してあるというので、台東の町を観るついでに、これに行くことに。駅から [続きを読む]
  • 宜蘭線 臺湾乗り鉄2014-2016(6)
  • 臺鐵 台北駅−蘇澳新駅−蘇澳駅−蘇澳新駅−台東駅翌朝になると風はあるものの、雨は殆どやんでいた。東へ向かう列車が動いていることを願いながら、台北駅に向かう。幸いにも、台北駅では準時(オンタイム)で列車が発着していた。さすがは、台風慣れした臺湾だ。宜蘭線花蓮行きの自強号(特急列車)は、プッシュプルタイプ。振り子がついていないためカーブでは弱いが、客車のため乗り心地は良い。時折、水量の増した川を渡り、 [続きを読む]
  • 鳳凰最接近 臺湾乗り鉄2014-2016(5)
  • 瑞芳駅−台北駅…台北捷運淡水信義線台北車站駅−剣潭駅−台北車站駅瑞芳駅で花蓮からのキョ光号(日本でいう急行列車)に乗り換え、台北へ戻る。ここで、翌日の列車を確保する。この日は西海岸を上がってきたので、今度は東海岸を南下する予定だが、台風の動向が心配だ。時刻表とにらめっこをし、台北から蘇澳へ向かい、蘇澳から台東、そして高雄と乗り継ぐルートを選択した。幸い、昨夜の様に、運休が決まっているわけでもなく、 [続きを読む]
  • 深澳線と平渓線 臺湾乗り鉄2014-2016(4)
  • 臺鐵 瑞芳駅− 海科館駅−瑞芳駅−菁桐駅−瑞芳駅バスで宜蘭線の瑞芳駅という駅まで戻る。九份へ向かうバスは、必ずこの駅前を通る。もちろん、先ほど、基?から乗ったバスもこの駅前の停留所に停車する。次回九份に来るときはここまで鉄道で来ても悪くない選択だと思う。瑞芳駅は観光客の乗降があるものの、町としてはそれほど大きくない田舎の駅なので、最速達列車である自強号のうち、普悠馬号や太魯閣号の多くは通過する。さて [続きを読む]
  • 鳳凰に追われて九份へ 臺湾乗り鉄2014-2016(3)
  • 高雄捷運紅線 高雄駅−高雄捷運紅線 左營駅駅…台湾高鐵左營駅−台湾高鐵台北駅…臺鐵縦貫線 台北駅−臺鐵縦貫線基?駅台風『鳳凰』の北上で、高雄は朝から風雨が強い。チェックアウトし、ホテルで翌日まで荷物を預かってもらい高雄駅に向かうと、やはり東海岸へ向かう列車はすべて運転見合わせとのこと。しかし、新幹線は動いているらしいので、急遽右回りに予定を変更し、昨日の同じルートで高鐵左營駅へ。臺湾新幹線は、台風の [続きを読む]
  • 台風接近の夜 臺湾乗り鉄2014-2016(2)
  • 高雄捷運橘線 衛武營駅−(美麗島駅)−高雄捷運紅線 左營駅…台湾高鐵左營駅−台湾高鐵臺南駅…臺鐵沙崙線 沙崙駅−臺鐵臺南駅−臺鐵高雄駅−高雄捷運紅線 美麗島駅この旅行の予定では、2日目から左回りに台湾を半周して台北で1泊、そして台北近辺を観光してから新幹線で高雄に戻り、4日目に高雄から日本に帰ってくるつもりだった。だったというのは、天気には勝てなかったのだ。とりあえず、中止になった野球の穴を埋めるため、 [続きを読む]
  • LCCで高雄に  臺湾乗り鉄2014-2016(1)
  • 近いのにあまり縁がなかった臺湾。決して嫌いなわけではないのだが、しょっちゅう行っていた韓国と比較すると航空運賃が高めで、食べ物も韓国のほうが良かったので積極的には行っていなかった。このブログでも臺湾のことを書いた記事はないと思う(そりゃ行っていないから当たり前だけど・・・)近年、台北へLCCが頻繁に飛ぶ様になり、お値段もだいぶ手頃になってきたので、4連休の時に訪問してみることにした。ということで、 [続きを読む]
  • 徒歩よりウボン空港に詣でけり 2015タイ 北へ東へ欲張り紀行(7)
  • いくつか寺を見る。ボクから見ればどのお寺も立派なタイのお寺である。昨日から寺ばかり見ているので飽きているのだが、決して嫌いなわけではない。この後、マッサージを受けて、午前中はのんびり過ごす。さて、ウボンラチャタニ空港は、市街からかなり近い。タクシーで空港へ向かっても良いのだが、せっかくの機会なので、歩いて行ってみることにする。というか、時間もあるし、何となく歩いているうちに空港のほうに近づいていた [続きを読む]
  • 夜行列車でウボンラチャタニー 2015タイ 北へ東へ欲張り紀行(6)
  • 目が覚めると、列車はイサーン東部を走っていた。同室上段の青年はすでに列車を降りた様だ。時計を見ると朝の7時、定刻ならばあと30分ほどで終着駅に到着するはずだが、1時間遅れでドンムアンを出発したので、もうすこしベッドでゆっくりできそうだ。昨夜は確認できなかったが、室内には1等個室らしく洗面台台もある。隣室と行き来ができる様になっている様で、確かめてみたかったが、流石にマズイと思い、開けることはしなかった [続きを読む]
  • ドンムアンへとんぼ返り 2015タイ 北へ東へ欲張り紀行(5)
  • この日は、夜バンコクからイサーン東部のウボンラチャタニーへ向かう夜行列車に乗る慌ただしいスケジュールだ。夕刻のフライトまでまだ時間があるため、再び市内をウロウロする。昨夜ゆっくり見られなかったチェンマイ駅。北本線の終着駅は、格式があり、駅前広場もかなり広い。1日数本しか列車はないこの駅だが、ちょうどバンコクへ向かう夜行特急列車が発車の準備をしていた。チェンマイを夕方発車する夜行特急は2本。そのうち [続きを読む]
  • 思い出 2015タイ 北へ東へ欲張り紀行(4)
  • チェンマイに来ると、どうしても10年前のことを思い出さずにはいられない。というか、10年前のことを振り返るためにこの街に来たと言っても過言ではないのだが。詳しいことは、すでに書いたので、あらためて書かないが、街を歩いていると、寺の名前とかは忘れてしまったが、ここで何を思ったかとか、食事をしたとかなど、断片的だった記憶が蘇ってくる。旧市街を隔てるお堀。考え事をしていた当時、ふとした勢いでここにビーチ [続きを読む]
  • チェンマイ観光 2015タイ 北へ東へ欲張り紀行(3)
  • 翌朝は、早朝から外に出てチェンマイ観光。初めてって訳ではないのだが、10年前は諸々の事情でメンタルが不安定で、しかもカメラもなくし、どこを観光したかなんて、あまり覚えていない。季節は乾期、朝は肌寒くさえ感じる。有料の寺院が空くであろう9時頃までは、市場をふらふらとして直立不動で国歌を聴き、川沿いに出ては、風にあたり、屋台で駆る朝食をとり・・・適当に過ごす。先回観光したお寺の名は、殆ど覚えていないの [続きを読む]
  • チェンマイの夜 2015タイ 北へ東へ欲張り紀行(2)
  • スプリンターは、車内こそくたびれてはいるものの、女性乗務員によるサービスがあり、乗り込むと、早速、軽食が運ばれてきた。魚の煮付けの様なものと、卵。まぁ、不味くはないが、美味いものでもなかった。列車は、メーターゲージとは思えないほどのスピードで、ガンガン飛ばしていく。途中まで30分ほど遅延していた列車は、途中で回復運転をし、終着チェンマイは20分ほど早着した。ダイヤが正確な日本では早着なんてことは考えら [続きを読む]
  • KIX to アユタヤ駅 2015タイ 北へ東へ欲張り紀行(1)
  • LCCが頻繁に飛ぶようになってから、ずいぶんと海外旅行が身近になった。上手にキャンペーンを利用すれば、近隣諸国に往復1万円台、東南アジアへも格安で渡ることができる。今回は、タイエアアジアXを使った4泊4日の旅をレポートする。タイエアアジアXのバンコク便は、深夜に関空を飛び立ち、早朝にバンコク・ドンムアンに到着する。帰りは、夕刻前にドンムアンを発ち、夜10時過ぎに関空へ到着するスケジュールだ。帰りが遅いのが [続きを読む]