rocky さん プロフィール

  •  
rockyさん: 花の公園・俳句ing
ハンドル名rocky さん
ブログタイトル花の公園・俳句ing
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/rocky63/
サイト紹介文日本は素晴しい花の国。美しい花々と公園、四季折々の風景を記録したいと思います。我流俳句も詠んでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2006/05/20 05:34

rocky さんのブログ記事

  • 意味不明 コットンヘッド??
  • 春先に珍しい黄色の花が咲いていました。これは コノスティリス セティゲラ、西オーストラリア州の南西部パース市周辺が原産で、わりと新しく導入された花のようです。ヘモドルム科アニゴザントス属の多年草で、学名 Conostylis setigera。よく育つと花が地面... [続きを読む]
  • 大荒れで 挙手採決は史上初?
  • 昨日 町内会の年次総会が終わりました。誤記やいろいろで正誤表を発行する羽目になりましたが、前区長の猛反対する役員懲戒に関する規定の新設を見送ったので、無風総会と思っていました。ところがそう簡単ではありませんでした。第3号議案 区会規約改正案の... [続きを読む]
  • ワサビの利いた質問を
  • ワサビ (山葵) の白い花が咲いています。今日は町内会の年次総会です。長として初めての総会で、規約改正案や、30年来誰も書かなかった 「活動方針案」も10項目提案しています。どんなワサビの利いた質問が出るか、楽しみです。花の付いた茎を花わさびとい... [続きを読む]
  • 若草色の合唱隊?
  • 昨日は小学校の卒業式、今日は地元敬老会の年次総会。それに町内会総会から班長会議に向けての資料作りと、なかなか落ち着きません。ブログはどうしても後回しになります。ソフトな若草色のシンビジウム、アリス−ルナ Cym. Alice-Luna 。子どもたちが合唱す... [続きを読む]
  • 派手なパンジーのように
  • 朱赤のリップが大きく広がる、パンジーオーキッドと呼ばれるラン、ミルトニア バート・フィールド Miltonia Bert Field ‘Dolores’。 最新分類は ミルトニオプシス Miltoniopsis です。画像アーカイブを検索したら、3年前のものがありました。それは7月の... [続きを読む]
  • 頭巾をかぶった子熊??
  • 赤茶色で裏がベージュの小花のラン、マキシラリア クルティペス、学名 Maxillaria curtipes Hook. 1841。頭巾をかぶった子熊のようにも見えます。メキシコ南部からコスタリカの、標高1000 〜3300 m の山地森に生育する原種ランで、着生種です。     (東... [続きを読む]
  • ソラマメと孫
  • 金曜夜から昨日まで娘と孫が来ていました。孫はすっかり大きくなって、むずかりもせず、まる3日間元気そのもの。家庭菜園にも興味をもって、ソラマメの花を見つけると、なんども見に云っては、怪獣がガブリと食べにくる、とか自分のストーリーを作って遊んでい... [続きを読む]
  • ヒンズー経典に載っている
  • 1月に少し咲いていた花が、3月に満開? になった、コスツス スペキオスス (穂咲き菖蒲)。  オオホザキアヤメ科 ケイロコスツス属、学名 Cheilocostus speciosus 。3月のプレートには、Costus lucanusianus ルカヌシアヌス とありましたが、1月の花とまったく... [続きを読む]
  • 神代の桜が
  • 今日は朝から神代植物公園へ行ってきました。メインはサンシュユを撮るカメラマンたち。満開にはもう少しです。早咲きの桜がいくつか咲いていますした。名物の寒緋桜がほころんでいます。東海桜は8分咲きくらいです。    (東京都調布市 神代植物公園 2... [続きを読む]
  • 素晴らしい!!
  • 黄色のリップが大きく開き、セパル・ペタルに茶色の太い縞が入るラン、トリコセントラム (トリコケントラム) スプレンディダムTrichocentrum splendidum M.W.Chase & N.H.Williams 2001。最初の報告は1862年で、当時はオンシジウム (Onc.) に分類されていまし... [続きを読む]
  • 王様のカップ
  • シンプルなミディアムイエロー、時にややオレンジがかかるミ二タイプのラン、リンカトリアンセ イエロー インプ ‘キングス カップ’ Rhyncattleanthe Yellow Imp ‘King’s Cup’。 旧属は BLC.です。  作出・登録 Clarelen 1958 年。 古い品種... [続きを読む]
  • ここにしかない 司
  • 少し青みを感じる白花八重の梅、司 つかさ。司絞り、司枝垂があるので、司があって不思議ではないのですが、この品種名はここ川口でしか見当たりません。3月になって咲き始める遅咲きの梅です。    (埼玉県川口市 花と緑の振興センター 2017年3月10日... [続きを読む]
  • ウグイスが棲む 栖鶯梅
  • ほぼ白の花びらの弁裏に縦の淡い紅ぼかしが入る一重の梅、栖鶯梅 (スイオウバイ/スオウバイ)。 野梅系・青軸性です。ここの梅はほとんどアップしたと思っていましたが、まだ残っていました。「栖」 の音はセイですから 「セイオウバイ」 が正しいかもしれま... [続きを読む]
  • 鈴がいっぱい
  • 黄色の小さなベル型の花がいっぱいに咲き乱れる、ヘルマンニア Hermannia sp. 広い庭では見栄えがしそうです。花色は何種類かあるようです。アオイ科 (旧アオギリ科) 、未分類で種小名はありません。草のように見えますが、樹高30cmほどの灌木で、南アフリカ... [続きを読む]
  • わが家の春は
  • だいぶ春めいてきました。わが家の庭もいつの間にか色々な花が咲いています。サクラゲンカイツツジは数日間1輪だけが咲いていましたが、昨日から一気に咲いてきました。その八の下にあるアレナリア・モンタナ。いつの間にか満開です。ジンチョウゲは2月末こ... [続きを読む]
  • ぶら下がりの
  • 50〜60cmほどもある長い花茎に、細長いオレンジ色の花を房状につけるラン、エピデンドルム エンブレイ Epidendrum embreei Dodson 1982。花がぶら下がる、ちょっとおもしろいスタイルです。エクアドルの、標高2000 〜2800m という高地の亜熱帯樹林で発見され... [続きを読む]
  • 爽やかな水色の
  • サバンナ温室のオーストラリアコーナーに咲いている、爽やかな水色の大きな花が目を引きます。一般名 ブルー・ハイビスカス (Blue hibiscus)。アオイ科アリオギネ属、学名 Alyogyne huegelii (アリオギネ・ヒューゲリー)、別名をライラック・ハイビスカスとい... [続きを読む]
  • 圏央道でつくばへ・・・
  • 2月26日に圏央道が筑波までつながったので、高速で行こうと思っていたのですが、暇と天気が合わず、ようやく今日出かけてきました。しかし高速道路は茨城県内は片側1車線区間がほとんどで、たいして早くならず、つくば中央で降りてからも20分ほどかかってしまい... [続きを読む]
  • サチコはね、
  • 濃い赤紫色でリップが白に近い淡色になるラン、コルマナラ サチコ ナガタ ‘ナガタ’  Colmanara (Colm.) Sachiko Nagata `Nagata` 。 最新分類はオンシジウム Oncidium です。     (東京都調布市 神代植物公園  2017年2月23日)作出・登録 I.N... [続きを読む]