Metal NEKO さん プロフィール

  •  
Metal NEKOさん: Metal NEKO -Blog from the studio-
ハンドル名Metal NEKO さん
ブログタイトルMetal NEKO -Blog from the studio-
ブログURLhttp://metalnekoblog.blogspot.com/
サイト紹介文鍛鉄の特性や表情を生かし、人やもの、空間や、様々なものを支え、繋いでいけるものづくりを目指して。
自由文主に鉄の鍛造による各種造形を手がける。住宅・建築に関わる門扉や手すり、ポスト、照明、サインや看板、建築金物類などや、家具、雑貨や道具類、小作品、オブジェなど、オーダーメイドを中心に制作。オリジナル作品のギャラリーでの展示や、各種イベント、展示会への出展、店舗販売など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2005/06/20 21:05

Metal NEKO さんのブログ記事

  • From Instagram
  • dマガジンなどでデジタル配信されている、Hot-Dog PRESS。 8月17日配信号の、「オトコなら金属製!メタルアイテムで決めろ!!」に、フライパンや靴べらなどが掲載されました。 機械がありましたら、ご覧頂ければ幸いです。 http://ift.tt/2vLLAea #fb via Instagram http://ift.tt/2wYWsny [続きを読む]
  • From Instagram
  • 夏の暑さと制作の熱さに日々格闘していたら、すっかりご無沙汰してしまいました。 いよいよ来週から、熊本の鶴屋百貨店さんでの催事、「日本の技展」が開催になります。 只今、最後の追い込み真っ最中。 熊本の皆様には、前回大きめサイズが好評でしたので、今回は今までよりも大きめの4L(Φ28cm)、3L(Φ26cm)や、2L(Φ24cm)をメインに用意いたします。 4L、3Lの催事での販売は、今回初。 熊本の皆様にまたお目にかかれることを楽 [続きを読む]
  • From Instagram
  • ここしばらくは、だいぶ涼しげで、ずいぶん助かりました。 また暑くなってくる前に、はかどるうちに、進めておきたいものです。 #fb via Instagram http://ift.tt/2v1pYKN [続きを読む]
  • From Instagram
  • 材料取りに本格参戦した妻に、パワードスーツならぬ、チョイ楽アーム、使ってみてもらいました。 「こういうのちゃっちゃと作れるんなら、子供部屋の照明のアームとか棚とかも、ぱっと作れるんじゃないの?」 …ごもっとも…。 とりあえず、作業、楽にはなったみたいです。 #fb via Instagram http://ift.tt/2v6GzgO [続きを読む]
  • From Instagram
  • まるで祈りを捧げているかのように、ただ一心に向かい合える仕事。 向かい合うことが、作ることそのものが、祈りでもあるような仕事。 いろんなものを削ぎ落として、最後に心がすっと納まる場所は、やっぱりいつも、そんな仕事。 #fb via Instagram http://ift.tt/2uNIIha [続きを読む]
  • From Instagram
  • 作ることも、暮らしていくことも、生き方も。 複雑に絡まりあうようなあれこれを、 解きほぐし、手繰り寄せるようにして、 一番大事なことをシンプルに捉えられたら。 どのような状況であれ、誰かの助けとなり、 どこかで誰かの幸せにつながるような仕事ができれば、 それが何よりの幸いではないかとも思います。 医療用器具の鍛造パーツの制作。 恐ろしく硬い上に、熱しすぎても温度が低くても割れてしまいやすいという、結構やっ [続きを読む]
  • From Instagram
  • 設計士さんやお施主さんとの打ち合わせ用に、ちょっとしたアクセントとなるような、金物のサンプルを作ってみました。 デザイン画をいろいろ描いて送ったあとで、いやでも実物あった方が、質感とかイメージしてもらいやすいんじゃないかと。 #fb via Instagram http://ift.tt/2udcRGD [続きを読む]
  • From Instagram
  • 来週、東京ビッグサイトで開催される、リフォーム産業フェア。 株式会社オブラジャパンさんのブースにて、ステンレスのドアハンドルも出品されます。 同規格での注文や、ご希望のデザイン、寸法などでも、オーダーのご相談を承ることもできますので、機会がありましたら、どうぞご覧いただければ幸いです。 7月11日(火)、12日(水) 東京ビッグサイト 西3?4ホール 入場無料 #fb via Instagram http://ift.tt/2tmsSIz [続きを読む]
  • From Instagram
  • 納品と打ち合わせに、湾岸の工業地帯へ。 もう何年も前に、最後の鍛冶屋さんが作った道具も見せてもらいつつ、試作品を実際に使ってもらいながら、いろいろとご意見やご要望をお伺いしてきました。 ほんのちょっとした違いでも、現場の職人さんは分かるし、そのちょっとした違いでなにが変わるのか、それもきちんと教えてくださる。 長年改良を重ね、削ぎ落とされ洗練された道具は、その形全てに意味がある、ということを、改めて [続きを読む]
  • From Instagram
  • 通り過ぎてしまうことができずに、ふと立ち止まり、そこにある何かに見入ってしまうとき。 そのものが気配を持つに至るまでに、どれほどの思いや時間が重ねられてきたのだろうと、思いを巡らせてしまいます。 #fb via Instagram http://ift.tt/2spmEUI [続きを読む]
  • From Instagram
  • 今日は、どうしても見たい展示会があり、臨時にお休みを頂きました。 関野温さんの写真展、「旅でしか出会えない風景 part2」。 数年前にpart1を見て以来、すっかり魅了されてしまい、次の展示会をずっと楽しみにしていたのです。 関野さんの写真を見ていると、ある瞬間を切り取った光景なのに、そこに流れている「時間」をとても感じます。 ずっと昔から、そこにあったもの、営まれてきたもの、長い長い時の果てに、使われなくな [続きを読む]
  • From Instagram
  • 昨日は、今年前半最後のフライパン制作体験。 自分にとってもとても印象深いものとなりました。 鍛冶仕事にずっと憧れていたという方で、スケッチブックには、洋書の技法書かと思えるような、精巧なスケッチの数々や、「鍛造、金床、鏨」などなど、たくさんの用語が丁寧な漢字で書いてあり、びっくり。 聞けば、アメリカでは、建築やデザインのお仕事をされていたそうで、作りたい道具のアイデアもたくさんあるとおっしゃっていま [続きを読む]
  • From Instagram
  • 今朝は久々、ホットケーキ。 フライパンの縁から、ココナッツオイルを溶かし込んで、ちょっと揚げるように焼き上げたときの、表面カリカリっとした食感が、個人的には大好き、子供も大好きレシピです。 #fb  via Instagram http://ift.tt/2svDGnZ [続きを読む]
  • From Instagram
  • 仕事旅行社さんの鍛冶屋になる旅、フライパンの制作体験は、また7月 8月、夏休みを頂きます。なので、6月いっぱい、あと2回。 体験のオプションとして、通常はSサイズ(Φ18cm)ですが、Mサイズ(Φ20cm)も選択できるように致しました。 サイズ変更をご希望の場合は、お申込みの際に、その旨選択またはお書き添えください。 材料取りの都合上、事前にお申込み下さい。 当日の変更希望は、ご希望に添えないことがございますので、ご了 [続きを読む]
  • From Instagram
  • 子供が保育参観で、大きくなったらなりたいものの絵を描いて発表するする機会があったのですが、「忍者とフライパンを作る人とアイドルとプリキュアになりたい」と言ったとか。 おとうちゃん、もうそれだけで、うるうる嬉しいです。どれもあんまりお勧めじゃないかもしれないけど…(苦笑)。 いつだったか、「どうせだったらフライパン1000枚作ってみよう!」と願をかけ、あれ?そう言えばいまどのくらい作ったんだろう?と数えて見 [続きを読む]
  • 再生、Made in Nippon。
  • 職人さんたちに必要とされている道具なのに、今はもう、日本では作る人がいなくて困っている。そんな話が、様々な業種から聞こえてきて、いくつかのプロジェクトが並行して進んでいます。使ううえでの最適な形と、作るうえでの必然の形。試行錯誤しながら、失敗を重ねる中で、それが見事に融和していることに気づいたとき、この道具と向き合えてよかった、と思います。靴職人さんたちが使う、ワニという道具も、そのひとつ。ガタツ [続きを読む]
  • From Instagram
  • かつて自分がいた場所。 そこで何を思い、どう動いたのか。 原点ともいえる場所に、ふと立ち返る。 そんな瞬間は、いつも思いがけずあるものです。 問い合わせの電話の向こうから聞こえてきた、 工場のラインで機械たちが奏でる、様々な音色。 交代勤務なので…との現場の方の声に、 かつて自分も新人の頃、工場で現場の方々と共に、 半年ほど交代勤務に入っていたことを思い出しました。 一週間交代で、昼夜逆転させるときの眠気 [続きを読む]
  • From Instagram
  • 大正時代に創業したという企業から頂いた、制作依頼。 どうしても機械ではできず、熟練の職人の手仕事でなければ できない作業があり、その時に職人の手となり腕となる道具も、 また機械ではどうしてもできないのだとか。 今までその道具作りを頼んでいた鍛冶職人さんが、 高齢でやめてしまい、以来、ほうぼう探し求めているけれど、 満足のいく品には巡り合えていないとのことで、 私のところに訪ねてきてくださいました。 プレス [続きを読む]