r_nobu さん プロフィール

  •  
r_nobuさん: r_nobuホームページ
ハンドル名r_nobu さん
ブログタイトルr_nobuホームページ
ブログURLhttp://nobuneko.com/blog/
サイト紹介文r_nobuのブログです。猫大好きですが、あまり猫の写真がない、よく分からない日記サイトになっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供294回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2005/11/19 19:55

r_nobu さんのブログ記事

  • 関東版ケロリンの洗面器の中で座る猫-ゆきお
  • 東京の銭湯でよく見かける黄色いケロリンの洗面器。東京銭湯に通っていると、ケロリンの洗面器に愛着がわいてきて、欲しい、という気持ちになってくる。先日、ショッピングサイトのAmazonを眺めていたらケロリン桶 関東版 00350%E5%99%A8&linkCode=ll2&tag=nobunekocom-22&linkId=14ce5e9cdb77ec328d31c83cdf65c2be">ケロリンの洗面器が販売されていることに気付いたので買ってみた。私が購入したケロリンは、ケロリン桶 関東版 00 [続きを読む]
  • 漫画『彗星★少年団』を読んだ感想
  • 彗星★少年団 (ぶんか社コミックス)漫画『彗星★少年団』(著者:倉薗紀彦)を読んだ。この漫画は、1巻で完結する読み切り漫画。大都会東京から田舎に転校してきた少女・星川るい。引っ越してきた理由は、病気のお母さんの治療のため。お母さんは田舎の病院で入院中。るいが田舎に引っ越してきた当日、るいは小学生の男の子・甲本くにおと出会う。木から落ちてきたくにおは、るいに虫捕りを手伝ってくれと頼む。虫を差し出されたる [続きを読む]
  • 北千住駅西口から徒歩17分の銭湯・タカラ湯に入った感想
  • 北千住駅西口から歩いて17分ほどの距離にある銭湯・タカラ湯(住所:東京都足立区千住元町27-1)に行ってみた。今回訪れるタカラ湯は、ダメなサラリーマン男性が仕事をさぼって幸せそうな笑顔で銭湯に入り、湯上りに酒をうまそうに飲む、という興味深いドラマ「セント酒」の第六湯「北千住 タカラ湯 からの特撰チャーハン」の舞台となった銭湯。ドラマで観た銭湯に訪れるのは、楽しみである。今日は雨が降っていたので、駅から遠い [続きを読む]
  • 金沢駅から徒歩20分の銭湯・大和温泉に入った感想
  • 金沢駅から歩いて20分ほどの距離にある銭湯・大和温泉(やまとおんせん)(住所:石川県金沢市東山3丁目25番17号)に行ってみた。宿泊中のホテルエコノ金沢駅前(住所:石川県金沢市此花町8-8)からであれば、徒歩17分ほどの距離になる。ちょっと歩いて行くには遠い距離に感じるけれど、散歩を楽しめば、歩いてみるとさほど遠い距離ではない。石川県金沢市の銭湯・大和温泉の周辺の様子。石川県金沢市の銭湯・大和温泉の外観。石川 [続きを読む]
  • 金沢駅から徒歩10分の銭湯・瓢箪湯に入った感想
  • 金沢駅から歩いて10分の銭湯・瓢箪湯(ひょうたんゆ、住所:石川県沢市瓢箪町1番7号)に行ってみた。徒歩10分なら、金沢駅から徒歩圏内の銭湯と言えるであろう。私が宿泊しているホテルエコノ金沢駅前(住所:石川県金沢市此花町8-8)からだと、歩いて7分程度の距離だった。ホテルから近い銭湯というのはよいものだ。石川県金沢市の銭湯・瓢箪湯の周辺の様子。石川県金沢市の銭湯・瓢箪湯の外観。石川県金沢市の銭湯・瓢箪湯の玄関 [続きを読む]
  • 漫画『北斗の拳 ユリア外伝 慈母の星』を読んだ感想
  • 北斗の拳 ユリア外伝 慈母の星 (ビッグコミックススペシャル)漫画『北斗の拳 ユリア外伝 慈母の星』([原案]武論尊・原哲夫、[作画]笠井晶水)を読んだ。《目次》第1章:運命の星の下に...第2章:愛する人のために...第3章:想いという奇跡の名のもとに...第4章:南斗狐鷲拳・シンとの出会い第5章:雲のジュウザ 参上!!第6章:避けられぬ宿命第7章:船上の激突!!第8章:二つの魂最終章:大いなる愛北斗の拳を全話読んでいる私 [続きを読む]
  • 漫画『空挺ドラゴンズ』第2巻を読んだ感想
  • 空挺ドラゴンズ(2) (アフタヌーンコミックス)《第2巻の目次》Flight 6:はじめての解体と龍の壁掛け(タペストリー)Flight 7:祭りと龍肉の手延べ汁麺(ラグマン)Flight 8:大災と食える龍Flight 9:暴れ龍捕獲作戦Flight 10:炊き出しの窯煮と龍のカツレツFlight 11:別れと旅立ち第2巻はクレーターの中に作られたクオーン市が舞台となる。この市は捕龍基地として栄えた有数の港市(みなとまち)とのこと。港と言っても、近 [続きを読む]
  • 漫画『幼女戦記』第4巻から第6巻までを読んだ感想
  • 漫画『幼女戦記』(原作:カルロ・ゼン、キャラクター原案:篠月しのぶ、漫画:東條チカ)の第4巻から第6巻までを読んだ。幼女戦記(4) (角川コミックス・エース)《第4巻の目次》・第9話:始まりの大隊I・第10話:始まりの大隊IIゼートゥーア准将の「多少手荒でも再教育してやれ」という発言の意味。ゼートゥーア准将によると、『軍隊で「多少手荒」とは死者を出さない程度にやってよいという意味』とのこと。この言葉通り、主人公 [続きを読む]
  • 漫画『ブレイブスター☆ロマンティクス』第2巻を読んだ感想
  • ブレイブスター☆ロマンティクス 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)第2巻も、第1巻の面白さ、スピード感そのままで、とても面白い。ブレイブスターの言動は相変わらず暑苦しいが、芯はしっかりとしている。求婚中の女性・斉宮侑紀(さいみやゆき)への真っ直ぐな愛情表現、自らの命の心配よりも女性を守る心意気、これらがブレていないので、好感が持てる。異能医局の計算では、ブレイブスターが能力を全開にすると10分に [続きを読む]
  • 愛媛県東温市の雨滝ほたるの里で手の平に乗る蛍に癒される
  • 愛媛県では6月の上旬から中旬は蛍を見られるシーズン。毎年、この時期に蛍を見ることを楽しみにしている人は多いであろう。私も楽しみにしている1人。今年も蛍を見に行こう、と妻に提案すると、毎年訪れている竹山荘もいいけれど、最近テレビで紹介されていた東温市の蛍を見に行って見たい、とのこと。東温市と言ってもエリアが広いので、どの辺りかを妻に聞くと、おしゃれな感じのするカフェkuroimori(クロイモリ)の近くとのこと [続きを読む]
  • 愛媛県東温市の雨滝ほたるの里で手の平に乗る蛍に癒される
  • 愛媛県では6月の上旬から中旬は蛍を見られるシーズン。毎年、この時期に蛍を見ることを楽しみにしている人は多いであろう。私も楽しみにしている1人。今年も蛍を見に行こう、と妻に提案すると、毎年訪れている竹山荘もいいけれど、最近テレビで紹介されていた東温市の蛍を見に行ってみたい、とのこと。東温市と言ってもエリアが広いので、どの辺りかを妻に聞くと、おしゃれな感じのするカフェkuroimori(クロイモリ)の近くとのこと [続きを読む]
  • ドギーマン さらふわマットの上で眠る猫-ゆきお
  • 自宅の和室の見慣れぬ水色のマットの上で眠っている我が家の飼い猫ゆきおを眺めていると、妻から声がかかった。ドギーマン さらふわマットの上で眠る猫-ゆきお。「ゆきおのために、夏用のひんやりしたマットを買ったんよ。500円。洗うのも簡単みたい」マットを触ってみると、たしかに、ひんやりしている。部屋の中は扇風機で風を体に当てないと汗が出るほど暑いと言うのに、マットは冷たい。どんな仕組みかは分からないけれど、猫 [続きを読む]
  • 桜田公園の植木の地面で眠る猫2匹
  • 暑い季節。昼休みに外で昼ご飯を食べて歩いていると汗が出て来る。今日は特に日差しが強く、あまり長い間外にいると大量の汗が出そうだ。東京都港区新橋の桜田公園を歩いていると、そんなことを全く気にすることなく、幸せそうに地面で眠っている猫2匹を見つけた。桜田公園の植木の地面で眠る猫2匹。桜田公園の植木の地面で眠る白黒猫。猫も汗をかくのだろうか。ふかふかの毛皮の下にある皮膚から汗が出ているかどうかは分からない [続きを読む]
  • カワイの電子ピアノの上から小学六年生の娘を待つ猫-ゆきお
  • 日曜日の14時10分。自宅の極楽室で寝転がる妻からLINEで送られてきた我が家の飼い猫ゆきおの健気な写真。KAWAIの電子ピアノの上から監視する猫-ゆきお。寝転がる妻を見ているのだろうか。と思ったら...。KAWAIの電子ピアノの上から何かを見ている猫-ゆきお。妻を見ている様子はなかった。14時30分から小学六年生の娘がピアノの練習をしに来ることになっているので、ゆきおは健気にも娘を待ち続けているだけなのかもしれない。可愛 [続きを読む]
  • 仙台味噌の焼きおにぎりと仙台みそかつのサンドおにぎりがうまい!
  • 宮城県仙台市内での仕事が終わり、東京まで新幹線で帰ろうとしていると、お腹が空いていることが気になってきた。東京に着くまでの道中が空腹ではしんどいだろうと考え、仙台駅の新幹線口の売店でおにぎりを買うことにした。仙台味噌のおにぎりが二種類あったので、どちらも買う。仙台味噌の焼きおにぎりと仙台みそかつのサンドおにぎり。どちらもうまい!おやつのつもりだったけれど、お腹もいっぱいになったから、今日の夕食はこ [続きを読む]
  • アイロン台の上に乗る猫-ゆきお
  • 日曜日の昼下がり。お昼ご飯を食べ終えてうとうとする時間帯。自宅の二階にある極楽室でくつるいでいた妻と電話していると、「ゆきおが悪いことしてる」と言う妻の言葉の後、妻からLINEで悪いことしている真っ最中の我が家の飼い猫ゆきおの写真が送られてきた。アイロン台の上に乗る猫-ゆきお。そんなところにいると、自慢の毛並みにアイロンをかけられてしまうぞ。今度自宅に帰ったら、アイロンのように私の手を平たくして、ゆき [続きを読む]
  • 朝、通勤する人達を眺める桜田公園の猫
  • 朝、通勤する人達を眺める桜田公園の猫。今日の7時5分。JR新橋駅近くの桜田公園にて。新橋駅で電車を降り、会社まで歩いて行くときに、桜田公園の中を歩いて行く人は多い。私もその1人だ。道路を歩くよりは、桜田公園を通る方が近道だから、という理由もあるけれど、野良猫を見たいから、という理由の方が強い。野良猫目当てで、わざわざ遠回りをして桜田公園を通る人もいるかもしれない。この猫に近づき、身をかがめると、「何に [続きを読む]
  • 赤いチェック柄のシャツで覆われた猫ベッドで可愛いポーズをとる猫-ゆきお
  • 自宅にいる妻からLINEで送られてきた我が家の飼い猫ゆきおの可愛らしい写真を見ていると、懐かしいものが写っていた。私がたぶん20年ほどは愛用していたと思う赤いチェック柄のシャツ。私の感覚ではまだ着れないことはなかったけれど、妻の感覚ではこのシャツはあまりにもボロボロになっていてみっともないので、もう捨てることを宣言されたものであった。妻からは、捨てる前にゆきおの猫ベッドの上にかけるシーツ代わりに使ってよ [続きを読む]
  • 魚津駅から徒歩10分の銭湯・平成松の湯に入った感想
  • 魚津駅から歩いて10分の距離にある銭湯・平成松の湯(住所:富山県魚津市新金屋1-4-2)に行ってきた。この銭湯を知ったきっかけは、会社の出張で宿泊するホテルを富山県魚津市で探している時に、ホテルのプランに銭湯入浴券付プランがあることに気付いたからだ。会社の出張経費で趣味の銭湯の入浴料金を請求するわけにはいかないので、そのプランではなく普通の素泊まりのプランで予約し、銭湯には一般客として訪れて普通に自分で [続きを読む]