ぴろし さん プロフィール

  •  
ぴろしさん: 北の台所 札幌中央卸売市場から
ハンドル名ぴろし さん
ブログタイトル北の台所 札幌中央卸売市場から
ブログURLhttp://kitanodaidokoro.blog.fc2.com/
サイト紹介文札幌の市場から北海道の旬な魚や野菜やフルーツなどの食材を朝一に携帯から1更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2006/03/13 13:58

ぴろし さんのブログ記事

  • 富良野産とうもろこし・雪の精
  • 今日は朝から雨の札幌。ただ、2〜3日暑い日があったので、ちょうどよい感じの雨になっています。さてさて、食べ物はもうだいぶ夏の物が揃っています。今日はとうもろこしを写してみました。最初は幻とまで言われた白いとうもろこし。昔はピュアホワイトという品種のみでしたが、今は新種ができているんですね。白いとうもろこしはエグミが少なく甘くて、生のままでも美味しく食べられるとか。まぁ、私の個人的な見解ではやっぱり茹 [続きを読む]
  • 標津産トキシラズ
  • 北海道神宮祭、通称札幌祭りの時期です。この日は昔からトキシラズを食べるらしいです。まぁ、いわゆるハレの日のご馳走なんでしょう。トキシラズは時しらず、つまりは時期を間違えて北海道沿岸に来てしまった鮭の事を指すようで、単に時鮭とか呼ばれたりします。ただ、時を間違えていると思っているのは人間の勝手な考えで、北海道以外に遡上する鮭の回遊ルートが北海道付近になっているらしいのです。まぁ、そんな事は置いといて [続きを読む]
  • サメ5匹
  • 市場で今の目玉はスイカの初セリです。昨日のでんすけスイカに続いて今日は雷電スイカ。ちょっと寒すぎていまいちスイカの気分ではないでしょうけど、その分ハウスの中は寒暖が激しく、甘くなるそうです。それはさておき、サメ、室蘭からです。たまに市場に出てくるのですけども、さすがに5匹まとめて並ぶのは初めて。圧巻なので写真に写してみました。 [続きを読む]
  • 鱒子塩筋子
  • 北海道産の本マスを使った筋子です。本マスの筋子は粒は小さいけど、味が濃厚。しかも量が少ないのでかなりの値段になります。いつぞや食品偽装で問題になったレッドキャビアは、値段を考えるときっとこの筋子をバラバラにもののことを指していたんだと思います。(最終的にはもっと安いマスコを使っていましたけどね。)でも食べるにはバラバラにするより、筋についたままの方が遥かに美味しいです。シンプルにおにぎりの具にする [続きを読む]
  • 真イカとチップ
  • 6月から解禁の物が市場に入ってきました。まずは支笏湖のチップ。札幌に近い支笏湖チップはなかなかの高級魚。冷たい水が一段と身を引き締まらせて、美味しさが増すようです。ちなみにチップは俗称で、正式には姫鱒、紅鮭の海に降りない型らしいです。もう一つは真イカ。北海道ではスルメイカの事です。特に夜中に水揚げされて、明け方運ばれるイカは朝イカ言い、札幌では重宝がられます。ここ数年イカは不漁続きなので、特に期待 [続きを読む]
  • 夕張メロン初競り
  • 今日は青果最大イベント、夕張メロンの初セリです。今年はいくらの値段がつくのでしょうか。この記事が投稿されるぐらいには結果が出ているでしょうけど、まぁ私もテレビで見ますかなと。これが終わると少し夏の気分が出てきます。短いと言われる北海道の夏を楽しみましょう。個人的にこれから7月辺りまでが、一番食べ物が豊富な時期だと思います。 [続きを読む]
  • 石狩産ワタリガ
  • ここ2〜3年、良い型のワタリガニが出てきています。石狩湾はシャコも多いし、甲殻類が意外に調子良さそうですね。ワタリガニは名前からすると何処かからか渡って来るような感じがしますが、実際には冬眠から覚めるイメージの方が近いようです。だから暖かくなると出てくるみたいです。ただ、食べるとなると味噌汁とかの出汁のイメージですかね。でも大きい物を茹でて食べると、キメの細かい肉質に濃厚なカニミソ、更にはこのカニは [続きを読む]
  • 小樽産ウニ
  • 今日は夏のような暑さになる予報の札幌。こうなると気分もよく、食欲も増えてくるような気がします。さてさて、夏が近づいて来ると美味しくなるのはウニです。ウニは真夏が産卵時期。だから今ぐらいから中が膨らんできます。5月ではちょっと早いかなとも思いましたが、この房をみたらもう十二分ですな。そのまま、、、いや、温かいご飯でウニ丼のほうが美味しいかな?なとにかく夏まで楽しめる逸品です。 [続きを読む]
  • 山ブキ
  • 寒い日が続いていますが、植物は確実に育っています。今日はフキ、蕗がいい感じになっているので写してみました。フキと言っても山ブキなので筋っぽいし固いし、決して美味しい部類ではないと思います。でもそれが逆に山ブキの醍醐味でしょうかね。シャキシャキとした歯触りと野性味のある清々しい香りが、何とも言えないのだと思います。 [続きを読む]
  • アサヒメロン
  • ゴールデンウィーク明けってなんとなくまったりした感じになる市場。これといったイベントなどがないせいでしょうか。でも、何か忘れているような、、、と歩いていたら道産のメロンが出ているではないですか。どうやら初競りを見逃したようですね。そうそう、この時期はメロンから始まり、スイカ、カボチャまで初競りラッシュになるんですよね。一番のクライマックスは夕張メロンですかね。この他にも山菜も一番の時期。ヒトビロ、 [続きを読む]
  • 厚田産砂ガレイ
  • ゴールデンウィーク真っ只中ですが、今日、札幌の市場は開市です。正月以外は三連休以上しないのが鉄の掟みたくなっとります。ただ、連休の合間なのであんまり品物はないですね。と言う感じですなんとなく砂ガレイを写してみました。カレイ類は基本的には春の早いうちの魚かな。もう終わりの時期でしょうかね。この後はホッケかな。釣りの対象としても人気がありますが、やっぱり生より開いて干したいわゆる「ホッケの開き」のほう [続きを読む]
  • 石狩産生蝦蛄
  •  なんとなく過ごしている間に既に5月、あっという間にゴールデンウィークになっています。ふと気がつくと、結構美味しそうなものが出てきています。春ですな。今日は蝦蛄、しかも生で出ていました。石狩湾の蝦蛄も結構認知されてきていますね。しかし生って、蝦蛄は刺し身でいけるんでしたっけ?まぁ私は無難に茹でた蝦蛄が良いですね。若い時には幾らでも食べられそうだったんですけど、今は3匹ぐらいで胸やけ感じるようになりま [続きを読む]
  • 南茅部産本マス・サクラマス
  • 本マスです。マスは春に遡上して夏を川で過ごし、秋に産卵するらしいです。つまりは春に沿岸に来るので、桜マスとも呼ばれています。川を昇るのは体力が必要らしく、背中に栄養分を溜め込んで、モッコリとするのが特徴です。身はちょっと柔らかめですが、鮭よりきめの細かい肉質がやみつきになりますね。私は塩焼きが一番ですが、独特の匂いが気になる方は上手に煮付けて匂いを消したほうが食べやすいかもしれないです。 [続きを読む]
  • 白老差ボタンエビ
  • 春と言えばエビ。いや、ほぼ年中出ていて特に旬という時期がある訳ではないのですが、冬が終わったばかりの冷たい水から揚がってくるエビはなんとも食欲をそそります。今日は海水に入れられた活けものを写してみました。エビは死んでから多少時間が経った方が甘みが増して美味しいとは思いますが、生きの良いまま食べるのもまた、生命のエネルギーが取り込まれるような気分があり、元気が出てくるような気がします。 [続きを読む]
  • 美唄産アスパラガス
  • アスパラガスです。この時期はもちろんハウス物ですが、道内各地から集まって来ています。やっぱり雪が解けるとこういう緑色の濃いものが欲しくなるんですよね。食べ方は茹でてマヨネーズかな。焼くのもいいですね。栽培技術の進歩は季節感が出ない感じもしますが、美味しいものを長い期間楽しめるのだから、そう悪いことでもないと思います。 [続きを読む]
  • 函館産白かぶ
  • 雪解けも進んだようで、道内野菜が少しずつ増えています。まずは道南函館から。かぶは小ぶりではありますが、ようやく食べられそうなのがそろってきた感じですね。寒いときには汁物のなかに、ちょっと暖かいときには浅漬けであっさりと、、、とこの季節には意外と合っている食べ物です。 [続きを読む]
  • 松前産ヒトビロ
  • 4月です。春です。とは言っても札幌、道路の雪こそ消えたものの、今ひとつ春らしさが少ないです。まだまだ朝晩が冷えるせいですかね。食べ物はそれでも少しは春に近づいているかな。今日はヒトビロを写してみました。最近は栽培物も多いです。でも栽培物は匂いとかえぐ味とかが和らいでいて食べやすいのがいいですね。春の野草は天ぷらが定番でしょうけど、たまにはさっぱりしたものも欲しいところ。これならお浸しで食べてもかな [続きを読む]
  • 松前産ヤリイカ
  • イカと一口に言っても種類は様々。でも北海道では主に春のヤリイカと夏のスルメイカ(真イカ)が一番でしょうかね。ヤリイカは刺し身はもちろんですが、煮ても身が柔らかく食べやすく、甘みも強い気がします。まぁだからかどうかお値段もそれなりに高いです。ただ、近年はスルメイカも不漁が続いているので値段はうなぎのぼり。スルメイカは名前の通りスルメ等の加工用も多いのですが、これらが軒並み打撃を受けています。特に普通 [続きを読む]
  • 苫小牧産北寄貝
  • ここ2〜3日、雪が降りしきり冬に戻った感じの札幌。それでも日が長くなり、積もった雪もあっと言う間に溶けるのを見ると、季節が動いているのを実感します。さて市場の中で春の物をと、、、探してみてもまだちょっと春には早い感じ。ピンとくるものがないまま歩いていると、ふと北寄貝が目に入りました。年中出ている北寄貝ですが、春先は雪解け水が運ぶ栄養を蓄えて、個人的には一番の美味しい時期だと思います。生のまま刺身とい [続きを読む]
  • オホーツク産毛蟹初入荷
  • 毛蟹って年中出回っているのですが、場所によって漁期が違います。この時期はオホーツクの毛蟹。流氷が去った後の毛蟹はどことなくシャープな味わいのような気がします。しかし、最近自分は毛蟹を食べた記憶がないですね。安価なロシア産が減ったのもあるけど、多分ゴミが多くて臭くなるせいだと思います。 [続きを読む]
  • 松前産蓄養ホッケ
  • 3月になって、春らしい物をさがしているのですか、まだまだ魚は冬の物が中心です。そんな中でホッケ。しかも珍しい蓄養。これって刺身で食べられるんでしたっけ?例え食べられたとしても、やっぱりホッケは干して焼いた方が美味しいと思います。蓄養なら脂も乗っているでしょうから、間違いなく美味しいでしょう。ただ、時期的にはもうすこし暖かい方がいいかなと言う感じです。 [続きを読む]
  • 利尻産銀杏草
  • 冷たい海でおいしく育つ銀杏草です。寒い日にこれが入った味噌汁なんてホント最高に体が温まりますね。一昔前だと最盛期にはお手頃な値段になったものですが、最近は高値安定傾向です。街中のお寿司屋さんとかに人気出てきて、すっかり高級食材の仲間入りって感じです。ただ、これを採っているシーンをテレビとかで見たことがありますが、この寒空の中、頭から波を被ったりしていて、見ているだけで体の芯から冷えてしまいます。 [続きを読む]
  • ゴッコ
  • ゴッコです。正式にはホテイウオ。布袋さんのお腹みたいだからでしょうか。今年は暖かい日が多いのであまり気にならないのですが、寒いとコレの鍋が美味しそうに思えます。特にプルプルのコラーゲンが良さそう。主に道南方面で食される魚で、函館方面では干物や冷凍などされて年中出ているようです。 [続きを読む]