男と女の職場話 さん プロフィール

  •  
男と女の職場話さん: 男と女の職場話
ハンドル名男と女の職場話 さん
ブログタイトル男と女の職場話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/iiotokoiionna/
サイト紹介文今の男女関係ってどんな感じ?いろいろ追求していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2005/10/30 03:07

男と女の職場話 さんのブログ記事

  • 進化生物学から見た"子ども"と"思春期"
  • こんにちは前回の思春期についての記事、実は自分でも大きな気づきでしたもう少し、思春期に関して調べてみましたのでご紹介します。「進化生物学から見た"子ども"と"思春期"」こちらより引用させていただきます。思春期というのもまた不思議な段階ですけれども、動物学的には、栄養、移動、心理的保護でほぼ自立しているが、まだ完全に繁殖を開始していない時期、と定義します。チンパンジーでもニホンザルでもちょっとだけはある [続きを読む]
  • 思春期には人類進化にさかのぼる重要な意味があった
  • こんにちは先日ママ友と、気になるテレビの話題になりました。それがこちら↓☆★☆★☆★☆★ 2017/06/10 NHK総合 【NHKスペシャル】 家族が非常事態!・キレるわが子の謎 より 原因も分からず突然キレる息子。 無言で引きこもる娘。 スマホ依存。 思春期の子供の悩ましい行動に多くの親たちが強い不安を抱えている。 厚生労働省の平成21年度の調査では93%がわが子に不安を感じている。 家庭内暴力は10年で2倍に [続きを読む]
  • 触覚と聴覚の進化
  • こんにちは小学校2年生の長男は毎日宿題として国語の教科書の音読をしています。すると面白い現象が音読を聞いていた4歳の次男が、長男が読んでいた物語をスラスラと暗唱し始めたのです(次男はまだ字は読めないので、音読ではなくて暗唱かと思います)まさに「門前の小僧習わぬ経を読む」!! 赤ちゃん時代から周囲を探索して自らの感覚を高めつつ、ここまで至ったのだと思うとその可能性の無限さにびっくりします。続きを読む [続きを読む]
  • 言葉にならないものを伝えるには
  • こんばんは今日も引き続き、身体をめぐって探索!心身一如(身体で覚える)になるには修業が不可欠なのだろうなーとは思うのですが、ただ、日常的には、身体と向き合うこと、身体を感じること(内なる感覚に耳をすませること、みたいな)という感じではないのかな?と思います。そうやって感じ取った言葉にならないものを、先人がやっとのことでなんとか表したものが、伝統芸能の「型」だったりするのでしょうね。続きを読む [続きを読む]
  • 小学生男女の充足のやりとり☆その2〜伝えるために書く言葉〜
  • 前回4月にお話しした、小学2年生長男(りょうたろう)と同学年女子(みちるちゃん)が、またかわいい手紙のやりとりをしていたのでご紹介しちゃいます最近二人はすれ違っちゃってて直接会ってはいなかったのですが。そうしたらみちるちゃんが、僚太郎が「明日来るよ」と聞いてお手紙を置いていってくれたんです「りょうたろうへ大きなこえださないでね!あんちゃんのおせわをちゃんとしてね!そうすけのおせわもちゃんとしてね! [続きを読む]
  • 声を出す=息を吐くことって大事☆〜骨盤育児②〜
  • 子どもって、歌うのが好きですよね。大きな声を出すのも大好きかくいう私もだみ声ですが歌が大好きで、小学校でもらった歌の本を片っ端から歌ったりしていました。 声を出す、ということには、自分の体の一部であるところの声(声帯)を思いっきり使う快感があるのでしょう。全身を使って力いっぱい走るのが気持ちいいように。 また、それは自分の体と声を使って、言葉とつながる楽しみでもあるように思います。歌が面白いのは、普 [続きを読む]
  • 世界に触れてゆく技術
  • こんばんは☆ 先週に引き続き、 >潜在思念を作動させたものでないと、言葉もただの記号でしかないし、>潜在思念が封鎖されていると人々の活力も再生しない。 どうしたら潜在思念が解放されるだろうか?実現塾で得た「身体」をヒントに今日も探索してみました! 身体や人間のもつ感覚のすごさや自在さ。そこに潜在思念の解放の糸口がありそうです!(「雑念するからだ」さんより、引用させていただきました。) 続きを読む [続きを読む]
  • 生きづらいカラダ〜骨盤育児①〜
  • こんにちは目下もうすぐ4歳の次男は、日に日に体が大きく、手足も伸びてきています。見た目がどんどん大人に近づいてくる4歳児。ところが整体的には、身長が伸びたことで今まで体の中心にあった軸がずれ始めてしまうのだそうです!それは、今まではポッコリおなかが錘の役割をして軸を中心に持ってきやすかったのに、体型が大人に近づくことで骨盤が後屈しやすくなってくるから。 この4歳児のカラダのポイントが、今を生きる大人 [続きを読む]
  • 「普通のおいしさ」とは!?〜一汁一菜の提案②〜
  • ゴールデンウイーク、いかがお過ごしでしたか。日頃会えない人に会ったり、友達との集まりがあったり、お子さんのいる方は子どもの日のお祝いをしたり… 前回、食事の「ハレとケ」について引用させていただきましたが、ハレの料理が続くと、なんだかいつもの自分の作った料理、家庭の料理が食べたくなったりするものですよね。そんな気持ちを代弁する文章を、またこちらより引用させていただきます。続きを読む [続きを読む]
  • 「ご飯を作って、食べてもらう」ことの見直し〜一汁一菜の提案①〜
  • 会社で必要な資格取得のための勉強を、昼休みにしている後輩たちがいます。最近、彼らに女子・ママさん社員でお昼ご飯を用意しています! …といっても、ご飯を炊いておにぎりにして、持ち寄った漬物とインスタントの味噌汁という簡単なものです。でもみんなとっても喜んでくれています女子で顔を突き合わせておにぎりを握るのも楽しい作業 ご飯を作って、食べてもらう。大昔からずっとずっと続いてきた営み。そこには生 [続きを読む]
  • 小学生男女の充足のやりとり☆
  • この四月で小学校2年生になった息子。小学校生活にも慣れてきて、友達との付き合いにも余裕が感じられるようになってきました。そんな中、女の子への対応にも変化が…最近よく会うようになった同僚の娘さんのみちるちゃん(同い年の小2)との、すれ違って会えなかったときのメモのやり取りがとっても可愛らしかったんです!息子は、おやつにでたクッキーを、みちるちゃんの分を取り分けておいて、それにメモを添付「はい、これあ [続きを読む]
  • 桜の木の下ですべてを手放そう
  • 東京では、たびたびの雨風にさらされてなお生き残っていた桜の花びらも、散りつつあります。息子の通う保育園には立派な桜の木があり、手毬のような花房を空に掲げるようにつけますそんな光景を見るといつも思い出すのが、こちらのブログではお馴染み「からだクリエイトきらくかん」の奥谷まゆみさんのご著書の一節です。「桜の木の下ですべてを手放そう」続きを読む [続きを読む]
  • 今モテる男の条件「3生」とは?
  • いよいよ、春も本番に突入。学校でも職場でもメンバーが変わり、新たに素敵な出会いがあるかも!とワクワクしますね。ということで、「最近は、どんな男の人がモテるのだろう? 」ということが、とても気になってきました!バブルの時代「3高」な人が求められていたように、今の時代は「3生」な人が理想、なのだそうです。人々の意識潮流がどのように変化しているのか、その時代の世相が反映されていて面白かったので、ご紹介しま [続きを読む]