japolska さん プロフィール

  •  
japolskaさん: じゃポルスカ楽描帳
ハンドル名japolska さん
ブログタイトルじゃポルスカ楽描帳
ブログURLhttp://japolska.exblog.jp/
サイト紹介文ポーランド人の夫を持つ典型B型主婦の海外生活体験談です。もっと楽しく感じるままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2006/05/09 01:52

japolska さんのブログ記事

  • 北国の人たちに関する本を読む 11
  • 宗美智子/橋田壽賀子氏著”おしん”読了しました。こちらは言わずと知れた超有名な作品で、日本ならずとも世界中をも涙の渦に巻き込んだ感動の大河物語なのですが、残念ながら私は今までテレビで観た事も原作を読んだ事もなかったので、まずは導入編ということで漫画で購入してみたのですが・・・、ええもうすっごくよかったです(T_T)。つーか、今まで何でこんな素晴らしい作品を知っていながらも、なぜあえて自分から一歩足を [続きを読む]
  • ポーランドからのチョコレートのお土産  2
  • 夫がポーランド短期出張から戻ってきました。以前こちらで(↓)、http://japolska.exblog.jp/24396580/日本の抹茶キットカットに負けずとも劣らない、ポーランドの美味しいチョコがけウエハースのお菓子のことを紹介させて頂きましたが、それに新しいバージョンが発売された模様なので、こちらに紹介させて頂きます。こちらが上記箱から出した状態の新製品です。基本的に味は以前紹介したウエハース菓子と殆ど同じなのですが、今 [続きを読む]
  • ポーランドに関する本を読む 15
  • グリーンピース出版会編訳”戦争と子供”読了しました。これは上記副タイトルにも示されている通り、1939年から1945年までのポーランドの受難の歴史の詳細及び、当時の子供達が書いた絵や作文、手紙などを集めた1冊です。本の間にこのようなチケットの半券が挟まっていました。おそらく最初にこの本を手に入れた方は、こちらの展示会場にて購入されたのだと想像します。中には戦争の現実を鮮明に収めた生々しい写真や、子供の目線 [続きを読む]
  • 北国の人たちに関する本を読む 10
  • 岡田昇氏”冬の都の物語”読了しました。この本は主に、写真家の作者が北海道を中心に、自然の中を色々な方向から旅及び冒険をし、その実体験を綴ったドキュメンタリーで、正直「北の都に定住する人々」中心のお話を勝手に想像していた自分にとっては、残念ながら少々期待外れになってしまった1冊でした。でも掲載されていた写真はどれも素晴らしかったです。作者は様々な旅や冒険の中で沢山の動物の写真を撮り、この本に掲載して [続きを読む]
  • 北国の人たちに関する本を読む 9
  • 太刀掛秀子氏著”ポポ先生がんばる!”読了しました。これは1980年代前半に少女漫画雑誌「りぼん」に掲載されていた少女漫画です。内容としては、北海道に新米獣医として赴任した風太くんが、北海道の自然や様々な人々との出会い、そして北海道での獣医としての仕事の経験を通して日々成長していくお話で、個人的には、山田貴敏氏著の"Dr.コトー診療所"と、有名なテレビ番組"北の国から"を合わせたらこんな感じになるのかな〜、とい [続きを読む]
  • アメリカで三升漬けを作ってみる
  • 先日、ある本を読んでいたら、←この本については記事の後半で紹介させて頂きます。”三升漬け”という発酵調味料?みたいなものが紹介されていて、読んでみたらすごく美味しそうだったので、日曜日に自宅で作ってみました。ちょうど三升漬けの話を読んだ次の日、近所のスーパーに行ったら、青ナンバン(青唐辛子)的なものが見切り品のコーナーで1袋@$0.99で販売されていたのを発見。「か、彼らは、私に出逢って三升漬けになる [続きを読む]
  • 北国の人たちに関する本を読む 8
  • 本多勝一氏著”きたぐにの動物たち”読了しました。この本の中では北海道に住む動物について、それぞれ各3〜4ページ程度で、短いながらも大変分かりやすく紹介されています。中を開いてみてとても嬉しかったのが、北海道の詳細な地図が最初に掲載されていたことでした。この地図のおかげでどの動物がどの地域に住んでいるのか、照らし合わせながら読むことが出来てとても良かったです。北海道の動物は本州の動物とはかなり違う生態 [続きを読む]
  • 鬼平江戸処にある文楽焼本舗のお好み鯛焼き
  • 先日こちらで(↓)、http://japolska.exblog.jp/25274757/2016年12月にさいたま新都心発のバスツアーを利用し、母と1泊でホテルサンバレー那須へ出かけたお話を掲載し、その中で私達が毎年この旅行をとても楽しみにしている事を記述させて頂きました。実は私達がこのバスツアーを愛してやまない理由のひとつが、那須塩原からの帰り道でバスがトイレ休憩のため、東北自動車道(上り)・羽生パーキングエリアにある”鬼平江戸処”に [続きを読む]
  • 書籍横断検索システムを利用し欲しい本をお得に購入する方法について
  • 私は現在海外在住なのですが、日本語の紙の本、特に、既に絶版になっているようなマイナーな古書が大好きで、年に1度の里帰りを利用しては、日本で沢山の古本を入手し、それを船便でアメリカまで送ることを何よりの楽しみとしています。日本在住ならば、それこそ、ブックオフや神保町などに出向き、まるで宝探しのような気分で本の出会いを楽しむ事が出来ますが、海外在住で、しかも、里帰り期間が非常に限られている場合だと、残 [続きを読む]
  • 北国の人たちに関する本を読む 7
  • 帚木蓬生氏”水神(上)(下)”読了しました。こちらの作品は大昔に実際に九州で取り組まれた、水不足の村々に川の水を分配する大工事について書かれた作品で、まあ、厳密に言うと北国の人々のお話ではないのですが、内容的に北国の人たちの生き方に非常に通じるものがあったので掲載です。読んでみた感想は・・・もう、嗚咽を伴う号泣無しでは読めないほど素晴らしい作品でした!!!ちょっとネタばれになりますが、簡単に内容を説 [続きを読む]
  • 北国の人たちに関する本を読む 6
  • 畑正憲氏著”動物王国ノクターン”読了しました。ウィキペディアによると、畑正憲氏は福岡県出身ですが、ご両親の意向(でも最終的には本人が決定)で東京大学理学部で動物学を専攻。卒業してからは教育用の科学映画を作成などで生き物との関係を深めていき、その後北海道に移住され「ムツゴロウの動物王国」を設立されたとのこと。私は畑正憲氏、というか、ムツゴロウさんが大好きです。小さい頃は、確かフジテレビ系列で放映され [続きを読む]
  • 実家のノーフォークテリア(※将来はマタギ犬予定) その後
  • 実家で飼われ始めてから約1ヵ月後の、将来はマタギ犬予定のノーフォークテリアです。名前は「テツ」くん。男の子です。だいぶ新しい生活に慣れてきたのか、以前よりはリラックスしている様子が伺えます。実家には母(70代)と弟(40代)がいるのですが、話を聞くと、両名ともこの小さな可愛い犬に大変振り回されているそうです(笑)。まず実際に購入してきた猟師になるために絶賛準備中の我が弟は、この犬のしつけや訓練、及び健 [続きを読む]
  • 猫のかあちゃん写真展(※セクシーショット多数)
  • 実家にいるおばあちゃん猫・かあちゃんの写真展です(笑)。かあちゃんという名前の由来は、若い頃沢山子猫を産んだからです。基本的に目つきが悪く、また舌を出しているのが特徴です(でもそこが可愛いんです!)。母の布団の上でまるくなっているかあちゃん。2015年度まで一緒に住んでいた息子猫・とらちゃんの匂いがするらしく、母が布団を干し終わって部屋に戻すと、いつもこの上で寝ているそうです。(※とらちゃんは2015年の [続きを読む]
  • アメリカで七味唐辛子の調合をしてみたお話
  • 先日こちらで(↓)http://japolska.exblog.jp/25239300/アメリカ・ケンタッキー州ルイビルのショッピングモール内にあるWilliams-Sonomaというキッチン用品のお店で、七味唐辛子を破格の値段で買えたお話を掲載させて頂きました。あれから我が家の食卓ではその七味唐辛子が大活躍をし、毎日楽しくそして美味しく利用させて頂いているのです が・・・しばらく食べ続けている間に、そこはかとない違和感が。「・・・私が今まで味わ [続きを読む]
  • 北国の人たちに関する本を読む 5
  • 福のり子氏著”海の男たちのセーター”読了しました。こちらの冊子の中で著者は、実際にスコットランドを含む英国海岸地帯の殆どの地域を訪問し、各地で昔から細々と続いている、生活のための実用的な手編み文化について紹介してくださっています。私は幼い頃からずっと、複雑な縄編みの組み合わせによって仕上げられたアランセーターの類や、様々な色の細い糸を使って繊細な模様が繰り返し綴られているフェアアイルセーターの類に [続きを読む]
  • アメリカで胡瓜と若布と蛸の酢の物を作る
  • 私はこちらのコンビ二雑誌”みんなの食卓”の大ファンです。どの作品もとても素敵で、いつも楽しく読ませてもらっているのですが、気に入っているシリーズの中でも特に一番好きなのが、たかなししずえ先生著の”しーちゃんのごちそう”です。こちらの作品はたかなし先生が小さい頃に体験したエピソードを中心に物語を展開されています。今回、上記写真の冊子の中で、たかなし先生は、胡瓜と若布と蛸の酢の物に関するエピソードを紹 [続きを読む]
  • アメリカで見かけたちょっとユニークな駐車スポット
  • 昨日スーパーへ買い物に行ったら、スーパーの入り口のすぐ側に、ちょっと変わった駐車スポットを発見しました。どうやらここは、そのスーパーの選ばれた従業員が、月単位で停められる特別駐車スポットの模様です。通常は店舗の出入り口近くの駐車スポットは、例えば車椅子利用者など、いわゆるハンディキャップを持っている人達専用の場合が多く、また企業の場合だと、メインエントランス周辺の駐車スポットは、基本的に偉い役職の [続きを読む]