テツ さん プロフィール

  •  
テツさん: 爆走一番星☆
ハンドル名テツ さん
ブログタイトル爆走一番星☆
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/marugaryman/
サイト紹介文トラック運転手のなんてことない毎日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2005/07/10 19:36

テツ さんのブログ記事

  • 大阪
  • テツ氏は大阪市内で、冷凍食品を降ろしているらしい。 [続きを読む]
  • 移動式
  • しっかり固定されているのに移動式とは、これ如何に。こういうのを見ると、消火したくてうずうずしてくる。それにしても、鮮やかな赤だな。 [続きを読む]
  • 『断片的なものの社会学』
  • 『断片的なものの社会学』岸政彦 著路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ…人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事」をめぐるエッセイ。(「BOOK」データベースより)面白かった。黙っていると冷たいとか人でなしと言われ、言葉にするとその言葉が暴力となる。じゃあどうすればいいんだよという気持ち、分かる気がする。・ 肝心なことは、社会的に張ら [続きを読む]
  • 『L 〜エル〜』
  • 『L 〜エル〜』Acid Black Cherry 著波乱の人生を送った一人の女性エル。その人生を綴った壮大な物語。 (「BOOK」データベースより)どこかで読んだことのあるような内容。自分は不幸だと思い込んでいる人にはウケるかもしれない。 [続きを読む]
  • 『カズサビーチ』
  • 『カズサビーチ』山本一力 著1845年、捕鯨船マンハッタン号は洋上で日本人漂流者22人を救助。彼らを送り届けるため、被弾覚悟で鎖国中の日本に針路を取った。激しい黒潮や食料難と闘いつつ育まれる船乗り同士の言葉を超えた友情と敬意。一方の江戸幕府老中・阿部正弘は異国船対応に苦慮しながらも、その勇気に応える一つの答えを用意する。実話に基づく感動の歴史長篇。(「BOOK」データベースより)異文化交流の話は面白いから好 [続きを読む]
  • ヒヨドリ
  • ・ 仔飼いにすると非常によく慣れ、飼い主を見分けることから平安時代は貴族の間で盛んに飼われた。(Wikipediaより)大阪を代表する貴族であるテツ氏は、ヒヨドリを飼うことにした。繁殖させて数を増やし、株式会社THKS(テツ ヒヨドリ 供給 サービス)を設立し、大手焼き鳥チェーンと提携し全国展開することを目論んでいるらしい。 [続きを読む]
  • 『螻蛄』
  • 『螻蛄』黒川博行 著「疫病神」コンビ、待望の復活。自称「建設コンサルタント」の二宮とイケイケヤクザの桑原は、五百万の信者を擁する伝法宗慧教寺派の宗宝『懐海聖人絵伝』をめぐるスキャンダルを嗅ぎつける。絵伝を金にしようと画策する二人を待ち受けるのは、巨大宗派の蜜に群がる悪党たち。最後に笑うのは一番の悪党か、羊の皮をかぶった狸・二宮か。巧妙な罠、逆転に次ぐ逆転、想像も及ばぬ金儲けの手法…ページをめくる手 [続きを読む]
  • 『ウンメイト』
  • 『ウンメイト』百舌涼一 著泣ける話は、もう飽きた。出会いは最悪。難儀な性格。それでもボクらは離れない。もらす男となくす女の「運命のひと」探しがあなたのおなかをくすぐります。 (「BOOK」データベースより)『レオン』が観たくなった。 [続きを読む]
  • 『トランプは世界をどう変えるか?』
  • 『トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲』エマニュエル・トッド 佐藤優 著日欧を代表する二人の知性が世界を動かす新たな原理を問う!虐げられたプロレタリアの不安と怒りを背景に米国大統領に就任するドナルド・トランプ氏。「米国第一主義」は世界にどんな影響をもたらすのか?日米安保はどうなるか。戦争のリスクは増大するか。トランプ以後の世界、日本を読み解く。緊急論考収録! (「BOOK」データベースより [続きを読む]
  • 『努力論』
  • 『努力論』幸田露伴 著「努力している、もしくは努力せんとしている、ということを忘れていて、我がなせることがおのずからなる努力であってほしい」。何かをなそうとしても、ままならぬことの多いこの世の中で、いたずらに悩み苦しまずに、のびのびと勢いよく生きるにはどうすればよいか―達人露伴の説く幸福論。(「BOOK」データベースより)前半は面白いが、後半の気が云々の話は少し退屈。・ 運命が善いの惡いのと云つて、女々 [続きを読む]
  • 『ぐるぐる問答』
  • 『ぐるぐる問答: 森見登美彦氏対談集』森見登美彦 著四畳半の内側に広がるフロンティアへ!人生初の対談から、超緊張のご対面まで。作家生活10年間の、登美彦氏と豪華ゲストとの対話を網羅! (「BOOK」データベースより)吉田寮に住みたくなった。・ 京都だと何でも許されるイメージがある分かる気がする。・ 五山の送り火は、江戸時代まで十山あった驚いた。・ 女同士だと、例えば10分間自分の話しをしたら、10分間相手の話を聞か [続きを読む]