plantplanet さん プロフィール

  •  
plantplanetさん: 緑の惑星ー植物アートを中心に綴る雑記帳
ハンドル名plantplanet さん
ブログタイトル緑の惑星ー植物アートを中心に綴る雑記帳
ブログURLhttp://plantplanet.blog67.fc2.com/
サイト紹介文植物のあるシーンをイラストレーターの眼で切り取りました。写真的&研究的&お気楽ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2006/01/13 21:28

plantplanet さんのブログ記事

  • ぎをんの夏
  • 中学の修学旅行、大学受験、卒制の素材探し、娘の転居など、多分20数回訪れている「京都」ですが、暗に、桜・紅葉・祭シーズンは避けていました。それなのに、友人の書の個展見学に合わせて旅行を計画したら、もれなく人生初の祇園祭もついてきました。7月17日、京都駅から直行し、祇園祭「山鉾巡行」前祭りへ。動く美術館のような23の山&鉾が、コンチキチンの音と共に、朝9時から四条通り→河原町通り→御池通りを「コの字」下か [続きを読む]
  • マスコット熱
  • 前回「そろそろ、看板です。」と言ったまま、ブログが閉店状態でした。仕事の関係と、ちょっと疲れと、いとしさと、せつなさと、↓諸々と。今、5/22公募開始のオリンピック他マスコット製作にチャレンジ中。明確な制作上の指針が出ると思いきや、ざっくり、日本的・東京的程度。後は、アレしちゃいけない・コレしちゃいけないや、五輪理念話ばかり。そんなんなら、もっと早く考えておけば良かったと今更の後悔です。更に嬉しい?事 [続きを読む]
  • そろそろ、看板です。
  • やや立て込みはじめ、植物撮影に専念できないので電脳蔵から放出。ポスター等の一時的広告と違い、単純・明快・普遍で的を得るべき看板類。そんな店の顔と呼ぶべき凝縮された看板類を見て、「何かユニーク!」、「何か変?」と少しでも頭に引っかかったモノは、深く考えずに撮影。パソコン画面で改めて見て、まだ引っかかる時は、PC内看板ファイルに常温保存しております。賞見期限も無いし。そんな中から、ユニーク系の3枚を選択 [続きを読む]
  • あめよこ美術館
  • お隣の上野の山には、高尚な美術館群が沢山ありますが、雑多な生活アートが展示されているような街、「アメ横」界隈がいい。原宿ほどお洒落じゃないけれど、現代日本がギュッと凝縮されています。生鮮品、米軍放出品、怪しいブランド品や宝飾品、多種な飲食店まで。最近は外国人経営の方々も増え、混沌化に拍車を掛けているようです。ここに来ると、日本はアジアなんだなぁと実感。 [続きを読む]
  • 微タイムスリップ 春の花
  • 3/11〜5/12 撮影の「草の花」群です。6月を目前に駆け込み掲載。撮っても、単体掲載では弱かったり、名前がやや不明だったり、桜などの有名植物にお株を奪われたりして、掲載時期を逃した花々。自分的に珍しいのもあるので、またもや、ほぼ自分の記録用。なお、それぞれの名前や説明に間違いもあるかも。かも、じゃないかも。撮影より、まとめるほうが疲れた〜。やっと、宿題が終わった感じ。中の写真を全部見られるのも、きっと [続きを読む]
  • 男の子ですか 女の子ですか
  • いえ、「ユリノキ/百合の木」の芽です。逆光で透けたフォルムは、まるでレントゲン写真。2枚の苞という葉の間に、本の袋とじ状に大切に包まれたものが開き、中から玉手箱のように、葉や花が出現していくのです。画像は、そんな植物のフォルムなどと咲き始めた花。4/14、4/16、5/21、近所の柳沢の池公園、上柚木公園の南脇道路で。最終カットだけは、5/6、新宿御苑で。いやぁー、植物の造形って 本当に素晴らしいものですね。(映画 [続きを読む]
  • 都会のエキス
  • 植物などの自然もいいけれど、たまには都心に出て、街歩きをしないと時代遅れになりそうです。店のウインドウで流行を知り、駅のポスターや看板類で時代を知る。夜の飲食街で景気を知り、街行く外国人で逆に日本を再認識する。また、大型駅や競技場などの多くの工事現場で未来の都市像を知る。…そんな大げさでなくても、自分の五感のアンテナ更新のため、都心の街歩きを時々、都会エキスと排気ガスを吸っています。さて今日は、都 [続きを読む]
  • 白い夏⑦ / ハンカチノキ他
  • 「お嬢さん、ハンカチを落とされましたよ」「まあ、ご親切にありがとう。私はミドリ、あなたのお名前は?」「友達からは、野球嫌いなハンカチ王子と呼ばれてました」「清潔そうなお名前。そんな方もいらしたわね。 でも、お会いした瞬間、勝手ながら、山の王子様に思えましたわ。 あらっ、失礼、では、ごきげんよう」勝手な「白い夏」シリーズの木の花、一挙掲載&一応終了。沢山あるので飛ばして見てください。ほぼ自分の記録用 [続きを読む]
  • 白い夏⑥ / ハクウンボク
  • 前出「エゴノキ」の仲間で、花は酷似な「ハクウンボク/白雲木」。比較すると葉が大きく、花の付き方が房のようにまとまっている。その花が、♪風に吹かれて〜の「白い雲のように」見えるからとか。テレビ「電波少年」シリーズ、結構好きで見ていました。花期はエゴノキより少し早く、5/7@近所の街路樹で。(南大沢中学校西〜四季の丘東)エゴノキと一緒にと思ったが、自分でも混乱するので分けました。撮影、過去は全体像を構成し [続きを読む]
  • 白い夏⑤ / エゴノキ
  • 各所で、「エゴノキ/(漢字無)」の白花が群れて揺れ始めました。エゴイストではなく、実の味がエグイから来ているそうな。花びらの枚数は普通5枚だが、よく見ると違う枚数もかなりあり。今年は、じっくり観察できているせいもありますが、咲き始めていて、しかも枯れたものがほとんど見当たらない。そんなタイミングに遇えるのは、とても気持ちがいいです。画像は、5/14@東京都薬用植物園の近所、5/17@首都大学の池脇にて。 [続きを読む]
  • 白い夏④ / ハナミズキ
  • 桜の返礼にと、アメリカから渡って来たという「ハナミズキ/花水木」。別名、アメリカヤマボウシ。 ♪ 薄紅色の〜もありますが、今回は白。今ではすっかり、日本の庭木などに急に増加・繁殖したようです。前回の「ヤマボウシ」同様、ミズキ科で白いところは「総苞片」。種類なのか、個性なのか、その白い総苞片が素直に開かないで、いつまでも輪のようにくっついている、駄々っ子のような個体に興味津々。画像は、そんなものだけ選 [続きを読む]
  • 白い夏③ / ヤマボウシ
  • もう本当に、一気に様々な花が咲き始めてきました。特に木々の花。来年以降の自分のために、今年からじっくり花期や撮影場所を記録開始。今後は無駄なく動きたいが、その年の気温や地域差もありなかなか難しい。今回は「ヤマボウシ/山法師」。白い部分は葉みたいな「総苞片」といい、本当の花は中心部に。毎年、手裏剣だ!と成長無く思いながら撮影。総苞片の白は、本当に真っ白なのから、黄や緑がかったものまで。5/15、近所、上 [続きを読む]
  • ココハ ヨコスカ 街角編
  • 5/9、とある集まりで行った横須賀で、気になったモノなどの画像。初めて降りた京急堀ノ内駅から、海岸線をゆったり歩いて北上。集合後は、みんなで軍港巡り、ドブ板通りや三笠公園あたりを散策。そして、昼食/とり天・蕎麦・ビール&日本酒、夕食/地元ジャンクフード等・ビール&ホッピー、深夜/ブラジャーというカクテル…とトリプル宴会。 よく歩き、よく眺め、よく喋り、よく呑みました。事前調査・案内をしてくれた鎌倉在住の [続きを読む]
  • 白い夏② / ヒトツバタゴ
  • 「一つ葉たご」、通称、なんじゃこりゃ〜! のナンジャモンジャ。都心の絵画館脇や深大寺境内しか知らず、貴重過ぎると思っていた木が、以前にも書きましたが、近隣ブロガーさん情報で、近所にも大量存在。5/7、ちょうど満開時期を撮影。バッチグー!(死語)また昨日、稲城市 尾根幹線脇の「ときの広場」でも発見(最終画像)。 まるで靄や雲状の白い花も、一つ一つを見ると十字架状の花々。時々太めの花びらも交じっていて、こち [続きを読む]
  • 白い夏① / ホオノキ
  • もう、初夏と言っていい程の快い気温になりましたね。そのせいか、GW期間中、気になる花々が一気に咲き始め結構焦りました。特に白い花は、ピークを過ぎると汚れた感じになり絵になりませんから。つい最近、芽生えなどを撮ったばかりの気がしますが、なんて早い、なんて季節は、そう急くのでしょう。これからほぼ1週間、集中連載予定。白けず、お付き合いの程を。今回は、朴葉味噌料理(大好き)で葉が有名な「ホオノキ/朴の木」。 [続きを読む]
  • 緑まみれ その伍
  • 近隣は、八王子市の南部で多摩ニュータウンの一部、南大沢地域。三井アウトレットパークという賑わう商業施設があるが、あとは、首都大学東京/旧都立大学などの自然が沢山残っている大学、どこから公園かわからないほどの大公園などが多く、東京の端とはいえ、東京とは思えないほどの「緑まみれ」な地域。道には沢山の街路樹、集合住宅は緑が多く敷地がゆったり、いい具合に昔ながらの畑や農家も健在、貴重な植物も住んで?います [続きを読む]
  • 緑まみれ その肆
  • 5/6、八王子市の講座「上柚木公園の新緑と花を楽しもう」に妻と参加。森林インストラクターの先生や公園管理者たちと一緒に、子供1人+大多数の熟年層の参加者が、大公園の1/4位の部分を歩き、オオシマザクラ、ハナミズキ、オニグルミなど数種の木々を見ながら、その特徴、利用、遺伝、諸問題等、まつわるエピソードを伺うというもの。植物を撮って10数年になるのに、植物の「がくしゅう」と「かがく」をちゃんと理解していない私 [続きを読む]
  • 鯉、のぼる。
  • 子供の日にちなんで、大人も楽しめる「泳げ鯉のぼり相模川」。高田橋近くで、5/2画像。今日、載せないと腐ってしまうので。なお、川から空へ登っている画像は、絡んだ鯉登りの修正作業。金太郎は、表裏の両面のと、顔の向きが不自然なエクソシストしてるもの。過去に撮った内視鏡的なものは強風で撮れませんでした。 [続きを読む]
  • 金の蘭、銀の蘭
  • あなたが無くしたものは、「金」の蘭ですか。 「銀」の蘭ですか。それとも、散財して無くしたお「金」ですか。黄「金」週間頃に密かに咲く「キンラン/金蘭・ギンラン/銀蘭」。絶滅危惧な野生蘭なのに、いつもシャープに撮れないのがもどかしい。画像は、近隣で結構発見できたもの 4/28、5/1、5/2撮影。 [続きを読む]
  • イマドキの空気 後編
  • 目的の1つ、歌舞伎役者「中村師童」氏らと、非現実2次元のボーカロイド「初音ミク」ら共演の実験的コラボ、「超*歌舞伎」。盛り上がっていました。(*注:このイベントでは何でも「超」が付きます)歌舞伎・相撲・将棋など、こうして若者が日本に少しでも興味をもってもらおうという姿勢はいいこと。 と、思いつつ、足を引きずりつつ帰宅。印象に残ったのは、超歌舞伎で出演者たちへの声かけについて、中村師童氏から開幕すぐに会 [続きを読む]
  • イマドキの空気 前編
  • 4/29〜30、千葉県 幕張メッセで開催された、若者向けの超文化祭、「ニコニコ超会議2017」に、4/29、開場10時を目指し遠出してきました。ゲーム、アニメ、コスプレ、音楽などの定番ジャンルから、相撲、歌舞伎、鉄道、政党、将棋、落語、痛車、自衛隊、JAL…などの日本文化・企業等とのコラボまで。もう「何が何だかわからな〜い」状態の最新ごった煮文化の祭典でした。混雑の一般入場行列を避け、優先入場券を手にしていても唖然の [続きを読む]
  • 緑まみれ その参
  • 1996年放送、キンキキッズ主演の「若葉のころ」というドラマがありました。以前住んでいた家(今の近所)の隣のマンション群の1棟が自宅という設定。ロケ自体は遭遇しませんでしたが、テレビを見て「あっ、隣だ!」とビックリ。内容はよく覚えていませんが、確か甘酸っぱい青春劇。他にも近隣では、かつては冬彦さんドラマ、映画「いま、会いにゆきます」等々。開放的な大学(首都大)、商業施設(三井アウトレット)などがあるせ [続きを読む]
  • 桜5:サクラ三昧
  • 4月も終焉近いので、駆け込み掲載的な最後の桜群。桜と言えば「ソメイヨシノ/染井吉野」ありきな感じですが、なんのその。他にも他品種がワンサと花盛り。特に八重系は4月中楽しませてくれました。このブログは、自分の記録的にも使っているので点数が多いですが勘弁。ササッと駆け足で花見をしていただけたら幸いです。撮影は、3/30@北の丸公園/M、4/6@国立劇場/K、4/10@新宿御苑/S、4/21@高尾森林科学園/T、4/23@小山内 [続きを読む]
  • まんじゅう怖い
  • 古典落語の演目じゃなく、本当に怖い「福面饅頭/ふくめんまんじゅう」。鎌倉が舞台の映画「海街diary」で、「広瀬すず」演じる「浅野すず」らがことあるごとに、美味しそうに食べていたもの。江ノ電 極楽寺〜長谷駅間の「御霊神社」近くの和菓子屋「力餅屋」で販売。9/18の御霊神社の奇祭「面掛行列」に出る、阿亀(おかめ)、福禄寿、鬼、天狗など11種の神楽面がモチーフらしい。最初は「覆面」かと勘違い。店は以前から知ってい [続きを読む]
  • 君も大仏にならないか…大仏グッズ②
  • ちょっと間が空いてしまいましたが、鎌倉大仏様あやかり商品、パート2。前回は「飲食物」編でしたが、今回は「テキスタイル/布」編。こうした商品群を見ると、もう、わけがわからない所まできていますね。愛されキャラか、利用&便乗キャラか。まあ、どっちもが正解かも。最後の1枚だけは、布と関係なく、お店の看板にいた大仏様。 [続きを読む]