ぴろし さん プロフィール

  •  
ぴろしさん: 北の台所 札幌中央卸売市場から
ハンドル名ぴろし さん
ブログタイトル北の台所 札幌中央卸売市場から
ブログURLhttp://kitanodaidokoro.blog.fc2.com/
サイト紹介文札幌の市場から北海道の旬な魚や野菜やフルーツなどの食材を朝一に携帯から1更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2006/03/13 13:58

ぴろし さんのブログ記事

  • お盆休み明け
  • 札幌の市場は日曜を含め3日程の夏休みを終え、今日から平常業務です。お盆時期は私も忙しく、ここの更新をしないままだいぶ経ってしまいました。今日は久し振りのアップです。とは言っても目新しい物はありません。でも朝晩が結構涼しく、時には寒く感じるとやっぱり秋ですよね。そうなるとまずはサンマ。相変わらず漁獲は少ないみたいですが、サイズにもよるけど安く食べられそうなのもチラホラ出てきています。やっぱりこのサン [続きを読む]
  • 浜益産ホンビノス貝
  • これはビノス貝と言います。北米原産で本場ではクラムチャウダーに使われる食材です。一言で言うと外来種。貨物船のバラスト用の海水に紛れ込んで、全世界に広がっているようなのです。外来種と言うと、日本の固有種の生息域を奪ってゆくイメージもあると思いますが、このビノス貝は他の貝とは生息域が違うのでその点は一応安心らしいです。食べるのもさすがに生食はできないけど、後は普通の貝と同じように、酒蒸しやら網焼きやら [続きを読む]
  • 初セリ・札幌すいか
  • 札幌すいかです。道内いたるところからすいかが届きますが、地元札幌のすいかでようやく全て出揃った感じになります。札幌すいかはドリームビーチ付近でとれるすいかで、浜風を受けているのが特徴です。若干の潮風が甘さを引き出す感じになるんでしょうかね。とにもかくにもこれでひと通りの夏の物が出ました。夏の本番なんですけど、どうも今日は天気がイマイチです。 [続きを読む]
  • うな次郎(うなぎではありません)
  • 25日は土用の丑の日、平賀原内が広めたと言われるうなぎを食べる日です。うなぎはまだ完全養殖が出来ず、稚魚を獲って育てるのが普通です。日本近海では、既に稚魚すらも少なく年々うなぎがなくなっていく、、、と思いきや、今年は台湾で獲って香港経由でそれなりのうなぎがいるみたいです。それでもこのままでは資源が枯渇するのは時間の問題。と言う訳からやっぱり色々なうなぎもどきが出ているみたいですね。写真のもその一つ。 [続きを読む]
  • 厚沢部産じゃがいも
  • 暑さが一段落した北海道。一度思いっきり暑いのを経験したあとだと、なんだか食欲が湧いて来るような感じがするのは私だけかな?そんな状態で目に入ったのがじゃがいも。そういや北海道ではまだ新じゃがの部類ですな。ほくほくのじゃがいもとは、想像だけでもお腹が膨れて来るような感じになります。一時はポテトチップスまでなくなるほどのいも不足も解消してきているようです。更に今年はなかなかの出来具合にも見えます。普段は [続きを読む]
  • 初サンマ
  • 道内の方なら既にニュースで見たと思いますが、初サンマです。札幌では今日初セリです。今年はイカは不漁のまま、時鮭も不漁でだんだんと手頃な魚がなくなっています。だからサンマに期待されているようなのです。サンマの好む水温が道東沖にあるらしく、今年は少しは期待できそうですが、記録的な暑さが続いているのが気がかりですね。ただ私としてはこの時期のサンマ、見てても食欲がそそらない。やっぱり秋に捕れる肥ったやつじ [続きを読む]
  • 古平産の蛸
  • 7月に入って一気に暑くなった北海道。月の変わりは天候も変わるようです。ちなみにここら辺には半夏生という日もあります。半夏生は簡単に言っちゃえばこの日までに田植えを終え、一休みする日。作物の根が八方に伸びるようにとタコを食べる所があるとか。なので、タコを写してみました。農作業も変わり目でありますが、魚もやっぱりこの辺で変わりますね。急激に採れる魚が少なくなり、夏枯れという状態になることもしばしば。今 [続きを読む]
  • 富良野産とうもろこし・雪の精
  • 今日は朝から雨の札幌。ただ、2〜3日暑い日があったので、ちょうどよい感じの雨になっています。さてさて、食べ物はもうだいぶ夏の物が揃っています。今日はとうもろこしを写してみました。最初は幻とまで言われた白いとうもろこし。昔はピュアホワイトという品種のみでしたが、今は新種ができているんですね。白いとうもろこしはエグミが少なく甘くて、生のままでも美味しく食べられるとか。まぁ、私の個人的な見解ではやっぱり茹 [続きを読む]
  • 標津産トキシラズ
  • 北海道神宮祭、通称札幌祭りの時期です。この日は昔からトキシラズを食べるらしいです。まぁ、いわゆるハレの日のご馳走なんでしょう。トキシラズは時しらず、つまりは時期を間違えて北海道沿岸に来てしまった鮭の事を指すようで、単に時鮭とか呼ばれたりします。ただ、時を間違えていると思っているのは人間の勝手な考えで、北海道以外に遡上する鮭の回遊ルートが北海道付近になっているらしいのです。まぁ、そんな事は置いといて [続きを読む]
  • サメ5匹
  • 市場で今の目玉はスイカの初セリです。昨日のでんすけスイカに続いて今日は雷電スイカ。ちょっと寒すぎていまいちスイカの気分ではないでしょうけど、その分ハウスの中は寒暖が激しく、甘くなるそうです。それはさておき、サメ、室蘭からです。たまに市場に出てくるのですけども、さすがに5匹まとめて並ぶのは初めて。圧巻なので写真に写してみました。 [続きを読む]
  • 鱒子塩筋子
  • 北海道産の本マスを使った筋子です。本マスの筋子は粒は小さいけど、味が濃厚。しかも量が少ないのでかなりの値段になります。いつぞや食品偽装で問題になったレッドキャビアは、値段を考えるときっとこの筋子をバラバラにもののことを指していたんだと思います。(最終的にはもっと安いマスコを使っていましたけどね。)でも食べるにはバラバラにするより、筋についたままの方が遥かに美味しいです。シンプルにおにぎりの具にする [続きを読む]
  • 真イカとチップ
  • 6月から解禁の物が市場に入ってきました。まずは支笏湖のチップ。札幌に近い支笏湖チップはなかなかの高級魚。冷たい水が一段と身を引き締まらせて、美味しさが増すようです。ちなみにチップは俗称で、正式には姫鱒、紅鮭の海に降りない型らしいです。もう一つは真イカ。北海道ではスルメイカの事です。特に夜中に水揚げされて、明け方運ばれるイカは朝イカ言い、札幌では重宝がられます。ここ数年イカは不漁続きなので、特に期待 [続きを読む]
  • 夕張メロン初競り
  • 今日は青果最大イベント、夕張メロンの初セリです。今年はいくらの値段がつくのでしょうか。この記事が投稿されるぐらいには結果が出ているでしょうけど、まぁ私もテレビで見ますかなと。これが終わると少し夏の気分が出てきます。短いと言われる北海道の夏を楽しみましょう。個人的にこれから7月辺りまでが、一番食べ物が豊富な時期だと思います。 [続きを読む]
  • 石狩産ワタリガ
  • ここ2〜3年、良い型のワタリガニが出てきています。石狩湾はシャコも多いし、甲殻類が意外に調子良さそうですね。ワタリガニは名前からすると何処かからか渡って来るような感じがしますが、実際には冬眠から覚めるイメージの方が近いようです。だから暖かくなると出てくるみたいです。ただ、食べるとなると味噌汁とかの出汁のイメージですかね。でも大きい物を茹でて食べると、キメの細かい肉質に濃厚なカニミソ、更にはこのカニは [続きを読む]
  • 小樽産ウニ
  • 今日は夏のような暑さになる予報の札幌。こうなると気分もよく、食欲も増えてくるような気がします。さてさて、夏が近づいて来ると美味しくなるのはウニです。ウニは真夏が産卵時期。だから今ぐらいから中が膨らんできます。5月ではちょっと早いかなとも思いましたが、この房をみたらもう十二分ですな。そのまま、、、いや、温かいご飯でウニ丼のほうが美味しいかな?なとにかく夏まで楽しめる逸品です。 [続きを読む]
  • 山ブキ
  • 寒い日が続いていますが、植物は確実に育っています。今日はフキ、蕗がいい感じになっているので写してみました。フキと言っても山ブキなので筋っぽいし固いし、決して美味しい部類ではないと思います。でもそれが逆に山ブキの醍醐味でしょうかね。シャキシャキとした歯触りと野性味のある清々しい香りが、何とも言えないのだと思います。 [続きを読む]
  • アサヒメロン
  • ゴールデンウィーク明けってなんとなくまったりした感じになる市場。これといったイベントなどがないせいでしょうか。でも、何か忘れているような、、、と歩いていたら道産のメロンが出ているではないですか。どうやら初競りを見逃したようですね。そうそう、この時期はメロンから始まり、スイカ、カボチャまで初競りラッシュになるんですよね。一番のクライマックスは夕張メロンですかね。この他にも山菜も一番の時期。ヒトビロ、 [続きを読む]
  • 厚田産砂ガレイ
  • ゴールデンウィーク真っ只中ですが、今日、札幌の市場は開市です。正月以外は三連休以上しないのが鉄の掟みたくなっとります。ただ、連休の合間なのであんまり品物はないですね。と言う感じですなんとなく砂ガレイを写してみました。カレイ類は基本的には春の早いうちの魚かな。もう終わりの時期でしょうかね。この後はホッケかな。釣りの対象としても人気がありますが、やっぱり生より開いて干したいわゆる「ホッケの開き」のほう [続きを読む]
  • 石狩産生蝦蛄
  •  なんとなく過ごしている間に既に5月、あっという間にゴールデンウィークになっています。ふと気がつくと、結構美味しそうなものが出てきています。春ですな。今日は蝦蛄、しかも生で出ていました。石狩湾の蝦蛄も結構認知されてきていますね。しかし生って、蝦蛄は刺し身でいけるんでしたっけ?まぁ私は無難に茹でた蝦蛄が良いですね。若い時には幾らでも食べられそうだったんですけど、今は3匹ぐらいで胸やけ感じるようになりま [続きを読む]
  • 南茅部産本マス・サクラマス
  • 本マスです。マスは春に遡上して夏を川で過ごし、秋に産卵するらしいです。つまりは春に沿岸に来るので、桜マスとも呼ばれています。川を昇るのは体力が必要らしく、背中に栄養分を溜め込んで、モッコリとするのが特徴です。身はちょっと柔らかめですが、鮭よりきめの細かい肉質がやみつきになりますね。私は塩焼きが一番ですが、独特の匂いが気になる方は上手に煮付けて匂いを消したほうが食べやすいかもしれないです。 [続きを読む]
  • 白老差ボタンエビ
  • 春と言えばエビ。いや、ほぼ年中出ていて特に旬という時期がある訳ではないのですが、冬が終わったばかりの冷たい水から揚がってくるエビはなんとも食欲をそそります。今日は海水に入れられた活けものを写してみました。エビは死んでから多少時間が経った方が甘みが増して美味しいとは思いますが、生きの良いまま食べるのもまた、生命のエネルギーが取り込まれるような気分があり、元気が出てくるような気がします。 [続きを読む]
  • 美唄産アスパラガス
  • アスパラガスです。この時期はもちろんハウス物ですが、道内各地から集まって来ています。やっぱり雪が解けるとこういう緑色の濃いものが欲しくなるんですよね。食べ方は茹でてマヨネーズかな。焼くのもいいですね。栽培技術の進歩は季節感が出ない感じもしますが、美味しいものを長い期間楽しめるのだから、そう悪いことでもないと思います。 [続きを読む]
  • 函館産白かぶ
  • 雪解けも進んだようで、道内野菜が少しずつ増えています。まずは道南函館から。かぶは小ぶりではありますが、ようやく食べられそうなのがそろってきた感じですね。寒いときには汁物のなかに、ちょっと暖かいときには浅漬けであっさりと、、、とこの季節には意外と合っている食べ物です。 [続きを読む]
  • 松前産ヒトビロ
  • 4月です。春です。とは言っても札幌、道路の雪こそ消えたものの、今ひとつ春らしさが少ないです。まだまだ朝晩が冷えるせいですかね。食べ物はそれでも少しは春に近づいているかな。今日はヒトビロを写してみました。最近は栽培物も多いです。でも栽培物は匂いとかえぐ味とかが和らいでいて食べやすいのがいいですね。春の野草は天ぷらが定番でしょうけど、たまにはさっぱりしたものも欲しいところ。これならお浸しで食べてもかな [続きを読む]