bora さん プロフィール

  •  
boraさん: 土竜のトンネル
ハンドル名bora さん
ブログタイトル土竜のトンネル
ブログURLhttp://mypixy.exblog.jp/
サイト紹介文1998年誕生のwww.my-pixy.com の弟分です。 海、山、旅行の写真などの話題を展開します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2006/04/17 16:14

bora さんのブログ記事

  • 欠損歯列の見方と処置方針
  • いよいよこの週末が2017臨床基本ゼミ欠損歯列の見方、処置方針の本番です。「今、あなたの困っている症例のご相談に応じます。」と大風呂敷を広げたまでは良かったのですが、環境も経験も様々な13人からの提示にどうして答えるかにはかなり悩みました。われわれ育ってきた時代とは環境が全く違うからです。それでもわが頼もしい参謀が13症例を整理し、私にできそうなパートのテーマに割り振ってプログラムを作ってくれまし [続きを読む]
  • 卒後20年
  • いよいよ来週末は2017年の基本ゼミの担当ですがその前に、愛知県のしんせん組の方々が、症例持参でいらして下さいました。もくあみ会などでのお付き合いも長い方々ですが、5人の発表者のうち1人の事前抄録が準備段階から気になりました。いつものテーマや内容と何かが違うのです。術者年齢などが書き込まれている咬合面観なども不穏です。やがてその謎は次々に明らかにされていくのですが、われわれの失語症は一気に高まってしま [続きを読む]
  • ブラザーズ
  •  旧金子歯科医院を旅立ってから、初めてお気に入りのレザープリンターに出逢いました。長く付き合ってきたコニカミノルタを手ばなし何でもそれなりの配布資料が作れれば良いと諦めかけた時に出会った弟分でした。これまで割り切っていたC社のインクジェット機とは比較にならない使用感、スピード、色調など、ほぼ満点で大いに気を良くしています。これで来週末の基本ゼミを含むセミナーにも気持ちよく準備ができそうです。 [続きを読む]
  • 新しい仲間に囲まれて
  • 旧診療室の大半が引き取られていった世田谷の林歯科医院にいってきました。あふれんばかりの白い蘭の花にかこまて、ちょっと居心地は悪そうでしたが、院長渾身のデザインの中に溶け込んで違和感はありませんでした。 私にとっては小学校から疎開までの時期を過ごした町でしたが、今なお当時の雰囲気は残されていて、住み心地は良さそうでした。 長い放浪生活から抜け出してこれからの前途が楽しみです。 [続きを読む]
  • 1980年代の問題症例
  •  まだ余裕はありますが来月の基本ゼミの発表内容には頭を痛めています。とうとう昔デジタル化はしたままになっているRAWデータを引っ張り出すことにしました。当時も問題は深刻で迷ったものの決めかねて、お断りしたものや中断したケースのスライド画像です。処置は完結していませんが話題にはなるだろうと思っていますが、使用には画像の調整やフォーマット変更が必要です。昔のようにテキパキはいきませんので悪戦苦闘していま [続きを読む]
  • 咬合採得は難しい
  •  この日の記事、何度か書き換えたりアップし直したりしているので、毎日見ていただいている方には混乱されているかもしれません。問題は基本ゼミの方々の症例相談のケースから始まったのですが、ちょうどお盆のテレビ番組などとも重なって、ブログにも回想シーンが入り混じったりしてしまいました。不要なものを外したり並べ替えたりはしましたが、混乱はまだ収まってはいません。 [続きを読む]
  • 続・2017パーシャル・デンチャー・ヒストリー
  • 皆さんお盆休みのようですがこちらは大忙しです。始めは諦め気味でしたが、自分の過去の症例なども見直している間に少しずつ先が見えてきました。受講生の2つの症例は女性、男性1例ずつですがその差はあまりなく、67歳と73歳という年齢も大差とはなっていないようです。 どちらもペリオの影響はあったようで、下顎の6番を失ったことから欠損歯列に入ったところまではよくある形でした。40歳頃でしょうか。大臼歯の咬合 [続きを読む]
  • 2017基本ゼミ・パーシャル・デンチャー
  • まだ1ヶ月ほど先の話ですが、9月になるとなるところ慌ただしくなりそうなので、受講生の方々から症例を提示して頂いています。13症例が集まっていますが、中でもこの2症例は不思議なくらい類似しているので、予習の意味も含めて皆さんにも考えて頂こうとアップすることにしました。患者さんの年齢は67歳と73歳ですが、術者の年齢はともに35歳です。ともに臼歯部の咬合支持は失われ、下顎前歯部は咬耗を伴って激しく上顎 [続きを読む]
  • おさるのジョージ
  •  お盆だというのにきな臭い問題や情けないニュースばかりで気が晴れません。出勤途上デパートで絵本の展覧会に立ち寄ってきました。 アナログのこうした絵は長い時が過ぎても気が休まります。入れ歯の写真ではなくこうした絵本でも作れたらどんなに楽しかったろうと思います。 [続きを読む]
  • 欠損段階の分類
  • Cr-Brからパーシャル・デンチャーへの転進を決意したのは1970年のことだったが、この時から特に強く意識していたのは被圧変位・緩圧ということ、経年変化の二つだった。二つの要素は全く別のこととも考えられるが、経年変化を見ていくためには個別に考えられないだけでなく、経年的な歯列の変化がRPDの経過を評価する上で重要な要素になると考えていた。 また残存歯の減少に伴うRPDの変化は定速ではなく、段階的であること、数だ [続きを読む]
  • 有歯顎の補綴・一次固定か二次固定か
  • お騒がせの台風5号はなんとか北へ去ってゆきましたが、一部クマモンは9月の基本ゼミに置き土産を残してくれましたし、ほかにも9月にはいろいろ声をかけていただいているので、のんびり夏休みというわけには行きません。特に基本ゼミの人たちの13症例には仰天しました。われわれの診療室の全盛期でも手を拱いたような全顎の難症例、すれ違い、左右偏在などのオンパレードですが、反面クラスプデンチャーほとんど見当たりません [続きを読む]
  • セカンドライフ.2
  • 準備段階から長い長い期間がかかりましたが、セカンドライフ第二弾がようやくお披露目段階にこぎつけたようです。まだ余分な張り紙が少々目障りですが、オープンの頃には取り去られて、こだわりの診療室がお目見えしそうで楽しみです。こちらへは30年間使い続けた診療室の木製キャビネットがリニューアルして登場することでしょう。そのあとの3.は少し時間がかかりますが、技工室がリニア中央新幹線よりは早く、長野県飯田市で [続きを読む]
  • 台風に乗ってクマモン現る
  • 小笠原経由の台風に乗ってたくさんのクマモンが東京に現れました。どこの国でも南国育ちは元気が良く、先日まで地下鉄銀座線で飛び跳ねていたと思ったら、今度は御茶の水湯島あたりで明け方まで気勢をあげていたようです。無事に飛行機が飛んでくれたかどうかが心配です。 [続きを読む]
  • セカンド・ライフ・1
  • 4月末日にアップした画像ですが、タイトルも適当ではなかったので再度アップしました。はるばるブラッセルからやってきて30年あまり待合室の壁を飾ってくれていたのですが、その大きさ故あわや処分の瀬戸際に立たされていました。1989年ブラッセルで、作者ともども解体輸送作業に立ち会ってきた時の写真が、この危機を救ってくれました。記録の重要さを思い知らせる一コマでした。いずれこの後にもダイビルを離れて旅立っていっ [続きを読む]
  • RPD BOX 2
  • やはり長い期間に作ったデータで、スライドからの変換の問題も抱えていますので、画像の差し替えもした上でリネームに踏み切りました。気の遠くなる作業でしたが、失業者の強みでなんとか乗り切り、これで1枚ずつでもスライドショーでもOK、さらに必要な時には、コピーで小グループを作ればより多彩な展開も可能になりました。昔の色付きのバックもこのくらいなら気になりません。長期経過の症例もここではRPDが主役ですから最大 [続きを読む]
  • RPD.BOX
  •  先週は基本ゼミ、来週は KDM、なんかようかい合同セミナーと若手対象のセミナーが続いています。それに向けてというわけではないのですが、ケースプレのシステム化を考えています。すでに約300ケースの仕分けはほぼ終わっていますので、それと連動する私のテーマとの関連づけは最近のもぐら塾などで進みつつあります。さらにそれを補完するものとして自称RPD.BOXの整備を進めています。次々と課題は出てくるので、完成には時 [続きを読む]
  • インターネットは空っぽの洞窟
  •  ちょうどHPを作ろうとしていた1900年ごろ頃に見かけた本で、当時でも流れに乗った本ではなかった。いずれ落ち着いたら読もうと思いっている間に、流れに追いまくられてそのままになり、今はこの写真だけで存在も定かではない。一方、最近になってペンタックスは70周年、ニコンも100周年とか言われても人の年齢と同様には考えられない。どちらも創業期の話と最近の状態では、継続はしていても人の生涯のような一貫性はない。脱皮 [続きを読む]
  • 大掃除
  • メールの環境設定だけであの梅雨明けの水害のような洪水はケリがつき、モバイルの設定変更で訳のわからない混乱も収まったようです。弱り目に祟り目でアップもままならなくなっていたブログも、少し強気にゴリ押しして旧状に復帰させました。これで心ならずもグシャグシャになっていた最近のブログも少しすっきりしました。エキサイトブログはまだ新しい管理画面への更新を諦めていないようですから、何とか今のうちに体制を立て直 [続きを読む]
  • 外付けハードディスクのアイコンがない!
  • 朝、まず第一にパソコンスイッチを入れる。メールを開く。あの大量の迷惑メールは嘘のように今朝も全くない。昨日手こずっていたブログも異常なく、アクセス数も順調だ。ところがデスクトップ右上にあるはずの外付けハードデスクのアイコンがない。再起動しても出てこない。本体のブルーの目玉は光っているが、デスクトップ上の所定の位置は空席のまま。ラシーンは何処!!これでまた今日も忙しくなりそうだ。間もなく発見。オチは [続きを読む]
  • ブログの盛況
  • いくつかのイベントが重なったこともあるでしょうが、語る会終了後「土竜のトンネル」のリンク先は例年になく賑やかです。これまでさっぱりだった人も参加して、一通り見て歩くだけでも大変なくらいです。それでも長年夢見ていたことですから嬉しさはひとしおで「一人リタイアすれば皆んなこんなに元気になるのか!」と嫌味の一つも言いたくなるようでですが、ぜひ線香花火に終わらせて欲しくないものです。 [続きを読む]
  • ぼくもいくさにいくのだけれど
  • 臨床歯科を語る会も一段落して、次のステップに向けて準備や整理を始めましたが、物の置き場が変わって忘れかけていたものを再発見することも少なくありません。この本も年ほど以前のものですか、本棚が変わってクローズアップされましたがページをくりだすと止まらなくなります。ノンフィクションで太平洋戦争末期に書かれたものが下地になっていますが、人や社会の変わり方を見せつけられるとすごさを通り越して恐ろしくなりま [続きを読む]
  • ニセコ物語の始まりは23才
  • 先日の「まだ名もない会」のプレゼン作りでどうしても見つからなかった写真がありました。2〜3年前のブログに使ったことは分かっていたのですがその1枚がどうしても探せなかったのです。結局、その部分は割愛することになりましたが、週が明ければ何事もないかのように出てくるのです。 すでにご覧いただい方も多いと思いますが、1954年の学割の切符までついていました。タグもスキー・ヨットで間違っていませんでしたし、 [続きを読む]