kaikaji さん プロフィール

  •  
kaikajiさん: 梶ピエールのカリフォルニア日記。
ハンドル名kaikaji さん
ブログタイトル梶ピエールのカリフォルニア日記。
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/kaikaji/
サイト紹介文一応中国ネタ、経済学ネタがメインになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2005/10/15 12:19

kaikaji さんのブログ記事

  • [中国][経済]いただきもの
  • 【送料無料】 人民元の興亡 毛沢東・?小平・習近平が見た夢 / 朝日新聞社 【本】 ジャンル: 本・雑誌・コミック > 小説・エッセイ > その他 ショップ: ローチケHMV 2号店 価格: 1,944円 楽天で詳細を見る  著者の吉岡さんからご恵投いただきました。戦前の中国の通貨事情から、最近のAIIBや元の国際化をめぐるトピックまで、日本人にとってはわかりづらい中国の通貨「人民元」を理解するために必要な知識がわかりやす [続きを読む]
  • [読書][政治]いただきもの
  • アステイオン 86 【特集】権力としての民意 作者: 公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会 出版社/メーカー: CCCメディアハウス 発売日: 2017/05/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る  寄稿者のお一人である阿古さんからお送りいただきました。世界的なポピュリズムの広がりの中で「権力としての民意」を批判的に検討する論集に、現代中国における民意と権力の「 [続きを読む]
  • [読書][中国]いただきもの
  • 現代中国入門 (ちくま新書1258) 作者: 光田剛,鈴木将久,佐藤賢,池上善彦,坂元ひろ子,中島隆博,毛利亜樹,杉浦康之,井上正也,丸川哲史,仲里効 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/05/09 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る  出たばかりの新書ですが、ちくま新書の橋本さんよりご恵投いただきました。ちょうど買おうかなと思っていたので嬉しいです。ありがとうございます。 [続きを読む]
  • [読書][歴史]いただきもの
  • 近代東アジア土地調査事業研究 [ 片山 剛 ] ジャンル: 本・雑誌・コミック > その他 ショップ: 楽天ブックス 価格: 11,880円 楽天で詳細を見る  土地開発事業に関する行政文書を丹念に整理しかつ現地でのフィールドワークも交えて「東アジアの近代化における土地政策」とは何かを考える研究プロジェクトの成果です。地味ですが、大変な労作だと思います。 [続きを読む]
  • [読書]いただきもの
  • 近代日中関係史の中のアジア主義: 東亜同文会・東亜同文書院を中心に (愛知大学東亜同文書院大学記念センター叢書) 作者: 馬場毅 出版社/メーカー: あるむ 発売日: 2017/04/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 東アジアで学ぶ文化人類学 作者: 上水流久彦,太田心平,尾崎孝宏,川口幸大 出版社/メーカー: 昭和堂 発売日: 2017/04/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る  い [続きを読む]
  • [中国][経済]お仕事のお知らせ
  •  5月8日(月)発売の、『週刊東洋経済』5月13日号のコラム「中国動態」に、「深センの多様性と対照的 浅慮な「新副都心」計画」という記事を寄稿しました。「新副都心」雄安新区計画が「浅薄」であるかどうかはともかく(タイトルは編集部でつけたものなので)、経済特区の先行モデルである深センは知的財産権への対応一つ取ってみても、全くの無視(山寨経済)、がちがちの保護(ファーウェイ)、オープンソース(メイカー系) [続きを読む]
  • [読書][中国]いただきもの
  • 中国雲南省少数民族から見える多元的世界――国家のはざまを生きる民 (叢書 「排除と包摂」を超える社会理論1〔関西学院大学先端社会研究所〕) 作者: 荻野昌弘,李永祥 出版社/メーカー: 明石書店 発売日: 2017/04/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る  関西学院大学先端社会研究所の研究成果とのことです。タイトル通り多元的な視点からの論文が集められています。 現代中国経営者列伝 (星海社 [続きを読む]
  • [読書]『外交』ブックレビューをレポジトリで公開しました
  •  2015年の5月から年3回外交専門誌の『外交』誌に寄稿してきたブックレビューが神戸大学のレポジトリで公開されましたので、ここにこれまで掲載されたレビューのリンクを時系列的に並べておきます。かつてのbk1(現honto)のカスタマーレビューに投稿していた頃のノリに近い感じで比較的好き勝手に書いております(それにしても経済関係の本がほとんどない!)ので、よろしければご笑覧下さい。   『外交』第31号「大衆に奉じた [続きを読む]
  • [読書][思想]いただきもの
  • アナキスト民俗学: 尊皇の官僚・柳田国男 (筑摩選書) 作者: 絓秀実,木藤亮太 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/04/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る  著者である絓秀実さんよりご恵投いただきました。柳田国男のテキストの読解を手掛かりにして、日本社会における天皇制や祖先信仰といった「前近代的なもの」の位置づけや、アジア主義の今日的な意義までを縦横に論じた重厚な評論だという [続きを読む]
  • [中国]お仕事のお知らせ
  • 情況 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 情況出版 発売日: 2017/04/15 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る  左派系のオピニオン誌『情況』2017年春号に「現代中国と「アジア的なもの」への視点―瀬戸宏氏の批判に応える」という文章を寄稿しました。少し説明しておきますと、この文章は同誌の2015年11月号に掲載された瀬戸宏による拙著『日本と中国、「脱近代」の誘惑―アジア的なものを再考する [続きを読む]
  • [読書][歴史]いただきもの
  •   塩とインド―市場・商人・イギリス東インド会社― 作者: 神田さやこ 出版社/メーカー: 名古屋大学出版会 発売日: 2017/01/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る  去る研究会でご一緒している関係で著者の神田さんよりご恵投いただきました。各方面での評価も高い著作ですので、じっくりと読ませていただきたいと思います。 [続きを読む]
  • [読書][中国][歴史]岡本隆司『中国の誕生』
  • 中国の誕生―東アジアの近代外交と国家形成― 作者: 岡本隆司 出版社/メーカー: 名古屋大学出版会 発売日: 2017/01/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る  沖縄(琉球)の問題とチベットの問題は実はつながっている!このご時世に不用意にこんなことを言おうものなら、ただちにネトウヨ認定されてしまうかもしれない。確かにグーグルで「沖縄」+「チベット」で検索すると、「米軍基地の問題で沖縄 [続きを読む]
  • [中国][経済]必読
  •  4月より深圳大学で在外研究中の伊藤亜聖さんによるニコ技深圳観察会参加記。中国経済に少しでも関心がある(ポジティブにであれネガティブにであれ)人は、絶対に読むべきだと思います。 https://aseiito.net/2017/04/09/shenzhen_2017_2/ https://aseiito.net/2017/04/11/shenzhen_2017_3/ https://aseiito.net/2017/04/12/shenzhen_2017_4/ https: ... [続きを読む]
  • [読書]いただきもの
  • 現代アジア学入門 [ 鈴木隆 ] ジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > その他 ショップ: 楽天ブックス 価格: 1,944円 楽天で詳細を見る  編者の鈴木隆さんにご恵投いただきました。愛知県立大学の寄付講座をもとにした学部生向けのテキストだとのことです。 [続きを読む]
  • [読書][歴史]いただきもの
  • 21世紀の東アジアと歴史問題: 思索と対話のための政治史論 作者: 田中仁,金子肇,水羽信男,丸山鋼二,吉田豊子,瀧口剛,松重充浩,劉宏,高橋慶吉,柳鏞泰,許育銘,江沛 出版社/メーカー: 法律文化社 発売日: 2017/04/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る  大阪大学法学部で行われた特別講義と共同研究の成果とのことです。どうもありがとうございます。 [続きを読む]
  • [読書][中国]いただきもの
  •   中国の大国外交への道のり: 国際機関外交を中心に 作者: 吉川純恵 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2017/03/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 中国の教科書に描かれた日本―教育の「革命史観」から「文明史観」への転換 (早稲田現代中国研究叢書) 作者: 松田麻美子 出版社/メーカー: 国際書院 発売日: 2017/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 変容する中 [続きを読む]
  • [中国][経済]お仕事のお知らせ
  •  3月27日(月)発売の、『週刊東洋経済』4月1日号のコラム「中国動態」に、「監督体制の一本化で金融リスクを潰せるか」という記事を寄稿しました。中国の金融・資本市場への行政監督は、中央銀行である人民銀行と、銀行、証券、保険の三業種における監督管理委員会の「一行三会」の分業体制で行われていましたが、このような縦割り型の体制では新たな金融商品の普及に伴うリスクの増大にうまく対応できません。そこで、これら [続きを読む]
  • [読書][中国][歴史]いただきもの
  • 叢書「東アジアの近現代史」 第1巻 清朝の興亡と中華のゆくえ 朝鮮出兵から日露戦争へ (叢書東アジアの近現代史) 作者: 岡本隆司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る  先日参加した研究会でご本人から直接頂きました。岡本さんご自身が責任編集をされている「叢書:東アジアの近現代史」の中の1冊です。現代の中国の周辺外交のロジックを理解するうえでも [続きを読む]
  • [中国][経済]お仕事のお知らせ
  •  3月13日(日)発売の、『週刊エコノミスト』3月21日号の特集「為替2017」に、「通貨安リスクで続く中国当局の難局」という記事を寄稿しました。当局による緩やかな人元安への誘導と、それに合わせた財政・金融面での緩和策が功を奏し、景気回復の流れが続いていた中国経済ですが、昨年11月の米大統領選によって米ドルの増価期待が高まることによって難しい為替・金融政策のかじ取りを迫られている、という現状認識と、それに対 [続きを読む]
  • [読書]いただきもの
  •  著者のお一人である竹中千春さんよりご恵投いただきました。類書の少ない日印関係に関する貴重な概説書です。 現代日印関係入門 作者: 堀本武功 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2017/02/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る [続きを読む]
  • [中国][経済]お仕事のお知らせ
  •  本日(3月2日)の『日本経済新聞』「経済教室」欄に、記事「中国経済をどうみるか(中)民間のダイナミズムが鍵 知財保護・法の不備、逆手に(有料記事)」を寄稿しました。脆弱な財産権、貫徹しない法の支配、説明責任を持たない政府の経済への介入といった、アセモグル=ロビンソンのいう「収奪的な制度」の要素を色濃く残しながら、なぜ活発なイノベーションが生じているのか。字数の関係できっちり議論できていないところも [続きを読む]
  • [中国][経済]お仕事のお知らせ
  •  少し前(1月7日)のことですが、アジア太平洋の政治・安保問題を専門とするオンライン雑誌The Diplomat誌に寄稿した、”China’s Zombie Companies and Japan’s Lost Two Decades”(中国のゾンビ企業と日本の失われた20年)が公開されました。 以下に元の日本語の原稿を公開します。 [続きを読む]