サラ さん プロフィール

  •  
サラさん: 愛猫レオンとシネマな毎日
ハンドル名サラ さん
ブログタイトル愛猫レオンとシネマな毎日
ブログURLhttp://yaplog.jp/saraeiga/
サイト紹介文最新公開映画から単館系映画まで幅広く年間150本以上レビュー!映画をこよなく愛する会社員です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2006/05/26 00:53

サラ さんのブログ記事

  • ダイ・ビューティフル
  • 昨年の東京国際映画祭で、観客賞に輝いたフィリピン映画です。観客賞というのは、映画を見た観客の投票で決まります。つまり、1番人気だった作品ということです。そして、美しいトランスジェンダー、トリシャを演じたパオロ・バレステロスは最優秀男優賞に輝きました。表彰式の時、「女優賞」かと思ったとジョークを言われてました。昨年の映画祭に参加したので、見るのは2回目です。やっぱ、ヨカッタ!ワタシは、好きな映画です [続きを読む]
  • 二度目の夏、二度と会えない夏
  • 赤城大空さん原作の同名小説の実写映画化になります。主人公の智は、高校3年生。夏の始めに転校してきた燐から「バンドやろう!」と、強引に誘われる・・・切ない青春映画です。そして、半年前にタイムリープして、二度目の夏を過ごすことになるというファンタジー要素もあるし、バンド活動をするので、音楽も楽しめました。文化祭、ほのかな恋、音楽ライブ、やっぱ、高校時代って、いいですね。主人公を演じているのは、村上虹郎 [続きを読む]
  • 幼な子われらに生まれ
  • 「しあわせのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子監督の最新作。バツイチ同士の再婚。妻の連れ子は、娘2人。夫の実の娘は、元妻が引き取り、こちらも再婚してます。実の娘は、他人をパパと呼び、自分は、他人の娘から、パパと呼ばれる・・・設定としては、とても複雑でした。一生懸命、良きパパを装う主人公を、浅野忠信さんが演じてます。家族の定義って何だろう?とか、血の繋がりって何だろう?とかいろいろ考えさせられました。 [続きを読む]
  • 関ヶ原
  • 「日本の1番長い日」の原田眞人監督の最新作は、司馬遼太郎の歴史小説の実写映画化になります。戦乱の世に終止符を打つことになった関ヶ原の戦い。石田三成の西軍、徳川家康の東軍の戦いは、わずか6時間で決着します。コレは、凄く面白かったです!映画を見終わって、時計を見ると「もう、こんな時間?」計算したら、2時間半の映画だったのに、全く長いと感じませんでした。登場人物も多いですし、展開も早いのですが、演出に無 [続きを読む]
  • BABY DRIVER ベイビー・ドライバー
  • 名前はベイビー 運転の天才 音楽を聞くことで 事故の後遺症の耳鳴りが消え その才能が覚醒する・・・音楽と、カーチェイスが連動されてて、面白かったです!カーチェイス版「ラ・ラ・ランド」というフレコミも、納得です。そして、事の顛末まで描いてくれていたラストも、後味スッキリ!ベイビー役のアンセル・エルゴード君、モデル並みのスタイル、顔は可愛い系イケメン。彼女役は「シンデレラ」に出ていたリリー・ジェームズ [続きを読む]
  • ワンダーウーマン
  • DCコミックの女性ヒーロー、美女戦士ワンダーウーマン誕生物語です。本国アメリカでは、バットマンやスパイダーマンよりもヒットしたそうです。女性だけの島で育ったアマゾン族のプリンセス、ダイアナ。ある日、島に飛行機が墜落し、アメリカ人パイロット、スティーヴを助けます。彼から、島の外では、戦争が起きている事を知ったダイアナは、スティーヴと共にロンドンに行く事を決意します。大ヒットはナットク!コレは、確かに [続きを読む]
  • VIVA!公務員
  • 本国イタリアで、大ヒットを収めた作品。 主人公ケッコは、幼い頃から公務員になるのが夢。お気楽公務員になって15年、イタリアの財政難によって、公務員削減の対象に・・・主人公ケッコの「何が何でも、公務員を辞めない!」この不屈の信念と根性に、笑っちゃいました! 人員整理担当部長の悔しがりぶりを見てると、ケッコ頑張れ!になります。この二人の仁義なき戦いは、面白かった!それにしても、イタリアの公務員は恵まれて [続きを読む]
  • ボンジュール、アン
  • フランシス・コッポラ監督の妻である、エレノア・コッポラが、自分自身のエピソードを投影させた作品。エレノア監督は、80歳にして初の長編劇映画となります。有名な映画プロデューサーを夫に持つアンは、子供たちも手を離れ、これから先の人生を考えていました。そんな中、夫の仕事仲間のフランス人男性と、カンヌからパリまで車で向かうことになる・・・主人公アンを演じる、ダイアン・レインの美しさに魅了されました!ホント [続きを読む]
  • しあわせな人生の選択
  • スペイン・アカデミー賞で、作品賞他5部門を受賞した作品。スペインの舞台俳優フリアンは、ガンに冒され、残り少ない日々で、身辺整理を始めてます。そこに、古い友人のトマスが、カナダから4日間の休みを取って会いに来ます。トマスは、フリアンの身辺整理に付き合いますが、1番の難題は、愛犬トルーマンのこと。老犬なので、里親が、なかなか見つからないのです・・・邦題は、イマイチですが、原題は、犬の名前の「トルーマン [続きを読む]
  • 20センチュリー・ウーマン
  • 「人生はビギナーズ」のマイク・ミルズ監督、6年ぶりの新作になります。前作では、自らの父親をモデルにした作品でしたが、今作では、母親をモデルに1979年の忘れられない夏の出来事が描かれます。思春期を迎えた15歳の息子と、どう接していいか分からなくなった母親は息子と歳の近い女性2人に力を借りようとします・・・マイク・ミルズ監督は、グラフィックデザイナーとしても有名なので、映画自体が、アートっぽくて、オ [続きを読む]
  • ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
  • ユニバーサル・スタジオが贈る“ダーク・ユニバース”プロジェクトの第一弾。往年のモンスター映画を、リメイクしてゆくプロジェクトは、今後、ジョニー・デップの「透明人間」などが予定されてます。「ザ・マミー」は、1932年のホラー映画「ミイラ再生」から。「ハムナプトラ」の元ネタにもなっているので、「似てるなぁ〜」と思うかもしれません。トム・クルーズが演じるのは、宝探しの冒険家。ミイラの墓を発見し、封印され [続きを読む]
  • 君の膵臓をたべたい
  • 住野よるのベストセラー小説の実写映画化。映画のストーリーには、原作にはない12年後の現在が加えられてます。他人に興味がなく、いつも本ばかり読んでいる僕。ある日、クラスの人気者の桜良の秘密を偶然知ってしまう。彼女は重い膵臓病を患っていて、もうすぐ死んでしまうらしい・・・彼女は、動じない僕を“ともだち君”と呼び、“彼女が死ぬまでにしたい事”に付き合わされることになる・・・美しくまとめられた映画だと思い [続きを読む]
  • おとなの恋の測り方
  • 南フランスの港町マルセイユを舞台にした大人のラブストーリー。弁護士のエリート美女ディアーヌは、紳士なイケメン、アレクサンドルと意気投合。彼は、建築家として成功し、豪華な家に住むリッチマン。その上、ユーモアもあって、優しくて、一緒にいて楽しい。でも、1つだけ残念なことが・・・彼は、私よりも40センチも背が低いのだ!ユーモアに溢れていて、楽しい映画でした!見ているうちに、だんだんと主人公と自分が一体化 [続きを読む]
  • 心が叫びたがってるんだ。
  • 大ヒットアニメ“ここさけ”を実写映画化した作品。自分の想いを言葉にして上手く伝えられない4人が、ミュージカルの歌を通して想いを乗せてゆく・・・2015年に公開されたアニメを見ていたので「実写化?出来んの?」と半信半疑でした。どうせ見るんだったらと、初日の舞台挨拶中継付きで鑑賞。そんなに大きなスクリーンじゃなかったのに、7割くらいの客入り。正直、Sexy Zoneなのに、大丈夫かぁ〜と思った。中島さんと寛一 [続きを読む]
  • ライフ
  • 「チャイルド44 森に消えた子供たち」のダニエル・エスピノーサ監督の最新作。脚本は「デッドプール」の脚本チームが担当してます。ストーリーは、宇宙船の中で誕生させた生命体によって、「エイリアン」みたいに宇宙飛行士たちが、次々と殺されていくSFホラーです。この説明だと、なびかないと思うんだけど、見せ方が上手いし、画にセンスがあるの。見終わって思ったのが、「才能のある監督さんだわ」って事。ストーリー設定 [続きを読む]
  • 銀魂
  • あの「銀魂」が、福田雄一監督によって、まさかの実写化です。実写化が決まった時は、ブーイングの嵐だったのに、公開されてからは、まさかの絶賛の嵐!!!見たけど、やっぱ面白い!楽しい!この再現率の高さだったら、原作ファンもナットクすると思った。ワタシは、福田監督だったんで、やってくれると信じてましたヨ。役者さんも豪華で、ビジュアルも良く、役柄にハマってます。環奈ちゃんの変顔もアクションも予想以上の出来で [続きを読む]
  • ジョン・ウィック:チャプター2
  • 前作から2年、伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、帰ってきた。前作では、亡き妻が遺した愛犬を殺され、愛車のマスタングを奪われたことがキッカケでしたが、今作では、思い出が詰まった自宅を、バズーカ砲で破壊されたことから、復讐が始まります。ストーリーの3分の2は、アクションシーンでした。ドンパチとカンフーで、バッタバッタと、やっつけていきます。凄いんだけど、正直、見てるだけで疲れ果てました。キアヌは、アクシ [続きを読む]
  • ローマ法王になる日まで
  • 現ローマ法王フランシスコの知られざる激動の半生を描いた作品。正直、宗教的な映画はスル―するつもりでした。でも、予告編で、この映画は、1人の青年の苦悩や葛藤を描いた人間ドラマだと知ったので鑑賞。実話を基にしているそうですが、映画のような話の展開で、見入ってしまいました。フツーの映画として見ても面白いです。アルゼンチンの暗い歴史も知ることが出来たし、ホント見て良かった。カトリック教会のトップであるロー [続きを読む]
  • メアリと魔女の花
  • 「思い出のマーニー」の米林宏昌監督の最新作。スタジオジブリ解散後、新たにスタジオポノックを設立され、「メアリと魔女の花」が制作されました。ジブリ作品が、もう見れないと思っていたファンにとっては、待望の作品です。ジブリ作品を継承する新作ですが、新たなスタジオを立ち上げ、ゼロから作られたのでよく頑張られたと思う。ストーリーは、大人が見ても面白いし、楽しめる作品。映像も綺麗でした。そして、米林監督が描く [続きを読む]
  • 忍びの国
  • 戦国史上唯一、侍と忍びが戦った「天正伊賀の乱」を元に描かれた作品。原作者の和田竜さんが、脚本も担当されてます。監督は「殿、利息でござる!」の中村義洋さん。中村監督作品は、アタリが多いので鑑賞。織田信長も決して攻めなかった国、伊賀。その伊賀の忍者、無門は凄腕の持ち主だが、唯一、女房のお国だけには頭が上がらない・・・主演の大野さんが、無門のキャラクターと合ってました。アクションシーンは、見応えあり!大 [続きを読む]
  • 兄に愛されすぎて困ってます
  • 人気少女コミックの実写映画化。主演の土屋さんには興味がなかったけど、監督が「俺物語!」の河合さんだったので鑑賞。土屋さんは、学園ものに出すぎてて、またかぁ〜と思ってしまう。とりあえず、だんだん、細くはなってきてる。でも肩幅が邪魔をしちゃってるよね。「怪物くん」も土屋さんでしょ・・・正直、見飽きて来ました。イケメンフェスティバルが売り文句でしたが、まさにその通り!ストーリーも、漫画のような展開で、見 [続きを読む]
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー
  • 本年度のアカデミー賞にて、主演男優賞と脚本賞に輝いた作品。タイトルは、舞台となる海辺の小さな町の名前です。主人公リーを演じたケイシ―・アフレックが、主演男優賞を取った時は嬉しかったですね。彼は、数多くの脇役で、いつも光っていたから・・・昨年のディカプリオに続いて、「アカデミー賞、やるじゃん!」と思った。ストーリーは、主人公の辛い過去を紐解きながら、現在の困難な状況をなんとか乗り越えてゆこうとする姿 [続きを読む]