mimikara さん プロフィール

  •  
mimikaraさん: プロも、研究機関も知らないスポーツ科学の真相
ハンドル名mimikara さん
ブログタイトルプロも、研究機関も知らないスポーツ科学の真相
ブログURLhttp://ameblo.jp/mimikara562
サイト紹介文真実のスポーツ科学って知ってます?
自由文今の日本はプロでも「スポーツ偏差値」が低い人間ばかりです。
これで強くなるはずがありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2005/12/08 21:17

mimikara さんのブログ記事

  • ゴルフの物理を考えよう?
  • 以前読者とのやり取りで、「物理として考えた時、インパクトばかりでなくスイングプレーンの軌道上全て『フェイスはスクエア』になる」と言わせて頂いたら、「何馬鹿なこと言ってるんだ」と半ば逆ギレで会話が終了してしまった。真実には絶対辿り着かないゴルフ雑誌の情報を全て鵜呑みにしていると、自然界の真実が理解出来なくなる。人間の動態を全て物理にすると、スイングプレーン上全て『クラブフェイススクエア』が達成され [続きを読む]
  • 松山英樹プロのスイングメカニズムを一言で言うと
  • 松山英樹プロは、他の日本人プロゴルファーと違う「駆動物理」を持っている。簡単に言うと、松山英樹プロは自動車のタイヤ。他の日本人プロゴルファーは、車椅子の車輪。回転する見た目は全く変わらない。しかし、「駆動物理」と「駆動動態」が全く違う。その後の物理の結果が違うことは想像するに難くない。 物理の結果とは、松山英樹プロのインパクト前後10cmは、クラブフェイスがずっーとストレート。でも、他の日本人プロゴル [続きを読む]
  • 日本のゴルフの実態
  • 日本のゴルフは、現在のプロに任せていて大丈夫だろうか?答えは、否?である。プロだからと言ってプロフェショナルでは無いのだ。現在「ゴルフ学会」に所属しているが、プロゴルファーの言葉を否定出来ないレベルの低さを現出させてしまっている。本当は、プロゴルファーの科学的に解明出来ない「技術」を論破出来るような知識がなければならないのに、それを持ち合わせていない。精神論根性論をすぐに持ち出すプロゴルファーた [続きを読む]
  • 馬鹿?と言って差し支えないだろう。
  • 「熱量が足りない!」と馬鹿な日本人プロゴルファーが言う。熱量って化学だけど、あまりにも非科学だ。言葉悪いけど、「あんた!シャフトスパインの不具合って分かっているの?」それを知らないことが、熱量足りないよ?ボールが曲がってストロークを悪くするのが「熱量が足りない」んだろうな。本当はシャフトスパインの不具合なんだよ?馬鹿プロゴルファー? [続きを読む]
  • シャフトスパインに言及しない全米オープン中継
  • 誰一人シャフトスパインの不具合に言及しない全米オープンテレビ中継。その選手の技術が低いだけなら良いけど、シャフトスパインの不具合でボールを曲げた場合それを指摘してあげないと本当の解説にはならないだろ??その不明さを精神論で誤魔化してしまうことが苛立ってしまう。あんたたち?松山英樹くんのスイングを科学的に解説してみろよ!いつまでも間違った解説しか出来ないから日本人のメジャー優勝が無いんだよ!シャフ [続きを読む]
  • 全米オープンゴルフを観て
  • 今年も又「真実のゴルフスイング」を知らないで意味の無い言葉を電波にのせているテレビ関係者やゴルフ関係者がマイクの前で騒いでいる。大きくスコアを崩した日本人プロゴルファーに対しては労いの言葉しか言わない。「あんた!シャフトスパインの不具合も分からないでメジャー大会に出て来たの!」と罵詈雑言の一言くらい言ってやるべきなのに… [続きを読む]
  • 真実のゴルフスイングは、たった一つしか無い?
  • ゴルフスイングを動態としての行為として考えた場合100以上のやり方があって当然だと思う。しかし、クラブという物理の物体を一緒に考えた場合「たった一つ」しか存在しない?そうしないとクラブを持った人間のスイング解析に整合性が取れなくなってしまう。某大学で博士号を取ったゴルフ理論も、今まで出ては消えていった数多い理論も捨て去るべき時が来ている。まぁ、「理論」とは「人間の勝手な考え方」なのでその意味の無い存 [続きを読む]
  • シャフト性善説に溺れる日本のゴルフ界
  • シャフトは真っ当に撓る!と信じている日本人プロゴルファーやアマチュアゴルファー。だからクラフトマンの無知さも理解せず信じ込んでしまう。クラブのせいでボールが曲がるのに、それを信じられず。無駄な練習に人生の大事な時間を浪費してしまう。人生はそんなに長くないことを自覚しなければならないだろう。でも30歳くらいでシャフトスパインの不具合も分からず引退する愚行も止めて欲しい。 [続きを読む]
  • これが現実の日本ゴルフレベル
  • プロゴルファーのほとんどが、こんなスパインの状態で許可を出して実践で使用している現実がある。松山英樹くんも、私も、そんな不具合は絶対許さない。パターシャフトでこんな状態だと確実に数mmは外れてカップに入らないだろう。こんな現実を知らず、石川遼くんをバッシングする連中、松山英樹くんにコーチをつけないからメジャー獲り出来ない!と論調を繰り返すゴルフジャーナリスト。国内ゴルフツアーで韓国勢に後れをとる理 [続きを読む]
  • コリオリ
  • ゴルフクラブのフェイスをスイングプレーン上常時スクエアになる物理的方法論は、コリオリの力による作用によって実現出来る事を発見している。それを「ゴルフ学会」に提言しているが、理解出来る学会メンバーがいるのだろうか?精査能力の問題だろうけれど、松山英樹くんがクラブを何回も作り直させるその現実を理解出来なければ精査は出来ないだろう。 [続きを読む]
  • 沈滞、停滞する日本ゴルフの「戦犯」が確定出来ました!
  • 沈滞、停滞する日本ゴルフの「戦犯」を確定します?日本にゴルフが入ってきた100年以上前。そのゴルフをする舞台と道具とその方法論が入ってきたでしょう。問題は、その方法論です。ゴルフのメインの動きは「swing」。当時の通訳や翻訳家は必死になって欧米人からの英語を和訳したことでしょう。日本の国民性を考えると「swing」は「振る」でしか翻訳出来ない。それでなければ方法論の全部が理解出来ないのだ。ゴルフを教えに来た [続きを読む]
  • 人間におけるゴルフスイングはたった一つしか存在しない!
  • 今までの、知識が薄い考え方では、人それぞれのゴルフスイングが存在すると言われてきた。1億人いれば1億通り存在している?考えただけでぞっとする。辿り着けない人間が99.99%だ。但しそんな方法論が星の数程有ると、シャフトスパインの不具合に辿り着けないことになる。「4スタンス」の方法論がもし存在するならシャフトスパインの不具合に75%が到達出来ないことになってしまう。まさしくスポーツに於いて不必要な考え方だと言 [続きを読む]
  • PGA主導のゴルフレッスンは淘汰されるべき!
  • PGA主導のゴルフレッスンは、あまりにも嘘が多い。「捻転」という軸の存在を主題にした物理を方法論として採用しているのに、「ボールから目を離さずスイングしろ?」と人間の機能を要求している。都合の良い時だけ「物理」を主張して、その反面「人間の機能」を働かせようとしている。こんな滅茶苦茶な方法論を当たり前のように論じている。いつか神の罰が落ちるに違いない?その結果が、今回のマスターズの池田プロと谷原プロの [続きを読む]
  • 稀勢の里が言う「見えない力」は物理の力
  • 稀勢の里が煙に巻くような発言「見えない力」と言うしかなかった。これは科学の力で解明しなければならないが、日本人は「精神論」に落とし込みたいだろうが、それでは闇雲に練習を重ねなければならなくなる。先端意識の力で手先を力強く動かすと五体の物理に違反してしまう。そのすみわけをハッキリとさせないところが日本のスポーツ界に沈殿している。スポーツ新聞的には興味をひく状況だろうが、そんな曖昧さが学問を司る「学 [続きを読む]
  • 伝えなければならないこと
  • これがプロゴルファーのレベルの低い姿。これがプロゴルファーの会長職にいる日本の現実。「しなりが解れば…」とのコピーで、そのシャフトを撓らせている。シャフトの物体としての物理上、その撓りは「飛球線方向」に限定的に存在するものでは無い?シャフトの物理上、「真実の撓り」は360度の全方向のうち360分1にしか存在しない。それをわざと理解していないのか?無知なのか?平然と商品の広告塔になっている。多分シャフトス [続きを読む]
  • 現在のゴルフレッスンでは絶対分からないボディターン
  • 松山英樹プロ。ターゲットを見て素振りをしているわけでは無い。インパクト前の寸前の瞬間画像である。ボディターンは「体幹」の回転が先行する、その反動で両腕とクラブが下りてくるので目線はもうボール位置には無い。イチロー選手が「ボールを見てはいけない?」と言っている意味と同一である。現在のゴルフレッスンでは「絶対厳守の法律」のように「ボールを見続ける」ことを絶対条件にしている。頭部が上半身に「ネジ込み」 [続きを読む]