mai_5000jp さん プロフィール

  •  
mai_5000jpさん: 花の舞
ハンドル名mai_5000jp さん
ブログタイトル花の舞
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mai_5000jp
サイト紹介文回復のプロセスを楽しみたいな。 =*^-^*=にこっ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2006/04/20 11:18

mai_5000jp さんのブログ記事

  • 助言者の多いところには救いがあるからである。―箴 24:6。
  • 4月18日,火曜日助言者の多いところには救いがあるからである。―箴 24:6。年長の兄弟姉妹は以前,会衆には長老団ではなく会衆の僕がいたこと,国には支部委員会ではなく支部の僕がいたこと,明確にされたエホバの証人の統治体ではなく,ものみの塔協会の会長が指示を与えていたことを覚えています。それら献身的な兄弟たちは皆,忠実な補佐たちに支えられていましたが,会衆でも支部でも世界本部でも,決定を下す責任を負っていた [続きを読む]
  • 4月9日 お金を生活の中心にしない
  • 4月9日 お金を生活の中心にしない自分は生きるのに、あたいする人間です。自分は、自分のままでいいのです。自分は愛するに、あたいする人間です。自分は、自分の居所をつくっていいのです。自分を、うんと好きになります。 お金について考えてみましょう。 お金を得ること、金持ちになることが生活の中心になっているケースがよくみられます。もちろん、お金がまったくないのでは安定した生活はできないし、いろいろな機会にも [続きを読む]
  • 4月8日 力のない人に対するアビューズ(虚待)をやめる
  • 4月8日 力のない人に対するアビューズ(虚待)をやめる自分は生きるのに、あたいする人間です。自分は、自分のままでいいのです。自分は愛するに、あたいする人間です。自分は、自分の居所をつくっていいのです。自分を、うんと好きになります。 アビューズ(虐待)について考えてみましょう。 アビューズは、力関係が不均等な場合に起こります。力関係がほぼ同じ場合には、葛藤や争いは起こるけれどもアビューズという形にはな [続きを読む]
  • 4月7日 「もし〜だったら〜するのに」をやめる
  • 4月7日 「もし〜だったら〜するのに」をやめる自分は生きるのに、あたいする人間です。自分は、自分のままでいいのです。自分は愛するに、あたいする人間です。自分は、自分の居所をつくっていいのです。自分を、うんと好きになります。 今日は、「もし〜だったら〜するのに」という、仮定で過去や現在を否定するような考え方をするのをやめましょう。 「もし、あの人と結婚しなかったら、こんなことにはならなかったのに」と過 [続きを読む]
  • 助かりますように
  • 助かりますように息子の病院の主治医から夜中電話をいただきました人工呼吸器を使うため内科に移すとのことああどうか命が助かりますようになにもしてあげられなくてごめんね今日は風も強く桜はいつもこの季節短い命を一生懸命まっとうするのですねにほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ(文字を ) [続きを読む]
  • わたしが親愛の情を抱く事柄は人の子らに関してであった。―箴 8:31。
  • 4月6日,木曜日わたしが親愛の情を抱く事柄は人の子らに関してであった。―箴 8:31。神の初子は,エホバの計り知れない知恵の最初の,そして最高の表われでした。初子は知恵を体現しており,「優れた働き手」としてみ父の傍らにいました。み父が「天を備え」,「地の基を定められた」時,この初子はどれほど大きな喜びと満足を感じたことでしょう。しかし,神の創造物すべての中で,初子が特に「親愛の情を抱く……のは人の子ら」 [続きを読む]
  • 何で曲がろうとするかな
  • 何で曲がろうとするかな昨日はいいお天気でお出かけ日和息子の病院の病棟の担当医からお電話をいただいて高熱が出てることを知らされました呼吸器障害を伴うと命の危険もあるとネットの検索にはありましたあいたいあって抱きしめたいでもまだパニックの後遺症で電車に一人で乗ることが出来ません仕方なく自転車で行ってみようと思いました道がわからないので途中で人に尋ねたり交番で聞いたり皆さん本当にご親切に教えてくださるの [続きを読む]
  • エホバは憐れみと慈しみに富[んで]おられる。―詩 103:8。
  • 4月5日,水曜日エホバは憐れみと慈しみに富[んで]おられる。―詩 103:8。イエスは他の人たちの苦しみを感じ取りました。自分が一度も経験したことのない苦しみであっても,それができたのです。例えば,当時の宗教指導者たちが民を欺き,人間の作った多くの規則で民に重荷を課していたため,民は彼らを恐れて生活していました。(マタ 23:4。マル 7:1‐5。ヨハ 7:13)イエスは,民とは違っておびえることも欺かれることも全くあり [続きを読む]
  • 息子の入院
  • 息子の入院おはようございますおひさしぶりです4月3日息子が入院しました息子は10年くらい見ていただいていた医師が病院をおやめになったことで精神的にかなり過敏になっていたのかもしれません毎週水曜日に通院してるのですが珍しく水曜日に病院に行くことができませんでしたその日のうちに病院にそのことを伝え次回の診察の予約を取るため電話していたようですわたしはこんな大変なことになるとも知らないでさして気にも留めずち [続きを読む]
  • わたしは実に惨めな人間です!―ロマ 7:24。
  • 11月12日,土曜日わたしは実に惨めな人間です!―ロマ 7:24。エホバに熱心に仕えている人が,そのような気持ちになるのはなぜでしょうか。その原因は幾つか考えられます。自分自身や自分の境遇について消極的な見方をする傾向があるのかもしれません。(箴 15:15)感情に影響を与える身体的な病気が原因で消極的な気持ちになる人もいるでしょう。原因がどうであれ,そうした消極的な感情に付け込もうとする者がいることを忘れては [続きを読む]
  • わたしは実に惨めな人間です!―ロマ 7:24。
  • 11月12日,土曜日わたしは実に惨めな人間です!―ロマ 7:24。エホバに熱心に仕えている人が,そのような気持ちになるのはなぜでしょうか。その原因は幾つか考えられます。自分自身や自分の境遇について消極的な見方をする傾向があるのかもしれません。(箴 15:15)感情に影響を与える身体的な病気が原因で消極的な気持ちになる人もいるでしょう。原因がどうであれ,そうした消極的な感情に付け込もうとする者がいることを忘れては [続きを読む]
  • [イエス]は肉において死に渡され,霊において生かされたのです。―ペテ一 3:18。
  • 11月10日,木曜日[イエス]は肉において死に渡され,霊において生かされたのです。―ペテ一 3:18。エホバはイエスを人間としてではなく,不滅の霊者として復活させました。その点を証明するため,主イエスは人間の体を着けて現われ,ご自分が生き返ったことを示しました。復活したその日に少なくとも5回,別々の弟子たちに現われています。(マタ 28:8‐10。ルカ 24:13‐16,30‐36。ヨハ 20:11‐18)5回目に現われたのは,人々が使 [続きを読む]
  • [イエス]は肉において死に渡され,霊において生かされたのです。―ペテ一 3:18。
  • 11月10日,木曜日[イエス]は肉において死に渡され,霊において生かされたのです。―ペテ一 3:18。エホバはイエスを人間としてではなく,不滅の霊者として復活させました。その点を証明するため,主イエスは人間の体を着けて現われ,ご自分が生き返ったことを示しました。復活したその日に少なくとも5回,別々の弟子たちに現われています。(マタ 28:8‐10。ルカ 24:13‐16,30‐36。ヨハ 20:11‐18)5回目に現われたのは,人々が使 [続きを読む]
  • あらゆる国民のうちの望ましいものが必ず入って来る。―ハガ 2:7。
  • 11月9日,水曜日あらゆる国民のうちの望ましいものが必ず入って来る。―ハガ 2:7。親は子どもが遊ぶ姿を見て,その生まれつきの能力に,しばしば目をみはります。スポーツの得意な子もいれば,絵や工作の好きな子もいます。子どもがどんな才能を持っているにせよ,親は子どもの可能性を最大限伸ばしてやりたいと思います。エホバは愛に富む親として,ご自分の僕たちに関心をお持ちです。エホバにとって僕たちは皆,とりわけご自分 [続きを読む]
  • あらゆる国民のうちの望ましいものが必ず入って来る。―ハガ 2:7。
  • 11月9日,水曜日あらゆる国民のうちの望ましいものが必ず入って来る。―ハガ 2:7。親は子どもが遊ぶ姿を見て,その生まれつきの能力に,しばしば目をみはります。スポーツの得意な子もいれば,絵や工作の好きな子もいます。子どもがどんな才能を持っているにせよ,親は子どもの可能性を最大限伸ばしてやりたいと思います。エホバは愛に富む親として,ご自分の僕たちに関心をお持ちです。エホバにとって僕たちは皆,とりわけご自分 [続きを読む]
  • ユダヤ人のほかにはだれにもみ言葉を話さなかった。―使徒 11:19。
  • 11月8日,火曜日ユダヤ人のほかにはだれにもみ言葉を話さなかった。―使徒 11:19。大半のユダヤ人は良いたよりを受け入れなかったため,災いを被ることになりました。イエスは弟子たちにこう警告していました。「エルサレムが野営を張った軍隊に囲まれるのを見たなら,その時,その荒廃が近づいたことを知りなさい。その時,ユダヤにいる者は山に逃げはじめなさい。都の中にいる者はそこを出なさい。田舎にいる者は都の中に入って [続きを読む]
  • ユダヤ人のほかにはだれにもみ言葉を話さなかった。―使徒 11:19。
  • 11月8日,火曜日ユダヤ人のほかにはだれにもみ言葉を話さなかった。―使徒 11:19。大半のユダヤ人は良いたよりを受け入れなかったため,災いを被ることになりました。イエスは弟子たちにこう警告していました。「エルサレムが野営を張った軍隊に囲まれるのを見たなら,その時,その荒廃が近づいたことを知りなさい。その時,ユダヤにいる者は山に逃げはじめなさい。都の中にいる者はそこを出なさい。田舎にいる者は都の中に入って [続きを読む]
  • ついには,エジプトのすべての初子を……討ち倒された。―詩 78:51。
  • 11月7日,月曜日ついには,エジプトのすべての初子を……討ち倒された。―詩 78:51。西暦前1513年のニサンの月,エホバはモーセとアロンに,次のような指示をイスラエル人に伝えるよう命じます。きずのない雄羊かやぎを選んでほふり,その血を戸口に掛けるように,という異例の指示でした。(出 12:3‐7)モーセはどうしましたか。使徒パウロはこう書いています。「信仰によって,彼は過ぎ越しと血を掛けることとを執り行ない,滅 [続きを読む]
  • ついには,エジプトのすべての初子を……討ち倒された。―詩 78:51。
  • 11月7日,月曜日ついには,エジプトのすべての初子を……討ち倒された。―詩 78:51。西暦前1513年のニサンの月,エホバはモーセとアロンに,次のような指示をイスラエル人に伝えるよう命じます。きずのない雄羊かやぎを選んでほふり,その血を戸口に掛けるように,という異例の指示でした。(出 12:3‐7)モーセはどうしましたか。使徒パウロはこう書いています。「信仰によって,彼は過ぎ越しと血を掛けることとを執り行ない,滅 [続きを読む]