osa さん プロフィール

  •  
osaさん: 起業の目
ハンドル名osa さん
ブログタイトル起業の目
ブログURLhttp://osakigyou.exblog.jp/
サイト紹介文起業コンサルタント、経営コンサルタントのアドバイスを掲載してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2006/01/06 15:55

osa さんのブログ記事

  • 赤字企業から抜け出すために起業を考える人
  •  起業を考えている人の中に、現在勤めている会社が赤字企業で先々行き詰ることが目に見ているので、早いうちに起業か転職をするか、悩んでいる人がいます。1年、2年の赤字ですと業績回復に向け、色んなことを挑戦しますから組織は前向きです。これが、3年以上に渡っての赤字となりますと、業績よりも会社全体がいかに運転資金を引き出すか、そちらばかりに関心が向きます。業務においても、新しい試みをするより、経費削減や応 [続きを読む]
  • AIにとって代わられる仕事の予測は大丈夫?
  •  米マッキンゼー・アンド・カンパニーと日本経済新聞が820の職種、2069業務の自動化動向をまとめ、ロボットが代替できる割合を数値化しています。  現在、人手不足が深刻して社会問題にまで発展しそうなトラックドライバーは、64.6%が将来はロボットに代わるとされています。飲食の調理は73%で、工場生産はほぼ80%以上、経営者も22%がなくなるようです。  このような数値はとても説得力があるので、トラッ [続きを読む]
  • 組織のリーダーを意識しない起業が失敗のもと
  •  起業することで、雇用した人たちを使う立場になったけれど、どうしたらよいのか判らない起業家がいます。開業準備の段階から、自分が率先して仕事をしているけれど、スタッフは手持ち無沙汰にしている光景を見かけます。  スタッフは雇用したら働いてくれるものと思い込んでいるけれど、実際には何をしたらよいのか、何を求められているのか判らないスタッフがよくいます。経営者が巧く仕事の目的や流れを説明しないと始まりま [続きを読む]
  • 人とのつながりを考えたビジネスの勧め
  •  熊本地震の発生から1年。当時、熊本の被災者に寄付しようと考えたけれど、日本赤十字やマスコミを通すのは止め、相手が見えるカタチでの寄付をしようとして大変苦労したことを思い出します。  誰も熊本に知っている人がいないため、寄付の送り先が決まらなかったのです。あれこれ知恵を絞って考えましたが、あれほど企業の工場が多い熊本市周辺に、知っている人や縁のある人が思いつかないのです。 以前、新聞社に勤めていた [続きを読む]
  • アベノミクスの歯車が逆回りを始めた兆候
  •  安倍内閣がスタートして5年目、日銀の大胆な金融緩和によりデフレ脱却と株価上昇を目指したアベノミクスですが、ここにきて金融緩和のマイナス作用が顕著になっています。 証券会社に勤める親族の一人は、このところ株式市場がすっかり精彩を失くして、売りも買いも身動きの取れない状態に入っていると嘆きます。日本の市場は下げ気配になると日銀が買い支え、下落を止めることで知られています。 その介入金額が、3月からこ [続きを読む]
  • ルールの曖昧な会社で働く人の身になって
  •  小企業に勤める社員の共通の不満に、社内ルールがしっかりしていないことを上げる人が多いです。経営者の言うことが、いつも自分の都合の良いように、コロコロと変わることへの指摘です。 わたしの知る中小企業でも、会社と社員との間に労働協約はあるけれど、その内容をきちんと認識している人のいない会社は多くあります。どうしても、社長からの指示がルールになってしまう会社です。 考えてみますと、何人もの人が関わる会 [続きを読む]
  • 訪問販売の時代は終わったと判断する前に
  •  訪問販売がピークだった90年代後半と現代を比較すると、売上高が今は半減しています。約1兆7千億円で、今も以前も化粧品、健康食品、清掃用具のベスト3品目は変わりません。 顧客から苦情が多いのもこの販売法の特色で、布団販売や貴金属買取など悪質業者が存在しているのも確か。それでも業界全体の売上高は、テレビ通販やカタログ販売よりも高い規模ですから驚きです。 一方、プラス材料としては日本社会の高齢化が急速 [続きを読む]
  • 起業するはずが資格試験に方向転換するのは
  •  以前から気になっていたことですが、起業準備をスタートさせると話していた人が、どこで方向転換をしたのか、資格試験に挑戦することが起業へのステップと考える人が意外と多いことです。 当初から資格を取得することで起業に向かう、ストーリーを描いているなら問題ありません。まったく予定にはなかったのに、どこで道が変わったのか判りませんが、全ての時間を資格試験のために使うような人が目立ちます。 資格を持っている [続きを読む]
  • 少女の殺人事件からPTAの在り方を考えるきっかけに
  •  千葉県松戸市に住む小学3年生のベトナム人少女が殺害され、通っていた小学校の保護者会会長を務めた男が逮捕された事件。ショッキングな事件は多いけれど、これほど悪質な事件はないです まだ詳細は判らないので下手なことは言えませんが、男のDNAが事件の遺留品と同じと言うことで、ほぼ犯人としてはまちがいなさそうです。今は黙秘をしているようですが、詳細は今後の報道を待つしかないです。 気になるは悪質事件の容疑 [続きを読む]
  • 新店舗には新たなポリシーとサービスが欠かせない
  •  リーマンショックや大震災の発生以降、企業が生き延びるためなら何でも許される状態が、この国では続いてきたように思います。ブラック企業に対する警戒感が強くなっていますが、これは正常化への撒き戻しと思われます。 特に、居酒屋業界においては24時間営業の磯丸水産の急激な成功もあって、再び終日営業を続ける店に注目が集まっています。朝から酒を飲ませる店も、最近は増えて高い利益を上げています。 日本では、朝か [続きを読む]
  • どうも日本を巡る経済はおかしくなってる気がします
  •  東芝は16年12月期の決算発表をこれまで2度延期して、3度目でやっと発表しました。監査法人による決算が適正であるとのお墨付きはなし、債務超過額も2256億円に上るボロボロの決算です。 今後は、東芝の株式上場が適正であるかどうか問われますし、銀行の支援が継続されるかどうかによっては、倒産問題も浮上する気配です。大手企業は倒産しないとする神話も、拓銀、山一に続いて日本航空のケースもあり、ないとは言え [続きを読む]
  • 社長に見切りをつけたことが起業の動機
  •  起業の動機で意外に多いのが、それまで働いていた現場勤めから、本社の管理職に昇格するタイミングです。現場仕事の面白さは、本社で机にばかり向かっている人には判りません。 先日、建設資材会社で管理職をしている人から、2年後を目途に起業する準備のための相談を受けました。彼の起業のキッカケとなったのは、勤めている会社の社長の一言。 現在、都内の建設会社は人手不足が深刻で、工事の完工期日までに終らせるため四 [続きを読む]
  • 起業探しで悩む人にこれまでにない手法を提案
  •  わが国では、元々起業する人が少なく、また起業したとしても長続きしないジレンマがあります。 総人口に対し会社数が多いため市場競争が激しいです。今は経済の活力が弱いので、赤字会社であっても補助金や金融機関の救済によって、経営を続けています。倒産が減少している反面、廃業する会社が増加してます。 健全な経済のためには、起業によって会社が増える一方で、経営不振の会社は市場から退場することで経済の活力を取り [続きを読む]
  • 戦後3番目の好景気の何がめでたい?
  •  日本経済は現在、戦後3番目に長い好景気の真っ最中と内閣府が発表しましたが、あなたは本気にできます? 酷くタチの悪い冗談を聞いているようで、尻がくすぐったく感じるのはわたしだけでしょうか。 2012年12月から17年2月まで4年3カ月の好景気です。ただ、過去の長期に渡る好景気ランクを見ていますと、わたしはとても不安になってくるのですが、何故か判りますか。 これまでで一番長かった好景気は、02年2月 [続きを読む]
  • チームワークのよい会社が1年ももたないで
  •  たいへん残念なことですが、以前設立して1年ほどで自主解散した会社がありました。わたしの住む地域の会社で、バイオ技術を駆使し、新たな生活用品を開発する目的で設立したベンチャー企業です。 地元の大学の先生を顧問に卒業生の起業家が、優秀でやる気のあるスタッフ3人を揃えた、とても期待された会社でした。わたしは、開業当初に1度だけアドバイスを求められたことがあります。 行き詰まりが感じられる会社に対し、わ [続きを読む]
  • 開業する前の引出しづくりの勧め
  •  起業してお店開業をすると言うことは、お客さんから見ると業種の専門家のところで買い物をすること。そこで問われるのは開業する業種での引出し。専門家となりますと誰もが、それなりに色々な引出しをもっています。 もしコーヒー豆を販売するなら、その種類、産地、味、価格、飲んでの効用、世界的な人気度、日本での売れ行きなど、緻密に調べておいて自分の頭の中の引出しに納めておきます。 お客さんから聞かれたときには、 [続きを読む]
  • 話題のサイコパスと企業経営者との間
  •  最近、「サイコパス」が話題になっています。一つには、中野信子さんの同名の著書がベストセーラーになっていること。もう一つには、米国大統領ドナルド・トランプさんのキャラクターが影響していると思います。 今から26年前、「羊たちの沈黙」という映画が公開され、日本では初めてサイコパスが広がりました。当時は、凶悪な変質者が連続殺人を犯すイメージばかりが先行して、特別な性癖の人と理解することが多かったです。 [続きを読む]
  • 真剣に営業を考える人のためのヒント
  •  一年に何度か、封書やはがきで手書きの便りを貰うことがあります。文章の内容が、こちらに依頼事をする内容であっても、悪い気はしないものです。  わたしは、営業での最も強力なツールは、直筆の手紙と信じている一人です。特に口下手な人は、上手く話そうとあれこれ悩むより、気持ちのこもった文章を手紙で送るほうが、相手に気持ちは確実に伝わります。 起業においても、誰もが想像している以上に、多くの人から協力を得る [続きを読む]
  • 29年年度初めには新たな取り組みを
  •  4月3日は29年度の年度初め。今年入社する新入社員は今日が初出勤で入社式を経験しているのでは。昔、初々しく出社した日を思い出している人も多いと思います。 このような気持ちが改まる時には、フツフツとした自分のやる気を活用して、新たなことに取り組むよいタイミングです。初心に帰って、リセットすることを考えてみては? わたしがお勧めするのは、ご自分がこれから一年かけて取り組める課題探しをして、その課題の [続きを読む]
  • 会社勤めをしている今から考えるキャリア形成
  •  「わたしの場合、今の会社の将来性や老後の年金受給額を考えると、起業するしかないと思うのですが、これまでまったく準備をしていないので悩んでいます」 わが国では40代以上の人の場合、学校をでて会社勤めを始めてから、キャリア形成に関してはほとんど起業を意識しないできました。一生の自分の生活を支える職業のはずのキャリア意識さえもっていない人がいます。 この世代の多くの人は、階層的キャリアとか専門的キャリ [続きを読む]
  • 隙間ビジネスで起業するためには
  • 個人が起業する場合、多くの人が参入をイメージする市場は、まだ競争が激しくない隙間市場における開業を考えます。準備不足で市場の状況をよく認識していない人は、競合店を真似しますのでこれは別物です。  リーマンショック以後では、旅行会社の倒産で最大といわれる「てるみくらぶ」の場合も、格安旅行チケットの販売という当時の隙間ビジネスではじめた事業です。 今から19年前の1998年が創業です。当時、世界の航空 [続きを読む]
  • ウソの見出しが幅を利かす時代での起業 
  •  「日本人がいかに素晴らしいか・・」 東日本大震災以降なのか、安倍内閣が発足してからか、この種のテーマの書籍や雑誌が増えています。「日本の官僚は世界で最も優秀」なんてこともいわれました。 世界のグローバル化が進んで、世界各国の仕組みや社会がよく見えてくると、決して日本人だけが素晴らしいわけではないことが分かってきます。部分的には優れていても、他では最悪のケースがいくらでもあります。 IT技術に関し [続きを読む]
  • 雇用のない労働社会がますます広がると
  •  政府は働き方改革を進めていて、長時間労働是正と非正規の処遇改善に力を入れています。世界の労働基準から遅れている日本政府が、それ以上に遅れている企業の雇用慣行にメスを入れようとする、遅いモノ比べの感ががあります。 今年度も、業績の順調な大手企業は大量に新卒者を採用しています。この人たちの中で、何人が定年退職時まで在籍していれるのか、考えたことがあるでしょうか? 大手小売り、電機メーカー、銀行などは [続きを読む]
  • 誰もが経験する昨日のことを今日忘れる現実
  •  起業準備のためのコツは、ギリギリまで勤めている会社を辞めず、収入を確保しながら準備を進めるのが、最新の起業での重要なポイントです。ところが、憂いを断つため会社を辞め準備に専念する人がたまにいます。 人間の頭は、そんな短期間に社員脳から経営者脳に切り替われるものではありません。どうしても経営判断において、社員だったときの発想が顔を出し失敗するケースが多いです。 現代は、起業準備に最適なネット環境が [続きを読む]
  • 役人による忖度とビジネスで使う社会脳の忖度
  •  この時期は、高校や大学を卒業してビジネス社会に飛び出す人が大勢生まれる季節です。既にビジネス社会に出て、長いこと経験を積んだ人は忘れているかも知れませんが、会社や役所に初めて勤めるときは不安が一杯だったと思います。 この時に必要とされるのが社会脳です。それまで10年以上に渡って鍛えてきた学校脳から、新たな社会脳に頭のスイッチを切り替える必要があります。この切り替えが巧くいかなかった人が、その後の [続きを読む]