windknot さん プロフィール

  •  
windknotさん: 趣味はフライフィッシング
ハンドル名windknot さん
ブログタイトル趣味はフライフィッシング
ブログURLhttp://windknot.naturum.ne.jp/
サイト紹介文還暦フライマンの渓流釣行記。 ごくたまに近所の川でオイカワも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2006/03/23 01:32

windknot さんのブログ記事

  • 野呂川釣行記 2
  • 1日目は私のほかに登山の人が一人、登山の人といっても明日からこの上の山小屋で奥さんといっしょに働くのだそうだ。奥さんは先行して山小屋に入っていて明日はここまで迎えに来るのだとか。小屋番のHさんには「ふつうは逆だね、だんなが奥さんを迎えにくるでしょ。」とからかわれていた。翌朝、天気は薄曇で気温は13℃、水温は10℃ちょっとあった。林道の終点まで下って釣りあがることにした。芦安の案内所にクマの目撃情報が掲 [続きを読む]
  • 野呂川釣行記 1
  • 前回のブログアップからだいぶ間が空いてしまった。この間、釣りには一度いったきりでそれもチビヤマメ1匹という散々な釣果だったため、アップする気にもなれなかった。また、学生時代の仲間との年に一度のBBQ合宿?などもあったりして釣りはお預けという状態だった。そしてひさしぶりの釣行が今回の野呂川釣行。河川名は載せないことにしているこのブログだが今回の野呂川はキャッチアンドリリースの指定もある有名河川である [続きを読む]
  • イワナの渓から本谷へ
  • 6月22日、23日の釣行。初日は5月18日に行った新規の渓にほぼ1月ぶりに入り、翌日は上野村の本谷毛ばり専用釣り場で釣りをしてきた。前回は入渓してすぐに釣りはじめたが、よかったのは終盤になってからだった。今回は20分ほど歩いてからスタートした。川に降り立つとなぜか昔なつかしいアルマイトのヤカン、空き缶やペットボトルはめずらしくないが川でヤカンというのははじめて見た。ぽつぽつと釣れはしたが本格的に釣れはじめた [続きを読む]
  • 空梅雨かな
  • 気がついたら半月ちかくブログも更新していなかった。月初めに福島で里見スクールに参加した翌週は釣りに行かなかったので釣りをするのは10日ぶりほどとなる14、15日の釣行。今回はヤマメの渓をやって、その日はキャンプ、翌日はイワナの渓というスケジュールだった。いつもより少し早めに家を出て8時前に川に着いたが、平日にもかかわらず林道には先行者の車がすでに2台。追いやられるように上に上にと走っての入渓となった。しか [続きを読む]
  • 今年も里見スクール
  • 昨年に続けて今年も裏磐梯「おやど風来坊」で行われた里見栄正さんのフライフィッシングスクールに参加してきた。スクールは6月3日(土)、4日(日)の2日間の開催だが、2日から前乗りして釣りを楽しんだ。このあたりではまだ放射能の影響で達沢川と高森川の2河川しか解禁されていない。この日は達沢川に入ることにした。せっかくの里見スクールだが天気はどうもご機嫌ななめでこの日も明け方までかなりの雨が降っていたらしい。川は増 [続きを読む]
  • イワナのご機嫌
  • 週末は裏磐梯「おやど風来坊」主催の里見さんのスクールに参加する予定なので今週は釣りはお休み、のつもりだった。しかし、昨日は関東内陸部は30℃を越える夏日となる予報。先週はまとまった雨もあったし、さぞかし渓魚の活性もあがるだろうなと思ったら我慢できずに一昨日の夜はいそいそと釣りの支度をしていた。今月はGW明けの鬼怒川釣行で苦労し、中盤は新規のイワナの渓でまずまずだったものの先週のキャンプ釣行は思ったほ [続きを読む]
  • キャンプ釣行
  • 今週はテントを積んでキャンプ釣行。昨年はキャンプは一度もできなかったので、久しぶりのキャンプだ。林道脇にキャンプするのにちょうどよさそうなスペースがあって前からねらっていた。よく見ると石を組んで炉が作られていたり、そばには「山をきれいに使いましょう。」というような看板が設置されていたりするので、キャンプ地としてよく使われているのだろう。キャンプ地に着いたのは1日目の夕方の話で、この日は朝からイワナ [続きを読む]
  • 新規開拓の渓
  • 今週は車中泊はなしの日帰り釣行、新規開拓の渓に行ってきた。地理院地図を眺めてめぼしを付けていた川だが、釣りに関してはほとんど情報がなかった。地形から想像するとイワナの渓だが、そもそも魚が棲んでいるのかどうかもわからない。まったく生命反応が得られないようなら別の川に転戦するつもりでいた。登山道が川に沿っているので少し歩いてから入渓しようかと思っていたが、川を見ると我慢ができずにすぐにロッドを振り始め [続きを読む]
  • 2日がかりの1匹
  • ゴールデンウィークの間テレビでは連日、高速道路の渋滞のニュース。釣りに行かなくてよかったといいながら孫娘のあーちゃんを連れて秋が瀬公園に行ってみた。早めに出発したつもりだったが、公園内の駐車場はどこもほぼ満車状態、やっと駐車できるスペースを見つけることができた。みんな混雑する行楽地を避けて安近短で楽しもうということなのだろう、園内はなにかのイベントでもあるのかというくらい混んでいた。広場には色とり [続きを読む]
  • イワナもだんだん
  • 26日の夜はもうおなじみとなった道の駅で車中泊。車中泊がよっぽど好きなのかと思われそうだが、別に好きなわけではない。定年再雇用の身としては時間はあるけどお金はない、というのが今の立場。これまでは月に3、4回だった釣行回数も今なら7、8回は行ける時間はあるがそうすると頭の痛いのが交通費。高速代とガソリン代を釣行の度にかけていたらたいへんなことになってしまう。そこで1回いったら2日は釣る、ということにした [続きを読む]
  • ヤマメも元気になってきた
  • 今週も26、27日とヤマメとイワナの渓で遊んできた。26日はずっと雨模様の予報で気をもんできたが、日が近くなるにつれて雨マークが少なくなるいい展開になってきた。当日になって雨マークは昼過ぎに2時間ほどだけとなって、よし、いいんじゃないかと元気に出発。今回は車を止めたところから少し下って堰堤の上から入渓。このところ悩まされ続けた風もなく、水温は朝9時を過ぎたところで10℃を越えていて状況はよさそうだった。フラ [続きを読む]
  • 中ノ沢毛ばり釣り専用区
  • どうも釣行のたびに「いいお日和」にめぐりあえない。今週も18、19日と車中泊での釣行、今回は上野村へ行ってきたのだが。お目当ては毛ばり釣り専用区だが、16日の日曜日に電話したら空いているのは中ノ沢のG区のみということで、なんとか滑り込みで予約成功。本谷しかなかったときでも平日なら前日でも予約できたのだが、今年はなんだか盛り上がっているみたいだ。18日の火曜日は専用区はお休みなので予約したのは19日の水曜、18 [続きを読む]
  • 今シーズン初イワナ
  • 12日は日帰り温泉によって疲れを癒してから、またコンビニで食料とビールを調達、道の駅に車を止めた。前回の車中泊と同じ道の駅で、前回は車の中でひとり宴会だったが今回は道の駅の休憩所を使わせてもらった。ときおりトイレを使いにくる人はいるが、休憩所を使うひとはいなくて、貸切状態。暖房もそこそこきいている部屋で暮れてゆく山並みを眺めながら飲むビールがうまかった。前回から半月がたって夜の寒さも和らいでいるだ [続きを読む]
  • 雨の翌日は
  • 12、13日の釣行。渇水気味だった渓が先週末の雨で潤いを取り戻し、春の陽射しをあびての絶好の釣行を期待したのだが、前日の11日にこれは予想外の雨が降ってしまった。水位モニターでは30cm以上の増水となった上に気温の低下もあり、なんてことだと天気の神様を恨みながら家を出た。川に着くと一晩でピークよりはかなり水位も下がったのか、見た目にはちょうどいいくらいの水量だった。9時半の気温は7℃弱、水温もほぼ同じくらい [続きを読む]
  • 赤いヤマメ
  • 先月アップした記事に「赤いストーンフライ」というのがあったが、同じ水系で今度は「赤いヤマメ」の話、といってもストーンフライのときのようなダニの寄生といったグロテスクなものではないのでご安心を。6日の木曜日に出かけたのだが、前日は会社の大先輩を囲んでのお花見で例のごとく2次会、3次会とよく飲んだ。これが夜の宴会となるととても翌日は釣りになんぞ行けないところだが、お花見なので3次会が終わってもまだ8時前。 [続きを読む]
  • チェストパック
  • 愛用してきたベストが寿命というわけではないがだいぶ痛んできた。購入したのが2008年の6月だからほぼ9シーズン使ってきたことになる。釣行日数で言えば300日弱くらいになるだろうか。こうしてみるとそうでもないが、近づいてみるとそうとうに汚い。あちこち泥だか汗だかのシミだらけで着ている当人はなにも感じないが、他人が見たらぜったい触りたくない、と思うかもしれない。背中のポケットのファスナーは今にも壊れそうだし衿 [続きを読む]
  • 完璧なヤマメと無残な渓
  • 28日は温泉に浸かったあと、山を下りてコンビニで弁当とビールに地酒を調達、近くの道の駅に車を止めた。シートを倒して寝袋を広げ寝床を作ってからひとり宴会。外は深々と冷え込んできているようで、ときどきエンジンをかけて車内を暖めないと寒くていられない。缶ビールとコップ1杯の酒がいい具合に眠気を誘ったが、いざ寝袋に潜り込むとなかなか寝付けない。久しぶりの車中泊に気持が高ぶるのか、明日の朝は半端な冷え込みじゃ [続きを読む]
  • 春を求めて
  • 解禁からもう間もなく一月が過ぎようとしている。ここまで釣行日数だけはそれなりにこなしてきたが、どこへ行っても水が少なくなかなか満足のいく釣りができていない。そりゃ腕のせいだろ、と言われればそのとおりなのだが、もう少し水量があればなあ、とは思う。26日にはそれでもけっこうまとまった雨が降り、週明けの28、29日は天気も回復、気温も上がって絶好の釣り日和だろうと勇んで出かけてきた。26日の雨はこのあたりではま [続きを読む]
  • 里川で撃沈
  • 昨日(3月22日)はある里川への釣行。この川、数年前の夏、目的の川へ行く途中で道を間違え、偶然とおりかかったところ。そのときは県道の上からのぞいてみたら良型のヤマメが見えたのでちょっとのつもりでロッドを振った。数匹のヤマメが釣れたのでいつかもう一度と思っていた。前日の21日は久しぶりにまとまった雨が降ったので川の状態も少しはよくなっているんじゃないかと期待もあった。8時前に現地に到着、支度をして川に下りた [続きを読む]
  • 赤いストーンフライ
  • 昨日は近場の川へ。自宅のある埼玉県南部はけっこうな雨が降っていた。雨雲レーダーをみるとめざす川には雨雲がかかっていない。予報では1日曇りで最高気温は8℃となっていた。どんよりとした曇り空の下、冬枯れた渓はいかにも寒々しく見えた。林道からのぞいてみると数匹のやまめが見えた。昨年の解禁釣行はこの川だった。そのときはヤマメの姿は見えなかった。姿が見えたからといって釣れるわけではないが、「いるいる・・・」と [続きを読む]
  • ヒレピンに会いに
  • 神流川ではいいサイズのヤマメに遊んでもらいながら、やっぱりヒレピンに会いたくて今ごろはまだ人があまり入らないんじゃないかと思える川に行ってみた。はじめて釣りをする川で勝手がわからないが標高700mほどの場所。合流している本流にはヤマメが放流されているので餌釣りの人たちはたぶんそちらにいるはず。もっとも人もいないがヤマメもいない、ということもあるわけでとにかく釣ってみなければわからない。開けた川でロッド [続きを読む]
  • 続解禁釣行
  • 2日は1日曇りでときおり雨がパラつくという天気だった。4時過ぎまで釣りをして予約していたヴィラせせらぎへ向かうころには雨が連続して降るようになっていた。3日は晴れの予報だが、風がちょっと心配だった。翌朝6時をまわって明るくなってきたのでちょっと川の様子を見に出てみた。なんともう釣人の姿が3人、4人・・・みなさんこの寒いのにたいへんなことで。心配していた北風が強く体感温度は0℃近い感じだった。もちろんライズ [続きを読む]
  • 神流川で解禁釣行
  • 今年の解禁釣行は上野村の神流川C&R区間。2日、木曜日のみの予定でいたが、事前の天気予報では霙混じりの雨模様、翌3日も休みだったので思い切って一泊することにした。1日の昼の予報では2日は雨だったが、夜になると雨の時間帯が前倒しにずれて日中は曇りと予報が変わった。予報どおり雨は夜半に上がり、8時半ごろ上野村のヴィラ裏C&R区につくと明るい曇り空、風はなく思ったよりも暖かい。川にはすでに数人の釣人の姿、肝 [続きを読む]
  • 解禁前日の漫ろ
  • 2月も今日で終わり、明日から3月。3月といえば弥生という言葉がなじみ深いが、陰暦では花見月、花つ月、夢見月などともいうらしい。どれも春らしいすてきな呼び名だ。すてきな、とくればフライマンのみならず渓流釣りを趣味とする者にとっては3月はまさに心躍るすてきな月。弥生三月花の季節だが、渓流釣師にとっては花より渓魚、渓流で花を愛でることができるのはまだもう少し先のことになる。そして心躍る月の前日の今日はなにを [続きを読む]
  • 城峯山
  • 一昨日(2月20日)は全国的に強風が吹き荒れる大荒れの天気だった。前日のニュースでも明日は大変だから気をつけるようにといっていたのだが、ネットで天気予報をみるとなぜか埼玉県はそうでもない。秩父はお昼前後は晴れて最高気温も12℃ほど、風速は1〜2メートル程度となっていた。それならばと秩父FFに行こうかとも思ったが、久しぶりに山登りもしたい。ヤマレコで最近の山行記録を検索して城峯山(ジョウミネサン)という山に行 [続きを読む]