桜田史弥 さん プロフィール

  •  
桜田史弥さん: 歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
ハンドル名桜田史弥 さん
ブログタイトル歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
ブログURLhttp://rekisitimes.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本や世界の歴史関連ニュースメディアから抽出し、2行ずつに要約してお届けします。
自由文弊サイトは日本史娯楽検証物語サイト「歴史チップス」の資料収集がてら行っている歴史関連ニュース集です。原点は2005年に始めた「瞬刊・歴史チップス」で、「古今チップス」、「続古今チップス」、「歴史タイムズ」を経て、現在の名称になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1233回 / 365日(平均23.6回/週) - 参加 2005/11/07 10:36

桜田史弥 さんのブログ記事

  • 石ツミ遺跡(兵庫県姫路市)
  •  西庄の石ツミ遺跡で、弥生時代中期(紀元前400年頃〜紀元0年頃)とみられる竪穴建物跡5棟超や土器、碧玉製の管玉が発見された。 22日午前10時半から現地説明会があるという。[神戸新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 間々田八幡前遺跡(栃木県小山市)
  •  間々田八幡前遺跡で奈良〜平安時代の集落跡など縄文時代〜中世に至る幅広い時代の遺構が発見された。 22日午前10時半と午後2時から現地説明会があるという。[小山市] [続きを読む]
  • 明治神宮(東京都渋谷区)
  •  代々木の地名の由来になったと伝えられ、戦中に焼失するまで明治神宮境内にあったモミの大木の鮮明な写真が北海道で発見された。 神宮創建1か月後の大正九年(1920)十一月に写真家を目指して上京した渡部亀太郎が写したものだという。[東京新聞] [続きを読む]
  • 東京国立博物館(東京都台東区)
  •  法隆寺(奈良県斑鳩町)が明治時代に皇室に献納した「法隆寺献納宝物(ほうもつ)」の一つで、東京国立博物館で保管されてきた絹織物に描かれた白虎(びゃっこ)図が、飛鳥時代後半に制作された可能性の高いことがわかった。 絹に描かれた絵画作品としては国内最古とみられるという。[朝日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 織田信長→澤源三郎の書状を発見
  •  織田信長が鷹狩に使う鷹を飼育していた澤源三郎に対して土地の保証などをしていたことを示す戦国時代の書状が発見された。 土地保証のほか、米や銭を与えるなどと記され、徳川美術館(名古屋市)で公開されているという。[NHK]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 端島炭坑=軍艦島(長崎県長崎市)
  •  世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である「端島炭坑(軍艦島)」で「ドルフィン桟橋」を建設している昭和三十年代の写真が発見された。 ドルフィン桟橋は海中に造成した人工島に橋を渡した離岸式桟橋で、悪天候でも船が接岸できる利点があり、昭和二十九年(1954)に国内で初めて軍艦島に整備されたという。[長崎新聞] [続きを読む]
  • 近新商店(京都市中京区)
  •  坂本龍馬暗殺の現場となった醤油商「近江屋」の子孫が営んでいた「近新(きんしん)商店」が戦前に製造した未開封の一升瓶入り醤油が発見された。 漏れ出たものをなめた人は、甘みがありウスターソースのような風味だったと言っているという。[産経新聞] [続きを読む]
  • 寺田寅彦→伊東彊自の手紙を発見
  •  「天災は忘れたころにやって来る」の警句で知られる物理学者で随筆家の寺田寅彦が、晩年、弟子・伊東彊自に宛てた手紙や年賀状9通が発見された。 これまで知られていない内容もあり、高知県立文学館(高知市)で展示する予定だという。[共同通信・日本経済新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 樹林寺(長野県伊那市)
  •  信濃高遠藩校「進徳館」で教師を務めた幕末〜明治時代の画家・長尾無墨(むぼく)が戸板に描いた絵が樹林寺で発見された。 無墨の作品は掛け軸を中心に上伊那地方で約40点が知られているが、戸板に描かれた作品が確認されたのは初めてという。[信濃毎日新聞] [続きを読む]
  • 九州大(福岡市東区)
  •  中国の現代文学をけん引した女流作家・謝冰心が、22歳で執筆した詩集「春水」の直筆の完全原稿が九州大付属図書館で発見された。 冰心の初期の直筆原稿は中国でも発見されておらず、極めて珍しいという。[時事通信] [続きを読む]