tiger-hawk さん プロフィール

  •  
tiger-hawkさん: 虎鷹拳院日誌
ハンドル名tiger-hawk さん
ブログタイトル虎鷹拳院日誌
ブログURLhttp://tigerhawk.exblog.jp
サイト紹介文心意六合拳・形意拳・太極拳など黄土拳芸を鍛錬。拳杯(グローブ・オープン・トーナメント)を主催する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2005/07/30 17:21

tiger-hawk さんのブログ記事

  • フニャフニャ崩拳の造り方
  • *先日、コボクマシーン1号に、「センセーはデブだからサモ・ハン・キンポーだよ」と言われました。*いえいえ、畏れ多いですよ。あのお方の身体能力は素晴らしい。アホのフジマツなんか遠く及びません。*と想っていたら、エキサイト・ニュースから映画情報が流れて来ました。「おじいちゃんはデブゴン」 ブルース・リーやドニー・イェンとの痺れるカンフー対決! 数々の名シーンを生み出してきた香港映画界のレジェンドにして“動 [続きを読む]
  • 誤解から生まれた反常識
  • *「腰を使ってはいけない」とか、「手の動きは体幹の動きに従う」とか、世間一般の常識に反しています。フジマツは馬鹿ではないのか? と疑問の方も多いかと想います。*フジマツが馬鹿なのは事実です。だからアホのフジマツです。しかし、これらの反常識が指行性の姿勢勁力の基礎となっています。*この反常識は何処から来たのか?*それは宋氏形意拳の熊の基本功1号からもたらされました。*熊の1号がフジマツスタイルの原点です。こ [続きを読む]
  • 手は体幹の動きに従う
  • (昨日の体育館から)*突然、銀色のスーツケースを引きずりながら、男が現れた。誰かと想ったら、居竜庵だった。仕事で一時日本に来てすぐまたインドネシアに帰国するそうだ。もう日本語を忘れていて、インドネシア語で話していた(涙) 。太平洋戦争で日本に帰国できなかったのだ。・・・ウソです。アッハ*ジャコウネコの肛門から出たコーヒーをくれた。これ、まろやかで大好きです。ありがとう。なお、アホのフジマツに、聖水とか黄 [続きを読む]
  • ゆるく立ちます・ゆるく歩きます
  • *足首が折れ曲がって歩く人なんているのですか? とオジサンXから疑問を提出されました。*そんな人はほとんどいません。少なくとも意識的にやっているのはアホのフジマツだけです。*ところが、これは実はとても簡単なんです。足首の力を抜くだけでできてしまいます。地面に反発しなければいいんです。*足首が地面に反発しないと、足裏は地面にベターと吸い付きます。*でも普通は足首が地面に反発しています。すると、身体は浮いて [続きを読む]
  • 常識を捨てて意識を変える
  • (昨日の体育館から)*「足首というけれど、膝が曲がるじゃないのよ。膝はどうするのよ ! 」・・・オバチャンB*いえ、膝は足首のついでの存在です。足首が折れ曲がる"ついでに"曲がるだけなんです。膝なんか考える必要がありません。膝は無視します。*オバチャンBを教えていると、普通の人の反応が見れて面白い。常識に捕われて、意識を変えることができません。*常識が間違っているのです。*例えば、相撲の解説者が、「腰が高いから [続きを読む]
  • 直立二足歩行という過ち
  • *こんにちわ、指行性の姿勢勁力を解明してしまったら、中国の心意六合拳と宋氏形意拳の水平を越えてしまったアホのフジマツです。*誰も見たことのない風景を見てしまったので、もう後戻りはできません。アッハ*もちろん先生方には感謝していますが、中国人へのコンプレックスはありません。そして日本人へのコンプレックスもありません。日本人は足指を失ってしまったので、とても残念です。*指行性の姿勢勁力を言葉として整理した [続きを読む]
  • インチキ野郎の12cmの距離
  • *センセーが5年前に(心不全と腎不全で) 死ななくてよかった。もし死んでいたらインチキ武術を習えなかった。・・・シロクマさん談*なんだよ、そのインチキ武術って・・・確かに社会的にインチキと認定されているのは事実だから、否定しようがないけど。ハイ、社会的事実だと認めます。*そういえば、胴締め先生が以前、「インチキフジマツに習う奴の気が知れない」と言ってました。*私も激しく同意します。アッハ*虎鷹拳院に来るの [続きを読む]
  • 腰を使ってはいけません
  • (昨日の体育館から)*どうも気になっていたことがありました。Hおじさんが腰を使ってしまうことです。Hおじさん、肩を使ってしまうのですが、腰も使ってしまうという二重の苦しみに喘いでいます。もちろん、本人は気にしていないようですけど。*心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳において、腰を使ってはいけません。腰を入れてはいけません。*これが良くわかるのが、心意六合拳の弓歩、武式太極拳の弓歩などです。腰は入れません [続きを読む]
  • 全過程に勁力がある
  • 命を捨てて男になれといわれたときは震えましょうよねそうよあたしゃ女でけっこう女のくさったのでかまいませんよ青くなって尻込みなさい逃げなさい 隠れなさい(先月亡くなった加川良さんの歌「教訓I」から)*胴締め先生が怖いです。オレンジ老師も怖いです。でも・・・シロクマさんが"もっと"怖いです。*以前は、後ろ足勁力と称していました。でも、いろいろと誤解されました。表現としても不十分でした。そこで今は、指行性の姿 [続きを読む]
  • 前腕打撃のイメージ
  • *心意六合拳の鷹爪から導き出された答え・・・それが「前腕打撃」です。*前腕打撃のイメージ・トレーニングに何かいいものはないかなあ、と想っていたら、ありました。*卓球の平野美宇さんです。そのフォアハンドとバックハンドです。名称は合っているかな?*卓球も腕の伸縮で撃っていないので、ちょうどいいです。やはり指行性です。横方向の指行性なんですけど。アハハ 心意六合拳の鶏行歩は前方向の指行性です。まあ、前方向の [続きを読む]
  • 突然にすいません
  • 突然にすいません。今日15日は寒いから、光が丘公園ではなく、平和台体育館にしろ、とオバチャンBから連絡ありました。というわけで、平和台体育館にします。ナンダカナアー 付いて行けまへんがなー これからのことが心配ですうー 来週はどうするんだろう? シランガナー 逃げろ~~ [続きを読む]
  • 足指の誕生
  • *おはこんばんわ、先日の第一回伝統武術表演交流大会なんですけど、午前中に逃亡しました。放送室に立てこもってはいませんでした。アッハ*「右翼も左翼もみんな仲翼」・・・これ昨日覚えたギャグです。ウフフ うりずん45(沖縄復帰記念コンサート) でした。もう逃げただろうけど、いつの日か、ジュゴンが沖縄の海に戻って来てほしいです。*そしたら、沖縄の海にまかれたアホのフジマツの骨も安らかに眠れるでしょう。*しかし、シ [続きを読む]
  • 死んだ足指の残したものは
  • *日本は人口が減るし、このまま行くと中国武術は滅びる。と、河田先生は言う。だから、伝統武術表演交流大会を開催したのだそうだ。*中国武術が滅びるのは歴史的必然だから、そのまま滅びればいい、というのが虎鷹拳院の会員たちの見解です。私の見解ではありませんよ。ウフフ*原発好きで戦争好きな長州アベ君と共に日本は滅びるだろう、とアホのフジマツは想います。でも、それが日本人の選択ならば、それでいいのだ、と想います [続きを読む]
  • 太極拳VS総合格闘技
  • *中国で太極拳の達人が総合格闘技の選手と試合して、ボロ負けしたそうです。その映像は見ていませんが、それはやるべき試合ではありませんでした。*やる前から勝敗が決まっていたのです。太極拳は"絶対に"総合格闘技に勝てません。*それはどうしてか?*それは構造的問題があるのです。*太極拳は、相手を向かい撃つ武術です。その昔、陳家村で野盗などからの村の防衛のために作られた武術です。*太極拳の代表的な技=ランザーイーを見 [続きを読む]
  • 鶏行歩のインチキ極意その四
  • *おはこんにちわ、武術の世界に動物学を導入して、心意六合拳と形意拳と太極拳の歴史を塗り替えてしまったアホのフジマツでございます。え? 社会的に認知されていない? いいんですよそんなことは。アハッ途中ですが緊急のお知らせです。北朝鮮情勢の緊迫のため、14日(日) の練習を12時25分で切り上げさせていただきます。申し訳ありません。あっテポドンが飛んで来るう~~・・・本当は諸事情により、です。ムーチョごめんね。それ [続きを読む]
  • アホマツが勁力を獲得できたわけ
  • *こんにちわ、指行性の姿勢勁力を獲得して、心意六合拳と宋氏形意拳の水平を越えてしまったアホのフジマツでございます。*フジマツは馬鹿なのに、どうして指行性の姿勢勁力を獲得できたのか? これは全世界のみなさんの疑問だと考えます。その疑問にお答えいたします。*え? 鶏行歩のインチキ極意の続きはどうした? あれはあと一回で終わってしまうので、箸休めでございます。まあ、いい加減だなあ・・・*ところで、「行ってみた [続きを読む]
  • 鶏行歩のインチキ極意その三
  • *こんにちわ、指行性の姿勢勁力を解明して、中国と日本の水平を越えてしまったアホのフジマツです。*動物の立ち方・歩き方は様々です。それに気付いたのは心意六合拳の鶏歩です。鶏歩は後ろ足の踵が上がっています。とても変な立ち方です。人間の立ち方ではありません。なにしろ鶏歩=ニワトリですから。*踵が上がっているとは、踵を使っていないということです。鶏歩とはニワトリの歩型です。ニワトリは鳥類なので、指行性です。足 [続きを読む]
  • 鶏行歩のインチキ極意その二
  • @ 先日の第一回伝統武術表演交流大会なんですが、聴いてみたところ、開会式で「フジマツは来たけれど、午前中に逃亡しました」と紹介されたらしい。嗚呼、なんて日だ ! *心意六合拳の核心というだけでなく、姿勢勁力の核心というべき心意六合拳・鶏行歩です。*ということは、鶏行歩に蹠行性(せきこうせい) から指行性への変態過程があります。姿勢勁力の根本の指行性勁力です。*これは上半身の鷹爪と一対となっています。前腕筋の [続きを読む]
  • 鶏行歩のインチキ極意その一
  • *心意六合拳・鶏行歩のインチキ極意です。*この極意は、世界で初めてアホのフジマツが明らかにしました。中国でも混乱したままです。*まず、この鶏行歩は、沈墜勁&震脚を用いません。沈墜勁&震脚は、ヒトの本能的運動を拡大・強化したものです。そのほうが自然なので、主流となっているようです。*姿勢勁力の鶏行歩は、そのような安易な道を選びませんでした。したがって、理解が難しいようです。*それを分解してみようと考えます [続きを読む]
  • 足指の死と生
  • *どうして心意六合拳の鶏歩で立たなければならないのか?*それは、後ろ足の足首が折れ曲がるためです。*どうして足首は折れ曲がらなければならないのか?*それは、足首に体重を降ろすためです。*どうして足首に体重を降ろさなければならないのか?*それによって、浮かない身体、そして沈まない身体を造るためです。*しかし、足首は関節なので、身体を支えることができません。*そこで、筋肉としては下腿三頭筋が働きます。すると、下 [続きを読む]
  • 行ってみたよ伝統武術大会
  • *行ってきました、第一回伝統武術表演交流大会。午後はインチキ虎鷹拳院の練習があるので、午前中のセミナーの時間にお邪魔しました。*常松先生「フジマツさん、どうしたの? お腹出てるよ。食べ過ぎだめよ。もうオオブタよ。」*アホのフジマツ「心不全治ったら、太りました。アハッ」*常松先生「アハッなんて卓球の平野美宇ちゃんの真似しても、ちっとも可愛くないよ。アッホ」*ちょっと盛りました。アハッ*河田先生「blog にいろ [続きを読む]
  • 手指と足指の動物武術
  • *姿勢勁力で直接使う筋肉は、腕の先端の前腕筋と、足の先端の下腿三頭筋です。そして、どちらも伸張性収縮です。*これは自分が四足歩行動物になったと想像すると、簡単に解ります。前肢の筋肉=前腕筋、後肢の筋肉=下腿三頭筋、となります。*心意六合拳と宋氏形意拳は動物武術なので、当然の結果です。*さらに体重を集中するために、ニワトリの指行性一本足に学びます。それが、心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、となります。 [続きを読む]
  • 全くのゼロから
  • *「センセーのアホblog を見て虎鷹拳院に来る人はいませんよ。少なくとも正常な人は来ません。来るのは頭のおかしい人だけですよ。」*とシロクマさんは言います。なるほど、頭のおかしいシロクマさんが言うと説得力があります。オバチャンズは別ルートから虎鷹拳院に来たので、頭は正常です。*しかし、姿勢勁力は素晴らしい。何処かでネガティブキャンペーンを張っている◯◯◯◯◯◯◯先生も、来ればいいのに。心の広いアホのブジ [続きを読む]
  • 横隔膜とせり上がる体幹
  • *心意六合拳と宋氏形意拳のせり上がる体幹なんですけど、どこが上限かというと、横隔膜です。*そんなこと当然だろう、ボケ。といわれそうですが、アホなんで許してください。*自分で考えてみたら、横隔膜が張っていました。*フジマツの場合、胃袋が出ているので胃袋かと思いましたが、横隔膜でした。*「センセーのような醜いカラダに成りたくない」と私を攻撃してくるのがシロクマさんです。安心してください。腹が出るのてはなく [続きを読む]
  • 肩と胸に替わるもの
  • *心意六合拳と宋氏形意拳は前腕打撃なんですが、実際には肩の力と上腕の力を使ってしまいます。*腕を脇腹の前鋸筋に直結するのが、龍身の原則です。でも、なかなか直結しません。*肩と上腕を使ってしまうのはヒトの本能的習慣です。それは何処から来ているのか?*それはヒトの直立二足歩行から来ています。これは厄介です。腕は体幹から切り離されて、肩と直結したのがヒトの直立二足歩行です。*そのために肩を使ってしまう人がほと [続きを読む]