明@由紀の酒 さん プロフィール

  •  
明@由紀の酒さん: 日本酒ブログ(由紀の酒)
ハンドル名明@由紀の酒 さん
ブログタイトル日本酒ブログ(由紀の酒)
ブログURLhttp://www.sakeblog.info/
サイト紹介文飲んだ日本酒の感想に写真も添えて。
自由文批評するのではなく、日本酒を堪能するブログ。1分で読むことが出き、簡潔にそのお酒の魅力を伝える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2005/05/25 12:53

明@由紀の酒 さんのブログ記事

  • 磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」42 spring breeze
  •  昨晩は静岡県の磯自慢酒造株式会社さんが醸す、磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」42 spring breezeをいただきました。 磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(かおるとき)、磯自慢(いそじまん)「吟醸」、磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」に引き続き、まだ自宅で飲むことができていなかった磯自慢を、順に飲んでいくシリーズ第四弾です。由紀の酒突撃隊長のMASAさんが入手してきてくれたので飲むことが [続きを読む]
  • 津島屋(つしまや)「純米大吟醸」備前産雄町瓶囲い
  •  昨晩は岐阜県の御代桜醸造株式会社さんが醸す、津島屋(つしまや)「純米大吟醸」備前産雄町瓶囲いをいただきました。 裏ラベルには、当家創業時の屋号である「津島屋」は、日本酒の限りない可能性への挑戦と、酒縁への感謝のこころの象徴です。復活した現存の酒米のルーツとなる古の米で醸す酒は、熟成を経た今、美酒を求める造り手や飲み手達の一層の惜しみない愛情に溢れます。 とあります。飲み手としての惜しみない愛情に [続きを読む]
  • 勲碧(くんぺき)「大吟醸」山田錦斗びんどり雫酒
  •  昨晩は愛知県の勲碧酒造株式会社さんが醸す、勲碧(くんぺき)「大吟醸」山田錦斗びんどり雫酒をいただきました。 春の勲碧酒造蔵開放の時に、「大吟醸」出品酒、「純米大吟醸」あらばしり、「純米大吟醸」50無濾過生原酒、「純米吟醸」夢吟香無濾過生原酒、「純米吟醸」氷温熟成と6本購入してきましたので、順に紹介していくシリーズ第6弾、ラスボスです。 出品酒と何が違うのかが正直わかりませんので、今度専務に合った時に [続きを読む]
  • 香露(こうろ)「純米吟醸」
  •  昨晩は熊本県の株式会社熊本県酒造研究所さんが醸す、香露(こうろ)「純米吟醸」をいただきました。 自宅で香露をいただくのは、2003年以来となります。一昔前の話となりますが、全国新酒鑑評会で金賞を取るには、YK-35(山田錦、熊本酵母、35%精米)と言われていた時期がありました。その協会9号酵母(熊本酵母)発祥蔵です。その頒布から50年近く経った現在でもこの組み合わせは鉄板です。 吟醸酒のお手本とも言われた香露 [続きを読む]
  • 津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十一才の春
  •  昨晩は岐阜県の御代桜醸造株式会社さんが醸す、津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十一才の春をいただきました。 毎年、杜氏の酒向博昭さんの年齢を刻んでいくこのお酒は、「出品酒に神経をすり減らすより、皆さんに飲んでいただける一般の酒に愛情を注ぎたい。」と考える酒向杜氏自身がもっとも飲みたい、飲んでいただきたいお酒を具現化した商品です。 先日の「岐阜の地酒に酔う」というイベントでも試飲させていただき [続きを読む]
  • 勲碧(くんぺき)「純米吟醸」原酒手造り氷温熟成
  •  昨晩は愛知県の勲碧酒造株式会社さんが醸す、勲碧(くんぺき)「純米吟醸」原酒手造り氷温熟成をいただきました。 春の勲碧酒造蔵開放の時に、「大吟醸」斗びんどり雫酒、「大吟醸」出品酒、「純米大吟醸」あらばしり、「純米大吟醸」50無濾過生原酒、「純米吟醸」夢吟香無濾過生原酒と6本購入してきましたので、順に紹介していくシリーズ第5弾です。 以前は特定名称が「特別純米」で、ラベルは平仮名の「くんぺき」でしたが、 [続きを読む]
  • 上善如水(じょうぜんみずのごとし)「純米吟醸」
  •  昨晩は新潟県の白瀧酒造株式会社さんが醸す、上善如水(じょうぜんみずのごとし)「純米吟醸」をいただきました。 上善如水は、中国の思想家「老子」の「最高の人生のありかたは、水のように生きること」に重ね合わせ、人間の理想的な生き方は水のように様々な形に変化する柔軟性を持ち、他と争わず、自然に流れるように生きること。そんなお酒を目指して醸されているそうです。 このブログでは初登場ですが、20年ほど前に一度 [続きを読む]
  • 勲碧(くんぺき)「大吟醸」全国新酒鑑評会出品酒
  •  昨晩は愛知県の勲碧酒造株式会社さんが醸す、勲碧(くんぺき)「大吟醸」全国新酒鑑評会出品酒をいただきました。 全国新酒鑑評会は、毎年春に酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催で、新酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、清酒の品質向上を目的に行われています。 その出品酒とは、一般的に出品する清酒と同一容器で貯蔵されている清酒で、金賞を受賞した時に金賞受賞酒と [続きを読む]
  • 勲碧(くんぺき)「純米吟醸」夢吟香無濾過生原酒
  •  昨晩は愛知県の勲碧酒造株式会社さんが醸す、勲碧(くんぺき)「純米吟醸」夢吟香無濾過生原酒をいただきました。 オフィシャルサイトを参照すると、水と酵母にこだわる酒蔵、江南市「勲碧酒造」は地産地消を目指し、米造りにこだわり続けます。 とある通り、勲碧酒造ではこれまでも地元産の山田錦や亀の尾を手掛けてきましたが、愛知県では奨励品種でないと言うだけの理由で等級が付かないことも。一般米として3等級を取り、 [続きを読む]
  • 勲碧(くんぺき)「純米大吟醸」あらばしり杜氏渾身ノ酒
  •  昨晩は愛知県の勲碧酒造株式会社さんが醸す、勲碧(くんぺき)「純米大吟醸」あらばしり杜氏渾身ノ酒をいただきました。 毎年、春の勲碧酒造蔵開放の時にいろいろ飲ませていただくと、必ずこのお酒は自分好みで家でもじっくり飲んでみたいと思っていました。今年の蔵開放は、一人で運転していった都合で試飲が出来ず、代わりと言っては何ですが良さげなところを6本購入してきましたので、順に紹介していきます。 十号酵母(明 [続きを読む]
  • 勲碧(くんぺき)「純米大吟醸」山田錦50無濾過生原酒
  •  昨晩は愛知県の勲碧酒造株式会社さんが醸す、勲碧(くんぺき)「純米大吟醸」山田錦50無濾過生原酒をいただきました。 前回紹介した似たようなラベルは、勲碧(くんぺき)「純米大吟醸」山田錦50無濾過原酒で、このお酒の火入れバージョンでした。ぜひ生も自宅でじっくり飲んでみたいと思っていたので、念願が叶いました。 春の勲碧酒造蔵開放の時に購入してきたもので、一緒に木箱入りの「大吟醸」斗びんどり雫酒、「大吟醸」 [続きを読む]
  • 津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒
  •  昨晩は岐阜県の御代桜醸造株式会社さんが醸す、津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒をいただきました。 裏ラベルには、当家創業時の屋号である「津島屋」は、日本酒の限りない可能性への新たなる挑戦と、酒縁への感謝のこころの結晶です。フレッシュでふくよかな旨味と程良い酸の調和は、心地良い木漏れ日の如き情景に溢れます。 とあります。心地良い木漏れ日のような旨味とはいかに…。 津島屋 [続きを読む]
  • 津島屋(つしまや)「純米吟醸」廣島産八反錦無濾過生原酒
  •  昨晩は岐阜県の御代桜醸造株式会社さんが醸す、津島屋(つしまや)「純米吟醸」廣島産八反錦無濾過生原酒をいただきました。 裏ラベルには、当家創業時の屋号である「津島屋」は、日本酒の限りない可能性への新たなる挑戦と、酒縁への感謝のこころの結晶です。清流の里で育まれた米から醸した一滴は、八端の如く上質に織り成された香味に溢れます。 とあります。織物は元専門家なので補足させていただきます。 八端(はったん [続きを読む]
  • 津島屋(つしまや)「純米」石狩産吟風無濾過生原酒
  •  昨晩は岐阜県の御代桜醸造株式会社さんが醸す、津島屋(つしまや)「純米」石狩産吟風無濾過生原酒をいただきました。 「津島屋」は創業当時の屋号で、もともとは活気溢れる宿場町の団子茶屋からのスタートだったそうです。人々の触れ合いのある当時を想い、蔵元、酒販店、飲み手の絆を深める原点回帰の酒として、2012年4月より銘柄としての「津島屋」が生まれました。 そんな意味もあり、津島屋は蔵元と酒販店双方向の意見交 [続きを読む]
  • 高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)
  •  昨晩は新潟県の高千代酒造株式会社さんが醸す、高千代(たかちよ)「純米」扁平精米豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)をいただきました。 タイトルは例によって、扁平精米は割愛させていただいております。精米歩合が非公開のため、特定名称はうたわれていませんが、原材料が米、米麹となっているため、便宜上「純米」と書かせていただいております。 さて、平仮名のたかちよシリーズは何らかのフルーツの香りを目指して [続きを読む]
  • AKABU(あかぶ)「純米吟醸」結の香
  •  昨晩は岩手県の赤武酒造株式会社さんが醸す、AKABU(あかぶ)「純米吟醸」結の香をいただきました。 昨年の夏に自宅でじっくり飲んでから、もう一度飲みたい銘柄として記憶していたAKABUです。中でも岩手県が開発した大吟醸用酒造好適米「結の香」を使用したお酒と言うことで期待も高まります。 結の香はこれまでにも、※1.南部美人(なんぶびじん)「純米大吟醸」結の香、※2.あさ開(あさびらき)「純米大吟醸」結の香の2種 [続きを読む]
  • 鍋島(なべしま)「大吟醸」出品酒
  •  昨晩は佐賀県の富久千代酒造有限会社さんが醸す、鍋島(なべしま)「大吟醸」出品酒をいただきました。 世界最大規模の品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2011年」で日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」を受賞し人気に火が付いて以来、酒販店さんでもなかなか入手が難しくなっているようです。 中でもこのお酒は出品本斗瓶。以前、由紀の酒で開いたオフ会※1.「高級酒を飲み倒す会」に酒仲間の吟 [続きを読む]
  • 秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒
  •  昨晩は山形県の有限会社秀鳳酒造場さんが醸す、秀鳳(しゅうほう)「純米大吟醸」出羽燦々磨き三割三分生原酒をいただきました。 この秀鳳と言う銘柄は、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017や、純米酒大賞2016などで知り、いつか飲んでみたいと思っていました。縁あって我が家にやってきました。 出羽燦々の33%精米、一升瓶価格3,333円と言えば、自分的にはくどき上手が思い浮かぶわけですが、秀鳳さんもやってくれまし [続きを読む]
  • 九谷焼の平盃(3号)
  •  「ちょっくら轆轤(ろくろ)をまわしてくるわぁ」ってことで、※1.加賀伝統工芸村「ゆのくにの森」へ行き、自作した平盃です。五彩と言う特徴もないのでわかりにくいですが、九谷焼です。約3号の大き目の平盃♪。これから燗がまた楽しみになりそうです。 花を添えてもらっているのは、ここのところ燗酒でもっとも旨いと由紀の酒で評判の※2.英君(えいくん)「純米」愛山ノ山廃4合瓶です。あっ、そう言えばBest of the year に [続きを読む]
  • 結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒
  •  昨晩は茨城県の結城酒造株式会社さんが醸す、結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒をいただきました。 昨年※1.由紀の酒 Best of the year 2016のコストパフォーマンス部門で金賞受賞となった、※2.結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒のもろみを袋吊りし、斗瓶採りした蔵出し100本限定のお酒と言うことで、飛びつかせていただきました。 肩貼りの「やまだにしき雫酒」の酒の文字が、人の顔 [続きを読む]
  • 結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒
  •  昨晩は茨城県の結城酒造株式会社さんが醸す、結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒をいただきました。 昨年、評判を聞いて飲んでみると、見事にど真ん中ストライク!と言うことで、※1.結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒が※2.由紀の酒 Best of the year 2016金賞受賞となりました。賞に関しては下記リンクをご参照ください。 銘柄を調べていると、杜氏の浦里美智子さ [続きを読む]
  • 豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒レインボーラベル
  •  昨晩は青森県弘前市の三浦酒造株式会社さんが醸す、豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒、通称レインボーラベルをいただきました。 年始の東北酒蔵見学ツアーの時に、三浦酒造さんに寄って購入してきたものです。女将さんに「数が少なくこの時期限定になってしまうことから、毎年このお酒を楽しみにしている人も多いんですよ。」と教えていただいた商品です。豊盃米を39%まで磨いた純米大吟醸と言うのも、初体験なの [続きを読む]
  • 豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」蔵限定(青森県弘前市)
  •  昨晩は青森県弘前市の三浦酒造株式会社さんが醸す、豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」蔵限定をいただきました。 年始に行った東北酒蔵見学ツアーの時に、三浦酒造さんに寄って購入してきたものです。同時にレインボーラベルも購入させていただきましたので、順に紹介していきます。豊盃の純米大吟醸と言う位置づけのお酒は初めてなので楽しみです。 ふわふわした黒のパイル地のようなラベルで、お洒落です。センター下に「Houhai [続きを読む]
  • 田酒(でんしゅ)「純米吟醸」NEW YEARボトル2017
  •  昨晩は青森県の株式会社西田酒造店さんが醸す、田酒(でんしゅ)「純米吟醸」NEW YEARボトル2017をいただきました。 年始の東北酒蔵見学ツアーで、地元の酒販店さんに寄り、購入してきたものです。取扱店店頭販売は入手できても、自分の地元では、なかなかまともには購入できません。取り寄せもさらにハードルが上がる銘柄です。中部圏の取扱店を増やして欲しいものです。 さて、このニューイヤーボトル酉(とり)ですが、装い [続きを読む]
  • 常きげん(じょうきげん)「純米大吟醸」KISS of FIRE
  •  昨晩は石川県の鹿野酒造株式会社さんが醸す、常きげん(じょうきげん)「純米大吟醸」KISS of FIREをいただきました。 正月の富山、石川温泉旅行で、鹿野酒造さんにお邪魔し購入してきたものです。瓶フェチの自分としては、以前より飲んでみたいと思っていた商品ですが、KISS of LEGENDなるさらに磨きのかかった商品まで出ているとは知りませんでした。 試飲もできると言うことで、帰りの運転は由紀さんにお願いし試飲させてい [続きを読む]