hidepin さん プロフィール

  •  
hidepinさん: 素晴らしい日々〜Splendid days
ハンドル名hidepin さん
ブログタイトル素晴らしい日々〜Splendid days
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/miroku_kamui567/
サイト紹介文感動したこと…疑問に思うこと…何気ない日常を過ごすのも、感謝の日々を過ごすのも自分次第…(毎日更新)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2006/03/17 19:41

hidepin さんのブログ記事

  • 肉親との関わり方
  • 『しくじり先生、俺みたいになるな』この番組はすごくいい番組だと思う。ある意味のカミングアウトだけど、自分が犯した失敗を例に挙げて他者への教訓とする。本当に勇気の要ることだと思うよ。故松方弘樹さんの息子さんである仁科克基さんがこの番組に出ている。聞いて... [続きを読む]
  • 知らぬが仏
  • 真実を知ること。これは大切なことなのであろう。でも翻って、間違ったことを信じ続けるのは完全にだめなこと?そうは言えないような気もする。何故かって…人は、真実を知ってしまったがために、平穏な日常が一変し、苦悩の日々を歩むことだってある。何なら、知ら... [続きを読む]
  • ウワノソラ
  • 心ここに在らず。これを上の空っていうんだよね。 気懸りなことがあればついついそこに意識を向けてしまう。そうしていたって、けしていい気分になるわけでもないのに…また、その逆もあり。今起きている現実が受け入れられず、現実逃避するため、あえて意... [続きを読む]
  • 日本の誇り再発見
  • どこかの誰かが言っていた。「最近のテレビでは、日本が素晴らしい国だとことさらに印象づけるような番組が多い。これは逆に言うと日本人の自信のなさのあらわれではないのか?」とな。いいじゃないか!日本の素晴らしさをもっと日本人に広めたらいいんだよ。... [続きを読む]
  • 茹で蛙
  • 「戦争」ってどこか縁遠いように思えたけど、油断しているその隙に突如として戦争前夜のような状況になることもあるのだろう。 ここのところ毎日、北朝鮮に対してアメリカ軍の攻撃があるのではないかとそういう話がニュースを賑わしている。 北朝鮮が... [続きを読む]
  • いじめは気持ちいい?
  • いじめは良くないことだよ。ってCMなんかもやってりしているけど。いつの時代だって、無くそうとしているのだろうにいじめは存在する。いじめ問題って、永遠になくならないんじゃないのかな…いじめについていろいろ考える。人はなんだかんだ勧善懲悪、好きだよね。... [続きを読む]
  • 肩書き
  • 卒業、入学、入社、異動…春はいろいろ動きのある季節ですね。 自分自身に変化はなくても、周りが変われば自ずとその変化の影響を受けたりする。なんだかんだ、みんなが変化の渦のただ中に放り込まれる春。 さて、年度変わりで役職付きになるような人... [続きを読む]
  • 苦しいときの神頼み
  • 苦しいときの神頼み。「お願いします、神様!」救いの主の出現を期待するのだが。お願いするときにだけ都合良く神様を思い出す。普段は神に感謝なんてしないのにね。人は現金なものだよね。お願いして、そこでまた、神様に期待しちゃうわけだ。「... [続きを読む]
  • 必要な人
  • 人は、自分が必要とされていないと感じる時はとても辛いですね。裏を返して言うと、人からの注意が向けられなくなる。注意というのは存在させるエネルギーなのだ。良かれ悪しかれ人は他人の注意をもらってこの世界に存在する。存在感という意味でだが。そこで... [続きを読む]
  • 人として
  • とあることがあって、ちょっと嫌な気分になっている。自分のミスで相手に迷惑を掛けてしまったとき、詫びなり、謝罪など、なんらかの行動を取るのが筋だと思うが、どうだろう?また、そこにはどんな意を込めるかが大事ではないだろうか?仕事の依頼側と請け側の関... [続きを読む]
  • 核無き世界?
  • 核無き世界が実現しない理由とは。さっき聴いていたラジオで、その理由の一因に日本が影響している。と…一瞬「ん?」と思ったのだけど。反核団体などは、戦争の悲惨さ、核兵器使用の残忍さを声を大にして訴える。確かにその声は、核兵器使用による悲惨さを伝... [続きを読む]
  • カウントダウン
  • どんな人であれ死ぬ宿命をもっている。人は生まれた瞬間から死へのカウントダウンが始まっているとも言えるわけで、今この瞬間もカウントダウンタイマーは動いているのだ。タイマーの設定時間は不明。人により違ってくる。残された時間はわからない。この残さ... [続きを読む]
  • シャレっ気
  • ラジオだったかな…くだらないんだけど、思わずクスリと笑ってしまった話。お店の店主だかが、インタビューを受けていた。インタビュー当初からなんかノリノリの雰囲気の店主なのだが。話の流れの中でリポーターが従業員の一人についてこう聞いた。「彼女は... [続きを読む]
  • 悩む人に対して
  • 日々、みな様々な悩みとともに生きている。自分にとっては重大なことでも、「そんなことで悩んでたんだ?」なんて他人からしてみればたいしたことじゃなかったり。かつて、若き頃、結婚まで考えていた彼女と破局。苦悩の中、食事も喉を通らないような時期があった。... [続きを読む]
  • 普通の中にある喜び
  • 唐突だが。余命宣告を受けたがん患者が、告知後に最初に感じたうれしかった事は何か?この問いには正直なところ全く思い当たるものが浮かばなかった。告知を受けた後はとてつもない絶望感をもったり、なぜ自分が?と言う無限の問いかけだったり、死への恐れ、きっと他にも... [続きを読む]
  • 正義の人
  • これは良いこと、あれは悪いこと。人は、それぞれ自分の正義の基準があって、それに基づいていろいろなものをジャッジする。電車のホームに整列乗車をする列に、後から来て平気で割り込んでくる人がいる。なんて非常識な奴だ!と心の中では怒り心頭の人。悲しい目で見... [続きを読む]
  • 差別?を受ける人々
  • まったくろくでがなく、常識がなく、傲慢で、他人のことなど気にすることもなく、身勝手な振る舞いをする奴ほど「差別されている」とか「不当な扱いを受けている」とか声高に被害者ぶるのだ。そんな時ばかりは世の中に向けて弱者として振る舞うんだ。声が大きい分、注目を... [続きを読む]
  • 日々の過ごし方について考えること
  • 幸せ、ってなんでしょうかね。目の前に起きている同じ現実があっても、人によってはそれを不幸だと感じることもあろうし、逆にそれを幸せだなと感じる人もいるだろう。何の変哲もない日常がとても幸せなことのように感じられたり。またその逆に何も変わらない毎日が苦痛... [続きを読む]
  • 子供の頃の不思議な経験
  • ふと思って、遠い昔、子供の頃に経験した不思議な話を書いてみたいと思う。40年近くも前の出来事だ。あれは本当に不思議な経験で今でも鮮明に記憶に残っている。たしか小学5年の頃だった。その頃、仲の良かった友達と度々釣りに出かけていた。その日は4〜5人の友達と... [続きを読む]
  • 生まれてきた意味
  • この世に生まれてきた意味について考える。それは確固とした答えがあるわけでもなく、ある意味人智を超えたところにあるのだろう。もしも、その意味が魂の成長ということであって、魂を成長させるためには苦しみが必要であるとするならば、苦しむことには意味があり、むし... [続きを読む]
  • 私の世界
  • 「私以外、私じゃないの」♪ってあったよね。ちょっと前に流行ったけど。私以外は私ではない。本当にそうなんだよね。主観的に観る世界では、自分以外はみな他人。この世界に存在する私は何十億人といる人々の中でたった一人の自分。自分の思った通りの世界を経験す... [続きを読む]