わらべ さん プロフィール

  •  
わらべさん: 大泉学園・もんじゃ屋のつぶやき
ハンドル名わらべ さん
ブログタイトル大泉学園・もんじゃ屋のつぶやき
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/warabe401
サイト紹介文練馬区大泉学園のもんじゃ屋の親父の個人的な日記です。お店のことや、趣味や地域の話題盛りだくさん。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供438回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2005/08/13 08:26

わらべ さんのブログ記事

  • 宝塚記念2017
  • 宝塚記念です。よく、鉄板と言われた馬が負けると、「目に見えない疲れがたまっていたのでは・・」なんて言われるけど、目に見えない疲れに期待するのもなんだなー・・・。決して好きな馬ではないし、かつて、ずっと本命にしなくて馬券外し続けた馬たちを思い出させる、キタサンブラック。うーん、あまりうれしくないけど、この馬から入ることにしました。素直にね。キンカメ産駒の強いこのレースだけど、今年のキンカメ産駒までは [続きを読む]
  • わらべの経営理念(これから飲食店を始める方へのメッセージ)
  • あるところから、これから飲食店を始めるという方にメッセージをというアンケートをいただきました。せっかくなので、こちらでもその解答を紹介します。もんじゃやきお好み焼き わらべ創業 1995年4月店主 加藤幸八@創業のきっかけ食肉店を経営していたが、母親が亡くなり、食肉店の継続が厳しくなったのを気に、飲食店へ転換した。@お店のコンセプト地域密着で、地域の人が集える場所を提供する。「ファミリーもんじゃリ [続きを読む]
  • 「名画はあなたが決める」 塚本樹
  • 「名画はあなたが決める」 塚本樹を読みました。1994年の本なんですね。美術鑑賞のまだまだ駆け出しですが、自分なりに勝手に楽しんでますが、自分なりの勝手な鑑賞法でもいいんだなって、なんか安心させてくれました。@日本の美術界は送り手からの一方通行になっている。受け手側からのコミュニケーションは、極めてわずかです。SNSでのやりとりで、この辺りは相当変わってきているのかな?@何が表現されているかわから [続きを読む]
  • 二回目の葛西臨海水族館
  • ぐるっとパス、二冊目の最終日、葛西臨海水族館に超久しぶり二回目行ってきました。http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/おっと、ぐるっとパスとは?https://www.rekibun.or.jp/grutto/超お得で、超お勧めですよ!葛西臨海水族館は、平成元年にオープンして、確かオープン当初に行ったのですが、本当に超久しぶりに行きました。さすがに、ほとんど覚えてなくて、凄い新鮮でした。葛西臨海水族館といえば、2014年11月以降にに [続きを読む]
  • わらべ、まちゼミねりま、「「焼きそばを自分で焼いて 食べよう」
  • 練馬区の商店街を活気づける、「まちゼミねりま」またやりますよ!「第5回まちゼミねりま」として、今回はなんと111店舗に置いて行われます。得する街のゼミナール「まちゼミ」とは、愛知県岡崎市の商店街で10数年前に発祥し、いまや全国の商店街で実施されるほどの広がりを見せています。「まちゼミ」とは、お店の人が講師になって、プロのコツや知識を参加者に教えるという、ミニ講座です。さて、わらべでもまちゼミねりま [続きを読む]
  • 『「小池劇場」が日本を滅ぼす』  有本香
  • 『「小池劇場」が日本を滅ぼす』  有本香を読みました。有本さんの話は普段からよく聞いていましたが、改めて、普段地上波テレビの報道や、新聞しか読んでない人はまだ沢山騙されている人が多いよなーと、それだけに、この本は沢山の人に読んでもらい、みんなで真剣に、東京のこと、市場のこと、オリンピックのことなど考えてもらいたいなって思いました。まず、マスコミが喧伝する小池劇場で広められた築地市場問題のストーリー [続きを読む]
  • 川端康成 「山の音」
  • 三島由紀夫作品は大好きで、大体読んでいて、魅了されてるんだけど、「三島と川端どっちが好き?」と聞かれ、あれ、そういえば、川端康成作品って、伊豆の踊子ぐらいしか読んだことなかったなと思い出し、戦後日本文学の最高峰と評される、「山の音」を読んでみました。還暦過ぎの主人公とその妻、息子夫婦、出戻りの娘親子…間の心の葛藤を描いたホームドラマ的な作品。最初はなかなか入っていけなかったのですが、だんだんその魅 [続きを読む]
  • [転載]「第二回 ホキ美術館大賞展」 (三度目のホキ美術館)
  • 「第二回 ホキ美術館大賞展」 ホキ美術館に行ってきました。https://www.hoki-museum.jp/index.html写実絵画専門の美術館、ホキ美術館は、今回で三回目ですが、今回は、40歳以下の若手写実作家を対象とした、ホキ美術館大賞展で、全国から93点の応募があり、その中から入選作37点を一挙に公開するというものでしたが、いやー、どれもこれも本当に素晴らしかったです。若手の作家さんの中で、写実絵画が凄く盛り上がってい [続きを読む]
  • 「第63回 練馬区美術家協会展」  練馬区美術館
  • 太齋春夫展と同時開催で行われていた、「第63回 練馬区美術家協会展」  練馬区美術館も拝見してきました。僕の地元の練馬区美術家協会ということで、応援したい気持ちもあり、変な話、「もしレベルが低いというか、つまらないものだとかんじたらどうしよう・・・」などとちょっとだけドキドキしていたのですが、全くの杞憂で、どこに出しても恥ずかしくない素晴らしい作品の数々で大満足でした。練馬区美術家協会は、練馬区が [続きを読む]
  • 「太齋春夫展〜生誕110年記念漆の画家」 練馬区美術館
  • 「太齋春夫展〜生誕110年記念漆の画家」 練馬区美術館https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201704091491727999に行ってきました。太齋春夫(1907〜1944)は、漆を絵画の世界に活用した漆の画家として活躍されたんですね。ただ、若くして亡くなられたこともあり、あまり知られることもなかったようですね。漆を使った漆絵は、漆の独特の温かみがあり、人物描写でも、体温まで感じられるようでした。「少年 [続きを読む]
  • 「ランス美術館展」 損保ジャパン日本興亜美術館
  • 「ランス美術館展」 損保ジャパン日本興亜美術館http://www.sjnk-museum.org/program/scheduleの、「ギャラリーでトークアート」に参加してきました。すっかりこのトークアートにはまってしまい、今回で、5回連続、5回目の参加です。・・・すっかりガイドの人たち、美術館の人たちに顔を覚えてもらってしまいました。ギャラリーでトークアートとは、休館日に貸切の美術館で、ボランティアガイドと参加者と対話をしながら絵を鑑 [続きを読む]
  • 「ヨシダ ナギ 写真展 HEROES」
  • 渋谷西武B館8階の画廊で、「ヨシダ ナギ 写真展 HEROES」を観てきました。僕はこのアーティストは全く知りませんでしたが、いつも空いているこの画廊が、今日はとても混んでいて、聞いたら連日沢山の人がやってきているということなので、有名なかたんでしょうね。アフリカをはじめとする小数民族を撮影されているこのフォトグラファー、普段写真に撮られることに慣れていないのか?被写体の気合の入れようが凄いです! [続きを読む]
  • 映画 アスガー・ファルハディ監督 「セールスマン」
  • イラン人のアスガー・ファルハディ監督作品 「セールスマン」http://www.thesalesman.jp/#pagetotopを観てきました。イラン人監督による、中東の舞台の中東イラン舞台の作品、いやー興味深く、面白かったです。まずは、感想を一言で言うと、アメリカに対して、 「嘘つき!!」という声が聞こえてくるようでした。この作品、トランプ政権の入国制限命令に抗議して、アスガー・ファルハディ監督と、主演女優のタラネ・アリドゥステ [続きを読む]
  • 「疲れをとりたきゃ 腎臓をもみなさい」  寺林陽介
  • 「疲れをとりたきゃ 腎臓をもみなさい」  寺林陽介を読みました。はい、教えてもらった通り、毎日やっています。効果?どうでしょうね〜、悪くはないと思います。この本、読もうと思えば、僕なら5分で読み終わりますね〜〜。@腎のツボをマッサージすると、腎臓の疲れが解消されます。腎臓の疲れが取れ、きちんと働いてくれれば、血液の中の、身体にとって必要なものは再吸収され、老廃物やいらないものは尿として排泄されます [続きを読む]
  • 「理論近現代史学」 藤誠志
  • 「理論近現代史学」 藤誠志を読みました。アパグループ代表の本で、中国人が宿泊拒否をして有名になった本ですね。帯びに、竹田恒泰さんが、出ていて、思わず、竹田さんの本かと勘違いしてしまいました。内容は、まー大体知ってはいることですが、一般マスコミが伝えようとしないことですね。アパグループは、創業45年間一度の赤字もなく、一人のリストラもなく、一千数百億円の納税義務を果たし、最新の連結決算で売上高一千百 [続きを読む]
  • 「妻に龍が付きまして・・・」 小野寺S一貴
  • 「妻に龍が付きまして・・・」 小野寺S一貴を読みました。神社仏閣などに、彫り物でよく見かける龍。龍とは何者なのか?その疑問に楽しくわかりやすく答えてくれる、とてもためになる本です。僕も、龍を愛して、目に見えないものに、心を配っていきたいです。@龍神はその人その人の願いを叶えてくれる存在です。いわば、あなたの願いを完全サポートしてくれます。@神様は、人間の祈りと成長する。魂を食べて腹を満たし、強く大 [続きを読む]