桜田史弥 さん プロフィール

  •  
桜田史弥さん: 歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
ハンドル名桜田史弥 さん
ブログタイトル歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
ブログURLhttp://rekisitimes.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本や世界の歴史関連ニュースメディアから抽出し、2行ずつに要約してお届けします。
自由文弊サイトは日本史娯楽検証物語サイト「歴史チップス」の資料収集がてら行っている歴史関連ニュース集です。原点は2005年に始めた「瞬刊・歴史チップス」で、「古今チップス」、「続古今チップス」、「歴史タイムズ」を経て、現在の名称になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1276回 / 365日(平均24.5回/週) - 参加 2005/11/07 10:36

桜田史弥 さんのブログ記事

  • 庄内砂丘(山形県)
  •  庄内砂丘で平安時代後期に高さ30m超の巨大津波が起こっていた可能性があることがわかった。 県では津波が起こっても、最高で16.3mにしかならないと想定しているという。[NHK]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 桑原の城(兵庫県朝来市)
  •  和田山町桑原の山陰道に面する尾根上で戦国時代の山城が発見された。 主郭部分は35×13m、主郭の周りの斜面は人工的に削って急角度にする「切岸(きりぎし)」が用いられ、主郭を囲むように平らにならした「帯曲輪(くるわ)」もあり、尾根続きの山頂には、戦いで最後にこもる「詰め城」とみられる山城遺構もあるという。[神戸新聞] [続きを読む]
  • 東大寺(奈良県奈良市)
  •  鎌倉時代に摂津国の荘園・杭瀬荘(現在の兵庫県尼崎市杭瀬付近)の一部を、領主の東大寺側と、幕府が任命した地頭とで折半したことを示す絵図「下地中分絵図」が東大寺宝珠院で発見された。 荘園の一部地域が寺と地頭とに朱線で細かく分かれており、当時の土地支配や社会を考える上で貴重な史料だという。[中日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 住吉宮町遺跡(神戸市東灘区)
  •  住吉宮町遺跡で、5世紀初頭とみられる築造当時と同じ状態で埴輪(はにわ)が残る古墳が発見された。 古墳上部の木棺跡から鏡、勾玉(まがたま)が見つかり、中央政権とつながりがあった有力者が埋葬されていたと推測されるという。[神戸新聞] [続きを読む]
  • ワニ(ポルトガル)
  •  ポルトガルで約1億5200万年前のワニの卵片の化石が発見された。 恐竜の巣の中から異なる種のものが見つかっており、恐竜に捕食されていたとみられるという。[テレグラフ・BBC・BIGLOBEニュース] [続きを読む]
  • 牽牛子塚古墳≒斉明天皇陵(奈良県明日香村)
  •  斉明天皇が被葬者であることが確定的な飛鳥時代(7世紀後半)の「牽牛子塚(けんごしづか)古墳」で、古墳の周囲が約50mにわたって土で強固に固められていたことがわかった。 同古墳は尾根上に石を敷き詰めるなどして造られているため、石の荷重に耐えて斜面の崩落も防ぐように大規模工事を施したとみられるという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 林堂洞古墳(韓国・慶尚北道)
  •  新羅(シンラ)地方の支配層の墓である慶山市の林堂洞(イムタンドン)古墳で殯葬が行われた可能性があることがわかった。 殯葬とは、埋葬前に遺体を喪屋に安置して一定期間執り行われる葬儀で、隋書など中国史書によると、高句麗(コグリョ)と百済(ペクチェ)は3年、新羅は1年かけて殯葬が行われたとされるが、まだ明確な考古学的証拠は発見されていないという。[東亜日報] [続きを読む]
  • 飛鳥寺西方遺跡(奈良県明日香村)
  •  初めて本格的な飛鳥時代(7世紀)の建物跡が見つかった飛鳥寺西方遺跡の建物跡の柱間(はしらま。柱と柱の距離)は宮殿クラスの規模だったことがわかった。 全体像がつかめていないのではっきりとはわからないが、楼閣や倉庫、門跡などが考えられるという。[産経新聞・Yahoo!ニュース]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 中岡慎太郎の手紙を発見(京都市左京区)
  •  慶応三年(1867)に坂本龍馬とともに暗殺された土佐の志士・中岡慎太郎の手紙が、京都大学附属図書館所蔵の志士らの書状が貼られた屏風の中から発見された。 長州の「山中」と名乗る志士に、通行許可証の発行を依頼する内容で、4月29日から中岡慎太郎館(高知県北川村)の企画展で展示するという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]