はてるま さん プロフィール

  •  
はてるまさん: 女の爆想日記
ハンドル名はてるま さん
ブログタイトル女の爆想日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mikanga/
サイト紹介文毎日毎日面白いことなんかあるわけない!と思う方、子育てブログに食傷気味の方、来て来て来て〜!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/02/07 18:44

はてるま さんのブログ記事

  • ファーマーズマーケット とれたて広場。
  • ドーシェル、キミノートの次はファーマーズマーケットとれたて広場いちぢく甘長とうがらし防腐剤不使用レモンを購入毎晩飲んでる酵素の炭酸水割にレモンをあしらってみました。いやーんオサレ [続きを読む]
  • Kiminoka @紀美野町 後編。
  • キミノーカのオーダーはシングル、ダブル、トリプルの3種類。2つに絞れなかったのでトリプルにしました!山椒チョコ、もも、トマト&パッションフルーツ期せずしてこの色合いは・・・チョコ、ストロベリー、バニラの三色ソフトあっという間に溶け始めるのでダッシュでたいらげてみんなで写メるとTたん顔半分やでー私日傘邪魔やでー3枚目の正直。 [続きを読む]
  • Kiminoka @紀美野町 前編。
  • ランチを頂いてパンも買い込んでお次は。ピピンがここ行きたい、とリクエストしたらTたんが「行ったことあるよー」(さすがあ)とスイスイっと連れて行ってくれたジェラート屋さんのキミノーカここ曲がるの無理!!と思う急なカーブからお願い対向車来んといて!!!とお祈りしたくなる細い山道を下ったところにあります。屋内でお会計→注文→ジェラートを受け取る。屋内にはイートインスペースはないのでお店の周りに設置してく [続きを読む]
  • ドーシェル @紀美野町 vol.3。
  • Tたんほどではないけどパンも山盛り買いました。ピピンとTたんオススメの黒糖パンは食後に慌てて購入。パンを買うことだけに気を取られ、ランチ代の支払いをすっかり忘れてしまうという失態あり。(Tたんが立て替えて払ってくれてました。面目ない)週末のランチ用のパンの充実さよ。あっベーグル買ってくるの忘れた・・・ [続きを読む]
  • ドーシェル @紀美野町 vol.2。
  • 席が空くまでの時間でパンを買います。時間が早いせいかパンの種類も豊富♪30分も経たずに席に着けた。海まで見渡せる景色。いい風が吹いてくるので冷房がなくても大丈夫。山の上って素敵日替わりプレートカレーはまあまあHOT。3人分注文した日替わりプレートが2人分しか来なかったりしつつ(残りの1人分はベテランのスタッフさんが慌てて持ってきた)美味しく頂きました。 [続きを読む]
  • ドーシェル @紀美野町 vol.1。
  • 夏のKうい@ドーシェル。何軒か行きたいお店候補があり、多数決でドーシェルに決まった当日。いつも早めに集合するMみこが現れず連絡もなくどうしたんやろなー 連絡もないっておかしいよなー まさか日にち間違ってないよなーとか言いながら電話をしてみる。出ない。しばらく経ってもう一度電話してみるとMみこが出て「(THE起き抜けの声で)ごめん、今日やったよなあ・・・」お、お疲れやね・・・今からそっちに迎えに行こうか? [続きを読む]
  • 二千七百の夏と冬 上・下。
  • 第5回山田風太郎賞受賞作品二千七百の夏と冬 上・下巻荻原浩 著ダム工事の現場で縄文人の少年と弥生人の少女の人骨が発見された。二体はしっかりと手を重ね、互いに向き合って亡くなっていた。今から三千年近く前、この男女にいったいどんなドラマがあったのか?新聞記者の佐藤香椰は次第に謎にのめりこんでいく。紀元前七世紀、東日本。谷の村 ピナイに住むウルク(縄文人)は十五歳。獣を狩り、木の実を集め、天の神に感謝を [続きを読む]
  • ふなっしートレイン。
  • 世界遺産とふなっしーハンターのMみこが行ってきました。これはレジェンドオブふなっしーのポスター今年は2012年に梨の妖精界から地上へ降臨したふなっしーの地上降臨5周年の年を記念して新京成とふなっしーがコラボ。爆想用にMみこが加工してくれた画像を頂きました。小さい「っ」と「ー」が奥ゆかしいみさっきー駅梨友さんたち大集合! [続きを読む]
  • Aきちゃんと@百。
  • 曜日によって混み具合に波があるんやけど、今日の百はかなりの混みっぷり。食後のコーヒーは撮る余裕もなく流し込み。超焦って食べたので会社に戻ってから胸元に点々と残るオレンジ色の染みに気づく・・・ラタトゥイユソース恐るべし [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.22。
  • 1泊2日で160kmの移動。楽勝やわ〜レンタカーのキーも返却してチェックインしようとすると、伊丹空港からの便が延着してて帰りの便の登場が1時間以上遅れるとえーーーお詫びのミールクーポン1000円分を受け取ったのはいいけどワッフル食べたとこやし。こんなことならファーマーズマーケットよってけポポラに寄ってから空港に来ればよかった。てか、キー返却の前に遅延に気づけばよかった。とか思いながら「食事だけじゃなくお土産 [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.21。
  • の時間までまだ余裕があるのでるるぶで見つけたコーヒー屋おおもりでワッフルセットを頂きました。るるぶの取り上げ方はカフェっぽかったけど店内はrockな感じで思ってたのとちょっと違った。2階にカラオケルーム??もあるっぽい。ワッフルを焼いてくれた店員さんも昔懐かしTOM☆CATのTOMみたいな感じでした。ふられ気分でRock'n' Roll!コーヒーは丁寧にいれてくれたけど、ワッフルは至って普通でした。小腹も満たして車にガソ [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.18。
  • 東沢バラ公園は日本有数の規模を誇るバラ園と3つの湖を中心とし、約7ヘクタールの広さに世界各国の約750品種、2万株余りのバラが咲く公園。平成27年4月には全国展開されている「恋人の聖地」に認定され、恋人たちが鳴らす鐘なんかもあります。まあ私には関係ないんやけど。カップルが鐘ついて錠前カチャっとしてはった。とにかくものすごくバラが咲いてていい香りの公園で写真山盛り撮りました。ちんちん(笑)オールドローズまだま [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.17。
  • 木村屋旅館の女将さんたちに見送られ、癒しの里肘折温泉を後にします。昨日北上した13号線を今日は一路南下昨日メンチカツを買い食いした道の駅むらやまでお土産を購入。13号線がいかに混んでも村山まで戻ってくれば安心&ヒコーキの時間までまだ余裕があるので東沢バラ公園に行こうと思ったら、ちょうど「2017バラ祭り」が開催されてて臨時駐車場にレンタカーを置いてここから無料のマイクロバスで移動。ここは第2臨時駐車場 [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.15。
  • 肘折温泉の朝は早い。5時半に起床(昨夜異常に早く寝たからで決してババアだからではない)。朝から軽く温泉に浸かり名物朝市へGO!地元のおばちゃん・おばあちゃんが温泉街のメインストリート(車1台半ぐらいの道路)にずらりと店開き。山菜やなぜか筋子やいくらを大量販売してるお土産物屋さんあり、お客もそれなりにいて賑わってる。夏の間は5:30~7:30まで営業中。5つで300円のところ、500円渡そうとしたら愛 [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.14。
  • キッコーマンじゃなくてキッコーセンってと写メなど撮っているとお宿の方から東根でいっぱい食べたと思うけど頂きものがあるから!とさくらんぼを頂きました。狩ったのと違っていい感じに冷えてて美味!もりもり頂いているとからすみみたいな形のさくらんぼが大量にいましたひとつで4粒分。食後のコーヒーを頂きながらレンタカーのカウンターで頂いた新聞を読み(読売新聞の人生相談って面白いわ)再び温泉に入って就寝。なんてっ [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.13。
  • あっつい上の湯に入って汗を流した後でまた汗だくになりもっと汗だくになる覚悟で湯坐神社(薬師神社)と稲荷神社にお参り。鳥居の近くに階段100段寄贈 みたいな事を書いてて、100段って結構あるよなーと思ったけど意外とすぐに登れた。ぼちぼち夕食の時間なのでお宿に戻って一人旅でも部屋食です。頂きまーす山菜はもう終わりかけ(6月下旬)とのことですが天ぷらもあるしお肉も魚もあってボリューム満点。味噌汁の具は山 [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.12。
  • 肘折温泉の温泉街はこじんまりしてるのでその気になれば何往復でも歩ける。旅館の前には足湯もあります。お土産物屋さんなど覗いた後は共同浴場上の湯に立ち寄り。料金200円ですが肘折温泉の宿泊客には「上の湯に行きます」と言うとお宿から無料券がもらえます。誰もいないのを確認して撮影。お湯はかなり熱めでした。 [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.11。
  • 銅山川沿いの遊歩道はいつの間にか個人の敷地に入っていたりするので修正しながら橋を渡って温泉街に戻ります車1台がギリ通れるくらいの道幅。見どころの案内図もあります。旧郵便局舎前に人力車がありました。近くで車夫っぽいおじちゃんがいたので多分実際に乗って案内してもらえると思う。 [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.10。
  • 飲泉所もあります。掌に受けてちょろっと舐めてみたけどしょっぱからくて美味しくなかった。肘折温泉の泉質は「ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(重曹を含む食塩泉)」。そりゃしょっぱからいわ。その名も可愛い初恋足湯まで来ると国の有形登録文化財「肘折ダム」からの滝が見えます。マイナスイオン浴びまくり [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.9。
  • 女将さんに「カランコロンって歩くと風情があるよー」と下駄を貸してくれたのでカランコロンと湯守小屋と羽賀だんご屋の前を通り過ぎ銅山川沿いを歩くこと2分で源泉公園に入ります。温泉がボコボコ噴き出します温泉ドーム。用途はちょっとよく分かりませんがフチにベンチっぽいのがついてるので座って銅山川を眺めてみるとか・・ [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.8。
  • 村の入口で迷ってしまって右往左往したものの、無事今日のお宿肘折温泉の木村屋旅館さんに到着!駐車するまでご主人が見守ってくれました。モノを散らかす前のお部屋はこんな感じ。肘折温泉名物のほていまんじゅうと肘折温泉の見どころを紹介しているパンフレットを頂きました。木村屋旅館さんにはお風呂が3つあります。お宿のHPから拝借しました。こちらは2階にある展望風呂。さくらんぼ狩り以降の汗を温泉でざっと流して早速散 [続きを読む]
  • やさぐれ女一人旅 @山形 vol.7。
  • あっまた巨大こけし。道なりに進んでトンネルを抜けて「この先通行止め」って標識を見て通行止めじゃない方に曲がると展望台があります。横から撮るとすごさが伝わりませんが実は全長240mは国内最大級。S字カーブと巨大な橋脚を持つ肘折希望大橋。希望と書いてのぞみと読む。WEB上の画像を拝借しました。上から見たらこんなにぐねぐね。 [続きを読む]