amen さん プロフィール

  •  
amenさん: 「私は本を買って読む」+「ただいま世界一周旅行中」
ハンドル名amen さん
ブログタイトル「私は本を買って読む」+「ただいま世界一周旅行中」
ブログURLhttp://www.amanosaizo.com
サイト紹介文43歳独身オヤジ、2009年11月から半年、ビジネスクラスで世界一周中。非バックパッカー。1日の宿予算US$50
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2005/12/17 10:50

amen さんのブログ記事

  • 矢吹晋「文化大革命」感想。現代中国史。2017年06月13日読了。
  • 毛沢東が主導し、1966年から1976年まで続いた中国の文化大革命。それを、現代中国を研究している著者が1989年に振り返った本。Amazon先生のレコメンドサービスで表示されたので、そのまま古本で購入。読む前は、文化大革命を全体的に説明した本なのかと思っていたがそうではなく、文化大革命がどういう事態だったのかそのあらましを知っている人に向け、詳しい分析を行っている本だった。私が読むには早すぎた。もっと初心者向けの [続きを読む]
  • 坂本勉「トルコ民族主義」感想。トルコ民族史。2017年06月02日読了。
  • 現代トルコはどのようにして形成されていったのか。本書ではそのルーツを言語、文化を中心に遡り、オスマントルコ(1299-1922年)ができる遥か前、中国の古文書に出てくる文言を参照し、現在のモンゴルあたりに住んでいた5世紀末のテュルク系民族「鉄勒」(てつろく)に祖を発し、そのテュルク系民族は中央ユーラシアに進出し「突厥」(とっけつ)となり、西暦1000年頃にイラン(セルジューク朝)、現在のトルコ・アナトリア地方に [続きを読む]
  • 松本仁一「空はアフリカ色」感想。エッセイ。2017年05月20日読了。
  • 朝日新聞ナイロビ支局長だった著者のアフリカ暮らしエッセイ。1987年に出版された。30年前の本なので、現在とは異なるアフリカが書かかれている。タンザニアとケニアは、1977年から1983年まで国境が閉鎖されていた。→昔は仲が悪かったんだ。ウガンダでは1972年にアミン大統領が「神のお告げ」という理由でインド人を全員追放した。→インド人は商売がうまいもんね。ナイロビ郊外クワンガレの平均月収は7‐8000円。→30年前にそん [続きを読む]
  • アクセスカウンター41万突破に感謝。
  • トップに設置している忍者Toolsアクセスカウンターが40万を突破しました。お読み下さっている皆様に感謝です。2005年12月15日 ブログ始める2006年11月23日 アクセス01万突破 (344日) 一日平均 292007年10月09日 アクセス02万突破 (321日) 一日平均 312008年06月21日 アクセス03万突破 (255日) 一日平均 392009年01月19日 アクセス04万突破 (212日) 一日平均 472009年05月28日 アクセス05万突破 (129日) 一日平均 772009 [続きを読む]
  • 米川正子「あやつられる難民」感想。いわゆる新書。2017年03月08日読了。
  • 著者の本は、米川正子「世界最悪の紛争「コンゴ」」2011年12月12日読了。7点 を読んだことがある。著者は神戸女学院卒業後、南アフリカのケープタウン大学大学院で国際関係の修士を取得し、その後ボランティアでカンボジア、リベリア、南アフリカ、ソマリア、タンザニア、ルワンダで活動。その後、国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)に11年勤務し、ルワンダ、ケニア、ザイールコンゴ(コンゴ民主共和国:通称DRC)で難民保護 [続きを読む]
  • 岩崎育夫「入門 東南アジア近現代史」感想。歴史。2017年03月04日読了。
  • 著者の本は岩崎育夫「アジアの国家史」2015年03月05日読了。10点満点 を読んだことがある。素晴らしい本だった。本書はタイトルの通り、東南アジア史に関する入門書。ASEANに加盟しているインドネシアシンガポールタイフィリピンマレーシアブルネイベトナムミャンマーラオスカンボジアの近現代史を簡潔にまとめた本である。本書も素晴らしい。16世紀頃にヨーロッパ諸国が進出する手前の時代から始まり、最初は貿易だったのがヨー [続きを読む]
  • 次回更新は3/3です
  • いま私は上下巻で読むのに1カ月かかった「ファスト&スロー」という本の感想を書いています。明日上巻を、明後日下巻の感想をアップします。それはそれとして告知です。Readyfor でクラウドファンディングをやっています。ご覧いただけると幸いです。みなさま宜しくお願いします。 [続きを読む]