共同保育ってどこまで進んでるの?☆.。.:*・゜ さん プロフィール

  •  
共同保育ってどこまで進んでるの?☆.。.:*・゜さん: 共同保育ってどこまで進んでるの?☆.。.:*・゜
ハンドル名共同保育ってどこまで進んでるの?☆.。.:*・゜ さん
ブログタイトル共同保育ってどこまで進んでるの?☆.。.:*・゜
ブログURLhttp://www.allday-thanks.net/
サイト紹介文最近注目されている共同保育の実態や成功事例について紹介していきます☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2005/10/31 00:38

共同保育ってどこまで進んでるの?☆.。.:*・゜ さんのブログ記事

  • 見守る教育
  • 「子どもの知能指数に親のしつけはほとんど影響しないことが判明」という記事がありましたが、何かがしっくりきません。親のしつけだけに注目する必要があるのでしょうか?>親はしつけや養育方法で、自分の子どもを賢くすることができるのだろうか? 確かに学習する習慣や、学習することの重要性を指導することはできるだろう。>だが、心理学の機関誌『Intelligence』に発表された最新の研究によると、子どもの知能指数(IQ)を [続きを読む]
  • 子供と親の関係も崩壊か!?!?共認機能を低下させるツール
  • 言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛いのか…泣き声だけで判断するのはとても困難です。どうして赤ちゃんが泣いているのかわからないと、子育ても大変。「なんで?」が積もり積もってストレスになり、産後うつになってしまうママも少なくありません。そんな子育てを手助けするために「赤ちゃんの痛みを計 [続きを読む]
  • 「思春期の男の子が吠える“うるせぇ”の意味」
  • リンク「男の子が思春期にさしかかったら、子育ては引き算です。これまでとやり方をガラリと変えて臨んでください。子ども扱いしすぎることが、親子の関係を悪化させます。とはいえ、突き放して安心できるほど大人になりきれないのが、この時期の特徴です。どう手放してどう見守るか。その頃合いが、今後の息子さんの人生を決めます」 そう語るのは、開成中学校・高等学校の柳沢幸雄校長。“開成”といえば、東大合格者数36年連続 [続きを読む]
  • スマホユーザーの若年化が目立つ今、依存させないためには。
  • 近年急激に利用人口が補給したスマートフォン、通称スマホ。従来の携帯電話と比較し、単に連絡手段としてのツールではなく、これひとつで仕事もできてしまう現代社会において必需品になりつつある。さまざまなコミュニティーにアクセスでき、情報を手軽に手に入れることができる反面、その便利さを悪用されることもある。時代の流れなのか、そんなスマホを手にする年齢層が今なんと小学生にまで下がってきているのだ。はたしてスマ [続きを読む]
  • 自己肯定感を高め、さまざまなことに挑戦する気概を育てるには
  • 欧米人の家庭に、家族の写真が飾られているのをよく見る。それと欧米人に積極的な人が多いこととの関連はあるのだろうか。以下、リンクからの引用です。―――-引用開始―――?「子どもの自己肯定感を高めるにはどうしたらいいでしょうか?」こうした悩みを抱える親御さんは少なくないことと思います。小学校の教師として、多くの子どもたちと接する中でよくわかったのは、自己肯定感の有無が子どもの成長を決定づけるということ [続きを読む]
  • 幼少から少年期の仲間遊びに、大人が干渉してはならない。
  • 身についた健康や運動機能の源泉を少年期から振り返って考えてみると、年長者について回って外遊びをし始めた5歳ごろからだったと思い返す。年齢差が4〜5歳ほどの幅のある集団の中にあって、必死について行く遊びから始まりました。中学に入る頃までの四季の山野や海や川遊び遊びで得たものが、心身を支える健康や運動機能の源泉になっているのは間違いがない。激しく俊敏に体を動かしながら間合いを取って身を守る術や反射神経 [続きを読む]
  • 待機児童問題の現状と対策①
  • 待機児童問題はこれから出産を控えている働く女性や仕事復帰しようとしている女性、更にはその家族にとって大きな問題です。待機児童の問題に関する記事を共有したいと思います。以下リンクより抜粋――――――――待機児童問題の現状と対策|子供を保育園に入園させる方法待機児童問題とは?子供を保育園に入れるには「子育て中だけどこれから働きたい」「今働いているけど子供が欲しい」と考えている女性にとって不安な問題は [続きを読む]
  • 嬉しい効果がたくさん!?いま注目の将棋の効果とは
  • リンク より近年将棋がブームになっていることをご存知ですか?−省略−○そもそも将棋って?対人形式のボードゲームは、チェスや囲碁の他カードも含めるとたくさんありますよね。その中でもなぜ将棋が良いと言われているのでしょうか。将棋は9×9の升目で8種類の駒を使って行います。8種類の駒のうち6種類が、敵陣まで進めたときに「成る」ことができて動きが変わります。また、取った相手の駒を自分の駒として使えるなど、他の [続きを読む]
  • 将棋を全ての子供に教えたら、この国は変わるかもしれない
  • 1:1の対局という壁を突破し、子供たちが一緒に取り組める工夫をすれば、現在社会では習得が難しい「工夫思考、潜在思念の強化」が実現できる可能性を秘めているような気がします。・・・・・・・・・・・・将棋を全ての子供に教えたら、この国は変わるかもしれないリンク より−省略−○将棋とはどんなゲームか−省略−○論理的思考力を養う今は時間があれば、小学校1年生になった息子と将棋を指します。まだ駒落ちといって、 [続きを読む]
  • 待機児童問題の現状と対策①
  • 待機児童問題はこれから出産を控えている働く女性や仕事復帰しようとしている女性、更にはその家族にとって大きな問題です。待機児童の問題に関する記事を共有したいと思います。以下リンクより抜粋――――――――待機児童問題の現状と対策|子供を保育園に入園させる方法待機児童問題とは?子供を保育園に入れるには「子育て中だけどこれから働きたい」「今働いているけど子供が欲しい」と考えている女性にとって不安な問題は [続きを読む]
  • 詰将棋による「工夫思考や潜在思念」獲得の可能性・・・1
  • 小さい頃に、近所の子供たち(異年齢:小学校前の子供から中学生まで)が集まった時に、将棋をしていた記憶があります。小さな子供にはハンデを付ける(角落ち、飛車落ち、飛車角落ち、支援者を付ける等)ことによって、できる限り対等の勝負ができるようにして、みんなが将棋盤を取り巻き、ワイワイ、ガヤガヤしながら楽しんでいたことを思い出します。また、将棋が強くなりたいという思いから一人の時は詰将棋をやっていたことも [続きを読む]
  • 詰将棋による「工夫思考や潜在思念」獲得の可能性・・・2
  • 「詰将棋による「工夫思考や潜在思念」獲得の可能性・・・1」の続きです。・・・・・・・・・・ 詰将棋の学習効果:リンク より14.集中力が上昇する・詰将棋は、将棋と違って解答がある。・解答のない将棋の実戦では、その集中力を維持しにくい。・だが、部分図の詰将棋では、解答が解けるまでの数分間の集中力が大幅に上がる。・場合によっては、その集中力が30分、60分を超える。・この集中力アップこそが、将棋上達の [続きを読む]
  • 「胎児期」と「遊び」で進化過程を辿る(仮説)
  • 人は母親の胎内でわずか10か月のうちに、魚から両生類、は虫類、ほ乳類の形態変化を辿っているといわれているが、以前より、なぜ生物の進化過程を辿らなければならないのか・・・。が疑問でした。・・・・・・・・・・○動物進化を追体験する子どもの遊び リンクより(抜粋)>子どもたちの木登り遊びのボランティアを行ったことをきっかけに、「子どもは木登りが好きなのは、かつて人が猿であったからではないか」と考えるように [続きを読む]
  • 「勉強は無意味」と思う子を変える「立体思考」①
  • 東洋経済ONLINE(リンク)より引用します。緑進学院代表取締役の石田勝紀氏の記事です。  *********************************今回は、ある思考法についてお話しします。その思考法とは「立体思考」です。この見方を教えてあげると、今やっている勉強と将来との接点が見える場合があります。物事の見方には、点で見る方法、線で見る方法、平面で見る方法、そして立体で見る方法があります。こ [続きを読む]
  • アメリカ人が驚いた日本の幼児教育
  • 子供たちの教育方法はその国によって様々な違いがあります。国の将来を担う子供たちを預かる幼稚園では、特にその国の文化、または考え方の違いがよく表れているように感じます。日本の幼児教育は海外からどのように見られているのでしょうか?以下「黄金の国ジパング」(リンク)■アメリカ人が驚いた日本の幼児教育日本の幼稚園で働いていたアメリカ人の英語の先生。彼女はその幼稚園で驚く経験をしたそうです。日本の幼稚園は動 [続きを読む]
  • 家が「写真だらけ」の子が幸せに近づく理由
  • 子どもの成長に深くかかわりのあるといわれている自己肯定感を高めるために写真を使った具体例の記事を紹介します。以下リンクより(抜粋)「子どもの自己肯定感を高めるにはどうしたらいいでしょうか?」小学校の教師として、多くの子どもたちと接する中でよくわかったのは、自己肯定感の有無が子どもの成長を決定づけるということです。子どもの中には、何事においても「自分にはできない。どうせ無理だよ」「難しそう。わたしには [続きを読む]
  • 「子どもの自主性」の本当の意味を、親は勘違いしている!
  • “ウチの子、自主性がなくて困るわ〜”そう嘆く親御さんの声をよく耳にします。しかし、教育評論家の親野智可等先生によると、“多くの親御さんたちは自主性の本当の意味を勘違いしている”と話します。では、本当の意味での“自主性のある子”とは?−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−●親が願う「自主性のある子」は、親がやってほしいことを自動的にやってくれる子「お子さんの自主性についてのお [続きを読む]
  • 認可園だけが「いい」保育園?
  • 自宅外に「お勤め」する母親が増えていったことで、保育所の数が足りないことが問題として日々、あげられています。そんな中で保育園の探し方に関して「認可」か「認可外」なのかが論点に上がると思われますが、そのことに関しての記事を紹介します。リンクより認可園だけが「いい」保育園?以下引用保育園には、「認可」と呼ばれるものと、「認可外」とされるものとがあります。一般に、「認可園=質がよい」「認可外園=質がよく [続きを読む]
  • すべての子供は勉強したい気持ちがある
  • 我が子が自分から進んで勉強するような子供だったらいいと誰もが思います。でも現実は宿題はできるだけ先延ばしにする・・・など、勉強が好きな子供なんていないよね、とも思いがち。それは本当でしょうか?リンクHappy LifeStyleさんの「考える力」のある子供に育てる30の方法より紹介します。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・初めに最も知っていただきたいことがあります。多くの人が誤解 [続きを読む]
  • 褒め方が「スゴイ!」「エライ!」ばかりになっていませんか?
  • 育児の際、子供をたくさん褒めてあげたいという親はたくさんいると思います。ただ、褒め方を誤ってしまうと、逆に子供に悪影響を及ぼし、物事の判断基準に対し誤った認識を与えてしまうようです。ではどのような褒め方が子供に対しプラスになるのか?褒めながらもっと子供とコミュニケーションのとれる方法があったので紹介します。以下引用サイトリンク*********************************■ほめるよりも認めてあげるよく子どもの [続きを読む]