Zarathustra さん プロフィール

  •  
Zarathustraさん: ツァラトゥストラはこう言っている?
ハンドル名Zarathustra さん
ブログタイトルツァラトゥストラはこう言っている?
ブログURLhttp://moon.ap.teacup.com/zarathustra/
サイト紹介文狂いつつある日本の政治状況や政治言説に対して苦言を呈するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2006/03/19 04:10

Zarathustra さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」(北海道立近代美術館)
  • 本物のゴッホの絵が見られるということもあってか、平日なのに普通の企画展の土日並みに人がいるのにまず驚いた。展示の内容や形式も、ゴッホの絵とそこに影響している浮世絵が具体的に比較できるような形で展示されており、漫然と見ることになりにくような配慮がされていたと思う。以下、見ていて思いついたことなどを箇条書き的にメモしておく。●浮世絵で東海道五十三次などの風景が多く展示されていたが、江戸時代末期の頃には [続きを読む]
  • 2016年に読んだ本
  • 毎年恒例の読書のまとめ。去年もそれほど大きな衝撃を受けるよな本はなかった。ただ、2015年までよりは少しずつ本を読む時間はとれるようになってきているので、読んだ本の数が2011年頃の水準(70-80冊程度/年)まで戻ってきたところが違う。(しかし、ピーク時と比べると半分くらいか?)この程度の数では、新しい分野に手を伸ばすことができるところまでは行っていない感じもするので、今後は質量とももう少し膨らませていきたい [続きを読む]
  • 「博物館ゼミナール小樽学 考察 小樽の軟石建造物(その2)」
  • 前のエントリーに続き、第2回の講義(比較考察 札幌の軟石建造物の現状と札幌軟石について)についてメモする。今回の講義で最も興味深かったのは、札幌の軟石建造物についての調査結果に関する説明だった。中央区には商業用の蔵や倉庫が多く、札幌が産地だった玉葱の倉庫が多い。北東部(北区、東区)は同じく玉葱倉庫が多いが、農業用のものが多い。南東部(白石、厚別、豊平、清田)は平岸がリンゴの産地だったため、農業用の [続きを読む]
  • 博物館ゼミナール小樽学 考察 小樽の軟石建造物(その1)
  • 小樽市総合博物館で毎年3月に開催されている連続講義、博物館ゼミナール小樽学。今年は私の関心(のうち、建築からその土地の歴史を読むこと)とかなり近いテーマであったため楽しみにしていた。現在のところ、第1回と第2回の講義をきいてみたが、期待通り興味深い講義だった。第1回は「小樽の軟石建造物の現状と小樽軟石について」というテーマ。小樽や札幌の歴史的建造物を見ていると、素材について「小樽軟石」とか「札幌軟石」 [続きを読む]
  • 2015年に読んだ本
  • 去年は強烈なインパクトを受ける本との出会いはあまり多くなかった。読んだ本の数も少ないので、もう少しいろいろと読まないといけないように思う。★ダン・アリエリーの行動経済学に関する文庫本はなかなか良かった。『予想どおりに不合理』、『不合理だからうまくいく』、『ずる』行動経済学は伝統的経済学の合理的経済人モデルを、単に理論的にではなく実証的に批判する。最初の本で示されている数々の実験のうち、価格が0とい [続きを読む]
  • 過去の記事 …