まこっちゃ さん プロフィール

  •  
まこっちゃさん: 考えすぎ
ハンドル名まこっちゃ さん
ブログタイトル考えすぎ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bursted-dam/
サイト紹介文考えすぎて答えが出ない、問い続ける日常。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2005/12/11 15:32

まこっちゃ さんのブログ記事

  • 逆さメガネ
  • 欲しいものを何でも書いていいらしい。書くのは自由。でも、当たったら本当にうれしい・・・。一度でいいから、逆さメガネを体験してみたい。手に入るのならそれに越したことはない。(ほぼ日刊イトイ新聞ではこんなふうに紹介されていました。)今回、投稿するにあたって検索してみたら、・・・なんとAmazonで販売してました。これ普通に売ってるんだ!すごい!どこかの研究室に行って体験させてもらうしかないものだと思い込んで [続きを読む]
  • 「わたし」とは、
  • 「わたし」とは、「わたしが属している世界」の入力器官のことである。つまり、有り体に言えば「わたし」は世界の?目?である。ブログをまとめてみる > [続きを読む]
  • 「人の目なんか気にしていない」と嘯きながら
  • 「人の目なんか気にしていない」と嘯きながらじつは、とても気にしていた。じつは気になっている、ということさえも意識できなくなるくらい、いつの間にか、気になっていたんだ。それでも「人の目なんか気にしていない」と思い込み続け、いまでも「人の目なんか気にしていない」と言い続けている。ブログをまとめてみる > [続きを読む]
  • 自己言及性を排除しよう
  • 自己言及性を排除しよう・・・だなんて、考えるのもバカバカしい!人間がこの世界を研究し記述していることそれ自体が、そもそも自己言及なのだから。人間は、この世界の一部だ。人間がこの世界について述べていることは、この世界がこの世界について述べているに等しい。つまり自己言及そのものだ。もし、それが自己言及でないというのなら、それは、人間はこの世界の一部ではない、と言っているようなものだ。実際そのような価値 [続きを読む]
  • 全体と部分が一対一に対応するような世界を
  • 全体と部分が一対一に対応するような世界を私たちは持っている。自然数とか、整数とか、黄金比やフィボナッチ数列とか、フラクタル図形とか。ある人の皮膚の細胞が持つDNAには、その人全体のすべての細胞とその構成についての情報が含まれているというし、量子力学も宇宙物理学もとてもよく似ている。自己言及のパラドクスが生じるのは、記述と概念を一対一に対応させようとするからだ。部分を観察することによって全体が見えてく [続きを読む]
  • 約束が成り立つのは、
  • 約束が成り立つのは、約束した者と約束された者の双方が、その約束を果たそうとする意志と意欲を持ち続ける時であり、またその間だけである。約束されたからといって、そのまま事実になるわけではない。約束するのもされるのも同じ人間だ。約束は事実とは違う。空に必ず太陽が昇るのとは訳が違うのだ。約束したことが、いつ、事実でなくなってしまわないとも限らない。約束された者も、その約束が果たされることを望むなら、それ相 [続きを読む]
  • 相手のあることだから
  • 相手のあることだから悩みも尽きない。相手が初めから無かったらただ淡々と過ごしていたに違いない。そのことにも気がつかないまま過ぎていたに違いない。ブログをまとめてみる > [続きを読む]
  • 人はパンのみで生きるのではない、
  • 人はパンのみで生きるのではない、と、かつて、イエスは語ったそうだ。史実か妄想かわからないけど、ちょっとした言葉や、何気ない一言がその人のその後を支えていることは確かだと思う。一発屋のどこがいけない?そもそも人生が一度きりだ。たまたまで何が悪い?すべてが予期した通りの世界で、いったいどこが楽しい??一度きりだ。その心に焼き付けていきましょう。すべてを引き受けながら、刻一刻と進む。ブログをまとめてみる [続きを読む]
  • 223の歯を持つ車輪は、
  • 223の歯を持つ車輪は、行き場を失っていた。弾き飛ばされ、押しのけられ、躓きながらそれでも、一本も欠けることなく223の歯を保ち続けた。オーパーツだって?そんなもの知らない。どうでもいい。アンティキティラ島が何だ?ただの島の名前じゃないか。解説なんて、もううんざりだ!私は、世界と噛み合いたいだけなんだ。噛み合わなければ始まらないんだ!・・・噛み合った。その刹那、もう「私」は居なかった。世界と同化した「そ [続きを読む]
  • 今朝の泥だんゴケ。
  • 今朝の泥だんゴケ。3/4くらいがコケに覆われました。一体化してきていい感じ。生きてます。ブログをまとめてみる > [続きを読む]
  • もともと
  • もともとすべては、ひとつながりの世界だった。分けられないし、数えられもしない。けれども世界のままでは世界の姿はわからない。世界の姿を知るには、世界を離れた「視点」が必要だった。少しだけ切り離され、産声を上げて私たちは生まれてきた。世界を視て記憶し伝え遺してまた、ひとつながりの世界に還っていく。失うものなど何ひとつないのだ。もともとすべては、ひとつながりで分けられないし、数えられもしないのだから。ブ [続きを読む]
  • 根拠なんて要らない。
  • 根拠なんて要らない。必要なのは、ほんの少しの勇気と、大きな確信。始まりは、いつも限りなくプライベートなことから。ブログをまとめてみる > [続きを読む]
  • 私の原動力は、
  • 私の原動力は、怒りだったらしい。納得できないことへの怒り。理不尽なことに対する怒り。無理解への怒り。世界への怒り。人生への怒り。自分に対する怒り。これらの怒りは、ひとことで言えば理想と現実のギャップに対する怒りだ。苦しみや悲しみに裏打ちされた反動的エネルギー。しかし、気をつけなければいけない。感情的になりすぎて、我を見失ってはいけないのだ。それが私の最大の弱点。不動明王が、私の中で久しぶりに目を覚 [続きを読む]
  • 自分の人生を本気で生きるつもりなら、
  • 自分の人生を本気で生きるつもりなら、なりふり構ってなんかいられない。つぎはぎだらけでも借り物の姿でもどんな時も、そのままで生きるしかない。どんなに素晴らしい?いま?も、過ぎてしまえば膨大な記憶の一つでしかない。いまは、いまだけだ。これまでも、これからも。これまでの?いま?を過去と呼ぼう。これからの?いま?を未来と名付けよう。過去が大切なのは、それがかつて?いま?だったから。その記憶が、?いま?を大 [続きを読む]
  • 不確かな中を進む。
  • 不確かな中を進む。まだ終わっていないけど、そう長くは続かないこともわかっている。だから、真剣になれる。?いま?を鮮烈に感じながら生きていける。限りある残りを大切にしていける。ブログをまとめてみる > [続きを読む]