tiger-hawk さん プロフィール

  •  
tiger-hawkさん: 虎鷹拳院日誌
ハンドル名tiger-hawk さん
ブログタイトル虎鷹拳院日誌
ブログURLhttp://tigerhawk.exblog.jp
サイト紹介文心意六合拳・形意拳・太極拳など黄土拳芸を鍛錬。拳杯(グローブ・オープン・トーナメント)を主催する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供344回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2005/07/30 17:21

tiger-hawk さんのブログ記事

  • 形意拳の炮拳と前鋸筋の覚醒
  • (昨日の体育館から)*久しぶりにコボクマシーン1号と会いました。*さっそく、宋氏形意拳の崩拳をチェックしました。*まだほんの少し体重移動が残っています。彼から体重移動が完全に消えた時、恐ろしい破壊力が生まれるでしょう。*姿勢勁力においては、何をなすべきか?*それは、地面を蹴るのではなく、足首が折れ曲がります。(地面を蹴ると、体重移動が起こります。身体が浮きます。)*そのことは下半身の問題です。*同時に始まる上 [続きを読む]
  • 無意識を撃て !
  • (昨日の体育館から)*肩をやわらかくするために、腕回しをやってもらいました。やってもらいながら、前鋸筋伸ばしでもあることに気付きました。なかなか便利ではありませんか。*でも、Hおじさん、かなりテキトーで間違っていました。先週教えたのだけれど、一回で覚えられないようです。ナンデダロウ? 不思議だなあ。*相手を押す時に、みんな、フワッと浮いてしまいます。無意識に地面を蹴っています。*そこで、体重移動を阻止する [続きを読む]
  • 技も套路も便利です
  • *いつのまにか太極拳風発勁ができるようになっていた。その原因を考えてみる。*直接の原因は、心意六合拳のゆっくり単把、と、宋氏形意拳のゆっくり崩拳、です。どちらもゆっくり入ります。*崩拳は、最初に熊の2号を掛けます。それから、熊の1号で撃ちます。熊の1号と2号が合体しています。*心意六合拳のゆっくり単把は、熊の1号で撃ちます。そして単把は、順歩と逆歩が合体しています。単把の場合は、熊の2号が見えません。1号の [続きを読む]
  • ランニングか? 鶏行歩か?
  • *ランニングなのか? 心意六合拳・鶏行歩なのか?*どちらも指行性ですが、天と地の違いがあります。*もちろん、ランニングは身体が浮き上がるので、天、です。鶏行歩は足首が折れ曲がるので、地、です。*ランニングはジャンプ運動なので、筋肉としては大腿直筋に代表されます。ヒラメ筋も腓腹筋も、大腿直筋に従います。(ヒラメ筋と腓腹筋で下腿三頭筋となります。)*鶏行歩は地に呪われているので、筋肉としてはヒラメ筋に代表され [続きを読む]
  • 勁力の骨を造るために
  • *どうしてそんなに硬くできるの? と聴いてしまったことがあります。数年前のことです。悪いことしたなあ、と反省しています。素朴な疑問でしたけど。*ガチガチでしか動けない人がいます。これは日本人特有なのではないか? とにかく真面目なのが日本人です。*それでフニャフニャ体操をすすめたり、禅密功をすすめたりするのですが・・・やりません。なんでだろ~~*私は不真面目ですし、いい加減でずぼらです。それも問題ですが、姿 [続きを読む]
  • 鉄牛耕地と鶏歩の誤解
  • (昨日の体育館から)*遠方からTさんがやってきた。今回で虎鷹拳院は3回目だそうです。すいません。フジマツ馬鹿なので、名前も覚えていませんでした。顔は思い出しました。*身体はがっちりしているし、素質ある若者でした。少なくとも、自分の若い頃よりも素質あります。*もう勁力は少し出ています。もっと肩の力が抜ければ、大きな勁力が出るでしょう。*ただ、鉄牛耕地について誤解がありました。*指の力に頼っています。そうする [続きを読む]
  • 構造としての姿勢と勁力
  • *姿勢勁力には秘伝がありません。秘伝を習ったところで役に立ちません。*なぜなら、姿勢勁力の根っこは、地面を蹴らない指行性だからです。だからニワトリの指行性一本足なのです。*それは勢いを否定するので、始めの一歩と次の一歩が繋がりません。それぞれ独立しています。*だから、活歩の打撃と定歩の打撃が同じものになります。(定歩=その場で歩かずに撃つこと)*しかも、その定歩は、前へ突っ込むことがありません。*だから、 [続きを読む]
  • 戦略としての武器
  • *先日、ある流派の人に心意六合拳の鷹爪を教えてみました。私は、前腕の筋肉で指先の張りを造る、といつものように教えました。*すると、彼は「ケンがー」と主張していました。あくまで筋肉を否定したいようです。そこのところは論争しても時間の無駄なので、スルーしました。*しかし、15年振りに会った元虎鷹拳院の会員も「ケンがー」の人でした。*腱とは骨と筋肉の結合組織でとても硬いものです。硬いので、ほとんど伸縮できませ [続きを読む]
  • 10月の体育館のお知らせ
  • お知らせ10月7日(土) 、10月21日(土) の両日、学校行事の準備のため、開進第一中学校体育館が使用できません。平和台体育館地下武道場に変更します。個人使用のため、300円必要となります。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 体重と重力を受け入れます
  • *最近のマイ・ブームは、グダブラ歩きです。これを準備体操にしました。*グターと全身の力を抜いて、ブラブラ歩きます。まあ、いつもやっている歩き方なんですけど。*ウォーキングやっているきれいなオネーサンを見ると、北朝鮮の軍隊を思い出します。なんかおかしくて滑稽です。*グダブラ歩きしてから、心意六合拳の単把を撃つと、バチン、と極まります。とってもすっきりまとまります。宋氏形意拳の崩拳も同様です。*単把のコツ= [続きを読む]
  • 身体を建て直します
  • (昨日の体育館から)*肩の力はかなり深刻な状況です。いわゆる中国拳法や太極拳の経験者でも、素人レベルです。ナンデダロ~~ 使えないなあー、中国拳法とか太極拳とか・・・*とりあえず、肩の力を抜いてもらうために、腕を回してもらいました。ていねいに、伸び伸びと、ゆっくりと回してもらいました。*これがかなり効果的でした。かなり肩がゆるくなりました。*それでも、相手からの圧力を肩で受け止めてしまいます。*相手の圧力 [続きを読む]
  • 後ろ足勁力と姿勢勁力
  • *昔は後ろ足勁力と称していました。*しかしこれ、二つの意味で都合が悪い。*後ろ足といっても、表と裏があります。*表は大腿四頭筋、特に大腿直筋で地面を蹴ります。ある種のジャンプ運動です。それは、ランニングだと指行性、ウォーキングでは蹠行性(せきこうせい) となります。日常歩行も同様の蹠行性です。*動作勁力も蹠行性です。沈墜勁も震脚も、十字勁も纏絲勁も、開合も、全て蹠行性です。ヒトを含む霊長類は蹠行性ですから [続きを読む]
  • 心意と形意の通低音
  • *上手い人と下手な人の違いは、何処から来るのでしょうか?*肩の力を抜くことは当然です。いわゆる中国拳法や太極拳の道場では、そんなことも指導していないこともありますけど。*肩の力を抜いても不十分です。上腕もフニャフニャにします。*上腕の筋力と前腕の筋力を分離させなければなりません。突きに上腕三頭筋は不要です。邪魔なんです。もちろん、上腕二頭筋も不要です。使い道が違います。*必要なのは、前腕の筋力だけです。 [続きを読む]
  • 前腕発勁=腕撃
  • *お元気ですか ! みなさん,インチキ・フジマツは元気です。いよいよ会員が減って、虎鷹拳院は完全消滅しそうですが。アハハ*シロクマさんにもらった練馬だいこんスペシャル号(自転車) で、開進第一中学校に通っています。*拳が相手に当たる時、当たるところは拳面あるいは拳頭です、通常は。*掌が相手に当たる時、当たるところは手のひらあるいは掌根です、通常は。*ところが、昔後ろ足勁力、今姿勢勁力は違います。宋氏形意拳・ [続きを読む]
  • 指行性の四足歩行です
  • *こんにちわ、最近、フニャフニャ道を極めたインチキのフジマツです。(オバチャンBがいなくなったので、アホのフジマツは封印します。お元気で ! オバチャンB )*涼しくなってきたし、心不全も完全回復して、絶好調です。腎不全はナアナアですけど。このままナアナアで生きて(死んで) いきます。*フニャフニャ道には、二つのコツ=極意があります。*それは、心意六合拳の鷹爪と鶏歩です。*鷹爪とは、拳・掌・腕を前腕の筋肉で造るこ [続きを読む]
  • 力を入れると勁力は逃げて行きます
  • *最近、ガチガチおじさんたちに、田植発勁を指導して成果を上げています。もっとも田植をするのはフジマツなので、疲れるのですが。(ブツブツ) *ガチガチおじさんは、超鈍いおじさんです。大腿直筋とヒラメ筋の区別ができません。そこで、もうあきらめした。大腿直筋鶏行歩とヒラメ筋鶏行歩の差は、足首の幅だから約8cm位です。それでは見分けられません。もちろん、私には見えますけど。*今は完全にあきらめて、田植しています。 [続きを読む]
  • 大腿四頭筋幻想から
  • *心意六合拳の鶏行歩を大腿四頭筋(特に大腿直筋) でガシガシやる人が多いようです。*見ていて、なんだかなあ? と思いますが、あの大腿四頭筋幻想は何処から来るのでしょうか?*中国武術だと、馬歩から来るのでしょうか? *おじさんXは格闘技出身ですが、自転車を重いギアーでガンガンこぐそうです。走り屋さんに聴いてみると、軽いギヤーで回転数を上げるそうです。また、前へこぐのではなく、後ろ足を引き上げるそうです。*おじさ [続きを読む]
  • 低い姿勢は地獄への道
  • (昨日の体育館から)*どうも解らない人がいるので、宋氏形意拳の龍形基本功を修正しました。そこで、最長最適な腕の長さと、力の抜き方を復習しました。*そこから、両手を胸前に持って行きます。その時に、普通の人は力を入れてしまいます。これは無意識に入れてしまうようです。*だから、自分が力を入れていると理解できません。*そこで、力が入っていると、指摘してあげます。そこで、さらに修正します。これはしつこくやってみま [続きを読む]
  • 心意拳の本質とは何か?
  • * 心意六合拳には、パンチが無い。宋氏形意拳にも、パンチが無い。*心意六合拳には馬形拳各種があります。宋氏形意拳には崩拳など五行拳があります。*それらは、拳と名付けてありますが、パンチとはほど遠い。異なるものです。*では、心意六合拳の拳、宋氏形意拳の拳とは何か?*それは腕撃なのです。腕で撃っています。*心意六合拳と宋氏形意拳の本質は、腕撃なのです。*つまり、腕の伸縮を使いません。そのために、上腕三頭筋に頼 [続きを読む]
  • 腕の伸ばし過ぎ
  • *心意六合拳の鶏歩については、田植発勁でだいたい解決しました。*それでも、肩に力を入れてしまう人が大多数です。*私の場合、宋氏形意拳の崩拳で肩の力を抜きました。でもこれは一般的ではありません。なにしろ難しい。それに小学生も倒せないフニャフニャ崩拳なので、すぐに成果が出ません。*そこで、心意六合拳の単把を提案しました。先日、さっそくシロクマさんにやってもらいましたが、やっぱり肩に力を入れてしまいます。* [続きを読む]
  • 田植え発勁
  • *最近、田植え発勁が成功しています。*本当に田植えするわけではありません。*私が誰かの心意六合拳・鶏歩を修正する姿が、田植えに似ているとシロクマさんがからかっているだけです。*その人の後ろ足足首とヒラメ筋の角度を修正してあげます。すると、勁力が出ます。相手の人を押してもらうのです。つまり、3人の作業となります。姿勢勁力が出ると、相手の身体が軽く感じられます。*心意六合拳・鶏歩、宋氏形意拳・六合歩などは、 [続きを読む]
  • 腕の生える所=前鋸筋
  • *肩に力が入ってしまうと、姿勢勁力は死んでしまいます。*そこで、肩の代わりのものを用意します。*それが脇腹の前鋸筋です。腕を肩からではなく、前鋸筋から生やします。*それが心意六合拳と形意拳の称する「龍身」です。*具体的には、前鋸筋で体幹を制御します。その訓練が、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功1号と2号です。*心意六合拳の全ての技も、体幹を前鋸筋で制御します。*太極拳のロウシツヨウホも前鋸筋から撃ちます [続きを読む]
  • 付け加えるものはありません
  • (昨日の体育館から)*姿勢勁力の根本は、足指とヒラメ筋の直結です。*そのために、鼠蹊部を折り曲げて、足首を折り曲げます。*鼠蹊部の折り曲げは、肩の力を抜きます。*足首の折り曲げは、自分の体重を足首に降ろします。それも力を抜くことが必要となります。*その時に、へっぴり腰になる人がいます。*へっぴり腰でごまかしてしまうのです。力は抜けていません。*それを今度は、靴のせいにする人がいます。靴は普通のスニーカーで [続きを読む]
  • 人類の歴史と無関係
  • *姿勢勁力はランニングやウォーキングとは、全く違う運動です。*地面を蹴らないので、ジャンプ運動ではありません。*ということは、スポーツや格闘技と共通性が全くありません。*動作勁力とも無関係です。すなわち、沈墜勁や震脚、十字勁や開合、纏絲勁や抽絲勁、それらと全く共通性がありません。*勁力はある種の運動なので、心理学とは区別されます。すなわち、心理学でできている「気」の武術や「意」の武術とも共通性がありま [続きを読む]
  • 力を入れれば力は出ない
  • ・・・力を入れれば力は出ない。*発勁とは力を出すこと=出力です。力を入れること=入力ではありません。姿勢勁力も例外ではありません。*出力とは外向きの力です。入力とは内向きの力です。*Hおじさんが心意六合拳・鷹爪の悩みを打ち明けてくれました。*手の平の真ん中=掌心が硬くなってしまうとのことでした。*これはびっくりです。そんな経験はしたことがありません。*考えてみたら、Hおじさんは、握る力を用いていました。鷹爪 [続きを読む]