oss102 さん プロフィール

  •  
oss102さん: いとしの花といとしのネコ
ハンドル名oss102 さん
ブログタイトルいとしの花といとしのネコ
ブログURLhttp://oss102.exblog.jp/
サイト紹介文70路が綴る、土地ゼロの極小庭園とねこ2匹との下町生活と、日々のエッセーなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2005/12/08 14:46

oss102 さんのブログ記事

  • 鶏肉
  •  鶏肉は安い。国産のバーゲンの鶏肉が、いつも冷凍庫に入っている。刺身コンニャクもよく食べるので、添加の味噌味の袋もある。昨夜は、冷凍したトマトとその味噌で煮込んだ。味見したらちょっと濃い味だったので、息子が飲み残していった、ノンカロリーサイダーを入れた。息子はこれでウイスキーを割る。糖質100mで02gとある。 サイダーやラムネは昔から苦手だった・・のどが詰まるような気がして。でもこんな風に使えるなら [続きを読む]
  • 戸締り
  •   昨夜TVニュースでチラとみたのですが、高層住宅の排水管をのぼって、ベランダからドロボーが侵入するとか。 エェッ!! あんな高層マンションにも?マンション住人のあなた・・高層階に住む人でも、ちゃんと夜や、お出掛けのときにベランダや窓のカギを掛けますか?私は面倒で網戸のまま出かけたり、寝てしまうのです。そうして「あぁ、外から覗かれる心配のない暮らしって、なんて快適なんだろう」・・と幸せ感がつのります。ネネ [続きを読む]
  • 今日の訪問朗読
  •  今日の朗読は私一人でした。いつもは2人を原則にしていますが、都合の悪い時は一人になります。 施設のお客様は、本好きでぜひ聞きたい・・というかたはごく少数。お部屋の掃除中に広間でTVでも見てて・・という合間の朗読ですから、40分、同じ声では飽きてしまう。20分ずつが丁度よい感じなんです。8月ですから、今アオバトで練習中の、野坂昭如作・戦争童話集より・お菓子の木を読みました。アオバトでは6人でセリフや文章 [続きを読む]
  • アーカイブした日
  • 今日はどこへも出かけず、ゆったりとPCに向かった。今日はなにを書こうか・・世の中お盆で新聞記事も戦争の記事がいっぱい。読売新聞の気流に載った記事は・・戦後兄が無事復員してきた。家族は喜んだが、兄はすぐに仲間と落ち合って自決すると云って出かけてしまった。だが、その日のうちに帰って来て「誰も来なかった・・」と。そこで初めて兄は目が覚めたと。みんな洗脳されていましたね。昨日のTVでも、北朝鮮の女性軍人が、 [続きを読む]
  • 買い物へ
  •  火曜日はウオークの日なのだが、お盆なので今週は木曜日もお休み。ペチュニアのカットした後には肥料を・・と思ったのにない。 近所の花やさんに売っているとは思ったが、ウオークしに大型スーパーへ行った。土日が国道は渋滞だったから、もうスーパーは空いているかな?・・と思ったが甘かった。若者年寄り外国人、まんべんなく来ている。お金がなかったので、スーパーで下ろそう・・と思ったのが間違いで10人も並んでいて、2 [続きを読む]
  • 日照か古土か・・・
  • 鉢からかなり手前に垂れ下がって徒長していたペチュニアを、思い切ってカットした。これが、普通ならまた9月半ばには3倍に盛り上がって咲くはずだ。もっと以前にカットした枝を挿していて、根がついたので7株ほど、マンションの中央花壇に植えた。日照・風通し抜群なので、気持ちよさそうに育っています。班長さんには電話してOKもらっています。^^日照が足りないからと、日陰に強い、平凡なインパチェンスを植えていた。そ [続きを読む]
  • 世の中お盆です
  •  今朝早めにスーパーへ行ったら、まぁ、結構な人が入っていました。焼き立てのパンは、どれも20円引き・・惣菜やさんには、寿司セットはもちろん、海苔もつけていない白いオムスビの山。ジンギスカンやおかずの多いときはこれがいい。どこへ出かけるにしても、迎えるにしてもバタバタしないようになっている。バァチャンがカートに大きめのエビフライ1ケースを載せて店員に聞いている。「このえび、この大きさのまんまかい? [続きを読む]
  • おふくろの味
  •  休暇をとったネネが食事係りを引き受けてくれて、私は楽をさせてもらっている。普段は買わないワインを4本買って、これはなになに・・それはなになに・・とネネの解説が入る。確かに「うまい!舌触りが違う」 ワインはみんな空けた。レギュラーサイズです。さらにビール・ウイスキーにソーダ割り・・と続いて一緒にプレバトなど見ながら話しこむ。これが私と息子だけだったら時間が持たないなぁ~息子はよく話してくれるほう [続きを読む]
  • 3人でボートへ
  •  サテ、息子は一日だけ家族のために空けてある。ネネの提案で運河のボートに乗ることにした。40分で市内の人は1200円。市外は1500円也。先日OSSの行事で小樽港内、夜、屋形船90分というのがあった。参加したかったが、バスよりも更に船酔いに弱い私。無念の涙を飲んで諦めた。参加した人に聞いたら、やはり大きなうねりがあって酔う人だったらどうかな・・と云っていたから、行かなくてよかったのだ。でもボートならいいの。 [続きを読む]
  • ほおずき
  • 送り主の息子が来るので、目立つところに置き、ほおずきを採るのを楽しみに待っていた。葉もピンとして袋は色づき上々である。ところが・・なんということでしょう!!袋を開くと、中には黒点だけ・・一番大きいのでも7ミリほどの青ざめた実が・・どうしたのだ!! なにが気にくわぬ!! ベランダの日が射すところへ朝晩移動していたというのに。 大体がほおずきは丈夫なものだ。日陰の空き家の裏庭にも毎年育っているのに。 [続きを読む]
  • 巾着と大根
  •  肉を炒めて野菜タップリ・・を毎日アレンジして繰り返している我が食卓。夏でもたまにはオデン風な煮物もよいのではないかと、2日ほど前、大鍋に煮込んでみた。大きいサイズの袋にたっぷり入った突きコンニャク。ひき肉と玉ねぎといれて、パンパンに膨らんだ。まだ、コンニャクがあまったので、ピリカラ炒りもした。冬と同じに、半分煮たところで新聞紙とアルミ箔の敷物で包む。ムレ過ぎになるかな〜いつも思うのだが、煮物は翌 [続きを読む]
  • ウオークでジンギスカン
  •  毎年恒例のジンギスカンパーテイがありました。台風がノロノロしているおかげで、こちらは快晴、ちょうどよくそよ風も吹いてバッチリでした。山を歩いて整備体操もしてから、さぁ始めます。 店側で用意する肉・野菜のほかに、自家製の朝もぎレタスやミニトマト・・浅漬け・枝豆・サクランボ・と盛りだくさんです。初めて知ったんですが。ジンギスカンはラム肉でしょ。でも安い値段の方は、豚肉を混ぜているんですって。 今 [続きを読む]
  • おばあちゃんの恋
  • 昨夜おもいつきでBSの「おばあちゃんの恋」という番組を見た。3人のおばあちゃんの恋物語。87才の和田京子さん 貸本屋で知り合った東大生。彼女が結核で寝込んでいるのを知って、手術をすすめる。4例目になる手術だが、先の3例はともに亡くなっている。手術には親族の承諾書がいる。娘の親も彼の親も大反対。籍を入れて夫となり手術をすることに。ようやく結核は治るが、まだまだ激しい動きはできない。医者のお墨付きをもら [続きを読む]
  • 8月バンザイ!!
  •  いくら高温のないこちらの夏といえども、ありがたいことに地元野菜がいきいきと安い。売り場から、野菜たちが「新鮮だよ買ってよ」と声をかけてくる。 ピーマンも一段とグリーンが濃い。みんなビニールハウスのものなはずなのに・・・やはり違う濃さだ。私の弱みはトマト。ネネは毎朝トマトジュースを飲むので、生トマトは食べない。私一人なのに、箱売りの安売りのトマトには抵抗ができない体質。まだ、大きなトマトの在庫があ [続きを読む]
  • 天狗の山から
  •   こんな海の波か流水に磨かれた丸い石を、天狗山の裾から運んできて石垣を作ったんですって。景気のよいときの、お金持ちが運ばせたそうです。昔は天狗山の裾まで海だったそうで。「エッ!! あんな山まで海だった??!!」ウオークのリーダーは、よく勉強をしてきて私たちに教えてくれます。今はこの石垣の上は、ライオンズマンションが建っています。余った石をもらって、道路をはさんだ家が家の土台を作ったそうで・・・ここはセ [続きを読む]
  • 障碍者の生活・・旅行
  •   続けて障碍者の本を読んだ。知らない世界を覗きたい私は、星野富弘から筋萎縮症の人たちの暮らしなど、以前からかなり読んでいる。 4才で交通事故で両腕を失った男性は、高校の英語の教師になりました。PCに大型テレビやプロジェクターをつなぎ、板書の代わりにして教えます。パンツを上げ下げしてお尻を拭くことはできませんが、それも短い棒を使ってほぼクリアしているようです。子供時代、友達と遊びたい彼は、やさしい友 [続きを読む]
  • 森はもう秋
  •  木曜日のウオークは5月〜10月までは、なえぼ公園。木曜日は語りの会と園芸で、1週しか空いていない。 久しぶりに同じマンションの男性の車に同乗させてもらって行ってきた。公園部分と登山道は別として、一切手を入れない原生林が続いているから、ここの空気は格別。何度聞いても忘れてしまうが、なんとかいう森林の放つ香気がすがすがしい。転倒して怪我をしていた仲間にも会えた。80才に近い人だが、元気印の筆頭の女性は、山道 [続きを読む]
  • 元気な高齢者
  •  凄いですね。73才から画家デビューして、いつも100号の大作を描いて、100才超えてニューヨークヘですって。この方の名前で検索すると沢山の絵が見られます。調べると113才で亡くなられたようです。外国にも子供時代の生活の様子を描いた、有名な農家のオバアチャン画家がいましたね。名前を忘れました。ヒントをいくつか入れても出てきません。**どなたかオシエテ先日、この方のブログへ行きましたら、温泉で出会った95才のオ [続きを読む]
  • サギ草が咲きました
  • 丸2年放置してあったサギ草を苦労して植え替えた。数えていないけど20粒くらいは植えたと思う。 芽を出して「あぁ、生きていた!」と喜んだが、10本以上は数センチの双葉の段階で根元が黒くなり、抜いた。今花芽を伸ばしているのは4本。すごく細い。弱々しい花茎だが、それでも咲いてくれた。うれしい! 黄土色の壁をバックにすると全然目立たないので、人工芝をバックに・・・球根になってから、肥料を上げてもムリ。今咲い [続きを読む]
  • ミニとまと
  •  苦心して手作りの鉢?を作り、高い培養土を入れ、先端がのびる支柱200円を2組買い、とまと専用の400円もする肥料とカラス除けのネットを買い・・・苗は接ぎ木の250円。これだけ投資したのに、私の背くらいになったので、芯を止め、なっているトマトを数えると全部で33ヶしかなっていない。ちゃんと脇芽も摘んだ。日に当たるように、回転する台に乗せて回していた。あぁ、それなのに・・・ 今朝の初採れ・・ブルーベリーの中に、チ [続きを読む]
  • 臓器移植
  •   小学校高学年向けの本。生まれつき1ヶの腎臓で、それが奇形で、母親の腎臓を貰った子。小学高学年で、心筋梗塞で倒れ、左冠動脈に生まれつきの異常があり、ドイツで1年半待機して手術を受けて、無事学校へ戻れた子の2例の話です。。日本では2010年「改正臓器移植法」が施行されてから、15才未満の子供の脳死移植もおこなわれるようになりました。この子は、それ以前のケースです。腎臓移植の子は25年後に、再び心臓手術 [続きを読む]
  • いわしのあぶら
  •  イワシが豊漁で4本237円。ベランダで網に入れて1日干した。木曜夜はネネの練習日で私は個食の日。いそいそとサヤエンドウと油揚げの味噌汁と、イワシ2本を焼く。夕食は二人で発泡酒を飲むことが多く、味噌汁を作らないことが多い。 たまに飲むと感激するくらいウマイ!グリルが汚れるのが嫌で、焼き魚はたいてい小さなフライパンにフタをして焼く。油も引かずに小さい火で焼くと、びっくりするぐらい油が出ている。イワシや鯖の [続きを読む]
  • 90才の母親  2
  •  元気でしっかりした母親も、やはりだんだん認知症になっていきます。新潟の山中で、民宿と農業と、友人を招いて、のんびり定年後を楽しもうとしていた双子の兄(今後サトシと書きます)も、不景気で民宿も思わしくなく、妻も難病のパーキンソン病になって車椅子生活。札幌に出てきて母親の後見人になって妻と二人の介護生活に入ります。母親の名義の貸しマンションもあり、後見人になるいきさつも兄との確執でスッタモンダ。新潟 [続きを読む]
  • 90才の母親
  •  息子3人の母親。90才になっている。長男は札幌でバブルのころマンションで儲け、母親もマンション暮らし。下の息子は双子でそれぞれ60代後半。新潟の山奥と熊谷市在住。バブルが弾けて、長男は母親の資産に手を出している。それを防ごうと双子兄弟は奮戦。お互いの利害もありややこしいのだが、この母親がたいそう元気なのだ。心臓にパイプを入れてからは元気を取り戻して、お洒落して出かける。一人暮らしの母親を、長男の魔の [続きを読む]
  • 運び屋
  •  月曜日、大型スーパーヘ行った。カートを引いて海へ向かって緩やかな下り。ダイソーなどやビバへの用事もあって、端から端へ・・発泡酒2箱配達頼んで、あとは食品。なんかとっても疲れて、カートが重く、どのくらいの重さか測ってみた。カートの重量は2・2キロで、買い物は4・4キロだった。6・6キロくらいで、こんなに疲れるのか・・23度くらいの爽やかな風も吹くのに。歩数は8千余。翌日はウオーク。帰りに図書館に寄る [続きを読む]