S子 さん プロフィール

  •  
S子さん: 恋する小鳥
ハンドル名S子 さん
ブログタイトル恋する小鳥
ブログURLhttp://savannasahra.blog19.fc2.com/
サイト紹介文青い鳥に出逢いました、経験不足で亡くしてしまいました。そして私の小鳥と向き合う日々が始まりました。
自由文ワキコガネウロコ、ズグロシロハラ、テツバシメキシコ、胡錦鳥、オカメ、小紋鳥、マメルリハ、十姉妹、ジャンボ&羽衣セキセイ、ネザーランドドワーフにダップーの恋と繁殖を見つめる独身楽園日記。蓮や薔薇やランチュウとベタも愛でております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2005/08/15 02:07

S子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サツマイモ万歳
  • 料理をするのは好きだ。以前呉服屋系の職場にいたせいで和食とか着物とか、和小物とか、そういったものに囲まれすぎて飽き飽きして遠ざけていたことがあるが、最近は和食もよく食べるようになった。以前始めた炭水化物ダイエットはフラフラしてやめてしまったけど、手足がよく痺れ集中力が続かなかったときに出会ったグルテンフリー生活はよく馴染んでほとんどパンやパスタを食べずに暮らせるようになって米をよく食べるようになり [続きを読む]
  • 最初は3羽でした
  • ずっと巣箱にこもる豆女子は珍しくなくて、あまり気にしていなかった初夏のある日、突然聞こえてきた小さな雛の鳴き声にびっくりして、手をいれてみると豆女子がふんわり乗ってくれたのだけどその下には小さな雛がいました。卵と一緒に指を温めてもらいながら、ああ、雛が生まれたんだあ とぼんやりと実感。メガバクテリアは根絶するもなにもないようなもので、小鳥やさんから小鳥を持って帰ってきてしまっても本当に元気だから別 [続きを読む]
  • 眠る秘訣さがし
  • 長く睡眠障害を患っていますが、おかげでいろんなものを試してきたと思います。寝ようと思うとドキドキ緊張してきて汗をかき、シャワーを浴びてしまい目が覚め、また寝ようとすると緊張して動機がするとかそういうかんじで、昔は、次の日が試験や旅行や大きな会議だったり、始発での出張だったりすると、起きれなかったらどうしようという心配で眠れず、結局徹夜してしまうという悪循環が取れませんでした。普段何気ないときに突然 [続きを読む]
  • ウロコインコの雛の挿し餌について その1
  • 月山(がっさん)が月子ちゃんのもとから私の手に戻ってきたとき、私を覚えているかどうか不安でした。まあ、覚えていてもいなくてもまた挿し餌は再開なので、とりあえず向かいあうしかないなと思って用意したのはスプーンでした。ちなみにインコをゼロ日から育てるのには、私はストローを使用します。短いストローを先を斜めにカットして、自分で吸い上げ少しづつ少しづつくちばしの近くで今にも落ちそうなドロップの状態で待って [続きを読む]
  • がっさんのこと
  • ブログがお休みになる前に育てていたウロコインコ。最初は私がゼロ日から挿し餌をあげ、抱卵から温めるだけをマメルリハの月子ちゃんにお願いしていました。、それが月子ちゃんが温めるだけじゃなく食事もあげてくれるようになり、おまかせしていた間にどんどんこの子は大きくなり、とうとうマメルリハの大きさを超してしまいました。私たちの子ではないのでは・・?と月子ちゃんが疑い始めたころにようやく取り出して、今度はまた [続きを読む]
  • なんだか入れなかった
  • 昔とっても大事にしてたVAIOデスクトップをああだこうだと修理しながら愛用していたけどとうとう潰してしまい、新しい安物のヒューレットパッカードをしぶしぶ買ったら、あんまりにも早く動いて快適でびっくりしたことを覚えてる。結局古いPCはそれだけ動作が重くていまだと考えられないほどセキュリティも甘くてそれを補おうと色々つぎ込んでまた重くなっていろんなソフトも捨てられなくて、どんどん溜まってしまう悪循環だった。 [続きを読む]
  • ヒップは元気です
  • 最近ふとグーグルで、「美少年 ヒップ」と検索してみたんです。べ、別に美少年の尻に興味があったわけではないのですよ!ただちょっと、うちのマメルリハのヒップの画像を自分のフォルダから探すのが面倒で、ググってみたら見つかるだろうとぐーたらしたのです。そしたらなんと、私のPCでは画像検索の一番最初に出てきたんです、うちのヒップ君の子供たちが!色んなアイドルのお尻画面や羽生選手の写真まであった検索画面にちら [続きを読む]
  • 羽衣セキセイはヘリコプターとか言って輸出されてるみたい
  • 駄文です。おひまなときに・・・。えげれすが大変なことになってる・・・。日本経済にとっては一時的にショック死みたいになってますけど、それでもおめでとうと言いたいし、絶対離脱になると思ってた。日本のメディアや評論家がEU残留になるだろうみたいな空気出してたのがおかしい。インサイダーかお前らと思うほどおかしい。社会主義の次に欧州が試みたEUという大きな実験は英国を端にして遅かれ早かれ崩壊し、歴史の教科書 [続きを読む]
  • 雛の顔はアッチコッチハッチ
  • ※ すると拡大画像になるかもしれません 以下同じ↓私はこういう雛でも見慣れているし、とっても赤ちゃんでカワイイと思っているのですが、マメルリハ、それからジャンボセキセイなどの雛とは違って、ウロコインコさんの雛は大変な虫ヅラですので(主に蟻顔)、若干引いておられる方もいらっしゃるかと思います。一枚目にきついのが来ないようにはしておりますので、苦手な方はスクロールしてみたりされませんように、お願い [続きを読む]
  • 体重が倍になった雛っち
  • ※ すると大きな画像になります。ウロコインコの雛ちゃんは、やっぱり足がしっかりしています。赤ちゃんでも、この見事な恐竜の足の片鱗が見られます。好き!ただ実物はものすごくバタバタ動くので、あんまり写真撮影がうまくいかないのですが・・。※ すると大きな画像になります。今日の体重は一気に14g私が最後に挿し餌してから3日ほどでほぼ倍になっています。パンパンにつめるのうますぎです。やっぱり鳥さ [続きを読む]
  • この子の名前には「月」を入れたいんだ
  • 沙門の雛 月子が育てている問題で、二日で1gづつ増えていった結果、最初は全然食事を与えなかった月子夫婦が、若干ゴミを食べさせている気配がありました。舌の下に種の殻や木くずがはさまっていて、この小さくて柔らかい口に細いつまようじの先を入れて緊張しながら取り外しました。温めるだけだったマメルリハ養親夫婦が食事をあげようという意識を持ち始めてくれたことは大変ありがたい点ですが、なぜゴミをあげようとしたの [続きを読む]
  • 暑くなってきました
  • 最近ウサギのラテが調子を崩していリハビリ中なのですが、ウサギが一番大好きなものといえば人参・・・ではなくバナナ!で、毎日のペレットと牧草じゃ暑さをしのげないのでバナナを切らさないようにしております。バナナはセキセイとオカメインコには全然食べないですが、コニュアとマメルリハは食べるので、小鳥用にも色々カットを変えて出しています。ただネチャつきますので、マメでも嫌な子は食べないし、大好き!ってかんじで [続きを読む]
  • 奇妙な分担子育て
  • ウロコインコ沙門の雛がセキセイのぽぽちん家で生まれたと書いていましたが、様子を見るとごはんをあげていたので、あえて取り上げなかった次の日に、食滞を起こしてしまって雛は助かりませんでした。そのうには粒が大きく残っていて量的にはいっぱいになっていたのですが、セキセイインコの餌の上げ方ではあまりにマッシュされていないままなのが良くなかったのか、うまくいきませんでした。やっぱり私のほうで挿し餌するべきでし [続きを読む]
  • スマホなあ
  • スマホのない生活で何も支障はないのだけれど、若干病人を病院に預けていることで、持たなくてはいけない雰囲気になっているでもまだ借りてないし、昔のようにプリペイド携帯を必要な時間だけ借りることでこなしていきたいけれど、今はプリペイドを持つのは色々とややこしいらしい。そもそも将来的に脳波にどれだけダメージがあるのかわからないのにあまり耳元にあのようなものを充てたくないけど、最近セキセイインコさんが「hey, [続きを読む]
  • セキセイインコさんのところで
  • 羽衣セキセイインコさんのチチとポポちんがひっついて一年ほどたつのだけれど、ポポちんが卵を産んでしょうがない。巣箱もないのにグラウンドに次々生んで、取り上げてもまた生む。羽衣セキセイさんは何度か卵を産むと卵巣にかたまりなどができ、日常生活にそれほど支障はないのだけれど、たまにおできになったりするからもう繁殖など誰もしなくていいと思っているのだけれど、それでもたまにぽろぽろと、みんなそれなりに無精卵を [続きを読む]
  • 南アメリカ産オキナインコとは
  • CSIという世界でもっとも成功した海外ドラマのシリーズがありますね日本でいうと沢口靖子さんがやっているドラマのハイテク版です・・・かね。DNAなどの化学捜査で犯人を突き止めるシリーズで、割と動物の死体も出てきますので、ヘビーな気分に耐えられるときだけ見るようにしていたものです。みなさんはどのスピンオフが好きですか?CSIはベガスとニューヨークとマイアミが主なシリーズなんですが、ベガスはカジノの都市らしくマ [続きを読む]
  • 島津の姫が紅白に出たこと
  • 山内さんと三山さんが紅白に出るのに、なんで相変わらず女性陣は鉄板常連ばっかりなのかーっと思っていたら、島津さんが紅白に出てました。私は今年テレビの事前チェックというものが全然できない状態だったので、紅白もぶっつけで見たので、亜矢姫が返り咲いていたとは初めて知りました。ほんとにうれしい。歌は私という独身行かず後家には辛いやね、「帰らんちゃよか」。身につまるわあ・・。自分の歌さえ歌わせてもらえない可能 [続きを読む]
  • 福袋買う側から作るほうへ回ったのなんかさみしい
  • 今年も福袋に挑戦している。マメルリハさんとセキセイさんとラブバードさんの5千円福袋は、数をすぐに売り切れたのでちょっとだけ増やしたけど、また売り切れてしまった。一万円のほうはまだ在庫が残っているのだけど、これを5千円にまわしたほうがよくね・・?と、思わないこともない。でもそうすると、早くに注文くださったお客様になんだか申し訳ない気もして、どうしたもんか悩んでる。とりあえず他の福袋注文して、備考欄に [続きを読む]
  • 唾液腺と虫歯
  • 去年は虫歯を一本抜いた。我慢に我慢を重ねていたから、歯科に行ったときはもう手遅れでその日のうちに抜かれてしまった。ずっと歯肉にしこりがあって、それが激痛でたまらんかったから、二件ほどまわって、ようやく名医名高い先生のところにたどり着いた。県外からも定期的に来る顧客がいるほど、名医らしい。確かに、抜歯も一瞬で終わった。周辺に広がっていた虫歯もその日で治った。ただね・・先生の圧が強すぎてね・・。さんま [続きを読む]
  • 玉ちゃんのおかげ
  • 玉ちゃんという白いセキセイさんを亡くしてもうずいぶんたった。玉ちゃんはすごいなあと思うのは、あれから、我が家の小鳥は、全員元気だということ。みんなほどよく健康で、死んでない。当たり前だ、言い方が雑だ、と言われるかもしれないけれど、こんなに悲しい死のない年はなかった。ヒップが年を取って、体毛がボサボサになってきて、もうあのうるうるとした美少年さは失われてしまったけど、それでも痙攣をぶりかえすこともな [続きを読む]
  • あんことお墓
  • 私は子供の頃、和菓子が食べられなかった。古い家で父方の祖母と寝所を共にしていたせいか、よもぎを取って来い、笹を取って来い、わらびを取って来い、と本当によく使われた。山に一人で出かけるのは好きだったし、池で鯉や蛇を見るのも好きだったからそういったことは苦じゃなかったけど、取って帰った草などを、掃除して(使える部分だけにすること)和菓子を作る手伝いをするのが苦痛だった。一升瓶に入った小豆を選り分けたり [続きを読む]
  • 今年の抱負
  • cotte cotteの発送が多すぎて、パンクしていることは間違いなくて、送っても送ってもまだあって、編んでも編んでもまだあって。そういうとき、you tube で世界中のペットの小鳥を見るようにしていて、マメルリハもオウムもセキセイも正直、死ぬほど可愛い。毎日そう思う。それで、この小鳥のために待ってるひとがいるんだーって、自分に言い聞かせるようにしている。それが一番効果がある。それでも遅いですけどね、もういったんど [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます2016
  • 本年もよろしくお願いいたします。色々ありましてしばらく写真のないブログになってしまうかと思いますが、新年は折り合いをつけながら書いていきたいと思います。去年は大変失礼いたしました。今年のお正月もあっという間に過ぎてしまいました。去年のような母が救急車で運ばれる31日という悪夢のような年末を過ごすことはなく、非常にシンプルな年越しといいますか、年またぎ といったほうがいいような過ごし方をすることがで [続きを読む]
  • 最近なんとなく餌を変えるようになった話
  • 以前「餌」や「ごはん」など、特に考えず書いていたときに、餌といういい方には抵抗があります といったメールをいただいたことがありまして、不思議なものですが、それ以来、今度は私が「餌」と書くことに躊躇するようなことになってしまい、「ごはん」と書くことが多くなったのですが、餌というのは事典で引くと「生き物を飼育するための食物」ということなので、特に間違っているわけではないのだろうと思っています。ただ「食 [続きを読む]
  • ワラアートを見に行きたい
  • 多摩美大は今なんか大変騒がれているような気がしますが、武蔵美大のこちらのアートワークには、大変心惹かれております。  ↓http://matome.naver.jp/odai/2144108929797722101ワラで作っているのに水に浮かぶあひるちゃんまであるのです。ワラは水吸ってすぐ沈みそうなのに、不思議ー。内部まですごくこだわって作られているのですね。私もワラを扱いますが、本当に管理が大変で、バラバラと常になんかこぼれてますし、毛羽立 [続きを読む]
  • 過去の記事 …