亀松 さん プロフィール

  •  
亀松さん: 亀松の森
ハンドル名亀松 さん
ブログタイトル亀松の森
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kame3328/
サイト紹介文ニッチでコアな古代史・宗教史・医療史・精神世界
自由文山ヲ眺メテ世ヲ想イ 花ヲ眺メテ人を恋ウ(榊 莫山)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2006/02/02 20:48

亀松 さんのブログ記事

  • カタカムナ/イナリ
  • 〇カタカムナ/イナリイナリの文字にとらわれてはいけない、イナリは命であり、霊でもあると言う。霊とは思い、思いは波動を生じ、思いの波動である言葉は霊そのものである。イナリが稲荷と記される以前の、さらにその稲荷が伊奈利と記される以前より、音のみで伝承す... [続きを読む]
  • カタカムナ文献/ミトロカエシ
  • ○カタカムナ文献/ミトロカエシ『カタカムナのウタヒ』とも呼ばれるように、カタカムナ図象文字で、渦巻き状に記された80首のウタヒから成り、それらのウタヒがまた全体的に見ると、渦巻き状に配されている。そのなかに「ミトロカエシ」ということ言葉があるが、... [続きを読む]
  • 謡曲「隅田川」
  • 〇謡曲「隅田川」春の夕暮れ時、武蔵の国隅田川の渡し場で、舟頭が最終の舟を出そうとしていると旅人が現れ、女物狂がやってくると告げました。女は都北白河に住んでいましたが、わが子が人買いにさらわれたために心が狂乱し、息子をさがしにはるばるこの地まで来た... [続きを読む]
  • 謡曲「黒塚」
  • 〇謡曲「黒塚」紀伊国(和歌山県)那智、東光坊(とうこうぼう)の修験者、阿闍梨祐慶(あじゃりゆうけい)は、同行の山伏らと共に、諸国を巡る修行の旅を続けていました。ある日、陸奥(みちのく)に辿り着いた一行は、人里離れた安達原(今の福島県安達太良山麓)夕... [続きを読む]
  • 謡曲「卒塔婆小町」
  • 〇謡曲「卒塔婆小町」高野山の僧の一行が、都へ上る途上、摂津国阿倍付近に差し掛かった。そこで僧は、乞食の老婆が、朽木の卒都婆※に腰掛けているのに気づく。この老婆は、実は、かつて絶世の美女で、数多くの浮名を流した有名な歌人、小野小町その人だった。僧は、... [続きを読む]
  • 謡曲「班女(捨てられた女の意)」
  • 〇謡曲「班女(捨てられた女の意)」美濃国野上の宿(岐阜県不破郡関ヶ原町野上)に、花子という遊女がいた。ある時、吉田少将という人が東国へ行く折に投宿し、花子と恋に落ち、お互いに扇を交換して、将来を約束して別れる。それ以来花子は少将を想って毎日扇を眺めて暮... [続きを読む]
  • 謡曲・鉄輪(かんなわ)   
  • 〇謡曲・鉄輪(かんなわ)    恋しい故に怨みとなって、怨む故に恋慕はつのり・・・と、去った男に対する女の愛執がテーマ。捨てられた女は男への復讐を誓い、その事ゆえに女は生きながらにして鬼と化す。夫に捨てられ、貴船明神に丑の刻参りをする女に神託が下る... [続きを読む]
  • 世阿弥「風姿花伝〜物狂い」
  • 物狂いは、能の中で最も面白さの限りをつくした芸能である。一概に物狂いといっても、その中にさまざまな種類があるから、この物狂いを全般にわたって習得した演者は、あらゆる面を通じて幅広い演技を身につけられるだろう。その意味で何度もくりかえして稽古を重ね、研... [続きを読む]
  • 勾玉(曲玉)
  • 古事記では「曲玉」と表記され、日本書紀では「勾玉」の文字がつかわれています。勾玉は、縄文時代の遺跡から多数出土しており、古いものになると、なんといまから1万年以上も前の縄文時代初期の遺跡から、新しいものでは古墳時代の遺跡からも出土しており、なんとい... [続きを読む]
  • 日本列島の風土
  • ○日本列島の風土・14600年前 樺太・北海道・北方4島 陸続き 仙台湾・瀬戸内海・東京湾陸地 津軽海峡はあった 朝鮮は黄海と支那大半が陸地・13500年前支那と台湾が分離・10600年前 海進により間宮海峡、 瀬戸内海、黄海出現・8900年前ほ... [続きを読む]
  • 日本人は多民族集団
  • 「日本人」とは単一でなく、実に多様な人々の集団である。先史時代の様々な遺物がこれを物語っている。太古、極寒のシベリアからマンモスを追いかけつつ日本列島に到達した人々もいれば、南から黒潮に乗ってやってきた海の民もいた。そして、この東の果ての大地に足を踏... [続きを読む]
  • ドクターヘリ出動/想定事例
  • 救急(消防)司令担当者がドクターヘリを必要と判断するのは、「意識や呼吸がない」「意識がはっきりしない」などの関連キーワードがあり、どれか1つでも当てはまれば空振りを恐れず出動させるという。その重篤な事例は大きく想定10例に大別されている。○病院外 ... [続きを読む]
  • 全国ドクターヘリ運用状況
  • 2014年1月現在、専用機を運用しているのは、136箇所の43磯、北海道は3機、青森県、千葉県、静岡県、長野県では2機が運航されている。(補)・・補助主体となる自治体 (運)・・運航を受託するヘリコプター会社。 (相)・・自治体間の相互乗り入れ。 (共)・... [続きを読む]