とあるWEBマスター さん プロフィール

  •  
とあるWEBマスターさん: 明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ
ハンドル名とあるWEBマスター さん
ブログタイトル明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ
ブログURLhttp://wwwwweb.at.webry.info/
サイト紹介文渋谷のランチ日記から始まり今や美味しい食べ物とお酒を巡る毎日。 どんなお店なのか的確に伝えています
自由文始まりは渋谷でWEBマスターをやっていた頃のランチ日記。
転職して職場も家も品川方面へ変わり、飽くなき探求心で週末は美味しい食べ物とお酒を求めて右往左往。
人間の体は全身の細胞が約3ヶ月ほどで入れ替わるとか。
自分の体を作ってくれる食べ物・飲み物にはそれなりに拘って生きていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2005/12/05 00:56

とあるWEBマスター さんのブログ記事

  • DON BLANCO(夜)@新橋
  • 「DON BLANCO(ドンブランコ)」【新橋/メキシコ料理】急きょ司法試験時代の仲間と新橋で飲むことに。行きたい店リストからメキシコ料理屋をチョイス。小さな雑居ビルの3階に入っており、客は他に2組のみ。Facebookにあげると友人から以前一緒に行ったとのコメントが。自分では全く記憶になかったのだけれど、9年前にしっかりと記事を上げていた。さすがに10年以上続けていると記憶から忘れ去られている店も増えてくる。しかも [続きを読む]
  • 双葉寿司@沼津
  • 「双葉寿司(ふたばすし)」【沼津/鮨】漁港のある沼津で一番の味と評判の寿司屋へ。桜海老としらすが解禁された直後の時期だったけれど、残念ながら前日の天候が悪かったため水揚げされておらず。お勧めのネタをすべて握りで注文。太刀魚、さより、平目、帆立、〆鯖、コハダ、カツオ、赤イカ、かまトロ、鯛、鯵。 [続きを読む]
  • まるよし(夜)@市ヶ谷
  • 「まるよし」【市ヶ谷/和食】市ヶ谷から九段下方面に進んだ場所にある和食屋。ビルの2階にてこじんまりと営業している。早めの時間に伺ったところ、1階の看板には本日満席との張り紙が。通されたのは広めの小上がり。3卓あったが最後まで他の2卓は空いたままだったので気兼ねなく寛ぐことができた。基本的に予約客のみで対応をしているのかも。先附3種。春の味覚ほたるいかが嬉しい。 [続きを読む]
  • DA PAOLO@練馬
  • 「DA PAOLO(ダ・パオロ)」【練馬/ビール】イタリアのクラフトビアが飲める珍しい店へ飛び込みで。イタリアではクラフトビアの事をビッラ・アルティジャナーレ(職人のビール)と呼ぶらしい。店は小さ目でカウンター数席にテーブルが5卓ほど。まずはドラフト「フレア・ビアンカ」。ウンブリア州のホワイトエール。 [続きを読む]
  • 春風萬里@後楽園
  • 「春風萬里(しゅんぷうばんり)」【後楽園/居酒屋】後楽園のラクーア内にある和風居酒屋へ。昼から通しでやっているので使い勝手がよさそうだと思い訪問。小上がりがそれぞれ仕切られているので4人以下で使う場合は重宝できる。ちょうどランチタイム終了のタイミングで入店したので、グランドメニューから注文。桜鯛の造り。 [続きを読む]
  • ブラチョーラ@練馬
  • 「ブラチョーラ」【練馬/肉バル】休日に肉屋直営の炭火肉バルへ。昼から通しでやっているありがたいお店。1階はカウンター。通された2階はテーブル席。3階にも席がある模様。店内は狭いけれど隣が空席だったこともあってそれほど窮屈さは感じず。まずはハイボールを飲みながら白レバー、赤レバー、フォアグラのパテ。馬肉のカルパッチョ。 [続きを読む]
  • 新泉(夜)@神楽坂
  • 「新泉(しんせん)」【神楽坂/焼肉】和食と神戸牛の焼肉を提供する珍しいコンセプトのお店。前々職時代の上司に連れられての訪問。肉一本勝負か和食も交えたコースを選ぶことができる。普通ならアラカルト派だけれども、ここでは店のコンセプトに沿って和食入りのコースをチョイス。 [続きを読む]
  • れば屋(夜)@四谷
  • 「れば屋(ればや)」【四谷/焼き鳥】異業種交流飲み。幹事の方のチョイスにて四谷にある人気の焼鳥屋へ。小さな店でフロアは1階と地下に別れている。通されたのは地下のフロア。壁にはワインが並べられているが半分は店のロッカーや荷物置き場となっており、秘密基地のような趣き。 [続きを読む]
  • だあしゑんか(夜)@四谷
  • 「だあしゑんか」【四谷/チェコ料理】仕事仲間と四谷のチェコ料理屋へ。初めてのチェコ料理。ビール発祥の地なのでビールに合う食べ物が多いのだろうと期待しての訪問。1杯目はチェコのプルゼニで1842年に生まれたピルスナーの元祖「ピルスナー・ウルケル」。日本では珍しくドラフトでの提供。下面発酵なので日本人になじみやすい味わい。とはいえ炭酸は弱めで提供温度も冷やしすぎず、喉越しなどではなくきちんと舌で味わうこと [続きを読む]
  • 能登美(夜)@本郷
  • 「能登美(のとみ)」【本郷/居酒屋】土曜日に後楽園で所要を済ませた後に訪問。店自体は元々調べておいたが、15時開店という事で開店直後に訪問すれば問題ないと考えて飛び込みで。ところがほぼ開店同時にも拘らず既に客が2組ほど陣取っている。しかも、予約が詰まっているため18時までならとの制限付き。まずはカワハギの肝和えに炙ったのど黒。 [続きを読む]
  • ALOHIDDIN(夜)@日本橋
  • 「ALOHIDDIN(アロヒディン)」【日本橋/ウズベキスタン料理】暁星時代の仲間と4人で久しぶりの集まり。ペルー料理とトルコ料理は定期的に食べたくなるのだけれど、今回は少し変化球でウズベキスタン、トルコ、ロシア料理の店へ。八丁堀店と日本橋店の2店展開で訪れたのは日本橋。要予約メニューが多かったので、3品ほど事前にお願いしておいた。メニューでそれぞれどこの国の料理かがわかるようになっている。まずはトルコのエ [続きを読む]
  • おいしんぼ(夜)@神楽坂
  • 「おいしんぼ」【神楽坂/居酒屋】神楽坂らしい石畳の裏路地に佇む古民家居酒屋。暗闇坂宮下系列の居酒屋らしい。姉妹店は予約が取れなかったのでこちらの本店へ。通されたのは座敷席。親戚の家に通されたかのようなかしこまり過ぎない落ち着く雰囲気。色鮮やかな生麩田楽。 [続きを読む]
  • ひら井(夜)@銀座
  • 「ひら井(ひらい)」【銀座/鰻】知人に紹介された天然鰻が食べられるお店へ。銀座のかなり分かりにくい場所にあり、テーブル数隻にカウンターという小さな店構え。同じ銀座に穴子専門のひらいというお店があるものの全く関係ないらしい。花わさびの和え物 [続きを読む]
  • 源さん(夜)@新橋
  • 「源さん(げんさん)」【新橋/沖縄料理】沖縄料理屋で飲むという事で今回は新橋の源さんへ。沖縄料理屋を選ぶ基準は好きなメニューがあるかどうか。具体的にはナーベラーンブシー。欲をいえばドゥルワカシー。ドゥルワカシーがある店はそうそうないので、ナーベラーンブシーがあれば大概決まる。新橋の源さんはかなり年季の入った新橋らしい客層の店。通されたのは2階の座敷でテーブルは2卓。掘りごたつではないけれど、スペー [続きを読む]
  • ULTRA CHOP PLUS(夜)@麻布十番
  • 「ULTRA CHOP PLUS(ウルトラチョップ プリュ)」【麻布/ラム】NZ産の最高級ラムチョップが食べられるお店へ前職時代の仲間と。ラムや鴨は幸せを感じられる肉だと思うくらいに好きなジャンル。ラムを食べるのはこの店以来。あちらはアイスランド産だったけれど、この店はニュージーランド産。 [続きを読む]
  • 牛兵衛 草庵@水道橋
  • 「牛兵衛 草庵(ぎゅうべえ そうあん)」【水道橋/焼肉】久しぶりの焼肉。後楽園に用事があったので、昼から休憩なしで開いている、美味しい肉を食べられそうな店を探した結果、東京ドームホテルにある焼肉屋へ。チェーン店らしく比較的色々なところにあるらしい。ユッケ [続きを読む]
  • イワカムツカリ(夜)@恵比寿
  • 「イワカムツカリ」【恵比寿/居酒屋】前職時代のお取引先と恵比寿の和食屋さんへ。予約したのは2階奥のソファー席。深めのクッションなのでまったりと寛げる。素材にこだわっているそうで、肉はすべて無薬飼育(抗生物質、成長ホルモン無投与)、酒や調味料も人工添加物を利用していないものを選んでいるらしい。 [続きを読む]
  • Pais Vasco(夜)@銀座
  • 「Pais Vasco(パイスバスコ)」【銀座/バスク料理】2017年はバスク料理からスタート。チキテオという飲み歩き(晩酌)文化を持ち、タコなど豊富な魚介類を食材にするスペインは日本人にとって親近感が沸く国。その中で今回はバスク料理を食べに銀座まで。ここはミシュランのビブグルマン賞を受賞したお店。スペインといっても文化的にはかなり独立色が高く、歴史的には一つの国になっていてもおかしくない地域。寒い時期に1階の [続きを読む]
  • Amusement(夜)@渋谷
  • 「Amusement(アミューズメント)」【渋谷/バー】昨年、店長がノボさんからマツさんに替わり、新年のご挨拶を兼ねての訪問。すでに通い始めてから16年目に突入。店自体は37年目に突入。ここ以上に総合パフォーマンスの高い店には未だ出会ったことがない。この日は1階のみ貸切パーティーという事で数年ぶりに2階の席へと通される。お安くなっていたヴァイスから始めて、2杯目はローグのコーヒーが入っているという面白いIPA。 [続きを読む]
  • 日本酒原価酒蔵(夜)@錦糸町
  • 「日本酒原価酒蔵(にほんしゅげんかしゅぞう)」【錦糸町/日本酒】毎年恒例、司法試験受験時代の仲間4人で2016年の忘年会。場所は錦糸町ということで完全アウェイのため店選びは他のメンバーに委託。後から聞いたところかなり悩んだようで、結局いろんな日本酒が飲めるという店へ。元々は2015年4月に新橋にオープンしてかなり話題となっいた店だが、訪問するのは初めて。 [続きを読む]
  • 今半@池袋
  • 「今半(いまはん)」【池袋/和食】先日蹴られてしまった今半へリベンジ。2016年の訪問。すき焼きには珍しいヒレが入ったメニューがあったのでチョイス。会席仕立てのため、メインに入る前には大分お腹が膨れてしまったのが残念。最初から肉に集中すべきだった。縁起の良いものをあつめた前菜。 [続きを読む]
  • LA BISBOCCIA(夜)@広尾
  • 「LA BISBOCCIA(ビスボッチャ)」【広尾/イタリアン】イタリア国外におけるイタリア政府公認のレストランとして有名なお店。間口はそれほど目立たないけれど非常に奥行きがある。活気のある雰囲気で、多くのスタッフが外国人。細かいコミュニケーションは難しいけれど、食に貪欲であれば何とかなる。生ハムに柿 [続きを読む]
  • 美濃吉(夜)@池袋
  • 「美濃吉(みのきち)」【池袋/和食】池袋東武にて飛び込みで入った店。東武は鼎泰豐、天龍、チャンピオン、蟻月などが入る油断のならない場所。比較的空いていそうな最上階へ上がり、早めの時間という事もあってまずは今半を覗くが既に予約で満席。ということで、急きょとなりの美濃吉へ。三条大橋のたもとから290年続く京都の和食屋。通されたのは畳敷きのテーブル席。年齢層はもちろん高め。どれも日本酒に併せて楽しめる料理と [続きを読む]
  • 木ノ下(夜)@外苑前
  • 「木ノ下(きのした)」【外苑前/和食】冬らしくほっこりとしたものを食べようと南青山の隠れ家和食屋へ。当初のメンバーが急きょ欠席となるなか、代替メンバーに参戦してもらいいつの間にか5人で盛り上がる飲み会に。この場所での隠れ家の割には、比較的カジュアルな雰囲気の店で、意外と使い勝手の良い店。造り盛り合わせ [続きを読む]