nezurou さん プロフィール

  •  
nezurouさん: underwater photographyの日記
ハンドル名nezurou さん
ブログタイトルunderwater photographyの日記
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/nezurou/
サイト紹介文フィリピン、インドネシア、沖縄、柏島、伊豆、御蔵島などの水中写真と、海に関する陸上写真をほぼ毎日公開
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2005/11/20 11:04

nezurou さんのブログ記事

  • 【オレンジ】暖色系のホヤカクレエビ&トゲツノメエビ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15[カメラ]NIKON D7200ドロップオフのかなり流れのきついところでガイドさんが指すのはホヤの中のエビ。先日のドロップオフのポイントで撮影したホヤカクレエビ。青や白の肉薄のホヤは透過光が得られやすく被写体にすることが多いが、黄色の肉厚のホヤはなかなか撮りにくく、被写体としての採用度は低いように思うがなんとか撮影に成功。暖かな印象となった。バディはトゲツノメエビを撮影!1日 [続きを読む]
  • 【抽象】青色ホヤのSWIPE&オランウータンクラブ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200ドロップオフのかなり流れのきついところでガイドさんが指すのはホヤの中のエビ。撮れるわけもなく最初からあきらめ加減ではあったものの、何となくの新発見。流し撮りなんてあまりしないけど、これはこれで光の軌跡が面白いと思った。バディはウミアザミの根元にいたオランウータンクラブを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【円型滲み】ハナヒゲウツボの黄化個体&ホヤの美
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200砂地から顔をのぞかせていたハナヒゲウツボに出会った。ただでさえ単調な黄色に近い砂地と黄色のウツボでは主題のインパクトに欠ける。だから背景の砂地には特殊なボケで処理をし、ウツボを強調して撮ることにした。ただの開放絞りを採用したふんわりとでもなく、かっちり絞った黒抜き写真でもなく、オリジナリティのある表現をすることができた。バディはただそれだけで美 [続きを読む]
  • 【クリスタル】アカスジウミタケハゼ&アデヤカミノウミウシ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200最近気に入っている撮り方が透明感のある生物の「クリスタル感」を強調したもの。何か珍しい生物でなくてもその被写体をより美しく撮れたら、フォトグラファーにとってはこの上ない喜びなのである。でも、いろんな方向からのライティングを試みるためか、手が長かったらなどと無駄な願望にとらわれることも多くなったように思う。バディは激流に翻弄されるアデヤカミノウミ [続きを読む]
  • ブログコラボ企画◆「ビックリ!」
  • 今回取り上げるのはエビの色彩変異。イイジマフクロウニに生息するコールマンシュリンプであるが、時折変異種に出会うことがある。標準的には白と黒(茶)のパターンなのだが、この日の潜水では色彩の異なる個体に複数であった。青赤緑自然界の色彩の多様さには驚きを隠せない。このブログ記事は、次のブログとコラボしています。仁の水中写真 -Jin's Photo-http://wataridori3.blog15.fc2.com/デジDivehttp://www.dive.hippy.jp/4 [続きを読む]
  • 【青と咆哮】イッポンテグリのつぶやき&ワレカラ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200ここアニラオでは珍しくなく、かなりの高確率で観察できるイッポンテグリの幼魚。魅力的な被写体なのであることは間違いないのだが、首を振り振り不規則に歩き回るので、意外と取りにくい被写体でもある。若干シャッタースピードが落ちかけていたので、手振れ被写体振れが心配されたがなんとか成功。バディはワレカラを見事に撮影!1日ワン ご協力をお願いします。 [続きを読む]
  • 【生体発光】バブルコーラルシュリンプ&クシノハカクレエビ
  • [撮影地]リロアン [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200昨年の夏にリロアンにて撮影。とにかくリロアンは静かなところだった。夕暮れ時には遠浅の海岸が鏡面のようできれいだった。生憎の月夜だったが、星空と水鏡の夜景を撮れたら最高だと思った。僕はいつものバブルコーラルシュリンプをライティング撮影。バディは筒状海綿に生息するエビを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【三色表現】オランウータンクラブ&ピンク印象
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200全身が毛状の皮弁?に覆われたカニの仲間。緑色のウミシダと絡めて撮影。ライトは青と白だけだが、図らずもRGBカラーとなった。眼に不思議なピンクライトが入ったのは愛嬌!?バディウミエラとヒトデを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • ブログコラボ企画◆「我ら水中写真ゴレンジャー!」
  • 「流れる水がごとく青の魔法使い青レンジャー!」  と、わけわからない感じの書き出しとなりましたが、毎月1日、同じテーマでアップする、水中写真のブログコラボ企画。今月のテーマはいつもとちょっと違って『我ら水中写真ゴレンジャー!』というテーマのもと、参加者それぞれが与えられた色に沿った水中写真をアップしようというもの。 以前から自然相手の被写体に色付きのライトを使って撮影することが多い私にはありがたいテ [続きを読む]
  • 【月光】イソバナカクレエビ&コウイカの仲間
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200通常の撮影ではNGである光源を入れ込んでの撮影に挑戦した。当然のように明るいLEDライト被写体の露出を合わせるのが困難なのであるが、これはこれで面白いのではないか。バディは海藻にに寄り添っていたコウイカの仲間を撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【円型滲み】クロスズメダイ幼魚&オドリカクレエビ黒抜き
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15m[カメラ]NIKON D800E無減圧潜水時間も厳しくなり、浅瀬へと退避してくるとバディはスズメダイを熱心に撮影していた。幼魚のうちはとても美しく、目を引くクロスズメダイだった。その名前のとおり成魚になると真っ黒な体色になるスズメダイで、正直成魚を意識して観察したことが全くない。その短い美しい一瞬を特徴的な背景で撮影してみた。この撮影方法も今後定番の撮影技法として多用していき [続きを読む]
  • 【Blue】ピグミーシーホース&アロポントニアボロッキー
  • [撮影地]アニラオ [水深]-15m[カメラ]NIKON D7200人気の被写体ピグミーシーホースの列に並んだ。列に並ぶのは正直苦手。人と競合すると大抵嫌になる。撮らないこともしばしばである。でも、最後に少し撮る時間が回ってきたので、少し自分らしく撮影。よくあることだけど、人の撮影は邪魔しないように、それでもすぐ横で撮影の順番を待っていると、平気で後から来た人に順番抜かされて、もう自分に回ってくることがないとか [続きを読む]
  • 【ナイトスコープ】シマヒメヤマノカミYG&ヒトデヤドリエビ
  • [撮影地]アニラオ [水深]-10m[カメラ]NIKON D7200[レンズ]AF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G 今回カエルアンコウ偏愛ダイバーさんとご一緒したので、当然のようにヘアリーフロッグフィッシュを探してあちらこちらへ。。。現地ガイドも目撃例なく、何とかという思いで普段潜らないポイントへ潜ったりと大変だったと思う。特段カエルアンコウに思い入れのない私にとっても、若干振り回された感はあったのだが、そこは団体行動 [続きを読む]
  • ブログコラボ企画◆「おしゃれ」
  • 毎月1日、同じテーマでアップする、水中写真のブログコラボ企画。今月のテーマは『おしゃれ』。 近頃その造形や色彩に魅せられて被写体に選ぶのがウミウシの仲間である。以前はナメクジの仲間だからって偏見があったのだけど、一度そんな見方を払拭するとその美しさは格別でわざわざウミウシリクエストをするときもある。最近伊豆でもウミウシ専門ってサービスがあるのを知って、その種類の多さやししゃんの美しさに行ってみたい [続きを読む]
  • 【抽象】オーロライソギンチャク&トゲツノメエビ*2
  • [撮影地]アニラオ [水深]-20m[カメラ]NIKON D7200[レンズ]AF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G 前回の撮影で新しいライト撮影に挑戦したのだが、光量不足は否めず満足のいく撮影とはならなかった。しかし、ライトの特性としてはやはり特筆すべきものがあり、その発色は悪くない。スローシャッターによる抽象画はどうだろうか、という一枚。バディはトゲツノメエビを撮影!1日ワン ご協力をお願いします。↓ ↓ ↓に [続きを読む]