苗村屋 さん プロフィール

  •  
苗村屋さん: 苗村屋読書日記(blog)
ハンドル名苗村屋 さん
ブログタイトル苗村屋読書日記(blog)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/namuraya/
サイト紹介文『能動的読書日記』 ミステリーとビジネス書の書評が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2005/05/22 08:59

苗村屋 さんのブログ記事

  • 1578 『山本五十六』
  • ◇1578 『山本五十六』 >半藤一利/平凡社ずっと積読になっていたのだが、会社でたまたま山本五十六の話が出たので、よいきっかけだと思って手に取ってみた。序章が長い。山本五十六のことを語るために、長岡藩の歴史が綴られている。長岡藩に伝わる「常在戦場」の教... [続きを読む]
  • IoT時代のサイバー攻撃
  • もう10日以上前の話になるが、ランサムウェアが世界中で一斉に拡散するという事件が起きた。たまたま今日の英語のレッスンで、過去のニュース記事を題材にした際、JCBや三菱UFJニコスのクレジットカードが一時的に使用できなくなったという記事に出会った。新聞は毎日読んで... [続きを読む]
  • 1577 『抵抗勢力との向き合い方』
  • ◇1577 『抵抗勢力との向き合い方−働き方改革、業務改革を阻む最大の壁を乗り越えろ』 >榊巻亮/日経BP社献本御礼。ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ様から頂いた本。最初はちょっと過激なタイトルに戸惑ったが、内容は企業内で改革を進める際に出てくる反対... [続きを読む]
  • 1576 『言ってはいけない』
  • ◇1576 『言ってはいけない−残酷すぎる真実』 >橘玲/新潮社新書「最初に断っておくが、これは不愉快な本だ。だから、気分よく一日を終わりたいひとは読むのをやめたほうがいい」というまえがきで始まる本書。確かに読んでいて不愉快になる内容。「だったらなぜこんな... [続きを読む]
  • Native Camp
  • 英会話、特にスピーキングを強化する必要があると自認しており、以前からオンラインの英会話レッスンを断続的に続けてきた。中国から帰国後は、友人から紹介を受けたオーストラリアの先生にスカイプで個人レッスンをしていただいていたのだが、旅行好きの先生でなかなか予定... [続きを読む]
  • 1575 『同志社大学神学部』
  • ◇1575 『同志社大学神学部−私はいかに学び、考え、議論したか』 >佐藤優/光文社新書残念ながらと言おうか、恥ずかしながらと言おうか、本書は通読できなかった。佐藤優氏の大学時代の物語なのだが、専攻が神学であり、語られている内容が難解すぎて付いていけなかっ... [続きを読む]
  • 奇妙な夢:軍司先生
  • いきなりネームプレートが目に飛び込んでくるところから始まった夢。プラスチック製で安全ピンがついているタイプの胸に付けるネームプレートだ。そこに手書きで「軍司」と書かれている。軍司さんなんて知り合いいないのに。。。だんだんとカメラが引いていくように、軍司... [続きを読む]
  • 映画 『セッション』
  • WOWWOWの「W座」という特集で紹介されていた映画。一流の音楽学校に入学し、ジャズ・ドラマーを目指す学生と、それを指導する鬼教師との確執の話。一昔前の日本のスパルタ体育会系教師のような先生が出てきて、生徒たちを四文字言葉で罵り倒す。見ていて気持ちのよいシーンで... [続きを読む]
  • 1574 『天才』
  • ◇1574 『天才』 >石原慎太郎/幻冬舎少し前に話題になった本書。石原慎太郎氏のことがあまり好きではないので買わなかったのだが、古本屋で安くなっていたのでミーハー気分で購入。買ってはみたものの文字が大きくスカスカの紙面。これで定価1400円は高すぎると感じた... [続きを読む]
  • どうやって英語を学習してきたか
  • 頭の整理も兼ねて、自分の英語の学習方法を振り返ってみたい。まず、語学習得に必要なものは、(1)語彙、(2)文法、(3)読む、(4)書く、(5)聴く、(6)話す、の6つである。私の場合は「英語で仕事の話ができるようになりたい」という目的があったので、6つ... [続きを読む]
  • 1573 『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』
  • ◎1573 『HIGH OUTPUT MANAGEMENT−人を育て、成果を最大にするマネジメント』 >アンドリュー・S・グローブ/日経BP社これは名著。雑誌やインターネットでも評判になっていたので、取り寄せてみたのだが、さすがはインテルを超一流企業に育て上げた経営者の言葉は違う... [続きを読む]
  • 奇妙な夢:悪球打ち指南
  • 今日の夢はいつもに増して奇妙だった。まず、夢のシーンがすべて漫画のコマ割りなのだ。静止画像で、漫画のシーンが次々とスライドしていく。その漫画は『ドカベン』。私は、バッターとして登場する。相手のピッチャーは葉っぱの岩鬼である。どうやら試合ではなく、練習の... [続きを読む]
  • 中途半端
  • ゴールデンウイークは大型連休だったのだが、振り返ってみると非常に中途半端に終わってしまった。先日のエントリーにも書いた通り、事情があって旅行など遠出はできなかったのだが、それならば英語の問題集を1冊仕上げるだとか、普段読めない本を読むなど、計画的に何かす... [続きを読む]