南十字☆ さん プロフィール

  •  
南十字☆さん: 南大阪 中学受験地図
ハンドル名南十字☆ さん
ブログタイトル南大阪 中学受験地図
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/southerncross1960/
サイト紹介文大阪中部・南部に特化した中学受験情報と、受験勉強のポイントなどを紹介します。コメントも大歓迎!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2005/12/04 00:30

南十字☆ さんのブログ記事

  • 富田林中学校 ブログで知ろう
  • 今春から中学校1年生をむかえた富田林中学校。こういった学校が登場することで、選択肢が増え、基本的には、よいことだと思います。(その分、悩みも増えますが...)ただ、学校の様子がわからない。 「私立の◯◯中学校は、比較的厳しくて…」 「私立◇◇中学校は、自由な雰囲気。クラブも盛んだけど勉強になると...」私立の中学校であれば、ある程度、校風がもれ伝わってくるわけですが、今年から始まった富田林中学校はそうい [続きを読む]
  • 初めての五ッ木・駸々堂:直前編
  • いよいよ来週の日曜日に実施される今年度第2回の五ッ木・駸々堂試験。学校の勉強や塾の勉強をしながら、しっかりと予習をしておきたいところです。今日のエントリーでは、発表されているテスト範囲の中から、直前に、しっかり対応しておきたい単元・内容をピックアップしておきます。まず、以下がテストの範囲です。 国語 算数 理科 社会 l 随筆の読解 l 説明文の読解 l 漢字・語句 l 言葉のきまり [続きを読む]
  • 2020年 プログラミング教育も必修化?
  • 2020年が、教育環境の一台転換時期だということは、すでに、何度もお伝えしてきました。一番注目されているのは、大学入試を中心とした改革で、すでに大きな動きが始まっています。それに加えて、プログラミング教育の必修化が検討されることになりました。プログラミングというのは、コンピューターを目的に合わせて動かすための、一連の命令。それを子どもたちに学ばせようというわけです。このニュースについて、TechAcademy Ma [続きを読む]
  • 初めての五ッ木・駸々堂:算数編
  • 昨日に引き続き、今日は、算数のポイントです。算数のテストで実力をしっかり発揮するためには、自分の得点源となる問題を確実に解くことが必要です。五ッ木・駸々堂の算数の問題の場合、大まかに大問の1番から最終の問題にかけて、段階をおって難しくなっていますが、その途中にも、得点源となる問題が必ずあります。一見、難しそうに見えても、整理していくと、意外に簡単にと解けるような場合もありますので、問題をしっかり見 [続きを読む]
  • 初めての五ッ木・駸々堂:国語編
  • 近畿圏で最大規模の公開テストである、五ッ木・駸々堂の中学進学学力テストですが、GW開けの5月14日(日)に第2回テストが実施されます。すでに、第1回(3月実施)を受験した方もたくさんおられると思いますが、小学校6年生に進級されてから、初めて受験される方もあると思います。テストというものは、どうしても個性的になります。中学入試の場合は、学校がそれぞれにねらいを持って作成していますので、当然、個性が際立ってく [続きを読む]
  • 40÷5をどう解くか?
  • 最近、ツイッター上で話題になった、あるお父さんと息子さんのやり取りがありました。お父さんが「40÷5は?」と小学校1年生の息子さんに聞いたそう。すると息子さんの答えは... 「えっと、5+5が10でしょ?  4+4が8でしょ?  だから、答えは8」おそらく、この息子さんは九九をまだ学習していないはずです。 つまり、割り算の考え方だけを知って、問題を問いたものと思われます。私が参考にさせていただいた、yahooニュー [続きを読む]
  • 大学入試改革は、すでに始まっている
  • 2020年度を境に、大学入試は大きく変わります。すでに、ご存知のこととは思いますが、センター試験がなくなり、 「大学入学希望者学力評価テスト」が始まります。それだけではなく、小・中・高の教育内容も変わっていきますし、各大学が個別に実施する評価テスト受験後の「個別入試」についても大きな変更があります。今の子供達(中3以下の生徒さん)は、その保護者の方の誰ひとりとして経験したことのない、まったく新しい入試状 [続きを読む]
  • 女子中フェアに行ってきました
  • 4月30日に実施された「女子中フェア」に参加してきました。中学受験をする方はもちろん、検討されている方も、(次は来年になりますが)ぜひ、参加をおすすめします!これまで、毎年、都合がつかず、今回がはじめての参加でした。お昼過ぎにうかがったときには、ほとんどの学校で整理券が出ているようで、活気ある印象。普段の学校の説明会とは違って、多くの在校生が参加しておられることもあり、全体的ににぎやか。学校ごとの体 [続きを読む]
  • 入試イベントを申し込むには...
  • 多くの学校で実施されている入試イベントですが、最近は申込方法が変わってきていますから、注意が必要です。従来の方法としては…  》学校に電話をかける  》学校にFaxを送る  》塾を通じて申し込む  等の方法がありましたが、近年、ホームページから申し込む方法が増えてきました。それも、イベントのたびにホームページにポチポチと必要事項を書き込むのではなく、まず、「ユーザー登録」をしてしまう方法。すべての学 [続きを読む]
  • 清風南海 説明会等 イベント日程決定
  • 清風南海のホームページで、平成30年度の入試説明会・オープンスクールの実施日程、内容が発表になっています。詳細は、こちらから。なお、以下は、中学校関係を中心にしたイベント名称と日程です。最終的には、学校のホームページでご確認ください。================================文化芸術の日   9月2日(土)入試説明会・オープンスクール     第1回 9月23日(土・祝)      第2回 11月23日(木 [続きを読む]
  • 相談会 想定質問集 後編
  • 今日も、昨日に続いて、私学相談会での質問集を、過去記事を元にまとめてみました。参考になりましたら幸いです。今日の内容は、入試や勉強に関する質問集になります。 --------------------------------------------------------------------------------■勉強・入試に関して聞くとき--------------------------------------------------------------------------------  説明者は、実際に指導経験がある方のはずです。  [続きを読む]
  • 相談会 想定質問集 前編
  • 昨日のエントリーでも、私学相談会などにどんどん出席しましょうと勧めましたが、どんなことを聞けばいいのかわからない方も多いといった旨を書きました。当Blogでは、以前、「南大阪 中学受験地図版 『私学展の歩き方』質問編」というエントリーの中で、相談会でどんな質問をすればよいのか取り上げていますので、もう一度、それに加筆して、ご紹介したいと思います。少々長いので、前編・後編に分けました。今日は、まず、前編 [続きを読む]
  • 大阪私立中学校フェア 2017
  • 毎年恒例の大阪私立中学校高等学校連合会(中高連)主催の「大阪私立中学校フェア 2017」が以下の日程で実施されます。=======================大阪私立中学校フェア 2017=======================日時 平成29年5月21日(日)   午前10時〜午後4時30分(予定)場所 大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)   〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-51 TEL06-4803-5555(代)   3階イベントホール   入場無料 ===== [続きを読む]
  • 星光と城星の連携について
  • 昨年末には発表になっていましたが、今日、城星学園で「城星学園と大阪星光学院との連携協力に関する報告会」が実施されましたので、概要と感想を。まず、星光から、数名の先生が移籍され、教育内容の充実を目指して改革にあたっておられるなど、人事面で新しい情報がありました。理事長先生によると、厳しい状況にある女子校の状況を、星光学院の力を借りて立て直したいということです。そこであげられた改革の3大ポイントは以下 [続きを読む]
  • 学校の先生に会うこと
  • これまで、多くの生徒さん・保護者の方に進学指導をしてきました。まあ、「指導」というのはおこがましい。どちらかと言えば、進学のアドバイスです。これまで、アドバイスしてきた生徒さんのことを振り返ってみると、保護者の方は、「理由」「根拠」を求めて、納得して決断されますが、生徒さんは、どちらかと言えば「感覚」できめることが多いように思います。例えば、かなり前のことですが、大阪の目標校を受験する前に、他府県 [続きを読む]
  • 学校で習わない、塾で必要なこと
  • この春、あるいは2月ぐらいから、はじめての進学塾に通い始めた方もあるでしょう。4月も下旬にかかってきましたから、そろそろ、学習のペースもきちんと完成してきたのではありませんか。学校の指導と塾の指導は、内容についても、指導方法も、何かと違いが大きい。もちろん、学校も塾も違和感なく、それぞれに学習できている生徒さんもあると思いますが、違いを意識することで、塾での学習の効果を高めることができるように思いま [続きを読む]
  • 「本」がありません…
  • 先日のこと。久しぶりにゆっくり本をよむ機会があり、「そういえば、途中で中断していた本があったな...」と思い出しました。まず、探すのは本棚。自分で作った小さなもので、全部で50冊ほどしか入りません。そこを探すけれども見当たらない。もちろん、作者・書名も覚えていますし、確か文庫本だったような気が...でも、何度見てもないのです。本棚には、最近仕入れた本が並んでいます。あたらしく本を購入して、本棚にスペースが [続きを読む]
  • ほめるポイントも変わる?
  • 2020年度を一つのピークとして、教育の形が変わろうとしています。すでに、その変化は現れているわけですが、私達も、その変化を敏感に感じなければなりません。これは、ご家庭でお子さんたちを育てておられる保護者の方も同じです。特に、私達を含めた「大人」は、 誰ひとりとして、そういった教育環境で過ごしたことがありません。大げさではなく、自分の教育に対する常識や習慣といったものを、しっかり点検していくことが必要 [続きを読む]
  • 丁寧か、能率か
  • 授業をしているときに気を使うのが、板書を消すタイミング。知識のまとめや、考え方のポイントはもちろん、重要な図・公式など、もれなく写してほしい。おそらく、次の週テストや組分けテストまでに見直しをすることがあるでしょうし、もしかしたら、入試の直前に役立つかもしれない。そう考えると、なるべくきちんと写してほしい。でも、一方で、生徒さんがノートに板書している時間は、先生にとっては、待つだけの時間で、「教え [続きを読む]
  • 5月27日(土)は説明会の集中日?
  • 最近、各学校のホームページをチェックしていると気づいたのが、これ。5月27日土曜日に、説明が集中しています。学校行事の関係もあるのでしょうが、やはり、説明会や入試イベントの開催が、早まっているというのが大きな理由ではないでしょうか。当Blogで注目している主な学校で、5/27にイベントを実施するのは、以下の各校。なお、詳細は、リンクを貼っていますので、各学校のHPでご確認下さい。一部のイベントは、申し込みが [続きを読む]
  • NIEって? 新しい授業の形
  • いかがでしょう?ご存知ですか?「NIE」。実は、私も最近知りました。NIE=Newspaper in Educationということで、 学校などの授業の現場で新聞を教材として活用することだということです。以下のサイトに詳しく出ています。    「教育に新聞を」 ⇒NIEとはこちらには、NIE実践指定校が紹介されており、最新のものは2016年度のもの。大阪市立小学校や教育大附属池田中学校、清風中学校などが名前を連ねています。これを知ったの [続きを読む]
  • 帝泉 算数入試トライアルの概要
  • 先日、ご報告しました帝塚山学院泉ヶ丘の「算数入試トライアル」ですが、今日、概要を教えていただきました。イメージとしては、体験授業のようなかたちのようです。50分の間に、過去の入試問題から、代表的な問題を取り上げ、まず、生徒さんに解いてもらいます。その後、学校の先生が、その解法を解説されるとのことです。そのため、2問から3問程度に取り組むことになるようですが、詳細は未定のようです。場合によっては、入 [続きを読む]
  • コンピューターは難しい
  • おそらく、どんな先生でも、教え始めた頃に、自分の「理解」を「伝える」ことの難しさを感じるように思います。難問の解法にたどり着いたとしても、私達の仕事は、そこで理解した方法・考え方を、生徒さんに伝えなければならない。まさに、「わかっている」のと「わからせる」ことは違うのです。さて、現在、2020年度からの大学入試改革を軸に、入試のシステムだけではなく、広く、教育内容も含めた改革が始まっています。特に、最 [続きを読む]
  • ご存知ですか?この数字
  • このBlogを読んでいただいている方の中には、ご自身も中学受験をされた方があると思います。毎年、いろいろと変化をする中学受験状況。ご自身が受験されたときとは、大きく変化したなと実感されていることでしょう。 そこで、最新の入試状況を知るために、次のふたつの数字をご紹介しましょう。=============近畿の小6生のうち、約1割が中学受験をしています=============これは、小学校6年生の人数をもとにしたときの、今 [続きを読む]