桜田史弥 さん プロフィール

  •  
桜田史弥さん: 歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
ハンドル名桜田史弥 さん
ブログタイトル歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
ブログURLhttp://rekisitimes.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本や世界の歴史関連ニュースメディアから抽出し、2行ずつに要約してお届けします。
自由文弊サイトは日本史娯楽検証物語サイト「歴史チップス」の資料収集がてら行っている歴史関連ニュース集です。原点は2005年に始めた「瞬刊・歴史チップス」で、「古今チップス」、「続古今チップス」、「歴史タイムズ」を経て、現在の名称になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1286回 / 365日(平均24.7回/週) - 参加 2005/11/07 10:36

桜田史弥 さんのブログ記事

  • 車塚古墳(栃木県壬生町)
  •  古墳時代終末期では日本最大級の円墳・車塚古墳(国史跡)で、石室前面に構築される祭祀(さいし)の場「前庭(ぜんてい)」の一部が発見された。 城址公園ホールで28日に開催される茨城大人文学部地域史シンポジウムの関連イベントとして、同日午前10時から現地説明会があるという。[下野新聞・読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • TBS(東京都港区)
  •  昭和時代の作家・三島由紀夫が自決する約9か月前に自らの文学観や死生観を肉声で語った録音テープがTBSで発見された。 イギリスの翻訳家ジョン・ベスターとの対談を収めたもので、自分の作品の欠点などを語っているという。[読売新聞・ビッグローブニュース] [続きを読む]
  • 英国立公文書館(イギリス)
  •  1953年に英国のチャーチル首相がイーデン外相に宛てた書簡が英国立公文書館で発見された。 2月22日付で、ヤルタ密約についてルーズベルト米大統領とソ連のスターリン首相が「直接取り決めた」とし、「全ての事項がすでに(米ソで)合意された後に昼食会で知らされた」「私たちは(取り決めに)全く参加しなかった」と主張しているという。[産経新聞] [続きを読む]
  • 作山古墳(岡山県総社市)
  •  古代吉備第2位の巨大前方後円墳・作山(つくりやま)古墳の墳長が、282mだったことがわかった。 これまでは286mとされ全国順位が9位だったが、10位に転落したという。[山陽新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 彦根城(滋賀県彦根市)
  •  佐和町の彦根城外堀跡で、「切通口御門(きりとおしぐちごもん)」の礎石と、門につながる石垣が発見された。 外堀の正門にあたり、格式と防御を兼ね備えた櫓(やぐら)門だった可能性が高く、22日午後1時半から現地説明会があるという。 [続きを読む]
  • 円勝寺(京都市左京区)
  •  平安時代後期に鳥羽天皇中宮・待賢門院が建てた円勝寺の推定地から寺の境界の溝が発見された。 寺の敷地の南北幅は約100mだったとわかり、本日午前10時から現地説明会があるという。[産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。 [続きを読む]
  • 国立公文書館(東京都千代田区)
  •  敗戦後初の帝国議会開院式で昭和天皇が述べた勅語の起草過程が、国立公文書館に保存されている資料から明らかになった。 当時の東久邇宮稔彦(ひがしくにのみやなるひこ)首相らが検討を重ねた結果、第1案にはなかった「平和国家ヲ確立」という新たな目標が掲げられることになったという。[朝日新聞] [続きを読む]
  • 中臣遺跡(京都市山科区)
  •  弥生時代から始まる集落遺跡で、のちに藤原氏となる有力豪族・中臣(なかとみ)氏の拠点ともされる勧修寺西栗栖野町の「中臣遺跡」で、飛鳥〜奈良時代(7〜8世紀頃)の建物跡らしきものが発見された。 また、古墳時代に建物を建てるために他の地から運んできた土で造成した痕跡、弥生時代の土器なども出土したという。[産経新聞] [続きを読む]
  • 林原美術館(岡山市北区)
  •  平安時代に編まれた初の勅撰(ちょくせん)和歌集「古今和歌集」の古写本「清輔(きよすけ)本」を江戸時代の岡山藩主・池田光政が書き写した完本2件が林原美術館で発見された。 また、室町時代中期に書写されたとみられる「後花園天皇筆」の箱書きを持つ古今和歌集「定家本」の写本も見つかったという。[山陽新聞] [続きを読む]
  • 東京芸大(東京都台東区)
  •  昭和六年(1931)に土井晩翠作詞、橋本国彦作曲で作られた福島県の「郡山市歌」の原譜が橋本の母校の東京芸大で発見された。 現在は市民手帳に市歌が掲載されているが、市制30周年を記念し1954年に作られた郡山市民の歌(古関裕而作曲)と比べ、公式な場などで歌われる機会は少ないという。[福島民友新聞] [続きを読む]