zen さん プロフィール

  •  
zenさん: 風塵雷人 世界を飛び廻る雷博士のブログ
ハンドル名zen さん
ブログタイトル風塵雷人 世界を飛び廻る雷博士のブログ
ブログURLhttp://zenk.sblo.jp
サイト紹介文雷の不思議を追い求め、世界中を飛び回る大阪大学工学部 Zen KAWASAKI 教授のブログサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/01/19 09:17

zen さんのブログ記事

  • 競争的資金の怪
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!何日か前の国会質疑で総理大臣が激昂した「獣医学科」の話題、社民党党首が公募期間の短さを指摘していた。総理大臣が必死にその正当性を強調していたけれど、実はこの爺も似たような経験をしたことがある。といっても激昂ではなく、公募期間の短さに関してである。小泉元首相が、「地球温暖化問題解決のための国際貢献!」を旗印に、大型の研究予算をつけたときのことだから、十年以上も昔のことにな [続きを読む]
  • 教育勅語考
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!何度も同じことを取り上げて恐縮ながら、今や巷で話題の「教育勅語」についてである。教育勅語は、大東亜戦争前の我が国を「軍事色一色」に染めるための、手段の一つに使われた。私が小学生だったころ、亡くなった近所のおばさんが、時折そらんじて聞かせてくれた。ただたとえ聞かされても「我が皇祖皇宗国を肇ること・・・。」の意味すら分からず、それでもあの頃はそれなりに覚えていた。近所のおば [続きを読む]
  • 記憶違い
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!東京で桜開花宣言、平年より5日は早いという。日本人だけに、こんな便りを聞くと何やらウキウキしてくるけれど、残念ながら今年も花見はできそうにない。鬼に笑われたとしても、「来年は花見の時期に、一時帰国したいものである。」さて今日の話題は、国会の答弁についてである。おりしも今日は、大阪の小学校問題でその代表が、国会に証人喚問される由。ただ今日の話題は、証人喚問についてではなく、 [続きを読む]
  • 何のためのオリンピック開催
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博(こちらはまだ確定していないが)、天邪鬼のこの爺はいずれの開催をも快く思ってはいない。というのも、わが国のような成熟した社会にあって、「何故右肩上がりの経済成長の象徴である、オリンピックや万国博覧会を開催する必要があるのか?」と、反語的意味をこめて疑問に思うからである。1964年の東京オリンピック、大東亜戦争の敗戦からようやく復興し [続きを読む]
  • 公文書を破棄するな
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!国会での論戦が燃え上がりそうで、何やらきな臭い。気の早い御仁など、「すわ衆議院解散か?」なんぞと云ったりもしている。大阪の小学校開設の問題、愛媛県の大学獣医学科の問題、スーダンに派遣されている自衛隊の日報破棄の問題と盛りだくさんなうえ、答弁が二転三転してマスコミ報道を喜ばせるネタが次から次から。まぁ討論は国会に任せておけばいいのだし、解説はマスコミ各社にお任せして、私は [続きを読む]
  • 片田舎にも
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!今日は立春、シンガポールは明け方から雨である。昨日信じることにできないような青空を紹介したのに、今は雲が低く垂れこめる感じで、青空のかけらさえ見えない。まぁこれがここシンガポールの「普通」なのだろう。普通といえば、シンガポールではいわゆる「日本食」が普通にある。正確には、ちょっとしたブームである。シンガポールに限らず、2020年東京オリンピック招致のプレゼンテーションで「お [続きを読む]
  • 青い空
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!数日前の朝、空がとんでもなく青かった。さらには、雲一つないという表現がぴったりという感じであった。思わずスマートホンで写して、最近始めたフェースブックにあげたら、「日本ではこんな空はない!」といった反応があった。とりあえず「いつもというわけではないんですよ。」と返しておいたが、妙な誤解を与えたのではと気がかりである。何せこのシンガポール、夜の星の見えないことは、間違いな [続きを読む]
  • 軍国主義教育反対
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!以前から何度も書いているように、多様性のある社会は発展性がある。だから右寄りの方から、左寄りの方まで容認される社会が望ましいというのが、私の持論である。もっと極端な例を挙げるなら、個人的に教育勅語を信奉する人がいたって良い。天皇を崇拝する個人がいたって、個人的には良いと考えている。かくいう私は、いささか左寄りながら、今日のわが国の天皇制には、肯定的ですらある。ただ、教育 [続きを読む]
  • 蜂の一刺し2
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!やはり一刺しありましたなぁ。蜂と違うてカバドンみたいなおっさんやよって、一刺し違うて体当たりかも知れへんけど。こともあろうに、「100万円の寄付金貰った!」暴露しやったんや。ほんまにもろうたんか、もろうたちゅうのは嘘なんかは、判らへん。そいでもここまで言われたら、国会に呼んで質問せんわけにはいかんやろ。「総理大臣センセイの名誉にかかわる。」ちゅうような妙な言い訳で、国会に呼 [続きを読む]
  • 蜂の一刺し
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!ほんまにあほちゃうか思うなぁ。総理大臣センセイの奥様、閣議で「私人」と決定したんやて。昨日の続きみたいやけど、閣議で決めるこんなん決める内閣ほんまに気持ち悪いなぁ。ほんまやったら、大阪の小学校や愛媛の大学の話がや、こんなけからんだら、内閣にしても政権与党にしても、だれか「おかしい!」ちゅうて言わんと、あかんやろ。せやのに、それを閣議で決めて蓋するちゅうんやから、なんちゅ [続きを読む]
  • 気持ち悪い
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!それにしても、わが国の今日の現状あまりにも気持ち悪い。この気持ち悪さは、集団的自衛権の可否をめぐっての国会論戦の頃から、どんどん増幅している。集団的自衛権を個人として、肯定するにしても否定するにしてもそれは良い。しかしそのよって立つところの日本国憲法に反しているのであれば、法治国家として絶対認めるわけにはいかない。こんな基本的な議論を、国会は無視した。それも総理大臣セン [続きを読む]
  • 大阪大空襲の日
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!昨夜は大阪大空襲の日(1945年3月13日)。この日で大阪市内難波界隈は、焼け野原となった。ちなみに東京大空襲は、その3日前(3月10日)であるこの爺は、戦後の昭和24年(1945年)生まれだから、大阪大空襲は歴史でしか知らない。ただ子供の頃には、私がお婆さんと呼んだ、祖母の妹からよく聞かされた。お婆さん自身大阪府南部の貝塚の在だから、直接経験はしていないのだろうが「北の方の空が、ともか [続きを読む]
  • 雲と雷放電
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!プロ野球パシフィックリーグ・南海ホークスの監督だった鶴岡さんは「グラウンドに銭が落ちている。」という名言を残されている。同じようにいうなら、この爺の場合「空の雲には、銭がのっかっている。」とでもいうことになろうか?というのも、最近始めたフェースブックに、シンガポールの雲の写真を掲載したら「さすが雷博士ですね!」とのコメントを頂いたから、こんな風に考えた次第だから。雷放電 [続きを読む]
  • 3/11 大地震
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!昨日は、東日本大震災から丸6年の日。追悼式典もあれこれ開催されたのだろう。あの頃私は、エジプトアレキサンドリアに長期赴任中であったけれど、アラブの春の騒動と関連して、ほぼ二カ月間の国内待機を余儀なくされていた。だからあの大地震の日は、大阪吹田の職場に出向いていた。私の居室は、9階建ての9階にあり、ちょうど東京の電力会社に就職していた研究室出身者が、二人そろって後輩のリクルー [続きを読む]
  • いつか来た道か?
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!「かくもちっぽけな国が・・・」という印象的な表現が、司馬遼太郎さんの坂の上の雲にある。名著坂の上の雲は、私の愛読書の一つである。それでもよくよく調べてみれば、わが国の領土面積は世界第65位、200近い国連加盟国の中では、中位より上である。さらに人口は昨年時点で世界第10位なのだから、「かくもちっぽけな国が」という表現には当たらないのではないかと、考えはじめている。といっても、司 [続きを読む]
  • 寝やすいなぁ
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!この頃日が暮れると、シンガポールは結構涼しい。窓を開けてベッドに横になっていれば、窓から入ってくる風が思いのほか強くて、寒さを感じるほどである。早い話、就寝時にはエアコンなんぞ不要である。「ここ二週間ほど、寝るときはエアコン使うてまへん。窓を開けて寝てるよって。」と同僚に申し上げたら「でも明け方暑くなるでしょう。」と返ってきた。確かに明け方には風も止みがちなので、少し汗 [続きを読む]
  • 忖度 3
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!昨日の補足をしておかねばならない。大御所の申請が結果的には採択となったけれど、大御所から取りてて委員会に働きかけがあったわけではない。これは断じて言える。「今回の申請書、出来があまり良くないけれど、何か理由があるのだろう。大御所がこのような申請書を書く筈がない!」と、多くの委員が慮ったのである。そしてこれを私は「忖度」と理解している。早い話、一度名声や地位を得てしまうと [続きを読む]
  • 忖度2
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!もう10年以上も昔のことである。競争的資金の審査をしたことがある。まぁ国立大学の教授でまともに研究・教育をやっていたら、定年前10年の頃にはそんな仕事もまわって来る。ピアレビューというやつである。私の仰せつかったのは、二次審査委員会の副委員長で、一次審査である書面審査の結果を受け「採択・不採択」の最終判断のための面接審査を実施するのが使命だった。定かには覚えていないけれど、2 [続きを読む]
  • 忖度
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!官有地払い下げに当たって、総理大臣センセイとの怪しげな(?)つまり年賀状をやり取りするような関係や、総理大臣センセイの奥様が名誉校長をしているからといって「忖度の有る筈が有りません。今までそういう証拠があるなら見せてください!」と気色ばんで応える総理大臣センセイ、いやはや滑稽である。見せることができるような証拠なら、それは忖度といわずに介入というのである。総理大臣センセ [続きを読む]
  • 天皇ベトナム・タイへ
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!わが国の象徴である天皇陛下ご夫妻が、ベトナムやタイを訪問されている。ベトナムでは、第二次大戦終了の後も留まり、ベトナムの対フランスの独立運動に参加した残留日本人兵の家族に面会されたとの報道がある。独立運動に貢献した残留日本人兵、1954年ジュネーブ協定で帰国を余儀なくされ、その際ベトナム人の妻の日本行きは認められず、今日に至っている。今回の天皇陛下御夫妻の面談は、ある意味つ [続きを読む]
  • 営業会議
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!昨日土曜日は、終日雨。そんな土曜日の朝、チャンギ空港へ出かける。「一緒に起業を!」と頑張っているマレーシア人のKさんやシンガポール人Mさんと、先月2月1か月間の進捗状況の打ち合わせ・情報交換を行うため。それにMさんが、週末を故郷のペナンで過ごすため帰国するというので、見送りを兼ねての空港行きである。実はKさん、シンガポールに移り住んだ時のマンションで、お向かいの住人だった。親 [続きを読む]
  • 雛の節句
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!昨日、近所のちっちゃな恋人達の家を、家人とともに訪ねた。さすがというべきか、なんとこのシンガポールで、親王飾りを飾っていらっしゃるではないか。3月3日は、ここでも雛の節句なのである。ただ残念ながら「そうや、今日は雛祭りやからねぇ!」と申し上げても、恋人達の反応は乏しい。というのもお姉ちゃんのEさんは、タルトつくりに余念がない様子だから。顔に小麦粉がついているのに、全く意に介 [続きを読む]
  • 教育勅語暗記?
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!色々な主義主張を持つ人から構成される人間社会を、私は良しと考えている。多様性のある社会の方が、将来性があると信ずるからである。かかる意味で、思想的に右寄りの人から、左寄りの人までを容認できる社会が望ましい。だから将軍様の国や、お隣の大国は、共産主義だからというわけではなく、いうなら一党独裁国家だから好きではない。中東の国々も同様の理由で、あまり好きでない。一方私のいるシ [続きを読む]
  • 三月あれこれ
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!昨日は朝から雨。だからであろうか、出勤時に駅前の草叢でカエルの合唱を聞いた。気づかなかっただけかもしれないが、久しく聞いた覚えはない。雨が降って草叢の下は湿地帯だろうから、産卵の準備のための「カエルの合唱」なのだろう。この辺りの構図は、つまり雨降りにカエルの合唱となるのは、日本と同じといった印象である。「ただこの国シンガポールは年中夏だから、カエルなんていつでも繁殖期か [続きを読む]
  • 暗殺事件に思う
  • ⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!北の将軍様の兄上暗殺事件、大いに気味が悪い。あれこれ取り沙汰されてはいるが、VXガスを素手で触っての暗殺とも聞く。そんな話を聞くとさらに気味が悪い。そして思い出したのは、50年以上も昔の事である。多分私がまだ中学生だったと思う。あの頃は、稲の害虫駆除にとんでもなく危険な農薬が使われていた。確かアメリカ合衆国の軍隊が、ベトナムの野山に潜むゲリラ対策として開発したものが、農薬に [続きを読む]