mimikara さん プロフィール

  •  
mimikaraさん: プロも、研究機関も知らないスポーツ科学の真相
ハンドル名mimikara さん
ブログタイトルプロも、研究機関も知らないスポーツ科学の真相
ブログURLhttp://ameblo.jp/mimikara562
サイト紹介文真実のスポーツ科学って知ってます?
自由文今の日本はプロでも「スポーツ偏差値」が低い人間ばかりです。
これで強くなるはずがありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2005/12/08 21:17

mimikara さんのブログ記事

  • これが現実の日本ゴルフレベル
  • プロゴルファーのほとんどが、こんなスパインの状態で許可を出して実践で使用している現実がある。松山英樹くんも、私も、そんな不具合は絶対許さない。パターシャフトでこんな状態だと確実に数mmは外れてカップに入らないだろう。こんな現実を知らず、石川遼くんをバッシングする連中、松山英樹くんにコーチをつけないからメジャー獲り出来ない!と論調を繰り返すゴルフジャーナリスト。国内ゴルフツアーで韓国勢に後れをとる理 [続きを読む]
  • コリオリ
  • ゴルフクラブのフェイスをスイングプレーン上常時スクエアになる物理的方法論は、コリオリの力による作用によって実現出来る事を発見している。それを「ゴルフ学会」に提言しているが、理解出来る学会メンバーがいるのだろうか?精査能力の問題だろうけれど、松山英樹くんがクラブを何回も作り直させるその現実を理解出来なければ精査は出来ないだろう。 [続きを読む]
  • 沈滞、停滞する日本ゴルフの「戦犯」が確定出来ました!
  • 沈滞、停滞する日本ゴルフの「戦犯」を確定します?日本にゴルフが入ってきた100年以上前。そのゴルフをする舞台と道具とその方法論が入ってきたでしょう。問題は、その方法論です。ゴルフのメインの動きは「swing」。当時の通訳や翻訳家は必死になって欧米人からの英語を和訳したことでしょう。日本の国民性を考えると「swing」は「振る」でしか翻訳出来ない。それでなければ方法論の全部が理解出来ないのだ。ゴルフを教えに来た [続きを読む]
  • 人間におけるゴルフスイングはたった一つしか存在しない!
  • 今までの、知識が薄い考え方では、人それぞれのゴルフスイングが存在すると言われてきた。1億人いれば1億通り存在している?考えただけでぞっとする。辿り着けない人間が99.99%だ。但しそんな方法論が星の数程有ると、シャフトスパインの不具合に辿り着けないことになる。「4スタンス」の方法論がもし存在するならシャフトスパインの不具合に75%が到達出来ないことになってしまう。まさしくスポーツに於いて不必要な考え方だと言 [続きを読む]
  • PGA主導のゴルフレッスンは淘汰されるべき!
  • PGA主導のゴルフレッスンは、あまりにも嘘が多い。「捻転」という軸の存在を主題にした物理を方法論として採用しているのに、「ボールから目を離さずスイングしろ?」と人間の機能を要求している。都合の良い時だけ「物理」を主張して、その反面「人間の機能」を働かせようとしている。こんな滅茶苦茶な方法論を当たり前のように論じている。いつか神の罰が落ちるに違いない?その結果が、今回のマスターズの池田プロと谷原プロの [続きを読む]
  • 稀勢の里が言う「見えない力」は物理の力
  • 稀勢の里が煙に巻くような発言「見えない力」と言うしかなかった。これは科学の力で解明しなければならないが、日本人は「精神論」に落とし込みたいだろうが、それでは闇雲に練習を重ねなければならなくなる。先端意識の力で手先を力強く動かすと五体の物理に違反してしまう。そのすみわけをハッキリとさせないところが日本のスポーツ界に沈殿している。スポーツ新聞的には興味をひく状況だろうが、そんな曖昧さが学問を司る「学 [続きを読む]
  • 伝えなければならないこと
  • これがプロゴルファーのレベルの低い姿。これがプロゴルファーの会長職にいる日本の現実。「しなりが解れば…」とのコピーで、そのシャフトを撓らせている。シャフトの物体としての物理上、その撓りは「飛球線方向」に限定的に存在するものでは無い?シャフトの物理上、「真実の撓り」は360度の全方向のうち360分1にしか存在しない。それをわざと理解していないのか?無知なのか?平然と商品の広告塔になっている。多分シャフトス [続きを読む]
  • 現在のゴルフレッスンでは絶対分からないボディターン
  • 松山英樹プロ。ターゲットを見て素振りをしているわけでは無い。インパクト前の寸前の瞬間画像である。ボディターンは「体幹」の回転が先行する、その反動で両腕とクラブが下りてくるので目線はもうボール位置には無い。イチロー選手が「ボールを見てはいけない?」と言っている意味と同一である。現在のゴルフレッスンでは「絶対厳守の法律」のように「ボールを見続ける」ことを絶対条件にしている。頭部が上半身に「ネジ込み」 [続きを読む]
  • ゴルフクラブのオークション
  • 数多く出品されてます。ゴルフクラブのオークション。「希少美品?」と謳って、「私には合わなかったけれど貴方には合うかもしれませんよ?」的な誘い文句だ。99%の確率でアイアン全てがスパインバラバラで、ヘッドだけがキラキラして美品さを醸し出している。日本人の99.9%の手打ち打法では絶対に気付かないアイアン全てがバラバラ状態だろう。本当にプロゴルファーでも気付かない「スパインバラバラ」を理解出来ないと「何故日 [続きを読む]
  • 筒香嘉智選手のマスコットバットの秘密
  • 情熱大陸で見せてくれた筒香嘉智選手の真実とは?イチロー選手のバットに信奉して何回もバット職人に理想のバットを注文し直している。サイト上では「1gに拘る」と表現しているが、ゴルフの松山英樹プロと一緒で、歪な振幅しかしないバットに対してアンチテーゼを訴えているだけなのだ。木製バットというのは、木目が存在していて、「左右対称」「点対称」に正確に削っても内部構造に均一にはならない。振った時の違和感は、真実 [続きを読む]
  • 真実のスイングをしている松山英樹プロと筒香嘉智選手(DeNA)
  • クラブに拘りを持っている松山英樹プロ。そしてバットに拘りを持っている筒香嘉智選手(DeNA)「俺たちはマッサージ機じゃないんだ?」と叫んでいるようだ。≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡メジャー優勝出来るプロゴルファーを養成します。それは先達の戯言では無く全て物理の法則を厳守すること?だって、法則は絶対間違いは無い??のですから。≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ [続きを読む]
  • 侍ジャパン4番筒香選手の2016シーズンの成績が疑問だった
  • プレミア12の時の筒香選手と2016シーズンの彼とは明らかに打球の伸びに変化があった。私には相当の疑問として残っていた。しかし、昨晩の「情熱大陸」で彼の姿を見て確信したものがあった。彼がバットを選ぶ時イチロー選手のバットに似たものでないと絶対に嫌だ?と言っていた。バットはゴルフクラブほどでは無いが、スパイン的異常が存在してしまう。プロの野球選手が使う木材製のバットは自然物ゆえの均一さが存在していない。 [続きを読む]
  • 体幹は鍛えない!
  • 体幹は鍛えるものでは無く、「体幹は使えばよい」のだ。この勘違いが「手打ちの概念」を分からないようにしている。だから、いくら「よいゴルフレッスン」だと人気が出ても「手打ちのレッスン」しか教えられない。いつまで経っても「手打ちの概念」を理解出来ないから「体幹を鍛える」ことになってしまうのだ。 [続きを読む]
  • 物理の法則5つほどを守りさえすれば
  • 物理の法則5つほどを守りさえすれば、松山英樹プロのスイングは出来る。実際私の考え方は全く入っていない。只地球上の絶対的物理の法則を遵守すれば、真実のゴルフスイングは出来てしまう。いたって当たり前の事実だ。≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡松山英樹プロor石川遼プロorタイガー・ウッズorローリーマキロイのスイングさてどのスイングにする?違うように見えても基本型は全て同じスイング。全て教えています。≡ [続きを読む]
  • 日本のプロゴルファーに薦める『清酒 獺祭』の生産プログラム
  • 今日本酒で一番売れているだろう『獺祭』をご存知だろうか!この日本酒の画期的な所は、「杜氏」が存在していないことだ。今までの日本酒造りは、「杜氏」の感覚だけに頼って生産性に難点があった。感覚はあまりにも不安定で職人気質な所が満載だった。『獺祭』はその点、「杜氏」の技術は参考にしたものの、その「杜氏」の技をデータ化して全てをシステム化してしまったことだ。何千人の「杜氏」の技をスーパーコンピューターで [続きを読む]
  • ゴルフ物理本位の勧め
  • ゴルフは、物理本位でなければ、それ以降の考え方に矛盾が生じてしまう。現在の日本のプロゴルフは「人間本位」にしか考えていない。人間本位に考えると、100人のゴルフスイングが100通り必要になってしまう。だから一向にゴルフスイングに決着が見られない。スイングが100通りや1000通り存在してしまうと、たった一つのスイングでしか理解出来ないクラブの物理違反が有耶無耶になってしまう。だからprofessionalだと偉ぶっている [続きを読む]
  • 松山英樹くんが「クラブに拘りがある!」その真相
  • 2年ほど昔松山英樹くん愛用のドライバーのシャフトが折れてしまいクラブの新調を余儀なくされた。クラフトマンが松山英樹くんの意見を訊きつつ新しいドライバーを製作したが、松山英樹くんはなかなか満足せずクラフトマンに数十回も造り直させた話はマスコミにも取り上げられ有名になった。外野の反応は、松山英樹くんのクラブに対する拘りを検証も出来ず漠然と「凄い?」を発するだけだ。理科系の科学者たちがその詳細を明らかに [続きを読む]
  • 都合が良い時だけ「物理依存」する日本のゴルフ業界
  • 日本のゴルフ業界は勝手なものだ。都合が良い時だけ物理依存している。ゴルフクラブの100%は物理をベースにしてその製作をしている。それが無ければ試合で使いものにならなくなってしまう。新商品のドライバーやアイアンを販売する時も「物理性」を全面に出して売り出し始める。いかにゴルフクラブにとって「物理」が大事なのか!疑う余地が無い。しかし、クラブを持った人間の割合をみるとクラブが5%前後、人体が95%を占める構造 [続きを読む]