windknot さん プロフィール

  •  
windknotさん: 趣味はフライフィッシング
ハンドル名windknot さん
ブログタイトル趣味はフライフィッシング
ブログURLhttp://windknot.naturum.ne.jp/
サイト紹介文還暦フライマンの渓流釣行記。 ごくたまに近所の川でオイカワも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2006/03/23 01:32

windknot さんのブログ記事

  • 午後から激シブ
  • 17日の火曜日、朝霞ガーデンへ。夏の間は朝6時ごろからハルの散歩に行くのだが、冬になると6時ではまだ真っ暗だし、とにかく寒い。1月も半ばを過ぎて日の出は少し早まってきたけれど、先般の大寒波のときは指先が千切れそうなほどに痛くなった。上野村にハコスチをねらいに行きたかったが、この寒さ、道路も凍っていると怖いしね(冬用タイヤ持ってないので)火曜日は上野村の冬季釣り場はお休みだし、じゃあ秩父FFでもと思ったら [続きを読む]
  • ミニテーブル
  • 釣りに行ってコーヒーを入れたりするときに小さなテーブルがあったら便利だろうと思っていた。お湯を沸かして紙パックのコーヒーをドリップするだけだからテーブルなんてなくてもまったくかまわないのだが、あれば便利だろう。渓流釣りならそこらじゅうに岩やら石やらがごろごろしているから、なるべく平らな岩などをみつけて、アルコールストーブやワンバーナーなどでお湯を沸かす。しかし、平らだと思っても実際コンロの上にコッ [続きを読む]
  • 今年の準備
  • 現在いっしょに住んでいる孫娘のアーちゃんが昨日から熱を出した。インフルエンザの診断で39度と高熱なので娘もカミサンもピリピリしていて、「エー、ちょっと釣りにィ」だの「山へェ」だのと、とても遊びにいける雰囲気ではない。さいわい今朝になって熱も下がり当人はもうケロッとしているが私も家でおとなしくしていることにした。そろそろ解禁の準備にフライでも巻き始めるのにちょうどいいか。巻き始まるまえにストックのフラ [続きを読む]
  • 初釣り
  • 2016年のアウトドアは秩父のトレッキングで締めくくった。2017年の初アウトドアもまた秩父、というとまた山かといわれそうだが今度はフライフィッシング。(この写真は昼休憩のときに撮ったもの)秩父フライフィールド、前回ここを訪れたのは2013年の11月の終わりだったから3年ぶりということになる。フライフィッシングも昨年の11月の終わりの神流川以来だからずいぶん久しぶりだ。9月に定年を迎えて今はアルバイト程度の仕事しかし [続きを読む]
  • 今年最後のアウトドア
  • 29日に今年最後のアウトドアへ。今回も釣り、じゃなくてハイキング。芦ヶ久保駅前の道の駅に車を止めて日向山(633m)、丸山(960m)を回って芦ヶ久保にもどってくるルートだ。11月の終わりに初めての低山ハイキングを始めてからこれで4回目の山行となる。最初の越生、大高取山〜桂木観音コースは歩いた距離こそ10kmと長かったが標高は大高取山山頂でも374m、標高差にして290mほどしかなかった。歩いた距離の1/3はふつうの道路だ [続きを読む]
  • Blue Heron
  • 昨日の朝、仕事に出かけようと着替えているとピンポーンとチャイムが鳴った。カミサンはすでに出かけていて私ひとり、あわててズボンをはいて玄関に。宅配便の配達員から受け取ったのは三角柱をしたダンボールの荷物。前日に発送連絡を受けていたものがもう届いたのだった。届いたのは”お待ちしてました”のニューロッドだ。Blue Heron Superfine 7'6" #2-3 Windknot Special私にとっての初代Blue heronが手元にやってきたのは20 [続きを読む]
  • 大持山〜ウノタワ
  • この冬から始めた低山ハイキングも3回目、12月15日初めて標高1000メートルを越える山に登った。大持山からウノタワへ周り、スタート地点にもどる周回コース。これまでの2回は電車を利用したいわゆる縦走型のコースだった(1回目の大高取山は道を間違えてスタートの越生にもどってしまった)が今回はアプローチに車が使える。歩程7.4km、標高差740m、これまでの2回に比べると格段にハードなコースだが、出かける前はよく調べもしな [続きを読む]
  • 4本目のロッド
  • 4本目の自作ロッドが完成した。先月2ピースのロッドを4ピースに改造していて、1本まるまる組んでみたいという気持が高まってきた。2年ほど前に入手したまま放ってあった7'6" #1 4ピース のブランクがあったので、11月の終わりごろから取り組み始めてコツコツとやってきた。#1 ということでオイカワ用にとネットで買ったブランクだったが、届いてみるとオイカワ用にしては硬すぎて当時は組む気がしなかったものだ。もちろん#2 か#3 [続きを読む]
  • 大霧山で虹を見た
  • シーズンオフのお楽しみ、低山ハイキングの第2弾は東上線小川町からの大霧山・定峰峠コース。コースガイドでは歩程8Km、3時間ほど、大霧山からの眺望がすばらしい本格的なハイキングコースとなっている。人気のコースらしく検索してみると山行記録もたくさん見つかった。コースの概要は小川町駅→(バス25分)→橋場バス停→(歩50分)→粥新田峠→(歩25分)→大霧山山頂→(歩30分)→旧定峰峠→(歩40分)→定峰峠→(歩35分)→白石バス停 [続きを読む]
  • 上野村で思わぬ入魂
  • 昨日は上野村の冬季ニジマス釣場に出かけた。紅葉はもう終わって落葉の季節。風邪が長引かなければ紅葉を眺めながら釣りができたのだが。前日の夜、雨が降っていたが当日の予報は晴れで風もない、はずだったのだが早朝目をさますとゴーゴーと風の音が聞こえた。自宅近くのガソリンスタンドで給油している間も寒さに身が縮んだ。上野村に着くころには風が治まってくれればいいがと淡い希望をいだく。しかし、期待はいつも裏切られる [続きを読む]
  • 低山ハイキング
  • 気がつくとだいぶブログの更新をさぼってしまった。たしか今月の5日ごろから風邪をひいてしまい、釣りはもちろん何をするにも気持が乗らない日々が続いていた。熱が出て寝込む、というほどの風邪ではないが初めのころはのどの痛みと咳がひどく、その後はずっと鼻風邪状態が延々と続いている。そういえば昨年もこんな風邪のひきかたをしていた。長引くのは歳のせいなのかもしれない。そんな風邪もようやく治まりつつあって、久しぶ [続きを読む]
  • 紅葉とフライフィッシング
  • この間の土日は年に一度の学生時代の仲間とのバーベキューパーティ。友人の勤める会社が所有する箱根の別荘を借りての開催だ。例年は7月か9月に行われるのだが今年は10月の末、箱根では秋もすっかり深まっての開催だった。今はもう使わなくなってしまったファミリーキャンプの道具が活躍するので一応、私が行かないと成立しないバーベキューということになっている。実際は私が、というよりも私の道具が来ないと、ということだがス [続きを読む]
  • リバーウォッチング
  • 来シーズンに向けて新規開拓の下見をかねて川を見にいってきた。といっても私が初めてなだけのメジャーな河川。今日は天気も快晴、気持よく川を散策できた。もちろんロッドは持たず、ウェーダーも履いていない。林道が続いている川なので足元はトレッキングシューズ。渓魚たちの恋の季節をじゃまするようなことはしたくないので水には入らない。魚の姿を少しでも見ることができたらいいなと思っていたのだが、少しどころかたくさん [続きを読む]
  • 上野村のハコスチ
  • 先週いけなかった上野村の ニジマス冬季釣り場に行ってきた。ここはご存知の方も多いと思うが、群馬県の水産試験場が開発した遊漁用のニジマス「ハコスチ」を放流していることで有名だ。昨年はじめての放流をした直後に一度おじゃまさせていただき、ハコスチの並々ならぬパワーを味わわせてもらっている。今年も今月8日から冬季釣り場として営業を始めているが、ネットで見る限りあまり釣れているという話に出会わない。漁協のFB [続きを読む]
  • 大型レインボーの迫力
  • 3連休の最終日となる10月10日、明日は上野村 ニジマス冬季釣り場でハコスチをねらおうと早めに寝床に潜り込んだ。8日にオープンした冬季釣り場だが、スタートの状況は渋いらしい。明日はどうなるだろうなどと考えながら眠りに落ちる寸前、ここの定休日はいつだったかという疑問がちらりと頭をかすめた。火曜だったか木曜だったか、火曜だとすると明日は定休日だ!今さら起きだしてネットを見るのも面倒なので、朝おきたら一番で確 [続きを読む]
  • オフのお楽しみその②
  • 前回、オフのお楽しみその①としてオイカワのフライフィッシングを紹介した。お楽しみその②は管理釣り場のフライフィッシング。渓流フライマンとしては管理釣り場もやはり渓流エリアがお気に入りだ。昨日(10月4日)さっそく群馬県藤岡市にある赤久縄さんに行ってきた。こちらも今年の台風で下流のポンドエリアには土砂が流れ込みたいへんだったようだが、渓流エリアは一見して特に異常はないようだった。水量はやや多目といったと [続きを読む]
  • オフのお楽しみ
  • 今年の渓流フライフィッシングは9月末をもって終了となったが、私はすでに29日からオフ。私のオフのお楽しみその①は・・・近所の川でのオイカワ釣り。現在このブログではC&R区やTV・雑誌などで紹介されている有名河川は別として、河川名はふせているが、まあふせる必要もないような近所のY川。さっそく9月29日、30日といってみた。29日は夕方にSO橋の上流、橋の上から見ると魚の群れが見えた。ライズも散見できたのでこれ [続きを読む]
  • シーズン最終釣行
  • 9月28日、いよいよ今シーズンも最後の釣行。度重なる台風の襲来といい加減にしてくれといいたくなるくらい長居を続ける秋雨前線。おかげで8月以降はなかなか気持のいい釣りができないまま最終釣行となってしまった。この数日はまとまった雨も降っていないので近場の渓もいいコンディションとなっているのを期待して出かけた。川に下りてみるとまだまだ水は高いようだ。あとで護岸際のブロックを通過するときに気づいたが、いつもは [続きを読む]
  • 雨の釣行
  • 少し前、先週の月、火曜日の釣行。またもや台風から逃げ回るように、なるべく影響の少なそうな場所を選んだつもりだったが結果的には雨の中の釣行となってしまった。釣場に着くまでの道中は降ったり止んだりの繰り返しだった。川に着いたときは土砂降りとはいわないまでも、けっこうしっかりと降っていた。どんなもんかと雨雲レーダーを見ようとしたが「通信サービスがありません」というすげない表示。しかたないので少し道を引き [続きを読む]
  • 中ノ沢毛ばり釣り専用区
  • 台風の襲来がやっと落ち着いたかと思ったら今度は秋の長雨シーズン入り。川の増水はまだ収まりきらないうちにまた増水ということになりそうだ。実際、いまは9月13日午前9時だが自宅のある埼玉県南西部では激しい雨が降り続いている。今シーズンの渓流釣りも残りあと半月と少し、群馬県の渓流はあと1週間で禁漁となってしまう。年券を持っている群馬県上野村漁協では役場前C&R区の上にある堰堤で土砂の流出があり釣りができる状 [続きを読む]
  • ヤマメと遊ぶ
  • 台風13号は台風としての寿命は短かった。だが台風の名を返上した後も地域によっては大雨の被害をもたらしたようだ。8月終盤から連続する台風に日本列島は翻弄され続けた。そんな中で釣りのことなど書き連ねるのはなんだか気が引けるが、昨日の雨は長く続かなかったのが釣り馬鹿にとってはありがたかった。前回、増水で遡行をあきらめたヤマメの渓、そろそろいけるんではないかと虫がうずくので出かけてみた。6時半に現着、支度を [続きを読む]
  • 朝霞で100匹
  • 昨日の朝、ハルの散歩中、天気もいいしどこかへ行きたいが川はまだ水が多そうだし、と思案していた。それなら久しぶりに、と朝霞ガーデンに行ってみることにした。シーズン中はほぼドライフライで通してしまうが、マーカーが引き込まれるあたりの感触を味わうのも悪くないと思った。朝食をとってから出かけたが、9時には到着、近いということはいいことだ。6時間のライセンスを買って池に向かう。フライ池には公園側に3人、土手側 [続きを読む]
  • 近場でヤマメ釣り
  • 東北遠征から帰って4日目、遠征の記事をブログにつづりながら気持はすでに川へと向かっていた。しかし台風10号の爪あとは深く、関東の渓も軒並み増水が続いている。ホームグラウンドの神流川は堰堤からの土砂流失もあって壊滅状態。来シーズンまでにどこまで回復するのだろうかという惨状だ。養沢のHPを見ると水は多いものの営業はしているようだった。養沢でこの状態ということは一般渓流はまだ相当に増水だろうが、釣りができ [続きを読む]
  • 東北遠征2 岩手編
  • 8月25日、東北遠征4日目、当初は生保内川でロッドを振った後、葛根田川近辺にあるキャンプ場に入る予定だった。しかし翌26日の天気は危険を伴うような大雨となっている。軟弱な私はここでキャンプを放棄、安全快適な旅館に宿を取ることに変更した。釣りのほうも葛根田で26日以降釣りができるかわからないので生保内川はパス、すぐに葛根田川に入ることにした。想像していたよりずっと広い川だった。そしてここも水はかなり高め。入 [続きを読む]
  • 東北遠征1 秋田編
  • だいぶ更新をサボってしまったが、その間に東北遠征へ行ってきた。これまで東北は福島県までは何度か行ったことがあるが、福島より北は始めての遠征。あこがれの北東北だ。半年も前からああだこうだと妄想をふくらませ、8月にはいってからは情報収集と細かいスケジュールの編成に入れ込んだ。そして組み立てたスケジュールは、8月22日に出発、まずは秋田の役内川に入り、24日まで周辺を探索、次に岩手の葛根田川へ移動。28日まで雫 [続きを読む]