ラリーズクラブ さん プロフィール

  •  
ラリーズクラブさん: ラリーズクラブ
ハンドル名ラリーズクラブ さん
ブログタイトルラリーズクラブ
ブログURLhttp://rallysclub.livedoor.biz/
サイト紹介文BOATRACEの話題を毎日お伝え
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2005/11/28 04:16

ラリーズクラブ さんのブログ記事

  • 本日の優勝戦2場は共に枠なり2vs4の進入
  • 【大村スカパー!JLCカップスタート野郎決定戦優勝戦】 枠なり2vs4の進入から1号艇山田哲也が3号艇安藤裕貴の07トップスタート3カド捲りを張り飛ばした展開に乗って4号艇稲田浩二が捲り差しを決めて先頭に立ち、稲田浩二は今年5回目・大村では今年3月の前回公営レーシングプレスカップに続く2回目・通算22回目の優勝。【多摩川サンケイスポーツ賞優勝戦】 枠なり2vs4の進入から1号艇伊藤誠二が3号艇中岡正彦の3カド捲りを張り飛ば [続きを読む]
  • 若松・宮島・児島・江戸川・桐生の優勝戦
  • 【若松夜王シリーズ第1戦西日本スポーツ杯ナイター王決定戦ナイター王優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇佐藤大介(77期3813)が15トップスタートも3号艇森岡満郎(77期3815)が捲り差しを決めて先頭に立ち、佐藤大介は2M差し返し狙うももたついて3番手に後退し同期ワンツーも消え、森満は若松初・2014年6月平和島日刊ゲンダイ杯以来となる通算7回目の優勝。【みやじマリンカップ優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇村越篤がコ [続きを読む]
  • BOATRACEオフィシャルHPリニューアル前最後の優勝戦は三国
  •  ルーキーシリーズ第5戦三国プリンスカップ優勝戦は123/465の進入から1号艇木下翔太26歳(108期4659)がコンマ14で一番遅いスタートだったものの2号艇青木玄太30歳(100期4448)の捲りを受け止めきって先頭に立ち、三国2回目・昨年9月芦屋ギラヴァンツ杯男女W優勝戦以来となる通算7回目の優勝。 ちなみに2着だった青木玄太がデビュー10年経過した三十路にもかかわらずルーキーシリーズに出場しているのかというと、今年度から登 [続きを読む]
  • 常滑優勝戦は重野哲之が激戦に競り勝ち完全V達成
  •  常滑マンスリーBOATRACE杯優勝戦は12356/4の進入からデビュー初V目指す4号艇西村豪洋(愛知支部)の単騎ガマシ大捲りが決まって先頭に立つも、節間6戦全勝の1号艇重野哲之が内で立て直してBSぐいぐい伸び、2M手前で西村豪洋に並んで2Mは両者握り合う展開に。 そして外握った西村豪洋は消波装置ぎりぎりまで流れて脱落しますが、1M差し順走3番手だった2号艇三角哲男が2M小回りで重野哲之に追いつき、2周1Mを内から先行。 しかし [続きを読む]
  • 峰竜太が昨年オーシャンC準優Fのリベンジ果たしてSG初優勝
  •  まるがめブルーナイターのSGオーシャンカップ優勝戦(特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇峰竜太が3号艇井口佳典の攻めを張り飛ばして押し切り、前走地唐津サマーモーニングバトルほぼ女子戦に続く今年5回目・丸亀初・通算47回目・SG優出11度目にしてSG初優勝。 峰竜太は鳴門開催だった昨年のオーシャンカップ予選1位で1号艇だった12R準優勝戦において+04のフライングを喫してしまう苦い出来事がありましたが、翌年のオー [続きを読む]
  • 宮島・若松・大村の優勝戦
  • 【宮島新東通信杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇山本隆幸が押し切り、今年4回目・宮島では3連続Vとなる4回目・通算38回目の優勝。【若松日本トーター杯MBP北九州MD開設11周年記念競走優勝戦】 12/5643の進入から節間6戦全勝の1号艇後藤正宗が押し切り、今年3回目・若松初・通算32回目の優勝にして完全V達成。【大村BTS松浦開設1周年記念優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇樋口亮(長崎支部)が21トップスタートの速攻を決 [続きを読む]
  • 浜名湖G3・桐生・戸田・平和島・蒲郡・常滑の優勝戦
  • 【浜名湖中日新聞・中日スポーツG3企業杯中日カップ優勝戦】 3号艇堤昇(静岡支部)がインに入った316/245の進入から08トップスタートの2号艇山室展弘がカド捲りを決めての1M山室先制攻撃で先頭に立ち、昨年10月尼崎スポーツニッポン杯争奪伊丹市施行63周年記念競走以来となる通算113回目の優勝。 ちなみに、浜名湖公式Facebookに表彰式インタビューのコメントが掲載されてます。【桐生新東通信杯MBP福島開場6周年記念優勝戦】  [続きを読む]
  • 須藤博倫がG2江戸川634杯MB大賞で凜々と花開くV
  •  G2江戸川634杯モーターボート大賞(特設サイト)は「東京支部vs全国選抜!」のサブタイトルで、東京支部2人と全国選抜4人が優出。 優勝戦は南西追い風10m波高10cmの上げ潮という絶好の差し水面になりますが、04トップスタートの2号艇三嶌誠司は捲りに行き、大きく流れて後方。 そして、1号艇須藤博倫は11スタートでやや後手だったものの捲りにつきあわず自分のターンをして先頭に立ち、博識と倫理の須藤博倫埼玉支部長は今年2 [続きを読む]
  • 児島・徳山・福岡の優勝戦
  • 【児島スカパー!JLC杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から3号艇益田啓司が捲り差しを決めて先頭に立ち、今年3回目・児島2回目・通算20回目の優勝。【徳山日本トーター杯争奪戦優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇中村亮太が18トップスタートの速攻を決めて、大村と平和島からの3節連続となる今年5回目・徳山初・通算21回目の優勝。【福岡カメリアライン杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇森永淳が11トップスタートも2号艇青木幸太 [続きを読む]
  • 大村と唐津の優勝戦
  • 【大村富士通フロンテック杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇市川哲也が5号艇徳増秀樹の捲り差しを振り切って先頭に立ち、前走地G3マスターズリーグ第3戦常滑レジェンドカップに続く今年2回目・大村3回目・通算91回目の優勝。【唐津サマーモーニングバトル〜ほぼ女子戦〜優勝戦】 女子4人と佐賀支部男子2人が優出した一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇峰竜太が押し切り、今年4回目・唐津では今年4月の前回日本財団会長杯GW特選 [続きを読む]
  • 丸亀サッポロビールカップで黒ラベルの星が優勝
  • 【丸亀サッポロビールカップ2017優勝戦】 枠なり2vs4の進入から2号艇星栄爾の差しが1号艇興津藍に届き、黒ラベルの星栄爾が2M内先行して先頭に立ち丸亀初・昨年6月唐津日刊スポーツカップ以来となる通算6回目の優勝。【三国マクール杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇白井英治が09トップスタートの速攻を決めて、白い白井英治が今年4回目・三国2回目・そして七夕前日に通算77回目の優勝。 [続きを読む]
  • 【黒柳の部屋】戸田日本財団会長賞優勝戦
  •  戸田日本財団会長賞優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇黒柳浩孝が2号艇山崎智也の捲りを軽くブロックしてそのまま押し切り、愛知支部90期4161黒柳浩孝は7度目の優出にしてデビュー初優勝を3日目2R2号艇2着以外全て1着の準完全Vで達成。 2002年5月に常滑でデビュー、同年6月に戸田(関東競艇専門紙記者クラブ杯競走4日目2R)で初1着を挙げてから約15年、遂に初優勝の水神祭を飾りました。 [続きを読む]
  • イースタン・ウエスタンのWヤング
  •  本日は9月に蒲郡で開催されるG1ヤングダービーの前哨戦、イースタン・ウエスタンヤングの最終日でした。【桐生G3イースタンヤング優勝戦】 オール近畿地区になった優勝戦は枠なり3vs3の進入から08トップスタートの4号艇片橋幸貴29歳がカド捲りに行くも2号艇今井美亜26歳に抵抗された分1号艇山崎郡27歳に届かず、山崎郡が逃げ込み体勢。 しかし3号艇遠藤エミ29歳の差しが迫って2M遠藤エミが押っつけにかかり、包んでかわした山 [続きを読む]
  • 浜名湖・びわこ・若松の優勝戦
  • 【浜名湖テレしずサマーカップ優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇菊地孝平(静岡支部)が16トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・浜名湖では3連続Vとなる16回目・通算53回目の優勝。【びわこスカパー!JLC杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇永田啓二が1M先行して逃げ込み体勢も2号艇中澤和志の差しが届き、舳先ねじ込んで2M内先行した中澤和志が先頭に立ち今年2回目・びわこ2回目・通算56回目の優勝。【若松資さん杯優勝 [続きを読む]
  • 平和島と尼崎の優勝戦
  • 【平和島日刊スポーツ旗優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇山下和彦に対し2号艇中村亮太と3号艇佐藤大介の差しが届いて三つ巴の先頭争いになり、2Mでは差しに構えた山下和彦と外握った中村亮太による一騎打ちに。 そして中村亮太が山下和彦の差し返しを振り切って先頭に立ち、前走地大村スポーツニッポン杯に続く今年4回目・平和島では2012年9月の前回楽天銀行杯爽秋のダッシュ島グランプリアウト屋の牙城に続く2回目 [続きを読む]
  • 前本泰和通算100回目の優勝達成
  • 【下関楽天銀行杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇前本泰和が03トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・下関V6・通算100回目の優勝。【徳山スポーツ報知杯争奪戦優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇大賀広幸(今節選手代表)が押し切り、5月の前回当地スポーツニッポン杯争奪戦に続く今年2回目・徳山18回目・通算78回目の優勝。【大村MBP長崎波佐見開設7周年記念優勝戦】 126/345の進入から1号艇妹尾忠幸が2号艇村上純の [続きを読む]
  • 【稲田防衛】ズバット参上!児島サンスポ杯
  •  児島ZBAT!サンケイスポーツ杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇稲田浩二(94期4290)が5号艇今井貴士(94期4287)の捲りを迎撃して張り飛ばしつつ6号艇芹澤克彦の捲り差しも振り切ってイン水域の防衛に成功し、前走地宮島ヤクルトカップに続く今年4回目・児島初・通算21回目の優勝。 今井貴士が2M内にズバッと切り返してからのスピードターンで芹澤克彦を逆転し、94期ワンツー。 [続きを読む]
  • 丸亀・三国・常滑・蒲郡・江戸川の優勝戦
  • 【丸亀楽天銀行杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から差しを決めた2号艇鈴木博が4号艇山口達也の2番差しを振り切って先頭に立ち、今年2回目・丸亀4回目・通算52回目の優勝。【三国G3企業杯スズキ・カープラザカップ優勝戦】 枠なり3vs3の進入から07スタートの1号艇奈須啓太に対して10スタートの2号艇萩原秀人が強捲りを敢行。 萩原秀人は大きくターン膨れたものの捲りきり、3号艇濱本優一の捲り差しと内で立て直した奈須啓太を締めて [続きを読む]
  • 唐津と浜名湖の優勝戦
  • 【唐津スポーツ報知杯優勝戦】 123/564の進入から1号艇市橋卓士が押し切り、今年2回目・唐津初・通算31回目の優勝。【浜名湖BOATBoycup優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇横澤剛治(静岡支部)が07トップスタートの速攻を決めて、浜名湖10回目・通算51回目の優勝。 [続きを読む]
  • 石野貴之が鳴門SG連覇
  •  鳴門開催のSGグランドチャンピオン優勝戦(特設サイト)は、昨年7月に開催された前回の鳴門SG(オーシャンカップ)の優出メンバーから3人が優出して鳴門オーシャンの再戦的なメンバーに。 そして、昨年優勝時は3号艇で今年は1号艇だった石野貴之が枠なり3vs3のインから押し切り、先月のオールスター福岡SG笹川賞に続く今年3回目・前回当地オーシャンCに続く鳴門3回目・SGV6となる通算47回目の優勝にして鳴門SG連覇達成。 ちな [続きを読む]