庄子 展弘 さん プロフィール

  •  
庄子 展弘さん: ハートでアート
ハンドル名庄子 展弘 さん
ブログタイトルハートでアート
ブログURLhttp://nobush.exblog.jp/
サイト紹介文教職17年目の中学校の美術教師 庄子 展弘です。美術教育、自身の制作など、北海道旭川より発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2005/08/11 23:18

庄子 展弘 さんのブログ記事

  • 『道産子追憶之巻』を味わう ーその1ー
  •  北海道博物館から『道産子追憶之巻』のシートを借用することができると聞いたのは4月だった。 11月の1〜2週で勤務校の全学年9クラスで授業を行った。今回はその紹介です。 今年度は、校内研で授業をすることになり、教科書も変わったこともあり、新しいことに挑戦しようとしていた矢先に、『道産子追憶之巻』の情報を知った。岩橋英遠作の30mもある大作である。以前から、旭川美術館に展示してある... [続きを読む]
  • 人のスケッチブックは面白いー珠子のひみつ展ー 
  •  教職員研修で12日に『珠子のひみつ展』を見てきた。 担当学芸員の土岐さんの30分の解説の後、自由鑑賞となったが、以前に見たことのある大作や初めて見る大作も見応えがあったが、何よりもスケッチブックに目をみはった。 ヨーロッパの美術館でミロに魅せられて、こまごまとメモしたりスケッチしたりしたものや、小学校の教員時代に子供たちを水彩でスケッチしたもの、富士山をマジックインキなどでダイ... [続きを読む]
  • 来年度の美術教員の登録は13名(北海道)+5名(札幌)
  •  10月18日に平成29年度北海道・札幌市公立学校教員採用候補者の登録者の受験番号が発表された。 それによると、中学校美術は13名、札幌市の中学校美術は5名、ちなみに高等学校については美術の登録はなし。 北海道の登録者は昨年の12名に引き続き増えている。札幌市については昨年まで1名ほどだったのが5名と一気に増えている。 しかし、退職者の数や拠点校方式の実施など、実質の美術教師不足... [続きを読む]
  • 第2回のMOA美術館上富良野町児童作品展
  •  第2回となるMOA美術館上富良野町児童作品展の表彰式に出席しました。  小学生の作品展で絵画と書道の作品展です。 講評前には、作者の小学生から、受賞した絵についてわからなかったことを教えてもらうこともでき、そのことを講評でふれたりすることもできました。 授賞式の後には、上富良野町のゆるキャラのらべとんとの記念撮影もあり、楽しいひとときでした。 授賞された保護者の方から直... [続きを読む]
  • ハロウィン始めました2016
  •  今年は今までで最小のかぼちゃになりました。  美術部の活動で1日で制作。 早速金曜日から校門の影の暗がりに設置しました。 私自身の会議の関係もあり、26日の水曜日までしか設置できませんが、部活動終了後に下校する生徒たちにハロウィン気分を感じてもらえればと思っています。 [続きを読む]
  • カラーインクでモノタイプ
  •  中学3年生で、モノタイプに取り組み始めました。 ドライポイントの塩ビ板に水性インくをのせ、ヘラで模様を作ってプレス機で刷ります。 これが版とヘラです。余った塩ビ板をカットしています。 通常の版画なら、何枚も同じ絵を印刷することができますが、モノタイプは版を加工していないので、同じ絵を何度も刷ることはできません。版画の特徴である複数性がありません。けれども、同じ版で全く別... [続きを読む]
  • 二代目は消しハン
  •  ハートでアートのスタンプを2010年に作って宿題のデッサンに押し続けて、早6年。とうとうエッジが欠けてしまい耐用年数を過ぎたようです。100円の手作りスタンプセットでしたが、よく頑張りました。上の写真は、初代のハンコの完成当時のもの。 二代目は、消しゴムハンコで作成しました。ゴムが柔らかいので、初代ほど保たないでしょうが、その都度作り直して更新していきます。 スタンプ台も更新し... [続きを読む]
  • 最後の授業『今の思いを表現しよう』
  •  『こころのかたち』完成のあとに、1時間の授業時間が貰えた。 そこで、初めての挑戦となる共同制作に取り組んだ。 94cm×550cmの障子紙に「今の思いを表現しよう」というものだ。 毎回授業の目標を黒板に板書するが、本日の目標は「ハートでアート」。 最初は、大きな紙に戸惑いを見せるものの、誰かが始めると、たっぷりの絵の具と筆や刷毛を使って、どんどん思い思いの表現を進めてい... [続きを読む]
  • こころってあったかいことに気づいた
  •  3年生の抽象彫刻『こころのかたち』が完成して、改修された校舎の日当たりの良い廊下に展示した。高麗石を彫って、抽象彫刻を制作する授業に取り組んで10年以上たつ。最初は勝手がわからなかったものの、糸のこで切断し、棒ヤスリで削り、木材用の彫刻刀で彫り、3Mのスポンジ研磨剤で丸め、缶の練ピカールで磨き、最後は手の平で磨く。手の平で磨くことを教えてくれたのは、生徒だった。その子の石は活きのい... [続きを読む]
  • 新ロマン派第70回記念会員・会友深川移動展
  •  新ロマン派70回記念会員・会友展の深川移動展の展示作業に行ってきました。会場はアートホール東洲館です。 20名以上の会員・会友が集まり、2時間ほどで展示作業は終了しました。展示場所が変わると、作品の見え方もまた変わってきます。3月1日(火)から15日(火)まで開催します。7日(月)、14日(月)は休館日です。深川近郊の方、ぜひご来場ください。 [続きを読む]
  • 卒業制作展(教育大学旭川校)へ行ってきました
  •  教育大学旭川校 美術分野の卒業制作展に行ってきました。 西武旭川店B館10階の市民ギャラリーで開催しています。 大学で4年間専門で学び、これから社会に旅立ち活躍していく学生たちの作品です。絵画も彫刻も大作が並びます。鉄を溶接した立体や、大きな全身像、独特の世界観の絵画、ウルトラマンの目覚まし!など、若さあふれる作品が展示されています。 個人的には、照明により壁に影が投影され... [続きを読む]
  • ハクチュウム展に行ってきました
  •  旭川フィール5階で29日まで開催している『ハクチュウム』展を見てきました。教育大学旭川校の美術教育の4年生の学生の2人展です。昨年に引き続きの開催となります。西武デパートでは、同じく美術分野の卒業制作展が開催中(こちらは3月7日まで)。美術の学生と、美術教育の学生では、立場が違うので同じ会場で展示することはできないのかなと想像しました。 だけど、若々しい感性は共通。こちらは、卒... [続きを読む]
  • まさかの再会
  •  2月20日と21日に旭川市市民活動交流センター「CoCoDe(ココデ)」で開催されていた「ナインス」というマーケットイベントへ行ってきました。 そこの出店者に声をかけられ、話を聞くと、何と新卒の時に担当した学年の生徒だということが判明。その生徒は転校したので、教えたのは1年間だけでしたが、26年も前の話です。よく覚えていてくれたものです。 ブランド名はGuchicoで、木材を利... [続きを読む]
  • 何のために絵を描くのか
  •  新ロマン派70回記念会員・会友展の企画として、2月14日(日)に『私たちはなぜ絵を描くのか』〜山口信太郎氏の教えを受けて〜という演題の公演が渡辺貞之氏によって行われた。 旭川美術館の講堂での講演としては、私の見る限りこれ以上ないくらいの混みようで、90名近くの聴衆が集まった。 私自身は、新ロマン派の創立会員の山口信太郎氏とは面識がなく、山口先生の教えを受けた渡辺... [続きを読む]
  • 第70回記念新ロマン派会員・会友展開催
  •  第70回記念新ロマン派会員・会友展が2月11日より21日まで旭川美術館において開催されます。5年ぶりの、美術館での展示作業が2月10日に行われ、多数の会員・会友の協力のもと、夕方4時には終了しました。 個人的には、美術館のバックヤードやガラスケース、照明の設備、美術館独自の搬入の大変さなど、いろいろ勉強になりました。 会員・会友の作品も過去に旭川美術館に展示したことのないも... [続きを読む]
  • 「東北の皆さんに見てもらいたい」
  •  中学3年生の美術で取り組んだポスターの授業が終わりました。その中の一人の生徒が東日本大震災をテーマにポスターを作成しました。震災から4年が経ち、このことをテーマとする生徒は減ってきており、今年はこの生徒一人でした。 その生徒は、ポスター完成後に「制作を終えての感想」を記入する欄に、コメントをびっしり書き込みました。その書き込みを見て、「このポスターを実際に東北の皆さんに見てもらうことは... [続きを読む]
  • 初めてのらべとん
  •  第1回MOA美術館上富良野児童生徒作品展の表彰式で初めてらべとんに会いました。 上富良野町のゆるキャラで、ラベンダーとぶたからできています。地元では愛されているキャラクターで、今回の表彰式でラベトン賞の授与に来てくれました。 子供たちも大喜びで、表彰される子供たち以外の子供が表彰そっちのけでらべとんと遊んでいました(らべとんは黙って待っていたのですが)。 そして、表彰場面で... [続きを読む]
  • 第1回MOA美術館上富良野児童生徒作品展開催
  •  展示期間は今日までの2日間でしたが、第1回のMOA美術館上富良野児童生徒作品展が開催されました。本日は表彰式も開催され、講評を述べてきました。本日の原稿をまとめなおしましたので、掲載します。 MOA美術館上富良野児童作品展の絵画の部において入賞されたみなさん,おめでとうございます。今回の作品のテーマは自由です。テーマを自分で選ぶということは,何を描くのかを絵を描く一人一人に任さ... [続きを読む]
  • ハロウィン始めました2015
  •  今年もハロウィン始めました。暗い渡り廊下と玄関前と、校門前です。下校前の生徒にも好評でした。美術部員たちも、初めての経験なので手探りの状態で最初は戸惑っていたようですが、最後は楽しんでいたようでした。1週間ぐらいはお披露目できるでしょうか。 [続きを読む]
  • 来年度は12名
  •  北海道教育委員会のHPにおいて、来年度の北海道の中学校の美術科教員の登録者の受験番号が12名発表された。確か、昨年度の発表もこれぐらいだったはず。一時期の平均6、7名から、最低の3名程度のときを経て、最近は10名以上という傾向である。 しかし、上川管内でも中学校において複数校掛け持ちの実態もあり、美術科教員の不足はまだ改善されていない。 [続きを読む]
  • 新ロマン派会員・会友小品展始まる
  •  第70回記念新ロマン派展に会期を合わせて、新ロマン派会員・会友小品展が29日(火)から始まった。ヒラマ画廊において、10月5日(月)16時まで開催される。 今回は、実家で使っていたレンガの竃を描いた。高校3年生の高文連の30号で描いた以来なので、30年ぶりである。その竃も、昨年実家が取り壊されたのですでにもうない。 6号のキャンバスに細々と描くのに手間取ったが、竃と七輪の組み合... [続きを読む]
  • 新コースの旭川ハーフマラソン
  •  新コースとなった旭川ハーフマラソン。今回からは公道を走るコースとなる。 陸上競技場を出発して、旭川北高校とスタルヒン球場の横を抜け、陸上自衛隊の外周を走り、裏門から構内へ。自衛隊員に見送られながら、付属中、小の前を通り、北星中の校区で生徒の声援を受け、教育大学の横を通り、西高で曲がって堤防へ。神居古潭方面へしばらく走った後に折り返して旭橋へ向かう。旭橋を渡ると、今度はロータリー。声... [続きを読む]
  • 豪傑いっぱい 『水滸伝』読了
  •  ブログ復帰します。新しいMacへのデータの移行と整理に時間がかかったり、2学期の学校祭の慌ただしかったりしたため、更新を怠っていました。 まずは本の話です。『三国志』の次は『水滸伝』を読みました。『三国志』よりも引き込まれるのが早く、全10巻を約2ヶ月で読みました。豪傑が108人集まって、壮絶に散るお話です。何かあると、酒を飲み肉を喰らう。戦うと敵なし。政府の奸臣によっ... [続きを読む]