ぶくろの住人 さん プロフィール

  •  
ぶくろの住人さん: いけぶくろピックアップ
ハンドル名ぶくろの住人 さん
ブログタイトルいけぶくろピックアップ
ブログURLhttp://ikebukuro.areablog.jp/page.asp?idx=10000003
サイト紹介文いけぶくろ周辺のさまざまな話題 「いけぶくろねっと」のブログ版 http://www.ikebukuro-net.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2006/04/11 17:57

ぶくろの住人 さんのブログ記事

  • FT/17がインターンシップ・プログラム参加者募集
  • フェスティバル/トーキョー17(FT/17)がインターンシップ・プログラム参加者の募集をしている。18歳〜35歳までで舞台芸術の制作業務、広報業務に興味のある人、募集人数は28名程度で、制作部門では(20〜25名程度)、広報部門(2〜3名程度)となっている。締め切りは5月30日。応募は下記のHPから フェスティバル/トーキョーは東京都などが主催する国際舞台芸術祭で池袋西口公園、東京芸術劇場、あうるすぽっと、にしすがも創造舎 [続きを読む]
  • 池袋西口に銀座 篝(かがり)が出店
  • 池袋西口のメトロ副都心線コンコースのエチカに、ラーメン屋の「銀座 篝(かがり)」が出店した。篝(かがり)は「ミシュランガイド」でビブグルマンとして選出されている店で、銀座だけではなく大手町、札幌などに出店していて池袋で6店目となっている。池袋店も銀座店と同じようにカウンター席だけの小さな店だ。 ミシュランガイドでの格付けは、星3つから星一つと、星は付けないが美味しい店として「ビブグルマン」を紹介していて [続きを読む]
  • 駒込でツツジとバラを 六義園・旧古河庭園
  • ゴールデンウィーク時期のJR駒込駅のプラットホームは見事なツツジの花に挟まれる。そんな駅から数分の「六義園」と、駅から徒歩12分の「旧古河庭園」の花木がみどころとなっているようだ。 六義園はホームページで「ツツジ真っ盛りです!」と案内している。六義園には赤、桃、白、橙といった色とりどりのツツジでおよそ30種で1000株があり見事なツツジが咲き誇る。4月29日〜5月7日には開園時間を午後6時(通常5時)までに延長し、 [続きを読む]
  • としま産業振興プラザ(IKE-Biz)は5月1日から
  • としま産業振興プラザ(旧勤労福祉会館)は貸室の会議室・多目的ホール・音楽室・地下1階の体育室などが5月1日から利用できるようになる。IKE-Bizは、指定管理者制度でサントリーパブリシティサービス株式会社が管理運営する。ただ2・3・4・7階の施設は豊島区役所の施設が入居するので区役所の直営となる。注目されているのは1階に入居するレストラン「egg」、ニューヨークのマンハッタンで人気の「egg」の東京店で4月21日に開店する [続きを読む]
  • 芸劇の 演出はイギリスから 音楽は邦楽
  • シャークスピアの最も人気が高い「ハムレット」の公演が東京芸術劇場で4月9日から28日にある。(4月7・8日はプレビュー公演)。演出するのはイギリスから招いたジョン・ケアードさんで、日本のために斬新な解釈で取り組むという。音楽も尺八の演奏家、作曲家の藤原道山さんが担当する。内野聖陽さん、貫地谷しほりさん、壤晴彦さん、村井國夫さん、浅野ゆう子さん、國村隼さんなど俳優14人が出演する。通常は20人から30人が出演す [続きを読む]
  • 子育て・保育についての情報源・相談窓口
  • 「とうきょう子育てスイッチ」という子育てに関する情報を集積したサイトがある。子育てサポート情報として、行政サービス、保育園・こども園など、児童館などを検索できるページ、都内の子育て関係のイベンチ情報などを提供している。 東京都庁の子育て・保育は「とうきょう保育情報」サイトで情報提供している。「保育サービスを使いたい」、「保育所を作りたい」、「保育所で働きたい」、「都の政策を知りたい」の4分野で情報 [続きを読む]
  • 都電の愛称  東京○○トラムに 都電に愛称を8つの候補から
  • 都電荒川線の魅力をアッピールして利用者を増やし、沿線地域の活性化をはかるために、外国人の含めた観光客に親しみやすい愛称をつけるという。愛称は一般公募ではなく、都交通局が選んだ8つの愛称のいずれかについての意見を募集している。締め切りは4月7日。 候補名はローズ(Rose)、さくら(Sakura)、フラワー(Flower)、ブルーム(Bloom)、クラシック(Classic)、レトロ(Retro)、ノスタルジック(Nostalgic)、レガシー(Legacy)。  [続きを読む]
  • 池袋の街はどんな街 人口 世帯 外国人
  • 池袋の街と言っても、どこからどこまでか?豊島区役所は豊島区内を東部・北部・中央・南部・西部の5地域に分けていて、中央地区はJR池袋駅を中心に西は川越街道、山手通り、東は春日通り、都電に囲まれた地域{東池袋、南池袋(一部)、西池袋(一部)、池袋}としているので、この範囲の地域が『池袋の街』と言えるだろう。 その池袋の街の人口は、51,905人(豊島区284,307人)でそのうちの16.7%(豊島区全体で27,080人)が外国籍 [続きを読む]
  • 東京空襲資料展 東京芸術劇場で
  • 3月10日は「東京都平和の日」。1945年3月10日に米軍による下町(現在の江東区、墨田区、台東区、中央区など)を中心に大空襲があった。その日を1990年に東京都が「東京都平和の日条例」として定めた。資料によると空襲は米軍のB−29爆撃機325機が大量の爆弾と焼夷弾を投下し、死者約8万-10万、負傷者は4万-11万名、被災者は100万人を超え、被災家屋26万戸以上あったと言われている。 豊島区が大きな被害にあったのは、下町の空襲 [続きを読む]
  • 人工知能と共に歩める未来社会 学習院で講演会
  • プロの将棋棋士がコンピュータに負けたなど、さいきん人工知能についてのニュースが多くなっている。人工知能の発展は私たちにどのような影響を与えていくのだろうか? そんな問いにヒントになるかもしれない講演会「人工知能と共に歩む未来社会にむけて」という講演会が3月4日午後1時から学習院大学で開催される。講師は「ドワンゴ人工知能研究所」所長の 山川宏さん。 従来の人工知能から最近の深層学習(ディープラーニン [続きを読む]
  • 「ふるさと納税」で豊島区役所は7億円収入減に
  • 豊島区民の「ふるさと納税」で、2017(平成29)年度に豊島区役所の収入はおよそ7億円減収になるという。この数字は2月8日に豊島区長記者会見で発表された2017年度の予算発表の資料で公表された資料によると、2016年度はおよそ4億円だった寄付金控除額の減収が約7億円に拡大すると予想している。 発表によると、豊島区の2017年度の一般会計予算は1,167億1百万円、国民健康保険、介護保険、後期高齢者保険などを含めると 1,815億9百万 [続きを読む]
  • 柳家三三が芝居に 2月15日から「あうるすぽっと」
  •  東池袋の劇場「あうるすぽっと」で落語の柳家三三(さんざ)さんが劇団「イキウメ」とコラボする芝居がある。柳家三三さんは若手のホープとして注目されている落語家。劇団「イキウメ」は2003年に旗揚げした劇団で、読売演劇大賞や鶴屋南北戯曲賞などを受賞している。その劇団イキウメの<カタルシツ演芸会『生きてる時間』>と題する公演。2月15日から18日まで5回公演する。 噺は<時給500円で人間やってます。時間を切り [続きを読む]
  • 豊島区の小中学校の改築が進む
  • 区立池袋第三小学校が1月から西池袋3丁目の改築された新しい校舎で授業を開始した。改築期間中は、西武椎名町駅近くの旧真和中あとの仮校舎を利用していた。豊島区の小中学校改築計画で前期計画の西池袋中学、池袋中、目白小、池袋第3小の改築がすみ、残る池袋第2小学校と巣鴨北中の建設工事も進んでいる。 区の小中学校の改築は、2008(平成20)年から30年間にわたる計画に基づくもので、前期の10年で6校(統合新校を含む)・中期 [続きを読む]
  • 池袋演劇祭2017 参加劇団募集中
  • 2017年9月に開催される「第29回池袋演劇祭」が参加団体の募集を開始した。締め切りは4月9日。参加できる条件は、プロ、アマチュア劇団(個人、団体)で、2017年9月中に豊島区内の劇場・ホール等で2日間、2回以上の公演ができる劇団であること。 この演劇祭の特徴は全ての審査員を公募し、審査員の採点によりて池袋演劇祭大賞(副賞 賞金30万円)、優秀賞(副賞 賞金15万円)、豊島区長賞などを決定している。審査員の募集は昨年の例 [続きを読む]
  • 花粉飛散 2月15日から18日ごろから始まる 都予測
  • 花粉症で悩んでいる人には厳しい苦節が近づいてきた。東京都の花粉症対策検討委員会が都内の2017(平成29)年の春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測を行い、その検討結果を1月19日に発表した。 公表された予測によると、花粉の飛散開始日は2月15日から18日ごろで例年並みで、(過去10年間の平均では2月16日)、花粉が多い日は30日程度との予測をしている。多い日とは「花粉捕集器に1日あたり30個/平方センチメートル以上の日」だそ [続きを読む]
  • 農業で独立、興味・就職 そんな人に「新農業人フェア」
  • サンシャインシティで2月18日に「新・農業人フェア」というイベントが開催される。独立して農業を始めたい人、就職・転職先として農業を考えている人、農業に興味がある人そんな人のためのイベント。 気軽に農業について相談できる4つの種類のブース(出展数約180団体)が設置される。就職先・転職先として考えている人向けに農業法人や個人事業主の「求人募集ブース」、研修生を募集している農業法人や就農支援団体などの「研修生 [続きを読む]
  • 勤労福祉会館が「IKE・Biz」(イケビズ)として4月オープン
  • 西池袋の勤労福祉会館が4月から「IKE・Biz」(イケビズ)として改装・改名して再開する。名称は「としま産業振興プラザ」で、愛称は昨年夏の公募で「IKE・Biz」(イケビズ)となった。 管理運営はこれまで「としま未来文化財団」が指定管理者だった4月からは「サントリー」の関連会社「サントリーパブリシティサービス株式会社」に替わる。指定管理者の指定は昨年末の豊島区議会第4回定例会で承認されている。 指定管理者となる [続きを読む]
  • 高校生に専門学校見本市 サンシャインシティで
  • サンシャインシティ 文化会館4Fで1月25日13:30〜18:00に「ワクワク職業体験 ワクスク」と言うイベントが開催される。案内パンフによると、高校生などに様々な仕事を紹介するために、看護師、福祉、美容師、、声優、テレビ業界、公務員、警察官などの30種類以上の職業の実演するブースが置かれる。その職業の仕事やその準備のための各種の専門学校など68校の情報が提供される。各種専門学校などは情報提供だけではなく相談に応じる [続きを読む]
  • 野田芝居は大入りが続く。1月18日から3月12日まで 61回公演
  • 東京芸術劇場で1月18日から「足跡姫」〜 時代錯誤冬幽霊 ときあやまってふゆのゆうれい 〜 と言う芝居が始まる。<江戸を舞台に野田秀樹が描く“勘三郎へのオマージュ”!>作品だそうだ。野田さんは、その「思い」はノダマップのホームページに掲載している。 出演者は宮沢りえさん、妻夫木聡さん、古田新太さん、佐藤隆太さん、鈴木杏さん、池谷のぶえさん、中村扇雀さん、そして作者の野田秀樹さんなどが出演する。このスタッ [続きを読む]
  • 池袋駅で迷子にならない案内サインを!!
  • 池袋駅をいつも利用していると、混雑している駅構内の通路で案内標識を確かめながら歩いている人を見かける。日常的に駅を利用している人は気付かないが、池袋駅の構内は迷路なのかもしれない。 そんな迷路にわかりやすい案内板をとJRや私鉄が共通の案内誘導サインを創る「共通化への指針の骨子」をまとめ広く意見を求めている。意見は2つの質問へは回答と骨子への意見・提案を意見シート、または便せん等で12月22日までにメール [続きを読む]
  • 東京芸術劇場には100万人が来ている!!
  • 池袋西口のランドマーク東京芸術劇場は1990年に開館して26年たった。この劇場は何人が利用しているのだろう。劇場を東京都から委託されている東京都歴史文化財団の資料によると年間およそ100万人が利用している。この100万の利用者は池袋の街に何をもたらしているのだろうか?コンサートや観劇の前後に池袋で食事・買い物・・など。 具体的には2014(平成26)年のデータによると1999席のコンサートホールの稼働率は76.7%で、観客は [続きを読む]
  • 豊島区にはミシュラン一つ星は 2軒
  • 「ミシュラン」で巣鴨と大塚のラーメン屋が一つ星を獲得。12月2日に発売になった「ミシュランガイド東京2017」に巣鴨1丁目の「蔦」(つた)と南大塚の2丁目の「鳴龍」(なきりゅう)が一つ星のレストランとして掲載された。「蔦」は昨年に続いてで、「鳴龍」は今回が初めたの掲載。豊島区で星を獲得したのはこの2軒で、3つ星、2つ星に掲載された店はない。 東京版には、三つ星12、二つ星54、一つ星161、そして5千円以下で上 [続きを読む]
  • 区役所跡・公会堂跡のいま
  • 豊島区役所が2015年5月に南池袋に移転してから1年7か月。旧公会堂の隣の生活産業プラザの7階から見ると、区役所跡は地下の構造物の解体をしているようだ。公会堂跡はすでに更地になっていて、区民センター跡は解体が本格化している。(11月21日現在)2016/11/212016/08/10201620162016/031961年の記念レコードのジャケット [続きを読む]
  • 議員の仕事ってどうなの 私もできるの!?
  • 池袋3丁目のみらい館大明で『区議会議員の仕事ってどんなこと? 〜友達にはまだいない、区議会議員ってどんな人なのだろうか?〜』と題して地元の5人の区議会議員さんのトークセッションが11月27日(日)の午後2時から4時に開催される。参加議員は小林弘明さん、清水みちこさん、西山陽介さん、芳賀竜朗さん、山口菊子さん。 このトークはみらい館大明の「ブックカフェ」のイベントで、様々な職業のゲストを招き、「職業についた [続きを読む]