狂的KOJI さん プロフィール

  •  
狂的KOJIさん: 狂的釣行日誌
ハンドル名狂的KOJI さん
ブログタイトル狂的釣行日誌
ブログURLhttp://kyouteki.naturum.ne.jp/
サイト紹介文夏は鮎!冬はワカサギ。合間にエギング、トラウト、バス、更には海も。全ての休日を魚の為に費やしてます。
自由文埼玉中央漁協の寄居支部組合員です。
荒川玉淀の状況ならお任せ下さい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2006/03/13 21:23

狂的KOJI さんのブログ記事

  • ワカサギスカリ+ドカン
  • 一匹が貴重な赤城大沼では、氷の下で魚をバラすのを防ぐ為に多くの人がドカンを使っています。自分もつりピット!の透明ドカン50cmを使ってますが、これより氷厚がある時はドカンを氷の下にげます。そこで登場するのが・・・PROXのワカサギスカリ コイツのネット部分は切り捨てまして(笑)、ワイヤーとホースバンドで合体させます!PPAP(ピコ太郎)風に歌えば「ummm・・・スカリワイヤーバンドカン♪」 あ、もうピコ太郎は終わっ [続きを読む]
  • 氷上赤城・・・バンディカップ(狂的編)
  • 3月19日 群馬県:赤城大沼 【 朝の気温マイナス2度 / 風速15m そよ風 】赤城大沼畔の釣り宿:バンディ塩原(BS)さんの大会も2回目となり、参加も前回より多い70名もの猛者が集結!今季7回目の赤城・・・ポイントは神社脇と決めていた。朝しか食わないなら、近い方が釣り時間が長いからね〜。6時半の開場と共にポイントへ歩いて行くと、koizumi御大が先着していたので、一緒に魚探を探ると・・・私的に絶対釣れる映像が出たので [続きを読む]
  • メスティン買ったお!!
  • 氷上ワカサギ釣りで肉まんを蒸す姿に憧れて、ラージメスティンを購入♪蒸し料理は水を張るので、中敷きのバット網をダイソーで買ってきました。メスティン購入者の儀式その1・・・バリ取りは耐水ペーパーで数分シコシコメスティン購入者の儀式その2・・・表面処理は水溶き片栗粉を煮てみた。さぁ、氷上で調理する前に自宅で練習だ・・・シューマイを蒸してみよう!!↓↓↓↓↓コゲたぉ (´・ω・`) ↑ おコゲだと思えばw ↑ [続きを読む]
  • 氷上赤城・・・ペコリ竿導入
  • 3月11日(土) 群馬県:赤城大沼 【 朝の気温マイナス8度 / チョイ風 】今や赤城で多くの名人が導入している『ペコリ穂先』、自分も昨年2月に猿マネで作るも惨敗(笑) それから敬遠してたけど・・・今季メチャクチャ格好イイ穂先に出会い、どうしても欲しくてコネを通じて作ってもらう事が出来ました!そのペコリ竿に合わせるは、赤城の鬼プロデュースの短枝スの仕掛け。この2点で食い気の無い魚を反射食いさせるのだが・・・長 [続きを読む]
  • リールを新調 O(≧▽≦)O
  • 近年は対象魚専用のリールも多いですが、私は『浅く広く』な性格なので財布事情を再優先のリール選び・・・実売価格で2万円程の16ストラディックCI4+C2000HGSを、お酒に酔った勢いでナチュラム通販ポチっとな〜 リールが到着してからストラディックを調べた所、名機バイオマスターが名前を変えたモノらしいので、今まで使って来たこのサイズのリール同様に浅く広く使えそう・・・まだ使ってないけど、酔いポチの割にはイイ線行っ [続きを読む]
  • 更に進化のワカサギBOX
  • 氷上ワカサギシーズンも残り僅かですが、現代版ワカサギ合切箱が更に進化。つりピット!の支柱可変ホルダーを取り付けました。赤城では時に3mの長仕掛けを使う事もあり、アンテナは必需品。それが3Dで自在に調整出来て更に便利になります。 スライド天板は友人の試作品ですが、リールやエサを置いたりするのに重宝してます ↑ 氷 上 情 報 ↑ [続きを読む]
  • 鮎DVD:小沢聡×小澤剛 前アタリ2
  • 今季発売の鮎DVD2本目は小澤兄弟の前アタリⅡです。前作を見て自分なりに解釈し『反応を得た所では待つ』事が実践出来るようになりました。期待の続編は水中映像を兄弟が解説する形で前作以上にリアルになっています。リアルなのは前アタリだけではなく、あの小澤兄弟でさえ根掛かりを気付かなかったり、魚が掛かってもわからなかったり・・・違うリアルも露呈されてます。大会覇者が最高峰の鮎竿を使っても、トラブルは頻発してい [続きを読む]
  • 群馬ぐびぐび鮎ナイト→松原湖ワカサギ
  • 2月25日 群馬県:まるとび 群馬フィッシングショー前夜、我らNankan?楽部の企画の元、鮎・難覇腕、チームエディ、千葉門一家(笑)など総勢18名が高崎に集結・・・ 今回の主役は妖怪小豆洗いこと『タナップ』、シマノ鮎テスター陣も掛け付けてくれました。2月26日 長野県:松原湖明くる日曜日は、第5回C-Style王座決定戦@松原湖・・・釣りの準備はしてたけれど、夜半過ぎまでコテコテに呑んだ挙句に車中泊した結果、松原湖に [続きを読む]
  • ワカサギDVD:千島克也“攻め”のワカサギ釣り
  • 8月発売のDVDなので、今更のレビューですが・・・自分のワカサギ釣りは氷上がメインなので、今が旬ですDVD全編に渡って親切な解説付きですが、やっぱり自分は桧原湖の氷上編から先に見ちゃいました (笑)千島名人の釣りを生で何度見ている自分でも、DVDなら解説付きで何度もスロー再生で見れるのは嬉しいネ。(2017シーズンの松原湖は数が伸びない中、このBlog投稿時点で5釣行中5連続の竿頭なのは驚愕の事実)DVDは爆釣で終わるの [続きを読む]
  • 氷上赤城・・・5戦目はニンマリ
  • 2月18日(土) 群馬県:赤城大沼 【 北西の風10m / 朝の気温マイナス8度 】5回目の赤城はバンディ塩原の早朝ミーティングで『そろそろ魚も春めくかな〜?』と、フカンドを外してポイント探索する事に決定・・・まぁ探索なんて大袈裟なモンじゃなくて、いつもBSクラブの仲間に付いて行くだけなんですけど(笑)1穴目から魚探は好感触 いつもなら仲間達で映像をチェックしてシェアするのだけれど、何故か今日は皆んなカタツムリに [続きを読む]
  • 恒例のワカサギ内容物(笑) ※閲覧注意
  • 過去何度かネタにしているワカサギの食レポ。今回は2月11日に赤城大沼で釣ったワカサギ・・・天ぷらにすると、お腹がうっすら赤茶色(笑) まぁこんなの序の口で慣れっこですから箸でお腹を分解すると、やっぱり紅サシINこれって、着色餌だからわかるのであって、白サシなら気づかないで食べてるよな。きっと、激臭のラビット餌も 以前、コマセを食べてるワカサギをBlogネタにしました。コマセの可否はルール化出来ても、切ったエ [続きを読む]
  • 氷上赤城・・・4戦目
  • 2月11日(土) 群馬県:赤城大沼 【 晴れ / 朝の気温マイナス12度 】今日は午後から風が吹く予報だったので、午前中だけ遊ぼうとバンディ塩原さんのお弁当も頼まず、いつものフカンドへ・・・魚探映像は最近安定のショボ画像だけど、前回釣行で一人寂しくギックリ腰をしたので仲間と並びました今や1束が天な赤城だから、仲間とバカ話しながら暇を耐える釣りが楽しい♪ 予定通り昼には撤収して反省会。ショボイけど、ほぼ誘い上げ [続きを読む]
  • コールマンから燃料を替えてみた
  • 氷上ワカサギや鮎釣りキャンプの灯りとして重宝するノーススターランタン、極寒クッキングの必需品スポーツスターの燃料として使ってきたコールマンのエコクリーンに替わり導入したのがガレージ・ゼロのホワイトガソリンです。替えようと思った理由は単純に価格です。コールマンが3200円/リットル800円に対してガレージゼロは2500円/リットル625円です(4リットル缶・狂的調べ)。もっと割安なJX日鉱日石の18リットル/リットル238 [続きを読む]
  • 川の再生交流会 2017
  • タイトルからしてツマらなそうで、きっとナナメ読みの人も多いと思いますので最初に書きますが・・・Basserであり鮎師であり漁協従事者の自分は、難しい話抜きに交流会後の鰻コースが食べたい不純な動機で参加しています(笑)埼玉県は県の面積に対して川の面積の割合が日本一、『川の国』と称して積極的に川に関するプロジェクトを回しています。毎年参加している川の再生交流会もその一つで、川に接する方々との交流発表会的な位 [続きを読む]
  • 竿じまん!! の裏側 (笑)
  • 鮎釣り界のTOPブロガーEIJUさん・・・僕にしたら釣り友と言うより呑み友で、頭髪の色とブログとは裏腹に実はマジメなお兄さん。その辺の話は長野の植木屋!さんがよく話してくれますし、リアルに会った人は知ってるよね(笑)今回のEIJU Blogでは端折ってますが、ただ竿自慢(股間ネタ)写真をお願いするじゃなく、しっかりと竿のスペックなどを聞いて写真に収めてるの! まぁ、それでも森岡さんにお願いしてる時は笑いが無くてコ [続きを読む]
  • 小澤ツヨポン生仕掛け!
  • 横浜グビグビ鮎ナイトのクライマックスは、じゃんけん大会でした。 3名人がこの日の為に特別なプレゼントを用意してくれたとあり、会場のバモノスの熱気はピークに! 狂的KOJIはツヨポンとのジャンケンに勝ちシマノ賞をGETそのプレゼントの中身がビックリ!『小澤剛お手製の仕掛け』です。シマノの監修仕掛けじゃありませんよ(笑) 本人自作の仕掛け、しかもトレンドの細糸ワンピース・・・こんな貴重なの使えんし! 製作見本とし [続きを読む]
  • 赤城の氷上でギックリ腰
  • 1月29日 群馬県:赤城大沼 【 快晴無風 / ぽかぽか陽気 】氷上赤城3回目、いつものようにゆっくり入場・・・と、言うか神社駐車場の中では最後尾。目指すはフカンドだが、今日はいつもの戦友と少し離れてみた。理由はアウェイのリッキー君が集団から離れ2日連続で1束越えしてたから。リッキー君はテントなので穴決めは慎重、先日は20穴開けて決めたらしい。負けじと?掘っては移動を繰り返すこと4穴目、穴から電ドリを抜こうとし [続きを読む]
  • 【 動画 】DDMも外部電源で・・・
  • これまで狂的オリカラDDMはエネループで動かしてきたけど、極寒の氷上では電池の冷えから巻き上げパワーが落ちることも・・・ならば、わかさぎの蔵と同様にモバイルバッテリーでパワーコントロールして動かしちゃいましょう。前々から岩洞のtacoさん、鮎友達のラウンドフォレスさんと夜な夜な交信していましたが、着手の決め手は乱獲.comナゴテツ氏のカラフルコントローラー。何ボルトまで加圧するとブローするか・・・そこが人柱 [続きを読む]
  • 欲しい竿の振り比べ(横浜FS)
  • 今季発売の鮎竿カタログを見て気になったのは、シマノはトリプルフォース急瀬GとリミプロSC(2.6)、ダイワはスペシャルTypeSの3本・・・横浜グビグビ鮎ナイトへ呑みに行くついでにフィッシングショーで振り比べてみました。スペシャルTypeSは初代を使っていた自分にしたら、年々パワーupするS系に疑問符ですが、青色大好きな自分には高得点でした!続いてTF急瀬G・・・所持するリミプロTF急瀬Pより軽いとは何事だ!?と、ドラゴン [続きを読む]
  • グビグビ鮎ナイトに参加してきた
  • 横浜グビグビ鮎ナイトに参加して来ました。会場となった地中海料理バモノスは貸切かつ満員御礼、ラッキーな事に案内して頂いた席は三名人の目の前!乾杯から始まり有岡さんが軽快なトークで参加の皆さんを盛り上げます。ただDVDを流すだけじゃなく『このシーンを見て欲しいのですが』的な解説と、その時の心理状態(駆け引き)をお笑い交じりで話してくれて、この人達は漫才トリオかいな?と・・・まさか廣岡さんがあんなに面白い [続きを読む]
  • 風よけ+竿置き
  • 氷上ワカサギ釣りの風よけを新調しました。3ミリのアクリルで25cm角、グリーンエッジ色、3方曲げ加工でAmazonで2500円は驚き。自作するより安いかと ちなみに、7年前に買った箱は1万円・・・これも時代の流れですな新調した理由はカタツムリの低床化・・・ウイングが邪魔になり外しただけでは留まらず、箱自体を低くする結論になった訳です。これに、つりピット!のエサ箱ステップと閻魔工房の蔵マグネットを組み合わせて竿置きに [続きを読む]
  • 横浜グビグビ! AYU NIGHT
  • 1月20日に発売のDVD『鮎釣り最強セッション 激戦区の足取り』に合わせて企画されたイベント【 横浜グビグビ! AYU NIGHT 】に応募した所、募集30名の狭き門をクリアーして見事当選しました 4千円のDVDが付いて、地中海料理バモノスで+飲み放題+特別映像+3名人との素敵な時間が過ごせて1万円は破格じゃないですかね3名人とお会いするのは、有岡さんが2013年の報知オーナー有田川、廣岡さんが2014年の鮎釣りオールスター、剛さん [続きを読む]
  • 赤城2回目・・・返り討ち
  • 1月14日(土) 群馬県:赤城大沼 【 風速10m強 / 気温マイナス10度 】松原湖の解禁日(13日)は怒涛のラッシュに沸いたようで、いつもの狂的KOJIなら松原湖に向う所ですが・・・前回の赤城で良い釣りをしたもんだから『みんな松原へ流れれば、赤城が空くぞ〜』と、捕らぬ狸の皮算用で登ります(笑)今日から赤城神社からの入場が可能とあって、5時に神社Pへ・・・バンディ塩原まで歩いて行き、常連さんと談笑しつつ作戦会議。前 [続きを読む]
  • 現代版 ワカサギ合切箱
  • 今季から道具箱をメイホーのVS-7070にしました。立岩湖、赤城大沼と2回使いましてVer.2になったので公開我ながら惚れ惚れしたのは、オプションのサイドポケットに、つりピット!の魚探ステーが無加工で付いたこと。電源となるモバイルバッテリー、大きなTriビームの振動子も一緒に入ります。背面の狂的ネオンも勿論モバイル電源(笑)ボックスの中身は釣り道具は勿論、穴あけ用のBOSCH 36V や可変する氷掬いも。穂先は箱の裏にマジ [続きを読む]
  • 赤城解禁 200ピキ
  • 1月9日(月祝) 群馬県:赤城大沼 【 前夜から積雪 / 朝の気温マイナス2度 】解禁前夜からの降雪で赤城への道はフカフカの深雪とガタガタのアイスバーンで中々テクニカル。そんな道中思ったのは『着いても氷上の雪でソリ(カタツムリ)引けなくね?』だった。ダメならバンディ塩原で新年会でもやるか5時前に大沼に着くも湖畔は満車状態。常連の皆さんもお揃いで、年券を作って頂きお神酒で乾杯!今日の作戦を練る。やはり氷上に [続きを読む]