わらべ さん プロフィール

  •  
わらべさん: 大泉学園・もんじゃ屋のつぶやき
ハンドル名わらべ さん
ブログタイトル大泉学園・もんじゃ屋のつぶやき
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/warabe401
サイト紹介文練馬区大泉学園のもんじゃ屋の親父の個人的な日記です。お店のことや、趣味や地域の話題盛りだくさん。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供435回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2005/08/13 08:26

わらべ さんのブログ記事

  • 「名画読解 観察力を磨く」 エイミー・E・ハーマン
  • 「名画読解 観察力を磨く」 エイミー・E・ハーマンを読みました。沢山の作品の画像を観ながら、沢山の作品の奥底まで楽しみながらの読書楽しかったです。ただ、この本を読んでいると、絵画作品の本物が観たくなって仕方なくなってしまったなー・・・。この本に出合って、凄く納得したのですが、そう、美術館巡りをするようになってから、観察力がついたかどうかわかりませんが、自分の周りのものや人を良く見るようになったと感 [続きを読む]
  • 「ロードふじみ商店会主催 フリーマーケット」開催!
  • ロードふじみ商店会主催で、初めてのフリーマーケットを開催することが決まりました。現在一般出店者を募集しています。早い者勝ちです。当日はホットドックの模擬店もやります。どうぞお楽しみに!<ロードふじみ商店会主催 フリーマーケット!>場所  マロニエ広場(わらべの近く)日時  平成29年9月24日(日) 午前10時〜午後2時※一般出店募集しています。 応募出店数が定員に達し次第、締め切りとさせていただ [続きを読む]
  • [転載]「嘘だらけの日中近現代史」 倉山満
  • 「嘘だらけの日中近現代史」 倉山満を読みました。倉山先生の、嘘だらけシリーズ、大変勉強になります。新書ですが、内容は100倍ぐらい厚いですね。もっと深く知りたくなります。そうゆう人は倉山塾に入れってことでしょうけど。ほんの少しだけ、メモメモ。@中国史のパターン1、新王朝、成立↓2、功臣の粛清↓3、対外侵略戦争↓4、漢字の一斉改変と改竄歴史書の作成↓5、閨閥、宦官、など皇帝側近の跳梁↓6、秘密結社の [続きを読む]
  • [転載]「日本史の5つの法則」 田中英道
  • 「日本史の5つの法則」 田中英道を読みました。確かに歴史をみると、その民族のクセというか、法則が結構ありますね。倉山満先生の「嘘だらけ〜」シリーズでも、中国の法則、韓国の法則、イギリスの法則など、歴史から学ぶ法則がでてきますが、日本の歴史を見ても、確かに、日本人のクセというか、法則がありますね。面白いです。メモメモ。@自然がまず神の前にあったということをしっかり認識している民族が日本人だということ [続きを読む]
  • 広島カープマジック27!
  • 広島カープが、二位の阪神を下し、マジックを再点灯!M27とした。うれしいよ、そりゃうれしいけど・・・うーん、大変申し訳ないけど、昨日の阪神さんは、今シーズンのセリーグを象徴しているというか、やっぱり、カープは強いのは確かなんだけど、・・・1強5弱の感はいなめないなー。もちろん、リーグ優勝はうれしい。ただ、昨日の西武と楽天の試合を観ていても、ソフトバンクが来ても、楽天が来ても、西武が来ても・・・果た [続きを読む]
  • 敵味方に関係なく戦死者を弔う日本の伝統精神
  • 靖国神社の敷地内には、国籍を問わず全世界すべての戦没者の霊を祀る「鎮霊社」が建てられています。日本国のために命を捧げた方々を顕彰する、靖国神社の境内に、靖国本殿に英霊として祀られている方だけでなく、国籍を問わずに全世界すべての戦没者の霊を祀る「鎮霊社」があるという意味はとても大きく、僕は凄く心に想うことがあります。鎮霊社の前に立て札があり、こんな由来が書かれています。 「明治維新以来の戦争・事変に [続きを読む]
  • 「古典芸能の基礎知識」 小山観翁
  • 「古典芸能の基礎知識」 小山観翁を読ませていただきました。古典芸能にはほとんど素養のない僕なので、とっつきにくいかな?とは思いましたが、いやいや、分かりやすい文章で、結構痛烈で、たのしく拝読できました。@武家との接触を最重点施策とした船場の豪商たちは、生活が武家的になると同時に、それらの地方武士を接待する場合の余興の選択に腐心するようになる。船場商人がハタと思いついたのは、「謡曲」であった。能楽は [続きを読む]
  • 関屋記念2017
  • 今年も関屋記念がやってきました。いやー、人気われてますねー。おお!なんと一番人気は、デムーロのメートルダール・・・うーん・・・人気がないなら、デムーロさんなので、ここから行こうかなっと思っていたのですが、まさか一番人気とは・・・。冷静に考えれば、一番人気はちょっと人気かぶりすぎでしょう。一応データ的には、新潟芝1600は、勝率ではキングカメハメハ、連帯率ではハーツクライが断然によく、外枠有利、先行 [続きを読む]
  • 分離喫煙が、癌を増やす???
  • 【DHC】8/11(金) 武田邦彦・須田慎一郎・居島一平【虎ノ門ニュース】癌が増えているという。これは、僕が信頼している武田邦彦先生がおっしゃっていることですが、分離喫煙が進んでいることが、癌が増えている一因ではないかというのです。僕は、科学者でないし、調べたわけでもないですが、武田先生のことは信頼しているし、この話も、実感的に誤りではないのでは?って感じています。O−157もそうでしたが、むやみに、抗菌と [続きを読む]
  • [転載]「みんなで学ぼう日本の軍閥」 倉山満・杉田水脈
  • 「みんなで学ぼう日本の軍閥」 倉山満・杉田水脈を読みました。「チャンネルくらら」の人気番組の書籍化ですが、御多分にもれず僕も日本の近代史の軍閥についてほとんど無知なので、とても勉強になりました。いやー知らないことだらけだなー。メモメモ@軍閥というのは、軍の中の派閥という意味で、その元祖が山縣有朋です。@長州は、「伊藤博文の女好き、山縣有朋のカネ好き、井上馨の両方」。目白の椿山荘は山縣の屋敷。@山縣 [続きを読む]
  • 「細川護立と近代の画家たち 後期展示」 永青文庫
  • 「細川護立と近代の画家たち 後期展示」 永青文庫を観てきました。小林古径の「孔雀」(1934年 昭和9)や、細川護立の依頼で描かれた、横山大観、下村観山、竹内栖鳳というまさにオールスタータッグによる合作、「観音猿鶴」(1910年 明43)ももちろんよかったですが、この日は、僕は松岡映丘 「室君」(1916年 大正5)にまさに圧倒され、釘付けになりました。気が付いたら、この絵だけで、1時間以上鑑賞し [続きを読む]
  • 「超速! 日本政治外交史の流れ」 竹内睦泰 その2
  • 「超速! 日本政治外交史の流れ」 竹内睦泰を読みました。そのつづきです。@日清戦争、下関条約、そして三国干渉のあと、三国干渉で屈した日本を見て、閔妃は、「日本もロシアに比べたら全然だめね、これからはロシアの時代よ。」とロシアに急接近していく。実際、日本が主導する近代化改革は、親露派に転じた閔妃一派によってことごとく潰されていった。その閔妃は、1895年10月、駐朝日本公使・三浦悟楼率いる軍によって [続きを読む]
  • 「超速! 日本政治外交史の流れ」 竹内睦泰 その1
  • 「超速! 日本政治外交史の流れ」 竹内睦泰を読みました。受験生でなくても、これはとてもわかりやすく、勉強したいですね。@琉球王国が中継貿易で栄えた14世紀後半から16世紀までの約200年間を、琉球の大交易時代と呼んでいる。@1609年、薩摩藩主の島津家久が、幕府の許可を受けて琉球征伐を行った。これ以降、琉球は薩摩藩の支配下に置かれることになる。@1879年、明治政府は琉球藩を廃して沖縄県を設置した [続きを読む]
  • 「そこまでやるか 壮大なプロジェクト展」 21_21 DESIGN SIGHT
  • 「そこまでやるか 壮大なプロジェクト展」 21_21 DESIGN SIGHThttp://www.2121designsight.jp/program/grand_projects/にも、サントリー美術館の「おもしろびじゅつワンダーランド2017」の後行ってきました。ただ、やっぱりこっちの方は、子供連れだとちょっと・・・でしたね。でも、噂の西野達の「カプセルホテル21」は面白かったですね。外から部屋が丸見えっていうのが、なんか新鮮でした。面白い造りの建物の形をうま [続きを読む]
  • 深刻!スルメイカの不漁
  • スルメイカ(北海道、東北などではマイカと呼ばれる)の不漁で、わらべも大変に困っています。スルメイカの漁獲量は、1996年の44万トンをピークに減少傾向が続き、ここ数年は、年間20万トン前後で推移していましたが、昨年は、なんと過去最低の6万8千トンに下落してしまいました。それに伴い、スルメイカの値段も高騰が続いています。イカは、日本人が最も身近に親しみ、世界の中でも日本のイカの消費量は多かったのに、 [続きを読む]
  • 2017 城ケ島さんご荘(非公開版)
  • 今年は、夏に夏休み4連休を取って、去年行った、城ケ島のさんご荘に今年は2泊しました。台風が居座り、ずっと天気が悪いと予報されていたのですが、なんと!ありがとう神様!奇跡的に、初日と、二日目の午前は晴れて、最高の海を楽しめました。むつみはこわがりましたが、なごみは、シュノーケル初体験で、上手にできました。いやー海は楽しいですね。二日目は、海に入った後、荒崎海岸を散歩。夜は早く寝ました。さんご荘のマグ [続きを読む]
  • 2017年、城ケ島旅行
  • 今年は、夏に四日間お休みいただき、去年行ってとてもよかった、城ケ島のさんご荘に二泊してきました。ずっと台風が居座り、天気予報は最悪だったのですが、本当に神様ありがとう!奇跡的に、初日と二日目の午前中は最高にいい天気となりました。いやー、最高に気持ちよく海で泳げました。夜は花火も楽しめました。二日目の午後は荒崎海岸を散歩。宿に戻ったら、物凄い大雨になり、いや助かりました。神様が僕らのために天気を与え [続きを読む]
  • 「佐武と市捕物控 刻の祭り」 石ノ森章太郎
  • 「佐武と市捕物控 刻の祭り」 石ノ森章太郎を、石ノ森章太郎生誕80周年ということもあり読みました。多分昔子供の頃にも読んでいたのでしょうが、そのころは、内容よく把握できずにいたと思います。改めて今読んでみると、うん、やっぱり大人が読むべき作品で、江戸の雰囲気が伝わってきていいですね。小説とも映画とも違う、漫画というジャンルでのアート表現。漫画でないとできない表現を感じました。またそこには、日本人独 [続きを読む]
  • [転載]「嘘だらけの日英近現代史」 倉山満
  • 「嘘だらけの日英近現代史」 倉山満を読みました。嘘だらけシリーズ、いやーとっても勉強になります。これは、その第五弾ですね。倉山先生は、この本の脱稿後、病に倒れ、一時はこれが遺作になるのでは?って言われていたんですよね。復帰され、本当によかったです。とっても勉強になりました。メモメモ@ケルト人の島であるブリテン島が紀元前55〜54年に有名なローマの英雄カエサルに征服され、イングランドの部分がローマ帝 [続きを読む]