windowhead さん プロフィール

  •  
windowheadさん: ウエストコースト日日抄
ハンドル名windowhead さん
ブログタイトルウエストコースト日日抄
ブログURLhttp://westcoast.exblog.jp/
サイト紹介文わが街にJリーグチームができた!日本のウエストコーストから、サッカー周辺を「ゆるく」語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2005/08/27 14:16

windowhead さんのブログ記事

  • 躍動感と一体感が感じられたホーム金沢戦
  • アウエー京都戦を前に練習見学してきました。見学者も少なかったので、選手たちはファンサービスに時間を取られることなく元気にチームバスで出発しました。いつも思うのですが、アウエー出発時は選手たちの準備やコンディションのことも考えて、ファンサービスは控えめにしたほうがいいように感じます。雨の日や寒い日に練習後長い時間引き留めると身体が冷えてしまわないか心配です。若い選手が多くなったからか... [続きを読む]
  • 弾く音楽は栄養になります
  • 10年ほど前ガンで亡くなった弟の友人が思いがけないものを届けてくれた。弟の若いころの仕事のパネル仲畑貴志氏に師事してコピーライターになった弟が最初の大きな賞をもらった仕事の一部。YAMAHAエレクトーンの「ドレミは弾くからおもしろい」というコピーで全国展開したシリーズのもの。このミルクのコップの下には「弾く音楽は栄養になります」というコピーが書かれている。その友人の話では、このポスタ... [続きを読む]
  • カズさんおめでとう!そして選手の皆さんありがとう
  • 3月5日、第2節ホーム対横浜FC戦。1:1のドロー。それも1点ビハインドから追いついてのドローなので前向きに捉えられます。数日前から集客を心配したサポやスポンサーさんたちが、「キングカズとの対戦だよ!」と対戦相手のビッグネームを使ってPRしました。私もその一人。でも心のどこかでは、カズさんが来ることは確定ではなく、来られなかったらどうしようと思っていたのではないかな。特に、第1節でも... [続きを読む]
  • 今だから「キング・カズ」長崎へ
  • Vファーレン長崎は3月5日日曜日、諫早のトランスコスモススタジアムでキングカズ率いる横浜FCと対戦する。今店頭に並んでいる「Number」の三浦知良特集を読んでいた。サッカーをやりたい、まだまだ上手くなりたいという気持ちに純粋に向き合って自分の身体すべてをその気持ちに捧げているような人だ。50歳まで現役を続け試合に出てゴールまで上げている彼を世界中のレジェンドたちがリスペクトしている... [続きを読む]
  • 今だから「キング・カズ」長崎へ
  • Vファーレン長崎は3月5日日曜日、諫早のトランスコスモススタジアムでキングカズ率いる横浜FCと対戦する。今店頭に並んでいる「Number」の三浦知良特集を読んでいた。サッカーをやりたい、まだまだ上手くなりたいという気持ちに純粋に向き合って自分の身体すべてをその気持ちに捧げているような人だ。50歳まで現役を続け試合に出てゴールまで上げている彼を世界中のレジェンドたちがリスペクトしている... [続きを読む]
  • 新しいシーズンが始まる。
  • いよいよ今週末からJリーグが始まる。今シーズンオフは、お気に入りの選手の移籍で、ことのほか忙しかった。中村俊輔選手、佐藤寿人選手、兵藤慎剛選手、そして長崎の大久保択生選手、全員新天地へ。特に俊輔の移籍は、長年の俊輔サポとしては一大事だった……はずだが、私を含め俊輔サポの人たちは俊輔が行くところに行くというこれまでと同じスタンスで磐田のサックスブルーの10番を新たな応援グッズに加え... [続きを読む]
  • 「五平太」からタイムスリップ
  • 昨日あるパーティに参加したが、そこでケータリングを担当していたお店の名前から、ひさしぶりに10年前ごろ躍起になって調べていたことを懐かしく思い出した。そのなまえは「五平太」で石炭のこと。炭坑があるところでは五平太伝説というのがあるらしいが、長崎の五平太は、徳川綱吉の時代に平戸領民五平太が高島で石炭を採掘、付近の塩田へ供給したことで、石炭のことを五平太と呼ぶようになったというもの。... [続きを読む]
  • 誰が誰だか???見慣れた顔にホッとする
  • チーム始動2日目の昨日、2部練の午後の部を見学に。久しぶりの戸石練習場。数日前、私の中での最高のサッカー選手・中村俊輔選手がマリノスを去る決意をした。昨シーズンのマリノスの練習環境を関東の俊輔サポさんたちから逐一聞いていた。オリジナル10の名門を自負するマリノスが、そんなに粗末な練習環境なのかと驚くほどだった。1年間キャプテンの俊輔を筆頭に選手たちは練習環境改善を求めてきたはずだ。。... [続きを読む]
  • ルーズストッキングの反骨漢・神崎大輔選手
  • 2016年12月18日は特別の日になった。日本中をワクワクさせた大河「真田丸」の最終回と鹿島アントラーズとレアルマドリードのCWCチャンピオン争い。夕方から日本中が楽しんだ素晴らしいエンタテイメントの先駆けのようなイベントが西の端の長崎の商業施設の一角であった。え〜〜っ、うそ〜!と言われるかもしれないが、Vファーレン長崎のファンサポーターにとってはCWCや真田丸と同じくらい楽しく清々しい... [続きを読む]
  • 「そして、行ってきます」
  • 佐藤寿人オフシャルサイトより「皆さんへ」(http://www.hisato-sato.net/?p=2488)Jリーグを見続けるきっかけとなり、いまでもそのプレーにワクワクsる選手が2人いる。中村俊輔選手と佐藤寿人選手だ俊輔選手はデビュー当時からずっと気になる選手で追いかけている。寿人選手に惹かれたのは京都との入れ替え戦だった。J2降格が決まった試合後、泣きはらした... [続きを読む]
  • シーズンオフもヴィヴィくんは忙しいね
  • 12月1日、ヴィヴィくんと原田武男U18監督とアカデミーのスタッフさんたちが長崎市浜町で歳末街頭募金のお手伝いしてました。すごく元気な声で募金を呼びかける若いアカデミースタッフさんたち。Vファーレン長崎のコーチやチームスタッフさんたちはいろいろな活動などでも裏方さん的に参加して活動を支えてくれます。いつもトップチームのコーチやスタッフさんを見て、その明るさとがんばりがとても頼もし... [続きを読む]
  • シーズンオフもヴィヴィくんは忙しいね
  • 12月1日、ヴィヴィくんと原田武男U18監督とアカデミーのスタッフさんたちが長崎市浜町で歳末街頭募金のお手伝いしてました。すごく元気な声で募金を呼びかける若いアカデミースタッフさんたち。Vファーレン長崎のコーチやチームスタッフさんたちはいろいろな活動などでも裏方さん的に参加して活動を支えてくれます。いつもトップチームのコーチやスタッフさんを見て、その明るさとがんばりがとても頼もし... [続きを読む]
  • Vファーレン長崎、シーズン終了
  • Vファーレン長崎は京都に0−2で負けて今シーズンを終了した。山瀬のヘッドでのループシュートは秀逸だった。ヨンジェはFWとしてさらに力強くなっていた。京都は体格もプレーも力強かった。長崎は相変わらず、よくもわるくも初々しいチームのままシーズンを終わった感じがする。その初々しさは嫌いじゃなかったが覚醒するなにかも欲しかった。足りないものいっぱいのチームががんばりとおし... [続きを読む]
  • 最後の1秒まで
  • 明後日20日がVファーレン長崎の今シーズン最後の試合になる。プレーオフもないし、トラスタでの天皇杯もないようなので、トラスタでサッカーを応援するのもこの日が今年最後になりそう。Vファーレン長崎は続いても、今シーズンのこのチームのプレーは明後日が見納めになる。明後日の試合に出場できる選手、できない選手いると思うが、最後の1秒まで闘ってほしい。昨シーズンのV長崎のポスターに「最後の1秒まで長... [続きを読む]
  • 最後の1秒まで
  • 明後日20日がVファーレン長崎の今シーズン最後の試合になる。プレーオフもないし、トラスタでの天皇杯もないようなので、トラスタでサッカーを応援するのもこの日が今年最後になりそう。Vファーレン長崎は続いても、今シーズンのこのチームのプレーは明後日が見納めになる。明後日の試合に出場できる選手、できない選手いると思うが、最後の1秒まで闘ってほしい。昨シーズンのV長崎のポスターに「最後の1秒ま... [続きを読む]
  • ベアスタへ
  • Vファーレンサポのお知り合いが続々とフクアリに向かうなかで、こっそりベアスタに向かう。それもアウエー側。行きがけに早速アウエーの洗礼。佐賀で行われているバールンフェスタのバルーンがJRの架線に引っかかったとかで私の乗る「かもめ」が運休になっていた。次の便に変更して鳥栖に到着。おかげでアウエー側の女性サポ先着150人に配布されたすてきな焼き菓子の詰め合わせには到底間に合わず。くや... [続きを読む]
  • ミヌくん、君が私のMVP!なホーム山口戦
  • 山口のみなさんが初めてトラスタに乗り込んでくるのに、あいにくの雨。でも山口からたくさんのサポが来場し、長崎のホームの緩さもあるせいかアウエーにきているという緊張感もなく楽しんでおられた。いつものようにバックッスタンド3階の選手名横断幕取り付けのお手伝い。バックスタンドの一番高いところから開場前のスタジアムを眺める。つくづく美しいスタジアムだと思う。全方位屋根付きのこのスタジアムを山口... [続きを読む]
  • なぜ負けた、モヤモヤを語りあいたいよね
  • ザスパクサツ群馬に3:0で負けた。ココサテで見ていたが、監督や選手がうまくいっていたという前半にもどこか安定感が感じられなかった。前日ルヴァン杯決勝戦を見ていたから物足りなかったのかもしれない。いろんな意味で1点目を入れられた時が一番ショック。中盤にぽっかり空いていたあの大きなスペースが焼き付いている。なんかこのまま「負けたけど次に向けて応援しよう」では自分のなかで納得がいか... [続きを読む]
  • 横浜FC戦ー思いがけないツイート
  • 徳島戦に比べてアウエー横浜FC戦はいい感じで入ったなって思ったけど、思いもよらす前半2失点。解説の山口素弘さんがしきりと長崎のディフェンスの甘さを指摘。「軽い」という表現。素さんは2年前まで横浜FCを率いて長崎と対戦しているので、全員でタイトなプレスを仕掛けてフィジカルいっぱい走り勝つスタイルが長崎の良さだったという。確かに、今シーズンのV長崎でものたりないのはその部分だとい... [続きを読む]
  • 幕末の先駆者・赤松小三郎を知っていますか?
  • 大河ドラマ「真田丸」も大詰めを迎えている。この1年、久しぶりにワクワクさせる大河ドラマで、2002年の「新選組!」を彷彿させるものがあった。「新選組!」ファン時代に知り合った方々とも10年以上を経てネット上で再会したり、やはり「大河」の楽しさは演じる俳優の力量と脚本の魅力に尽きる。真田一族を生んだ長野県上田市だが、この地が生んだもう一人の偉人を知る人は少ないようだ。幕末の兵学... [続きを読む]
  • 強く。美しく。勝つ。ということ
  • 強く。美しく。勝つ。今シーズンのマリノスの弾幕に書かれた中村俊輔選手の決意。名門の誇りを持って正々堂々としたチームとして勝ちに行くという彼の理想だろう。その中村俊輔が今度は膝の怪我で離脱になった。高知で行われた天皇杯・対ヴェルディ戦での怪我。スポーツ紙サイトによると4〜6週間かかるという。これで鳥栖で俊輔のプレーが見られなくなった。地方在住者には年に1回2回しか見るこ... [続きを読む]