shimo さん プロフィール

  •  
shimoさん: 下村昇の窓/blog版
ハンドル名shimo さん
ブログタイトル下村昇の窓/blog版
ブログURLhttp://shimo.exblog.jp/
サイト紹介文執筆中の本のこと、漢字の見方・考え方、日々感じたこと、創作童話など、気ままに綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2006/04/15 17:44

shimo さんのブログ記事

  • 孤立防ぐ家
  • LGBT(性的少数者)の孤立防ぐ家 理解者ら集うシェアハウス 都内で次々 温かみある内装 地域交流も期待『足立・竹の塚』シェアハウスでは珍しい新築で一戸建て。4.3万円〜5.95万円の4部屋。「高齢になったLGBTが老人ホームで肩身の狭い思いをしている」という話を耳にしたのがきっかけ、「いつかはそれぞれの尊厳が大事にされるグループホームを作りたい」入居者にはボランティア活動などを通して、少しずつ地域とかかわってほし [続きを読む]
  • 保育園落ち提訴
  • 保育園落ち提訴 問題提起 三鷹の母親 市側の義務問う児童福祉法24条は「市町村は保護者の労働などのために保育を必要とする子供を保育所で保育しなければならない」などと定めている。だが、ある女性の場合、2015年春、第4子の三女が市内の認可保育園の入園選考に落ちた。第3子の長男は5年前に同じ園に入れたため「通知の文書を目にした時はがくぜんとした」という。共働きなどの子育て世代が増え、競争が激化したとみら [続きを読む]
  • 神田祭 楽しみ倒すアプリ
  • 神田祭 楽しみ倒すアプリ 山車カメラ生中継 古地図で今の場所確認 明神さんも協力 あす公開日本三大祭りの一つといわれる神田明神の神田祭(5/11〜17日)が、スマトフォンで多彩な楽しみ方ができるようになる。今年は自分が今いる場所を古地図上で表示したり、山車に取り付けたカメラから生中継したりする。400年の伝統を誇る神田明神も実は新し物好き「新しい試みは大歓迎」と全面協力した。アプリはいずれも無料。22日に午 [続きを読む]
  • 待機児童解消へ なお30人
  • 待機児童解消へ なお30人 杉並区 需要に追いつけず 地域に偏在■保育料見直し必要杉並区の待機児童数が30人になることが分かった。保育定員を2348人増やしたが、需要に追いつけなかったという。認可保育所19カ所、小規模保育所10カ所を新設するなどして2348人の保育定員を増やしたが、それでも就学前児童や働く女性の増加などにより、申込者は昨年を482人上回る4457人となった。待機児童となった人が30人出たが用地確保の難し [続きを読む]
  • 業者の本当の声知って
  • 「業者の本当の声知って」 移転問題、築地で意見交換会移転問題に揺れる築地市場で移転に反対する青果や水産の仲卸を中心に小売業や都民ら約300人が参加した意見交換会があった。「市場の本当の声を、広く都民にも知ってほしい」とか「我々にも移転賛否を聞いて」「豊洲は風評が心配」などたくさんの意見が出た。参加した水産仲卸は「同業者と移転について話す機会は少ない。みんなの思いを聞けて良かった」という。この日だされ [続きを読む]
  • 路上喫煙
  • 路上喫煙の過料「逃げ得」が横行 千代田区、禁煙条例施行15年 処分は、年間7000件超全国初の罰則付き路上禁煙条例を施行して15年になる千代田区。条例は千代田区のヒット商品「歩きたばこやポイ捨ては自分の心も捨てること」という。東京駅周辺や官庁街での喫煙は少ないが、神田駅や秋葉原駅といった繁華街では目立つという。区では路上での喫煙を減らすため、屋内喫煙所作りにも力を入れてきた。担当者は「たばこを吸う人も吸わ [続きを読む]
  • 古希バンド
  • 古希バンド 一緒に青春熱唱 練馬の元同級生ら 還暦から活動10年バンド名は「座・6年3組」07年のクラス会をきっかけに結成。技術的に自信のなさから、観客も一緒に歌ってもらうスタイルを考え、宮本さんが営む喫茶店で常連客らに声をかけて始まった。「白いブランコ」「イチゴ白書をもう一度」「小さなスナック」「星のフラメンコ」など、リクエストにも応じる。会場一体となって熱唱。観客の浜口さんは「カラオケは自分の練習や [続きを読む]
  • 比べて!チーター
  • 比べて!三つ子のチーター 多摩動物園日野市の多摩動物園で三つ子のチーターが生まれた。じゃれ合ったり、走り回ったりする愛くるしいい姿が人気を集めているという。三つ子の名前はオスがアイガーとジョラス、メスがクラリスだそうだ。いまはまだ母乳が主だが歯が揃い始め少しずつ肉も食べているという。体重は平均4キログラム。ところで、比べて、の『比』はどんな字だろうか。『比』は「北」が背中合わせに二人の人がたつ形な [続きを読む]
  • 座席ゆったり再開
  • 座席ゆったり再開 武蔵野市民文化会館 改修終了武蔵野市の市民文化会館が改修工事を終え、リニューアルオープン。エスカレーターやエレベーターを新設。客席は大ホールが1350から1252席に、小ホールは470席から425席になったが椅子は広く背もたれも高くなり、お客様はリラックスして鑑賞できると思うと係りの人は言う。ところで座席の『座』はどんな字だろうか。『座』は「广」(家)+「人」を2つと「土」で人々が地上に座って頭 [続きを読む]
  • 甲状腺がん 原発事故後に診断
  • 甲状腺がん 半数「結婚心配」 原発事故後に診断 子供の患者アンケート東京電力福島第一原発の事故後、甲状腺がんと診断された子供たちを経済的に支援している民間基金が、患者へのアンケート結果を公表した。事故当時19歳までの81人のうち68人が回答。診断を受けて心配になったことを訪ねると「結婚」が最多の35人、学業・治療費がともに33人、就職が30人…同基金は「健康上というよりも差別を受けることへの恐れが根底にあると [続きを読む]
  • 国分寺市の農産物 地元で味わう 
  • 国分寺市の農産物 地元で味わう 農家を回って仕入れ 飲食店に国分寺市は都内の都市部で面積に占める農地の割合が2番目に大きい。そこで、地元の農産物は地元の店で…という、いわゆる「地産地消」を広める取り組みが市民らの手で進められている。奥田さんはカウンセリングの仕事をしながら、週に2回、配達を続ける。農家の一人は「売り込んでくれるのがありがたい」という。国分寺駅近くの飲食店主は、野菜類の3分の1を奥田さん [続きを読む]
  • 「寺建てる」
  • 「寺建てる」僧侶に扮し数珠販売容疑 警視庁、中国人を逮捕法衣をまとって僧侶に扮し、外国人観光客などからお金を集める組織犯罪が急増しているらしい。上野や秋葉原で外国人観光客にお札や数珠を計2万円で販売し、資格外活動をしていた男を逮捕した。観光客をターゲットにして一日約2千円の利益があったと供述しているという。昨年暮れころから頭を坊主にして僧侶を装って数珠などを販売する中国人が複数確認され、組織犯罪対策 [続きを読む]
  • 「都名人」に金さん
  • 「都名人」に金さん 朝日アマ囲碁第12回朝日アマ囲碁名人戦の都大会で杉並区の金大赫さん(29歳)が「都名人」になった。決勝を争った星合真吾さん(21歳)とともに全国大会に出場する。20台の二人が都の代表になったが、菊池康郎さん(87歳)と平田博則さん(90歳)もベスト8に入った。平田さんは6年前にも84歳で日本代表になった人で、世界アマ囲碁選手権の日本代表になった人。「年をとって弱くなったという自覚はない」といい [続きを読む]
  • 華やかお花見クルーズ
  • 華やか お花見クルーズ 品川・運河祭り東品川海上公園をメイン会場に、音楽ステージや出店が登場する「しながわ運河祭り」が始まった。小雨にもかかわらず、約一時間のお花見クルーズはどの便も満席。周辺の湾岸エリアでは、屋外の映画上映や伝統工芸「江戸切子」の制作体験など様々な催しが開かれる。各会場は船や巡回バスなどで結ばれている。浅草では吉原開場400年 浅草桜祭りが催されあでやかに花魁道中もお披露目したそうだ [続きを読む]
  • 人生の終盤 学ぶ喜び
  • 人生の終盤 学ぶ喜び 通信制中学が舞台、映画公開中ドキュメンタリー映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を超えて』が公開中。(ケイズシネマ・新宿三丁目・14日まで)千代田区立神田一橋中学校にある通信教育課程は在校生4人で全員が80歳代。人生の終盤で学ぶことの喜びを経験する生徒たちの姿が映画になった。先月の卒業式でただ一人の卒業生だった70代の男性は「私の人生の中で最高の体験だった。今後は社会で恩返ししたい」 [続きを読む]
  • 春 咲き誇る花たち
  • 春 咲き誇る花たち 東村山 カタクリ。菜の花見ごろ春の訪れを告げるカタクリ、武蔵村山で咲き誇っているという。市立野山北公園の群生地。約6500平方メートルにわたって自生、遊歩道沿いの山の斜面が薄紫色に染まっているという。この群生地から車で10分、緑が丘の都営村山団地の跡地では黄色いじゅうたんを敷き詰めたように菜の花が満開。こちらにも回って両方を見るのが良い。ところで、『春』という字はどんな字なのだろうか [続きを読む]
  • スーパ^ピーポくん 参上!
  • スーパ^ピーポくん 参上! 警視庁マスコット 動画再生3万回 30周年記念公開中のアニメは6本。ピーポ君が夢の中で憧れの姿になった。「イケメン」だとか「思った以上にスーパーだ」などの言われている。「ここまでの反響は予想していなかった」と警視庁の担当者。30周年を記念した6本のアニメは子供向けに正しい交通ルールや災害時の対応などについて、ピーポくんと警察官が教えてくれるシリーズ。ところで、参上の『参』はど [続きを読む]
  • 豊洲への移転アンケート
  • 豊洲への移転 今後も目指すべきか 55%の人が賛成 歓迎や不安交錯「豊洲の危険性ばかり強調されて心配していたが、都民は思った以上に冷静。大いなる追い風でほっとした」という声もあり、「思いもよらぬ結果。豊洲市場の危険性が都民に伝わってないと思わざるを得ない」という感想も。立場の違いでこうも数字の見方が異なるのか、と思う。ところで、豊洲の『洲』はどんな字だろうか。以前、豊洲の「豊」は出したと思うので、今 [続きを読む]
  • 染井吉野 街の魅力に一役
  • 染井吉野 街の魅力に一役 発祥の地PRの豊島区駒込 苗木移植・酒販売…取り組み続々染井吉野の発祥の地とされる豊島区駒込、桜が町のPRや活性化、地元への愛着に一役買っている。大人ばかりでなく、子供に桜に親しんでもらおうと、駒込小は15年度から桜についての学習に力を注ぐ。1年生は花の形や開花の時期の違いなどを観察しながら、満開の河津桜、寒緋桜、染井吉野などを並べて写生する、2年生は花びらを押し花にしてしおりを [続きを読む]
  • 新入社員を迎える季節
  • 桜が咲き、新入社員を迎える季節「はな」といえばわが国では「さくら」のこと。その花が咲いた陽春四月、どこの会社でも新入社員を迎える季節だ。今時は新入社員に対して仕事を円滑に進めていくための研修会など、いろいろな場を用意しているという。会社も新入社員に対しては気を使うだろうが、新入社員側でも今までの学生仲間と異なり、二十歳前後から五十・六十代の人たちという幅広い年齢層の人たちと一緒になって、利潤を追求 [続きを読む]
  • 公園の保育所地域と交流
  • 公園の保育所地域と交流 特区を活用 都内に3園都市公園の中にある認可保育所が、都内の3か所に同時に開園した。都市公園法では遊具やベンチなど以外の設置は制限されている。だが、改正国家戦略特区法で特区に指定された自治体は、敷地面積などの基準を満たし、国が計画を認定すれば保育所を開設できる。担当者は「公園内で住宅から離れているので、住民の反対運動もなかった。公園を園庭代わりにも使える」とメリットを説明した [続きを読む]
  • 調布のカレー粉
  • 調布のカレー粉 プロ称賛プロの料理人が「日本一」と称賛するカレー粉が調布市の住宅街で作られていて、原料のスパイスは7種類、料理人の想像力を掻き立てるものだという。このカレー粉には一般のカレールーのようなとろみがない。炒った小麦粉を加えるとか、野菜を煮込むとか、ひと手間が必要なのだそうだが、それがまた自分好みにできてよいらしい。「スパイスは足し算です。この特徴をご理解いただけるなら、個人にもお売りし [続きを読む]
  • 認可保育所に入りたい
  • 認可保育所に入りたい 不服申し立て続々 どうする保育「きょうだいで4年連続不承諾。市から働くなといわれているような気持ちになる」「不承諾の通知を前に、目の前が真っ暗になった。行き先が決まらず、眠れない夜を過ごした」武蔵野市で30日、10人の親たちが子供を抱っこひもに入れたり、ベビーカーを押したりして市役所を訪れた。審査請求書を出す前に子供育成課の職員に、一人一人が状況を訴えた。ところで、認可の『認』は [続きを読む]
  • 不正送金ウイルス 新たに確認
  • 不正送金ウイルス 新たに確認  パスワード入力に注意・警視庁インターネットバンキングの利用者が築かないうちに蘇生送金をする新たなウイルスを警視庁が発見し、注意を促している。新たに確認したのは「ドリームボット」という不正送金ウイルス。サイバー犯罪対策課は「ワンタイムパスワードの入力が必要な取引かどうか確認して、不審な画面では入力しないよう注意してほしい」と呼び掛けている。ところで、不正の『不』はどん [続きを読む]