甘庵 さん プロフィール

  •  
甘庵さん: うつわ屋のつぶやき
ハンドル名甘庵 さん
ブログタイトルうつわ屋のつぶやき
ブログURLhttp://utuwaya.blog74.fc2.com/
サイト紹介文四季を通して うつわの楽しさ伝えます 選び方や使い方もお話しています
自由文うつわ屋甘庵
器好きが高じて 器屋の主になり
気が付けば四半世紀も過ぎ 
いつまでたっても心狭くて
首をかしげる器の情報には
ついついけんか腰の物言いになる 
大人げない輩です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2005/10/16 00:03

甘庵 さんのブログ記事

  • 奥ゆかしい紫の透け感が涼しげ
  • 巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、皿部分に施された紫のメッシュ文が涼しげな、デザート皿 紫/黒台です。デザート皿 紫/台黒 4,320円径14cmH6cm淡い紫の透け感を台の黒が、全体の印象をキリリと締めて、凛とした品のある器にしています。紫のメッシュ文は着物の絽や紗を連想しました。着られる方はきっとそう涼しくないと思いながらも、見ている側からは涼感をいただいています。季節感のある装いには、心意気を含 [続きを読む]
  • スプーンで食べるのが楽しいカップ
  • 巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、スプーンが使いやすい新スキアイスカップです。新スキアイスカップ 2,916円径10cmH9.3cm 程よく入れて130cc名前のようにたとえばアイスクリームを盛って、スプーンで食べるときに、普通と言えば普通なのですが、最後の一匙まで全くストレスなく、スムーズに掬い取れます。サイズも家庭で使うのに適正で、デザートスプーンではなくても、ティスプーンでとどく深さで、口の広がりも [続きを読む]
  • 足のある姿が可愛いぐい呑み
  • 巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、動き出しそうな足が生えている、可愛い三つ足ぐい呑みです。三つ足ぐい呑み ベージュ 3,456円径7.5cmH6.3cm 程よく入れて100cc三つ足グラスをご紹介したときにお話ししたように、付けた足ではなく本体から引き延ばした、一体化した足で一つずつ違う動きが見えて、表情に個性があるところも可愛く感じます。三つ足ぐい呑み ブルー 3,456円径7.5cmH6.3cm 程よく入れて100cc色違いで [続きを読む]
  • 爽やかな彩りのボール
  • 巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、心地の良い風がそよぐような爽やかなイメージの、台付きボール メッシュグリーンです。台付ボール大 メッシュグリーン 14,040円径18.5cmH6cm 単品縁のメッシュ柄を見込みのグリーンと、それを際だたせるスキの台が生み出す、彩りは見た目に爽やかな上に、幅広い料理が盛り映えして、季節を問わず使える仕立てになっています。涼しげでありながらも冷たさがない、不透明なガラスで [続きを読む]
  • 料理が映える舞台になる器
  • 巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、料理やデザートがひときわ盛り映えする新スキデザート皿です。新スキデザート皿 3,672円径14.3cmH6cm平たい皿に盛りつける料理は、盛りつけが平面的になりやすく、心を込めて作った最後の舞台で、今ひとつ惜しくなるときには、古くから貴人仕立てに使われる高坏のように、足が付くことで立体感のある盛りつけになります。特に銘々に盛りつけることの多い、5寸ほどの皿の場合は地 [続きを読む]
  • 名前は冷茶器ですが色々使えます
  • 巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、コロンとした可愛い姿の冷茶器小です。ブ新スキ冷茶器小 2,700円径9.8cm5.5Hcm 程よく入れて120cc口元まで着せが厚みにモールが入り、黄金色の煌めきが美しく、一杯の冷たいお茶や麦茶のもてなしで、ノドだけでなく心も潤います。小振りですが整ったフォルムなので、デザートや料理を盛りつける、ミニボールとして小鉢として、使いたくなるガラス器です。外側のモールの凹凸に比べ [続きを読む]
  • 動き出しそうなグラス
  • 巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、動きのある姿の三つ足グラス あられ です。三つ足グラス あられ 3,564円径8cmH10cm 程よく入れて200ccこのグラスが今にも動き出しそうな、生き物のような表情を見せるのは、足の作り方にあります。吹きガラスでもやきものでも、足の多くは付けたすことで作られますが、この足は吹いたあとの本体から、引き出すようにして作り出しています。巳亦さんの技から出来た仕事ですが、体か [続きを読む]
  • 紫の衣を纏った美しい醤油差し
  • 巳亦敬一さんのガラス展からご紹介するのは、オシャレな紫の衣装と纏った姿の醤油差しです。醤油差し 紫 5,400円W10.5cmD6cmH8.5cm今年の色の紫一色の本体は、着せガラスの動きのヒダが、衣を羽織ったような優雅さをみせています。すっと伸びたスキガラスの差し口は、美しい曲線を見せていて、リズミカルに踊っている手のようです。クルリンとして黄色の蓋は、冠か帽子のように納まり、全体を引き締めながら、紫との対比で良いア [続きを読む]
  • 夏の趣たっぷりの赤いメッシュ文のボール
  • 気温差があったせいか昨日は暑く感じました。今日も強い日差しで暑くなるようです。夏のような気分になったせいから、今日ご紹介する巳亦敬一さんのガラス器は、日差しのような明るさをもっている、ボール赤メッシュです。ボール 赤メッシュ 7.344円径18cmH6cm見込みの控えめなベージュが、赤を映えさせてていて、メッシュ文の透け感が、暑苦しさを感じさせずに、夏の季節感がいっぱいです。からっとした暑さが似合うガラス器で、 [続きを読む]
  • 手作業ならではの造形の六角グラス
  • 開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、今日は型を使って形を整えた、新スキ六角台付グラスをご紹介します。新スキ六角台付グラス 3,348円対角7.5cmH14cm 程よく入れて200cc金属型で六角されたカップは、中程に動きのある空気のアワの点文が、口端はモールが施され、丸い台にしっかり納まっています。新スキガラスのシリーズも吹きガラスの丸い面が標準なので、平たい面の黄金色の輝きはまた別格です。液体が入ったときの光 [続きを読む]
  • 安心感と懐かしさを感じるガラス小鉢
  • 開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、今日は半透明黄色とグリーンが懐かしさを思わせる、台付鉢黄アワ入りをご紹介します。台付き鉢 黄 あわ入り 3,996円径10.3cmH7cm黄色素地のカップ部分には茶の水玉文とモールが入り、グリーンの大部分がシックに調和しています。深さのあるカップなのでデザートから料理、飲み物までに使えそうです。塊の台付きは使い勝手の安定感を持たせていて、さほど重くもなく手に持っての使用感 [続きを読む]
  • ハデさがないのに華があるガラスボール
  • 開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、今日は不透明で大人しい色のベージュベースの、台付ボール赤模様入りをご紹介します。台付ボール 赤模様入り 3,888円径12.5cmH5.3cm巳亦さんの彩りガラスの基本色になっているベージュと、装飾するトンボ玉の基本色白地に赤の玉を埋め込んだボールです。一つずつをみれば大人しい色合いであり、文様であり、デザインもシンプルな実用が高い物です。だからこそ使ってみると控えめの姿以 [続きを読む]
  • クラシカルで品のある一輪差し
  • 開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、今日は新色の紫が活かされているクラシカルな姿の、一輪差し長玉足紫をご紹介します。一輪差し 長球足 紫 6,912円径6cmH19cm初めに感じたのは整ってフォルムです。カップ部分、ステムにあたる玉、ベースの台と、3ピースを組み合わせる古典的な構成です。それぞれが白濁した紫、紫、スキと色を変え、細かいモール、整った球形、安定感のある形と、手が混んでいても作り手のゆとりが感 [続きを読む]
  • 日常のガラス器に巧みな技が光る
  • 開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、今日は黄金色の輝きが魅力の、新スキ楕円デザートカップをご紹介します。新スキ楕円デザートカップ 3,240円W12.2cmD11.5cmH6cmデザートは無論、高坏向付としても使いたい、今からの季節出番の多い日常のガラス器ですが、この器を詳しく見ることで巳亦さんの技が、実に巧みなのかがわかります。吹きガラスですから初めは丸い形状のカップ部分を、歪めることで楕円形にしますが、そのま [続きを読む]
  • メッシュ文が爽やかな片口
  • 開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、今日は今年の器に多いメッシュ文の入った、片口鉢メッシュグレーンをご紹介します。片口鉢 メッシュグリーン 5,832円W11.5cmD9.3cmH8.3cm 程よく入れて200cc腰から口端までベージュのメッシュ文が施され、腰から下のはペパーミントグリーンに近い、この季節のような爽やかな彩りです。片口鉢をあるように使い方を色々楽しんでもらえます。片口として、小鉢として、花入れとして、試し [続きを読む]
  • 光で表情が変わるボール
  • 開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、今日は一見はモノトーンですが光や置く場所で変化する、ボール大 ダークグレーをご紹介します。巳亦敬一 ボール大 ダークグレー 16,200円径19.8cmH8cm色合い的には2色でシンプルな構成ですが、素人の甘庵にはどう作るのかわからない、影で手がかけられている気がします。太陽光で撮影すると彩りや表情が変わります。素地のダークグレーや見込みのベージュから赤みが消えてクールな [続きを読む]
  • ビールをさらに美味しくするグラス
  • 開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、今日はビールの味がさらに美味しくなる、定番新スキシリーズのビールグラス大をご紹介します。巳亦敬一 新スキビールグラス大 3,564円径8cmH15.5cm 程よく入れて240ccきめ細かく程よく泡立ち、しっくりくるモールの手触り持ちやすいところを選べる形、滑らかな当たりと流れ込む角度が絶妙な口端の納まり、オシャレでいて安定感のあるデザインと、ビールを注いだだけで肴になるグラスで [続きを読む]
  • 気品のある表情
  • 今日も開催中の巳亦敬一さんの彩りガラス器展から、美しい姿のデザートカップ赤をご紹介したいと思います。デザートカップ赤 7,344円左:径13cmH7.8cm 在庫1客右:径12.7cmH8.3cm 在庫1客二つ届いていますが単品製作の小振りなコンポートで、フォルムや彩りがそれぞれに魅力的な表情を見せています。赤の発色も深みのあるオレンジがかった色合いで、艶やかというよりも重厚さを感じます。特に高台ベース部分が焼き付けされてい [続きを読む]
  • 藤色の小鉢
  • 今年は大型連休でゆっくり休める方も多いことでしょう。天気も晴れが多くなる予報で何をなさるにも楽しめることでしょう。荻窪銀花はこの爽やかな季節にぴったりの、巳亦敬一さんの彩りガラス器展を開催中です。ぜひお出かけください。*コンパクトになったので一度にお迎えするお客様を4名までとして、ご予約を承っています。当日でもかまいませんのでご連絡ください。 巳亦敬一 四角鉢 ベージュ/紫 3,456円径10cmH4.3cm さて [続きを読む]
  • 巳亦敬一 彩りガラス器 展がはじまりました
  • 朝から爽やかな天気で気持ちも軽やかになります。今日からはじまった巳亦敬一さんのガラス器も、この空気感にぴったりで映えています。巳亦敬一 台付ボール 赤模様入り 3,888円径12.5cmH5.3cm巳亦さんのガラス器は涼しそうでありなからも、冷たさがありません。もしかしてなのですがそれは、北海道で生まれ育った巳亦さんの空気感というか、太陽高度が影響している彩りへの感覚ではないかと、甘庵は勝手に想像しています。巳亦敬一 [続きを読む]
  • 巳亦さん個展第二便を荷ほどき
  • 巳亦敬一さんの彩りガラス器展は明日からです。今日第二便が付いて荷ほどきして、撮影と採寸を終えました。これから画像加工してHPに書き込んでいきます。老眼で作品リストや採寸時に離したりメガネかけたりと、面倒な作業なのですがちっとも苦ではありません。お客様より先に作品を手に取り、じっくりと見せていただくありがたい役得を、堪能しながらの作業なので、少々の面倒は心の味付けになるくらいです。今年は単品や一品で [続きを読む]
  • 巳亦さん個展のHP書き込み中
  • 明後日4月28日(金)から巳亦敬一さんの個展がはじまります。今日もその準備としてHP作りをしています。初日の開店時間と同時にアップ出来るように進めています。第一便にあった台付ボール大メッシュグリーンです。到着している新スキシリーズの第一便の分をHPに書き込みしています。現物を見ていて自分で撮影したのに、HPで画像を見ていてワクワクしてきて、楽しみながらの作業になっています。こちらも届いているボール大ダ [続きを読む]
  • 巳亦敬一彩りガラス器展準備
  • 4月28日(金)から巳亦敬一さんの個展がはじまります。今日から3日間休店にして模様替えしていきます。荷物も第一便が届きました。照明のしたで黄金色に輝く人気定番の新スキシリーズです。グラス、デザートカップ、ボール、酒器などが届きました。一つずつ姿が見えるようにする展示会の並べ方ではなく、荷ほどきして整理のためにテーブルに積み上げました。これが器好きにはたまらない金塊的なボリューム感で、全部欲しくなってし [続きを読む]
  • 春を想わす器 16
  • 今週末から巳亦敬一さんの個展が始まります。コンパクトにした銀花なので個展の作品数に対応すべく、陳列台を増設したり、常設品の展示棚を空けて、照明器具を増やしたりと準備万端です。巳亦敬一 新スキデザートカップ 丸平 3,348円径13cmH7cmその巳亦さんの人気の定番新スキシリーズから、デザートカップ丸平をご紹介します。新緑が爽やかな季節になり、日差しが強くなってくると、口当たりの冷たいものが急に美味しくなります [続きを読む]
  • 春を想わす器 15
  • 数日前に所用で移動中の道路脇の林の新緑の中に山藤を見ました。庭木にある藤棚の藤のはなよりも色濃く力強い花房をみせていました。蔓が巻くさまもありこの花器を思い浮かべました。西川孝次 紫花入れ 7,560円W12.5cmD7.5cmH13.6cm西川孝次さんの紫花入れです。スキの素地の中に螺旋に入る紫の線文からは、緩やかな動きを感じます。口首下の肩まで着せの重なりが、扁平に整えたフォルムに重厚さを与えて、花器としての安定感に [続きを読む]