nezurou さん プロフィール

  •  
nezurouさん: underwater photographyの日記
ハンドル名nezurou さん
ブログタイトルunderwater photographyの日記
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/nezurou/
サイト紹介文フィリピン、インドネシア、沖縄、柏島、伊豆、御蔵島などの水中写真と、海に関する陸上写真をほぼ毎日公開
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2005/11/20 11:04

nezurou さんのブログ記事

  • 【スナップ】タコの逃げ足差し足&サガミツノメエビ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200砂地で出会ったタコの仲間であるが、撮影を始めると奇妙な動きを始めた。さながら盗人のような「抜き足差し足忍び足」のような動きである。タコの仲間が別の生物に擬態することは知られているが、これは何に化けたというのだろうか。バディは小さなエビの仲間を撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【色分解】ガラスハゼ&ナカソネカニダマシ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200ガラスハゼを普通ではなく夜っぽく撮ってみた。特殊な細工をしたわけではないが、色々な色が表れて美しい。透明感のある被写体が最近は楽しいのである。バディはブルーを効果的に使ってカニダマシを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【黒抜き】ウミタケハゼと青ホヤ&ガラスハゼ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-0.5m[カメラ]NIKON D7200このところずっと水中撮影では必須と言われるストロボを使用しない撮影を続けてきたが、今回は必要に応じてストロボも使用する機会を増やした。このホヤは垂直に近い切り立った岩に張り付くように生えていたものであり、普通にストロボ光を当てると背景はもちろん岩になってしまう。試行錯誤のうえこの写真のを撮ることができた。壁際で浮きながら色々やるのは相当苦労し [続きを読む]
  • 【雪幻想】クサイロモウミウシ&アゴヒゲオコゼ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-0.5m[カメラ]NIKON D7200小さな小さなウミウシを撮影した。高倍率が求められるので60mmレンズにはなかなか厳しい被写体である。もう少し絞りを開放してやればよかったと思うがこれはこれで良し。バディはウミエラの木の下アゴヒゲオコゼを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【日の丸構図】エンマカクレエビin パイプ&イソギンチャクモエビ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200アニラオの砂地ではよく見かけるケヤリ類の棲管であるが、家主がいなくなってからも、ハゼやスズメダイなどの住処として利用されているのをよく見かけるが、この日初めてこの手のエビが顔をのぞかせているのを発見した。迷わず黒抜きの日の丸構図(たぶんNGとされるやつ)。バディはきれいなところにいたイソギンチャクモエビを撮影!1日ワン ご協力をお願いし [続きを読む]
  • 【黒抜き】レモンイエローのバサラカクレエビ&貝殻のミジンペア
  • [撮影地]アニラオ [水深]-5m[カメラ]NIKON D7200水深5m程度の浅瀬で見つけたバサラカクレエビ。夏の日差しが降り注ぐ明るい海中ではライティングに苦慮するのだが、接近戦にて何とか攻略。いつもなら私がバディに撮らせる被写体なのだが、今回はバディが撮らせてくれるといううれしい誤算。貝殻にいたミジンベニハゼのペアを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • ブログコラボ企画◆「うるうる」
  • 毎月1日はブログコラボデー電波状態の厳しい環境からのアップはとっても大変〜今回の写真は昨日撮影したミジンベニハゼの幼魚1センチに満たない小さな固体なのにカメラに動じずに撮影に付き合ってくれました。瞳うるうる〜このブログ記事は、次のブログとコラボしています。仁の水中写真 -Jin's Photo-http://wataridori3.blog15.fc2.com/デジDivehttp://www.dive.hippy.jp/ [続きを読む]
  • 【黒抜き】ウミウシとタマゴ&美背景のスズメダイ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15[カメラ]NIKON D7200とても美しいフォルムのウミウシに出会った。このウミウシに出会うととても心躍るのであるが、いかんせん小さいのと形が入り組んでいるのとで顔部分が見つけにくく、踊っていた心はやがていらだちに変わったりするのである。それもキレイに撮れた時の喜びはまた格別なものがある。バディはきれいな背景のスズメダイを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓  [続きを読む]
  • 【オレンジ】暖色系のホヤカクレエビ&トゲツノメエビ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15[カメラ]NIKON D7200ドロップオフのかなり流れのきついところでガイドさんが指すのはホヤの中のエビ。先日のドロップオフのポイントで撮影したホヤカクレエビ。青や白の肉薄のホヤは透過光が得られやすく被写体にすることが多いが、黄色の肉厚のホヤはなかなか撮りにくく、被写体としての採用度は低いように思うがなんとか撮影に成功。暖かな印象となった。バディはトゲツノメエビを撮影!1日 [続きを読む]
  • 【抽象】青色ホヤのSWIPE&オランウータンクラブ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200ドロップオフのかなり流れのきついところでガイドさんが指すのはホヤの中のエビ。撮れるわけもなく最初からあきらめ加減ではあったものの、何となくの新発見。流し撮りなんてあまりしないけど、これはこれで光の軌跡が面白いと思った。バディはウミアザミの根元にいたオランウータンクラブを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【円型滲み】ハナヒゲウツボの黄化個体&ホヤの美
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200砂地から顔をのぞかせていたハナヒゲウツボに出会った。ただでさえ単調な黄色に近い砂地と黄色のウツボでは主題のインパクトに欠ける。だから背景の砂地には特殊なボケで処理をし、ウツボを強調して撮ることにした。ただの開放絞りを採用したふんわりとでもなく、かっちり絞った黒抜き写真でもなく、オリジナリティのある表現をすることができた。バディはただそれだけで美 [続きを読む]
  • 【クリスタル】アカスジウミタケハゼ&アデヤカミノウミウシ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200最近気に入っている撮り方が透明感のある生物の「クリスタル感」を強調したもの。何か珍しい生物でなくてもその被写体をより美しく撮れたら、フォトグラファーにとってはこの上ない喜びなのである。でも、いろんな方向からのライティングを試みるためか、手が長かったらなどと無駄な願望にとらわれることも多くなったように思う。バディは激流に翻弄されるアデヤカミノウミ [続きを読む]
  • ブログコラボ企画◆「ビックリ!」
  • 今回取り上げるのはエビの色彩変異。イイジマフクロウニに生息するコールマンシュリンプであるが、時折変異種に出会うことがある。標準的には白と黒(茶)のパターンなのだが、この日の潜水では色彩の異なる個体に複数であった。青赤緑自然界の色彩の多様さには驚きを隠せない。このブログ記事は、次のブログとコラボしています。仁の水中写真 -Jin's Photo-http://wataridori3.blog15.fc2.com/デジDivehttp://www.dive.hippy.jp/4 [続きを読む]
  • 【青と咆哮】イッポンテグリのつぶやき&ワレカラ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200ここアニラオでは珍しくなく、かなりの高確率で観察できるイッポンテグリの幼魚。魅力的な被写体なのであることは間違いないのだが、首を振り振り不規則に歩き回るので、意外と取りにくい被写体でもある。若干シャッタースピードが落ちかけていたので、手振れ被写体振れが心配されたがなんとか成功。バディはワレカラを見事に撮影!1日ワン ご協力をお願いします。 [続きを読む]
  • 【生体発光】バブルコーラルシュリンプ&クシノハカクレエビ
  • [撮影地]リロアン [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200昨年の夏にリロアンにて撮影。とにかくリロアンは静かなところだった。夕暮れ時には遠浅の海岸が鏡面のようできれいだった。生憎の月夜だったが、星空と水鏡の夜景を撮れたら最高だと思った。僕はいつものバブルコーラルシュリンプをライティング撮影。バディは筒状海綿に生息するエビを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【三色表現】オランウータンクラブ&ピンク印象
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200全身が毛状の皮弁?に覆われたカニの仲間。緑色のウミシダと絡めて撮影。ライトは青と白だけだが、図らずもRGBカラーとなった。眼に不思議なピンクライトが入ったのは愛嬌!?バディウミエラとヒトデを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]