もるがん さん プロフィール

  •  
もるがんさん: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
ハンドル名もるがん さん
ブログタイトル帰ってきた二次元に愛をこめて☆
ブログURLhttp://sephiroth2012.blog.fc2.com/
サイト紹介文映画TVゲーム関連が主ですが、観劇、美術鑑賞、グルメの話題もあります☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2005/09/12 04:45

もるがん さんのブログ記事

  • ミュシャ展
  • 国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業ミュシャ展へ行って来ました。六本木の国立新美術館は大行列。入場まで1時間ほど。平日でこれなので、土日はさらに待ちそうです。ちなみにグッズ売り場だけはチケットなしでも出入りが出来ます。今回の目玉は「スラヴ叙事詩(1912-26年)」50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品。およそ縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画は、古代か [続きを読む]
  • 「大相撲五月場所六日目」観戦☆楽しかった!
  • 大相撲夏場所に沸く両国国技館へ行って来ました!!両国駅前から国技館まで、平日なのに人出が多い。入り待ちをしているファンもいて出入り口も混雑していました。入ってすぐに撮影スポット。横綱の等身大POPと記念撮影。特に係員もいないのですが、皆さん、大人しく並んで順番待ちをしていました。年配の方が多いので、落ち着いたものです。館内に入ると、相撲の神様・野見宿禰(のみのすくね)の物語を表した壁画が。優勝者に贈 [続きを読む]
  • (新)APB ハイテク捜査網(FOXチャンネル)
  • 親友を殺された大富豪が、予算不足を盾に何もしない警察に業を煮やし、自分でハイテクを駆使した警察署を作り上げる。第1話 強制リセットハイテク企業の創業者であるギデオンは、プレゼンを終えた帰りに立ち寄った商店で強盗に襲われてしまう。彼の右腕でもあった親友がギデオンをかばい死亡してしまうが、シカゴ警察は予算の削減と人手のなさを理由になかなか動き出そうとしない。痺れを切らしたギデオンがとった行動は、前代未 [続きを読む]
  • 「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」
  • 六本木ヒルズで開催中の「マーベル展」を見て来ました!!マーベル映画はほぼ見ています。今回は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の公開もあって、アベンジャーズ中心。X-MEN関連は「ローガン」位でした。入った途端に5mの巨大アイアンマン。後ろの人物と比べると、大きさが分かってもらえるかな?横から見た所。ここは森ビル52階の展望台。都心の風景をバックに立つアイアンマンは映画の内容を彷彿とさせてな [続きを読む]
  • ユーリ!!! on ICE×ミニストップキャンペーン(シングルver.)
  • 第1弾シングルver.のクリアファイル3種ゲットしました!!!こちらが裏。それぞれの個性にあった装い。寒くても水プールに入るロシア人としては、これで日本の冬ならいけそうですが。凍ったネヴァ川の川岸で半裸で日光浴しているロシア人も目撃しましたけどw勝生 勇利 Yuri KATSUKIヴィクトル・ニキフォロフ Victor Nikiforov Виктор Никифоровユーリ・プリセツキー Yuri PLISETSKY Юрий Плисецкий [続きを読む]
  • 映画「追憶」感想
  • スクリーンに切り取られた世界は儚くも美しい。豪奢で華美という意味ではない。現実に寄り添って作られた映像。大抵の邦画の薄っぺらい画面とは違う。ゴミも埃もあっていいのだ、その世界を描くのに必要なら。泥が作られた泥ではなくあめつちで作られた泥に思えるほどに自然。巧みに作られた日常が物語に真実味を与える。これは人生の深みを知った人ほど感じるものが多い映画。人生経験が浅い人間には理解出来ない事が多いようだ。 [続きを読む]
  • けろけろけろっぴカフェ
  • 京急百貨店4Fで期間限定で開店した「けろけろけろっぴカフェ」へ行って来ました☆けろっぴの顔が目印です。平日でしたが満席。シートに名前を書いて、外の椅子でしばし待つ事に。メニューを見ながら待ちます。最近はコラボカフェが何処にでもあって、メニューもグレードアップ。いい加減なものでは、お客様も満足してくれなくなって来たのでしょう。順番が来て、席に案内されました。ランチョンマットもけろっぴです。店内の壁には [続きを読む]
  • ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜 第四話 最後のラブレター
  • 死ぬのが分かっていて、幼馴染にあんな手紙を送るとは、なんて自分勝手な男なんだろう。酷い話だ。何よりも自分の奥さんに失礼だと男は思わなかったのだろうか。既婚者である女性にそんなものを送って、相手の家庭に波風が立ったらどうする。送られた相手は自分が死んでいると知って「どうして今更こんな手紙を送って来たのか」と一生苦しむ可能性もあるというのに。いい話にしたいのは分かるが、全然いい話じゃない。ナルシストで [続きを読む]
  • BONES -骨は語る- シーズン11 まとめ感想
  • 人間の持って生まれた本質は変わらない。改心したと主張しても、同じ事を繰り返す。妻と二人の子供を捨てても、危険に突っ走るのが男のやる事だと妄信している。ブースのマッチョ思想に翻弄されるブレナンと娘が哀れ過ぎる。ブレナンは頭脳明晰なはずなのに、人間関係に関しては徹底的に低能なのが、天才ゆえの傲慢というだけではなく、デキル女がダメ男に溺れる典型に見えて来る。同じ過ちを繰り返し、周囲に迷惑をかけ続けて、い [続きを読む]
  • 映画「美女と野獣(IMAX3D)」感想
  • ディズニーアニメ「美女と野獣」の実写化邦画ではアニメの実写化=駄作が定番ですが、さすがディズニー、良作に仕上げて来ました。うんざりする安っぽいCGにセット、役者以下の芸能人の猿芝居でお茶を濁すような事はしません。ハリポタのハーマイオニーだったエマ・ワトソンがベルを演じるのが話題。残念ながらしゃくれあごはベルのイメージには合わないけれど、映画の宣伝としては十分だったでしょう。他にも達者な役者陣が作品を [続きを読む]
  • (新)警視庁捜査一課9係 season12 第1話 感想
  • 渡瀬恒彦さん亡き後の9係。ドラマの中では他の任務で不在という扱い。係長の不在を埋めるのは、濃い存在感の黛先生。竹中直人は何をやっても同じにしか見えないけれど、はまれば面白くなるので期待したい所。園田俊介の中村俊介さん。端正な役が多いだけにこういうラフな役どころは新鮮かも。中村俊介さんに野際陽子さんというと「光彦さん」を思い出してしまうけれど、これは狙ってですよね、わざとですよねwあのシリーズも好き [続きを読む]
  • 「東京ヴェルディvs湘南ベルマーレ」観戦
  • 2017明治安田生命J2リーグ第7節 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場雨の中の試合でした!!競技場の屋根のある部分の席を確保しようと、早めに出かけたのですが、屋根の下はすでにほとんど満杯。さすがに皆さん良くご存じです。雨でもゴール裏のサポーターの応援は熱い!!ベルマーレサポーターの応援は、湘南だけにサザンの曲もあり。こういうノリ、私は好きです。雨でも余裕をかますヴェルディくん。席を取られちゃった [続きを読む]
  • 映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」感想
  • MAX・3Dと吹替版、両方鑑賞。両方見た私が言いますが・・IMAX・3Dの吹替版で観たい!!・・・と、私のゴーストが囁くの。吹替版は、オリジナルの声優陣と川井憲次リスペクトの音楽で気分はもう「攻殻機動隊」。それにIMAX・3Dの迫力の映像が加われば最強なのに。(追記:後日、IMAX・3Dの吹替版も無事鑑賞。やっぱり最高でした!)ヴィジュアル的には、少佐もバトーも悪くなかった。だから声がついて世界がぐっとイメージの近くにダイ [続きを読む]
  • FARMSHOPでランチを
  • 玉川高島屋S・C マロニエコート1Fの「FARMSHOP」でお昼を食べて来ました。カルフォルニアスタイルの素材を大切にするレストランのようです。店内も柔らかい雰囲気で居心地が良さそう。ランチはコースが3つ、メニューから前菜、メインとチョイス。高いコースになると選べる品数が増えていくシステム。今回は前菜、メイン、デザートのコースで。アボカドフムスピスタシオサルサ、イタリアンパセリ、シブレット、オリーブオイル、自家 [続きを読む]
  • 映画「キングコング: 髑髏島の巨神(IMAX・3D)」感想
  • これは良い怪獣映画!!コングさんに惚れた!!美女を救って、哀愁漂う背中を見せて去って行くコングさん、イケメン過ぎる。怪しい調査隊とかいきなりの土人さん達とか、過去の怪獣映画へのオマージュ満載。今の日本で作るのは絶対無理。ゴジラは微妙だったけど、これは文句なしの傑作。末期の特撮映画のどんどんどんと走って来てがっぷり組み合うだけのシラケる戦闘シーンなど足元にも及ばぬ、緊迫感もあり迫力もあるシーンの連続 [続きを読む]
  • 歌舞伎座「三月大歌舞伎 義経千本桜 渡海屋・大物浦」
  • 銀座まで用事があったので、歌舞伎座に寄ってみたら、運良く一幕見席が取れました。二段目の切。安徳帝が実は生き延びて、知盛に匿われ、さらに義経に保護されるという。知盛は清盛の四男、平家の中でも優れた武将であった人。「見るべき程の事をば見つ」の台詞でも有名。歴史とはかなり異なる筋ですが、そこはそれ、お芝居ですから。魚づくしの台詞など聞かせ所もあり。仁左衛門の知盛がイイ!!長刀を手に白装束を血に染めての壮 [続きを読む]
  • (終)相棒 season15 第18話 悪魔の証明 感想
  • 最終回2時間SP、社美彌子の秘密が遂に・・??サイバーセキュリティ対策本部の特別捜査官である青木(浅利陽介)が、自身のスキルを悪用し、広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)の私物のパソコンに進入。美彌子の娘と思しき少女が映った写真や動画を密かにのぞき見た。異変を察した美彌子が、青木とは別の捜査官に調査を依頼した結果、侵入の痕跡が発見され、首席監察官の大河内(神保悟志)が調査に乗り出す事態となる。その後、真 [続きを読む]
  • ウルトラマンオーブミュージアム
  • 渋谷モディの場所、おかりします!!【日程】2017年3月10日(金) 〜 4月2日(日) 【営業時間】11:00 〜 21:00 渋谷モディの6階、HMVのミュージアムで開催中の「ウルトラマンオーブミュージアム」。Amazonで配信中のウルトラマンオーブの前日譚、そして劇場版とまだまだ力をおかりしまくっているオーブですがwオーブの人気には、ガイの中の人の力もかなり貢献していると思うな。ジャグラーは半端にイケメンかぶった男という感じで、 [続きを読む]
  • 京都旅行二日目(水火天満宮、晴明神社、霊山歴史館、CHARM VILLA京都店)
  • ホテルを出て、まずは水火天満宮へ。就活にご利益があると最近話題の神社。こじんまりとした場所ですが、日本で最初の天満宮だとか。就活中の親戚の為にお守りを買いました。御朱印もいただきました。丁寧な手書きです。次は晴明神社へ・・・陰陽師ブームの時は、芸能人の絵馬がこれみよがしに飾られたり、下品な看板が掲げられたり、周囲もあやかろうとして色々と猥雑な印象があったのですが、今は昔の静謐を取り戻しつつあるよう [続きを読む]
  • 京都旅行(ANAクラウンプラザホテル京都)
  • 今回の宿泊は、ANAクラウンプラザホテル京都。二条城に近い場所にあるホテルです。昔の京都全日空ホテル時代には泊まった事がありました。オットマンが置いてあったり女性に優しいホテルだった印象が。内装や設備はリニューアルされても、全体の雰囲気は昔の好印象のままなのが嬉しいです。地下のショップでお土産を見ても良し。そうそう、中華も美味しかった思い出が。夕食はダイニングのCOZYが混雑していたため、アラカルトなら [続きを読む]
  • 京都旅行一日目その2(二尊院、イノダーコーヒ本店、マリベル)
  • 京都博物館から移動。嵯峨野方面へと・・・顔馴染みのタクシーの運転手さんにお願い出来たので、無理はしないのんびりペース。二尊院お墓参りも兼ねてやってきました。来るたびに周辺にそれっぽいお店が増えて、観光には便利になっていくような気がします。以前の静かなたたずまいも良かったのですが。春はこれからの道を。桜満開の時もきれいだけれど、趣があるのは、この春の足音を聞きながら春を夢見るこの時期かも。御朱印もい [続きを読む]
  • 京都旅行一日目その1(羽田から京都鉄道博物館)
  • 思い立って京都まで言って来ました。まだ桜には早かったけれど。今回はマイルを消したかったので、今回は羽田から伊丹へ。そこから京都へ入る予定で。久しぶりの遠出です。検査も何事もなく中へ・・・ゲート内にあるサマンサタバサ。ここではバッグ等の他にスイーツも扱っています。羽田限定のスイーツも。そう、これは空港に来ただけではなく搭乗しないと買えないものです。これから旅立つというのに、ここで荷物を増やしてしまっ [続きを読む]