umeboshimikan さん プロフィール

  •  
umeboshimikanさん: おいしい手帖
ハンドル名umeboshimikan さん
ブログタイトルおいしい手帖
ブログURLhttps://ameblo.jp/umeboshimikan/
サイト紹介文横浜でフランス料理と天然酵母パンの教室をしています。
自由文2年のフランス修行後、帰国してパン屋やフランス料理店で働き、現在は横浜の自宅にてフランス料理と天然酵母パン教室を開いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2006/02/14 17:21

umeboshimikan さんのブログ記事

  • 旅の絵日記
  • 今までのようにあまり外出できないので家の中のものを整理したりしていたらでてきた、私の旅日記。海外旅行に最初に行ったのは大学の卒業旅行なのですがその時からずっと旅行中に書いています。 いつもハードに動き回るので1日が終わって記録するのは疲れて眠くて辛いですがなんとか頑張っています。 色鉛筆も持っていくのですが年齢とともに色までつけてから寝るという作業ができなくなり最近は色無し白黒です。 時間がある時に [続きを読む]
  • 子供の頃に興味を持った絵。大切にしているもの。
  • 母方の祖父の知り合いが描いた切手ごとにまとめた知識と絵。 ハガキに色鉛筆とペンで描かれたもので一枚一枚アップしていたら大変なので8枚ごとにまとめてみました。 現物で見るともっと色が鮮やかです。 子供の頃からこれを眺めるのが好きでした。 祖父はもう亡くなってしまいました。おそらくこれを描いた方もご存命ではないと思われますが私の大切にしているものの一つです。 [続きを読む]
  • 女、もんたよしのり!
  • 久しぶりの更新です。4ヶ月に入りだいぶ生活ペースがつかめて来たような来ないような。。。一進一退の毎日です。 教室をしばらくお休みさせていただくことにしました。教室にきてくださっていた皆様にはご迷惑をおかけ致します。すみません。開催できるような状態になりましたらどうぞ連絡をさせてください。 泣き過ぎてなんだかハスキーな女の子になっています。女、もんたよしのりって感じです。 [続きを読む]
  • 子供を守る犬
  • 出産後、実家滞在から戻ってきて半月。やっと疲れがとれてきつつあるが、相変わらず寝ないしぐずるし家事がほとんどできず。 赤ちゃんが泣いていると、犬のマリーが近くにいて様子を見てくれる。ギャーギャーうるさいだろうにえらいもんだ。 [続きを読む]
  • 妊娠糖尿病
  • 糖尿家系ではないのに妊娠中に妊娠糖尿病になってしまった。なので、妊娠中はラカントで料理や菓子を作って食べていたのだった。6分食にして食後2時間たってから毎回指先に針さして出た血液から血糖値を測定していた。産後、入院中は測りつづけたが、糖尿は治ったらしく、長い事お世話になった測定器ともお別れに。なんかとても寂しい気持ち。わたしの身体を見守ってくれた測定器ちゃん、ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 生まれました。
  • 2017年5月2日の20時17分に3132gの女の子を産みました。助産師さんには静かで上手なお産だったと言われましたが、クタクタに疲れ久々に貧血。しばらく実家でグータラさせてもらいます。マリーちゃん、お嬢の事がとても気になるみたい。ベッド下に入ってみたり、泣くと顔を覗きにきます。早く一緒に遊びたいな〜と言っている感じ。 [続きを読む]
  • わんちゃん顔合わせ
  • 友達がわんちゃん連れて実家に集合。ドッグラン状態。タケノコとフキを採る。実家のトイプードル・レッドのトムくーたも途中から合流。犬嫌い人間嫌いなのに、遊びに来てくれたわんちゃん達に馴染んでいてびっくり。うちのトイプードル・ブラウンのマリーさんはコーイケルホンディエちゃんの元気さに圧倒されていた。 [続きを読む]
  • 鎌倉 ベルクフェルド
  • 鎌倉のもやい工藝の沖縄やちむん展に行ったついでに、何年ぶりだろうか久しぶりにベルクフェルド 長谷店 に母と行く。 美味しかった。気のせいかドイツ語圏のお客さん率がこの日多かった気がする。これはベルクセットという名前だったかな。玉ねぎスープと飲み物がつく。 [続きを読む]
  • 伊賀菓庵山本のかた焼
  • テレビで森三中の黒沢さんが伊賀かた焼せんべいやさんを訪ねていた。私はこの手の噛むと歯がかけそうな菓子が好きなので食べてみたくなりお取り寄せする。 材料は小麦粉と砂糖。この単純な材料だけでここまで硬くなるものなのか。 以前、香川の善通寺の熊岡の石パンにも感動した。味がとても良かった。 今回取り寄せた伊賀菓庵山本のお菓子はどうなのか。せんべい同士を叩いて割るか、トンカチで叩いて割る。手のひ [続きを読む]
  • 里帰り
  • お産の為にマリーさんと共に里帰り。最後までどうなるかわからないので教室に来て下さっている方と数名にしか告白していないのですが、あと少しで出てきてくれる予定です。久しぶりの親との生活。お互い歳をとってもうこの先こういう時間も作れないだろうから貴重よってMさんに教わりました。朝から境内散歩。マリーさんは大喜びですが朝露で砂まみれ(^_^;) [続きを読む]
  • 相方の誕生日会
  • 相方の誕生日だった。久々に洋食を作る。最近和食ばかりだったので嬉しい。 パンは大岡山のショーマッカーさんでドイツパンを買う。 今回はアントレとメインと一緒に出して楽させていただいた。 メインの出汁に使ったリーキ、それの白い部分とホワイトアスパラを使ってサラダにする。ナスタチュウームはベランダで栽培しているもの。パテ・ド・カンパーニュは2種。パンに合う〜!和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。あ〜 [続きを読む]
  • コメダ珈琲 小倉ノワール
  • コメダ珈琲、居心地よくて好きな場所の1つ。 甘いものに飢えていて小倉ノワールを食べた。デニッシュ生地の間にあんこが挟んであり、ソフトクリームがどかっとのっている。期間限定。 次回はキャラノワール(キャラメル味)。 早く夏になってかき氷が出ないかな。こちらもしっかりソフトクリームがのっている。 案の定、血糖値はがっつり上がっていたが甘いものをドカンと食べられたので満足。 [続きを読む]
  • グラノーラをボリボリ。
  • グラノーラ2種。砂糖はメープルシロップがメイン。たまにはラカントから脱出。全てビオ。高くつくけれど気分良く食べられる。この日のフルーツはホワイトマルベリー、パパイヤ、ブルーベリー、バナナにイチゴ(イチゴのみビオじゃないが)にマスカットクランベリー。 日によってゴマ入れたり、かぼちゃの種入れたり、きな粉を混ぜたり。 お腹がすくとボリボリつまむ。 [続きを読む]
  • おからマフィンをストックする。
  • 糖質減の菓子作り。 材料はほとんどおから、砂糖はラカント。これで作ると血糖値が上がらない。本当に不思議。 冷凍してもぼそぼそにはならずしっとりしている。 今日はチョコと抹茶&ホワイトチョコとプレーンを作って冷凍。チョコはアスパルテームだけれど糖質ゼロのロッテチョコにしてみた。少量だからいいか。普通の砂糖入りチョコよりは。 [続きを読む]
  • 東京 布博2017へ行った。
  • 先日、雨の降る寒い日に相方連れて布博2017へ。 買った布。gochisouさんのパンのテキスタイル。スカートでも作ろうかなと思って。バゲット入れも買った。刺繍がしてあるので超高い。こりゃあ失敗はできないな。50cmで14000円くらいだったろうか。死にそうな寒さでゆっくりじっくりみる気力が。。。 [続きを読む]
  • 糖質制限パンとお菓子を作っては食べる。
  • ここ数ヶ月、糖質制限をしなければならず。でも粉物から足を洗えない。 なので糖質制限のパンや菓子を作っては食べている。びっくりすることにこれを食べれば血糖値が上がらないのだ! 何気なく口にする食べ物だけれど、間違いなく身体の中の化学反応によって栄養にもなれば薬にもなり、時には毒にもなるのだということを実感している。 下の写真の3種は鳥越製粉さんで出されているパンdeスマートミックスを使用。 [続きを読む]
  • 鎌倉 カジェヘロ
  • 大好きなカジェヘロさんの形態がこの3月で変わってしまう。いつもの鎌倉女子達とカジェヘロお別れを惜しむ。私はカロリー&糖質を制限せねばならず最初にサラダをかけて食べる。 この日は無礼講。食べに食べた。これは面白い大根のフリットにパクチーが沢山のっている。タイ風な味付けでとっても美味しい。イワシ。味付けが絶妙だ。アボカドと金柑、そして白身の魚のサラダ羊のタジン鍋とクスクスサツマイモ揚げホタルイカと [続きを読む]
  • 信濃町 ザ・パーク
  • 私の入院より数日先に相方がK大学病院に入院していた。この病院の11階に帝国ホテルの経営する「ザ・パーク」がある。手術が無事に終わり3時頃になってやっとお昼をこのレストランへ食べに行く。 味は。。。う〜んだった。 景色は素晴らしかったけれど。 [続きを読む]
  • アトリエ・サヴールしばらくお休みをいただきます。
  • 思いがけず相方&私と別々の病院に入院することになってしまいお教室をお休みにしてすみません。2人とも無事退院しております。まさか2人同時にとは。 退院してから開催したパン2クラスの写真です。写真の順に初級のパン・オ・フリュイ/中華饅頭3種/フォカッチャ、そして中級のヴァイツェン・ミッシュ・ブロート/マロン/カネル 家庭の事情により秋までアトリエ・サヴールをお休みします。期間が空くので、現在教室 [続きを読む]