nezurou さん プロフィール

  •  
nezurouさん: underwater photographyの日記
ハンドル名nezurou さん
ブログタイトルunderwater photographyの日記
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/nezurou/
サイト紹介文フィリピン、インドネシア、沖縄、柏島、伊豆、御蔵島などの水中写真と、海に関する陸上写真をほぼ毎日公開
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2005/11/20 11:04

nezurou さんのブログ記事

  • 【Bokeh】曼殊沙華の陸撮(水もあり)
  • [撮影地]東京 [水深]m[カメラ]NIKON D300Sこれからマクロ撮影本格シーズン入りを目途に少し新しいことができたらと思って準備中なのであるが、seasonということもあって近所の霊園で彼岸花を撮影した。台風一過の久々の好天に思わず力が入ってしまった。1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【黒抜きライティング】透明なワレカラ&コヤナギウミウシ属の一種
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D800Eだいぶ戻ってのホーム、5月のアニラオの写真から。何かと絵になる甲殻類ワレカラの仲間。人の写真を見ると結構カラフルな種や個体もいるようだけれど、いずれにしても透明感がこの生き物の肝だったりして、最近はこのライティングにほぼ決まりつつある。ライティングシステムの見直しを計画中でどんな画像を得られるかいまから楽しみである。バディはきれいなウミウシを [続きを読む]
  • 【色彩】俗称タルマワシ&ハナダイギンポ
  • [撮影地]バリ [水深]-30m[カメラ]NIKON D7200少し戻って7月のバリにて撮影した写真。トランバンに行ったら撮りたいのが赤い目をしたヨコエビの一種。タルマワシと言われているが本種は別種とのことである。いずれにせよフォトジェニックな甲殻類であり、色とりどりのホヤと絡めて撮りたいものである。バディ笑顔のようなハナダイギンポを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【白印象】妖艶なハナハゼ&イソカサゴ
  • [撮影地]川奈 [水深]-8m[カメラ]NIKON D7200伊豆では普通種のハナハゼ。普通に砂地で見かけるので、あまり紹介されたりしないかもしれないが、その長い尾びれといい青白い体色はタイトルの通りまさに妖艶で気になる魚である。先日潜った印象だと少し数が減ったかなとも思ったが、この通い詰めてるわけでもなく実際どうなのかはわからない。いずれにしてもここに潜ったら必ず撮りたいし、大概撮影結果をチェックすると撮り [続きを読む]
  • 【スポットとボケ】ミノカサゴ&イチモンジハゼ
  • [撮影地]川奈 [水深]-8m[カメラ]NIKON D7200このところ海から遠ざかっていたし、忙しさに参っていたところもあって骨休みもかねて伊豆へ出かけた。もともと伊豆ダイバー出身で若い頃はよく通っていたものであるが、このところ随分遠ざかっており年に1,2回のペースになってしまった。それでも現地では相変わらず顔なじみの皆さんに顔見せできることもあって、行けば行ったで結構楽しく、さほど遠くない近場の海というこ [続きを読む]
  • ブログコラボ企画◆「ムレムレ」
  • 毎月1日はブログコラボデー 来ましたワイド寄りのお題。マクロメインの私は群れとかあまりネタがない。で、振り返ることだいぶ前、まだワイドとマクロ2台持ちの頃モルディブで撮った写真。すごく撮りたいパウダーブルーサージョンフィッシュの群れ。今思えばワイドとマクロ半々くらいで撮ってたあの頃、ずいぶん下手だったなって思う。多分写真の事とかカメラのこととか実はあんまり理解せずに撮ってたかもしれないってすごく思 [続きを読む]
  • 【稀種】レイドシュリンプゴビー&モエギハゼSP
  • [撮影地]バリ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200今回はハゼの仲間。水中写真を始めた頃、撮りたいのはハゼの仲間だった。だけどダイビング自体初心者の当時の私が一眼レフなんて扱えるわけもなく、結果ワイドしか撮れない簡単カメラを使っていた。フォーカスは目測だし、クローズアップレンズなんかも用意したけれど、距離枠(写真が写る範囲を示す枠がレンズの前についているもの)のついた代物であり結果一番撮りたいハゼ [続きを読む]
  • 【シンクロ】ヒトデヤドリエビの青&イボイソバナガニ
  • [撮影地]バリ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200ヒトデに寄生するエビをよく見かけるが、宿主であるヒトデの体色そのものとエビの色彩変化が楽しく、潜水地によってバリエーションが異なるのも楽しみの一つである。バリ島東部トランバンでは網目柄緑のヒトデに無数のエビが生息していた。ただ数多く撮るのも説明的にアリなんだが、ヒトデのフォルムとエビの配置が楽しいところを撮影した。何気に楽しい被写体なのである。バ [続きを読む]
  • 【咆哮と色彩】極小スパインチーク&激寄りのアオギハゼ
  • [撮影地]バリ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200緑色がかった美しいイソギンチャクとクマノミの幼魚を撮影した。クマノミの仲間はイソギンチャクと共生していることから美しい「家」に住んでいるそれは、ただそれだけで美しい。小さな幼魚はイソギンチャクの中で、外敵から守られているとはいえ、同種の中で厳しい生存競争を余儀なくされていることとは思うが、幼魚ゆえのはかなさが相まってそれはまた美しいものである。バ [続きを読む]
  • 【水面撮影】マングローブの若芽
  • [撮影地]バリ [水深]-1m[カメラ]NIKON D800Eバリ島にて撮影。水深-1m以浅でマングローブの若芽を撮影した。マングローブの水底に張った力強い根のイメージが好きなのだが、まだ育ち切っていない若い芽も、これから大樹に成長していく可能性が感じられて好きな被写体である。1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【スナップ】色鮮やかなボルネオドティバック&激寄りのブラックスポ
  • [撮影地]バリ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200先月に訪れたバリ島西部ムンジャンガンでの写真。このところ動かない被写体中心に撮影してきたのでこういう被写体は久しぶりである。今回この魚を撮りたいとリクエストしておいた。メギスの仲間は多種にわたりきれいな種も多いのであるが、いかんせん岩陰に住んでいて時々しか出てきてくれず、カメラマン泣かせの魚でもある。ところがこのメギスの色彩の美しさと言ったらどう [続きを読む]
  • 【青い黒抜き】ツノトゲホリミノウミウシ&イソギンチャクモエビ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D72005月に行ったアニラオにて撮影。以前は見向きもしなかったウミウシが最近楽しい。種だとか分類だとかは全くわからないが、こういうフォルムのそれは美しく色々と工夫を凝らして撮影できることも楽しみの一つである。ただ真っ黒な黒抜きもよいけれど、背景に色を加えて青色ミックスで撮影した。バディはイソギンチャクモエビを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。 [続きを読む]
  • ブログコラボ企画◆「マイホーム」
  • 毎月1日はブログコラボデー今月のテーマで最初に頭に浮かんだのはミンジンベニハゼ。これはきっとネタが被るに違いない。しかもストレート過ぎではないか?コラボのお二人ともミジンベニハゼに一杯出会える環境だしな〜と思ってましたが考えすぎのようでした。でも、もう写真選んでしまったのでこちらを公開。青いホヤがあれば、エビがいないかなって、しょっちゅう覗いているのですが、これがいたりすると結構がっかりする(笑) [続きを読む]
  • 【水のとき写真展】ツキホシカクレエビと一輪添え&トガリモエビの一
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200今年も水中写真家 中村征夫さんの呼びかけで始まった写真展「水のとき」に出展させていただいた。どうも作品展の開催期間に遠征が入っていたりすることが多く、このところ作品をを出すだけで写真展に足を運ぶことができず、スタッフの皆さんにもお世話になりっぱなしで申し訳なく思っている。先日展示した写真パネルが返却されたので、その時の写真を公開したいと思う。 [続きを読む]
  • 【極小】オショロミノウミウシ属の一種 49&謎のエビ
  • [撮影地]バリ島 [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200今月初めに訪れたバリ島トランバンにて撮影したウミウシ。あまりの小ささに撮影するだけで精一杯であったが、画像を確認するとなかなかの美しさでありまた撮りたいと思った。バディはオトヒメエビの仲間であろうかやはり小さなエビを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【月光】バリの桟橋と海と月&シマオリハゼのホバー
  • [撮影地]バリ島 [水深]-10m[カメラ]NIKON D800Eバリ西部のこのリゾートに来るといつも撮りたくなるのが星空。月さえなければ満天の星空で間違いないのであるが、なぜかこのところ毎年の満月に遭遇。月が落ちるであろう早朝の撮影も試みたが、そんな時に限って雲がいっぱいであったり結局今年も撮れず。だからおさえに月光を撮影。来年はいい星が撮りたいと思う。バディはシマオリハゼのホバリングシーンを撮影!1日ワン [続きを読む]