サワダ さん プロフィール

  •  
サワダさん: 札幌の家庭教師 学びの森通信
ハンドル名サワダ さん
ブログタイトル札幌の家庭教師 学びの森通信
ブログURLhttp://sawayoshi.exblog.jp
サイト紹介文札幌でプロ家庭教師やってます。教育に関して日々思うこと、綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 14日(平均5.5回/週) - 参加 2005/12/08 04:17

サワダ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大人の都合
  • 授業態度はいつも真面目で、宿題もきとんとやってくれるのに、なかなか結果が出ずに苦しむ子がいます。一方で授業態度はいつも不真面目。宿題もかなりいい加減なやり方をしているのに、点数だけはそこそこ取ってくる子もいます。どちらが良いのか悪いのか、教える立場としては、判断が難しいところです。でも、「どちらが良いのか悪いのか」と考えること自体、実は子どもたちの個性を無視して、大人の都合でモノを見ているだけなの [続きを読む]
  • 結果は最後までわからない
  • タイムリーで見ていたわけではありませんが、先日の仙台育英ー大阪桐蔭の試合は劇的な幕切れだったようですね。まさに「勝負は最後までわからない」という良い例だと思います。勝った側にとっては「ラッキー!」といった感じですが、負けた側の気持ちを思うと、何とも言えない気持ちになりますね。自分の失敗をこの試合にたとえるのはおこがましい話ですが、実は私も大学受験において、似たような失敗をしています。順調に成績を上 [続きを読む]
  • あっという間の夏休み
  • 甲子園ではまだまだ熱戦が繰り広げられていますが、札幌の高校は今日が始業式だったところが多いようです。小学校と中学校はあと少しだけ休みが残っていますが、きっと今頃、宿題に追われている子供たちも多いかと思います。夏休み前に「夏休みは頑張るから!」と言っていた受験生のみなさん。夏休み前に「夏休みに苦手を克服する!」と張り切っていたみなさん。果たしてどれだけ頑張れたでしょうか?果たしてどれだけ克服できたで [続きを読む]
  • 人生いろいろ
  • 昨年の2月、過去の教え子からメールが届きました。「医学部を受験したいから数学を教えて欲しい」と。彼は高校を卒業後、アメリカの大学に入りました。その大学の卒業を機に、再び大学受験をする決心をしたそうです。帰国して間もなく、私に連絡をくれました。中高生の頃は、ちょっと生意気な所もあった彼ですが、帰国後の彼は、とても謙虚な好青年に変わっていました。きっと異国の地での生活を経て、精神的に成長したんだなと思 [続きを読む]
  • 何かいい方法
  • 授業の初めに30分ほどかけて、必ず小テストを行っています。教科は生徒の必要性に応じて多少異なりますが、主に漢字、英単語、基本計算、理社の暗記テストなどです。出来なかった問題は、次回の授業で再テストも行います。この再テストへの準備にどれだけ真剣に向き合えるかで、その生徒が今後伸びるか、伸び悩むかがある程度予測できます。「たかが小テスト」と思って、どこかで手を抜くか、「されど小テスト」と思って、常に満 [続きを読む]
  • うらやましい
  • インターナショナルスクールに通っている生徒と、なぜか不思議と縁があります。今も教え子に1人います。当然のことですが、彼女たちは英語がとても堪能。受験のための英語しか勉強してこなかった私からすると、ネイティブな発音が自然に出来る彼女たちの能力は、本当にうらやましい限りです。過去に受け持った生徒は、その英語を武器にして、私には到底入れそうにない、とある有名大学に合格しました。やっぱりうらやましい限りで [続きを読む]
  • 野球三昧の1日
  • 特にお盆休みを設けているわけではありませんが、今日はたまたま生徒のお休みが重なって、お正月以来の完全OFFの1日でした。といっても外はあいにくの雨。おまけにお盆とは思えない寒さだったので、外出する気にもなれず、朝からテレビで野球観戦をしながら、のんびりとした1日を過ごしました。午前中は甲子園の滝川西の応援。午後はプロ野球の中日ドラゴンズ(私がファン)の応援。夕方からはまた甲子園の北海の応援。夜はまたプ [続きを読む]
  • 勉強は長距離走
  • この仕事を長くやっていると、同じ生徒さんを長い期間に渡って担当させて頂くことが多いです。小学校高学年あたりから高校3年生まで、長い生徒は10年近く担当させて頂くこともあります。そういった経験を経て痛感したのは、勉強は短距離走ではなく、あくまで長距離走であるということ。どんなに優秀な生徒であっても、5年も6年もやる気を持続させることはまずありません。最初はやる気満々で頑張っていたとしても、どこかで必 [続きを読む]
  • 20年目に突入
  • 個人の家庭教師として活動し始めてから、ついに20年目に突入しました。最初の頃の教え子たちの多くは、もうお父さん、お母さんになっています。中学生・高校生の頃に私にいじめられていた(?)子供たちが、みな私より立派になって、子育てをしているのかと思うと、何だかとても感慨深いです。子供の頃、勉強が苦手だったり、宿題をやらずに私に叱られたりしていた子供たちも、大人になれば、皆それなりに立派に成長しています。な [続きを読む]
  • 20年目に突入
  • 個人の家庭教師として活動し始めてから、ついに20年目に突入しました。最初の頃の教え子たちの多くは、もうお父さん、お母さんになっています。中学生・高校生の頃に私にいじめられていた(?)子供たちが、みな私より立派になって、子育てをしているのかと思うと、何だかとても感慨深いです。子供の頃、勉強が苦手だったり、宿題をやらずに私に叱られたりしていた子供たちも、大人になれば、皆それなりに立派に成長しています。な [続きを読む]
  • 再開宣言!
  • どうも、本当に本当にお久しぶりです。昨年度は大学受験生5人(浪人生含む)、高校受験生3人、中学受験生2人と、私の家庭教師人生の中で最も忙しい年でした。実はその前の年も大学受験生が多かったため、私自身、授業の準備と日々の勉強でいっぱいいっぱいになってしまい、ほぼ2年もの間、このブログを放置しておりました。本当に申し訳ありません。その後遺症(?)かどうかはわかりませんが、今年度は少し時間に余裕が出来ました [続きを読む]
  • 過去の記事 …