遼 さん プロフィール

  •  
遼さん: 見知らぬ世界に想いを馳せ
ハンドル名遼 さん
ブログタイトル見知らぬ世界に想いを馳せ
ブログURLhttp://thurayya65.exblog.jp/
サイト紹介文好奇心のままに「面白い!」と思ったことに突っ込み、好きなものを好き放題に語るブログ。
自由文熱しやすく冷めにくい好奇心の塊が、好きなものを徹底的に楽しみつくし、語りつくすブログです。ジャンルは読書感想、クラシック音楽鑑賞と独学ピアノ、教育テレビ感想、宇宙にフィンランド、趣味のイラスト描きとアニメ…などなど、興味の対象が無駄に広いのは仕様です。
ピアノ演奏録音などを置いているHP↓
http://www.geocities.jp/kaukana_laulu05/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2006/05/29 20:15

遼 さんのブログ記事

  • 青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
  •  久しぶりに川端裕人さんの作品を読みました。最新作でいいんだっけ?しかも、宇宙ものです。青い海の宇宙港 春夏篇川端裕人 / 早川書房 / 2016青い海の宇宙港 秋冬篇川端裕人 / 早川書房 / 2016 時は2020年代。小学6年生の天羽駆(あもう・かける)は「宇宙遊学生」として、東京を離れ宇宙港のある多根島で1年間暮らすことになった。「宇宙遊学生」と言っても、駆はあまり宇宙には興味が無く、生き物が好きで、島の生き物に興味を持っ [続きを読む]
  • 夏のペンギン切手&特印
  •  久しぶりに特印です。◇日本郵便:特殊切手「海のいきものシリーズ 第1集」の発行 新しいシリーズです。海の生き物。大好きです。第1弾はペンギン。可愛い。そして、リンク先の画像を見るとわかるのですが、切手シートが1枚の絵・写真のようになっています。切手をはぐと、シートの絵が失われるような気がして、もったいなかったです。これはシートごと保存したくなる。 気泡がホログラムになっていて、キラキラしています。 [続きを読む]
  • 四人の交差点
  •  前回もフィンランド発の本について書きましたが、今回もフィンランドでベストセラーになった小説の日本語版を。フィンランド文学が次々と日本語に翻訳され、日本に紹介され読めるようになるのは嬉しいです。四人の交差点トンミ・キンヌネン:著、古市真由美:訳 / 新潮社、新潮クレスト・ブックス / 2016 フィンランドの北部のある村で、マリアは助産師をしていた。その娘のラハヤは写真技師。ラハヤの息子のヨハンネスの嫁のカ [続きを読む]
  • マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議
  •  夏至は21日でしたが、この週末は北欧では夏至祭。フィンランドもユハンヌス(Juhannus)です。いつもは夏至、夏至祭、白夜の季節に聴きたいフィンランド、北欧の音楽について書いてきましたが、今年は本を。マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議カロリーナ・コルホネン:著、柳澤はるか:訳 / 方丈社 / 2017 フィンランドで大人気、ベストセラーのコミック「FINNISH NIGHTMARES」の日本語版です。これまで、何度も海外向け [続きを読む]
  • イリジウムフレアを見たくて
  •  現在、国際宇宙ステーション(ISS)可視パスはなし。でも、イリジウムフレアは毎日のようにあります。そういえば、イリジウムフレアはずっと見ていなかった。ご無沙汰です。 先日から、イリジウムフレアを見よう、撮ろうと狙っていました。日によって明るさに差がある。これはとても明るい時のこと… 肉眼ではしっかり見たのですが、撮影は失敗…。シャッターを押す前に、慌てて、10秒間のタイマーを設定してしまった…。その10 [続きを読む]
  • 6月はばらの季節
  •  南の方は梅雨入りで、アジサイの季節ですが、こちらは6月なのに寒い日が続くこともあります。アジサイはまだ。こちらはばらの季節です。 この日、朝寒かったので、朝露がついています。とてもきれいでした。まだこれから咲くバラもあって、まだまだ楽しめそうです。 こちらはバラの仲間のハマナス。ハマナスも今が季節です。 [続きを読む]
  • Im 〜イム〜 6・7
  •  漫画を読んでも感想を書けずにいたので、何巻かたまってしまった作品もあり…。まとめて書きます。エジプト神話をモチーフにしたマンガ「イム」の6巻と7巻です。この2巻は続いている部分が多いので、まとめて書いてもいいかもしれない。 Im~イム~(6)森下 真 / スクウェア・エニックス、ガンガンコミックス/2017 支部長を助け出したイムたち。羽羽方家でパーティーを開くことに。陽乃芽はイムがエジプトに帰ってしまう前の送別会だ [続きを読む]
  • カリグラフィニブが楽しい
  •  少し前、新しい万年筆を買いました。 パイロットの「プレラ 色彩逢い(いろあい)」の、カリグラフィニブ(CM)です。◇PILOT:万年筆:プレラ 色彩逢い iro-ai ニブの先が平らになっています。 お友達から貰うお手紙の文字が特徴的で、何のペンで書いているのが気になっていました。スタブニブという、横の線は細く、縦の線は太く書けます。ただ、スタブニブはちょっと入手しづらい。気軽に、入手しやすい、スタブニブとほぼ同じ [続きを読む]
  • お久しぶりISS
  •  ずっとISS・国際宇宙ステーションの可視パスを見て、撮影するのもご無沙汰になっていました。冬の空をほとんど観れず、撮影もできなかったのが残念です(曇ってるんだけど)。 今日のISSの可視パスは好条件。お天気もいい。明日からまた崩れるとのことなので、見ます。 北西の空から昇ってきたISS.ちょっと暗めです。肉眼ではもっと明るく見えたのですが、空が明るいせいか…。画像右上にこぐま座があります。先っぽは北極星です [続きを読む]
  • まだ間に合う!?「GCOM-C」「SLATS」愛称募集中
  •  この記事はもっと早く書くべきだったのですが、一気に2基も人工衛星の名前なんて考えられない、しかも今回はどちらも難しい…と7割スルーしていたのですが、締め切り直前になってやっぱり送ってみようと考え始めたら思いつく思いつく…wということで、まだ間に合うはず。記事にします。◇ファン!ファン!JAXA!:2つの衛星の「愛称」を同時募集します 募集しているのは、気候変動観測衛星「GCOM-C」と、超低高度衛星技術試験機「S [続きを読む]
  • ライラックの季節も過ぎて
  •  写真は撮っているのですが、アップするのをよく忘れます。先日咲いていたライラック(リラ)です。今はもう枯れてしまいました。同じ頃、ナナカマドの白い花も咲いていましたが、撮影できず。そう言えば、春の菜の花も撮れずに終わりました。 春から生活が変わって、まだ慣れません。今は、この生活のリズムに慣れることを優先したいです。読んだ本のこともブログに書きたい…「書きたい」のか…?変化で、色々と不安定です。 ばた [続きを読む]
  • メロディ・フェア
  •  以前から読んできた宮下奈都さんの本を読みました。宮下奈都さんといえば、「羊と鋼の森」で本屋大賞を受賞、一気に注目されました。ピアノ調律師のお話と言うことで読みたい!のですが、文庫化待ち。他の作品を読んでいきます。メロディ・フェア宮下奈都/ポプラ社・ポプラ文庫/2013(単行本は2011) 結乃(よしの)は東京の大学を卒業し、化粧品会社に就職。地元に帰り、ショピングモールの化粧品売り場で美容部員として働き始めた。 [続きを読む]
  • 日本・デンマーク国交樹立150年切手押印機特印
  •  先日書いた「日デンマーク外交関係樹立150周年」切手の押印機特印が届きました。・先日の記事:日本とデンマークの150年切手&特印手押し印も可愛かったけど、押印機も可愛いぞ、さすが北欧だぞ…。 押印機特印の図案はクロンボー城。シェイクスピアの「ハムレット」の舞台ですね。切手にもクロンボー城が図案のものがあるのですが、それと少し違います。自転車に乗っている人たちが描かれています。デンマークは自転車大国。環境保 [続きを読む]
  • 流れ行く者 守り人短編集 / 炎路を行く者 守り人作品集
  •  しばらく本の感想を書いていませんでした。でもその間に色々な本を読みました。少しずつ、またここに書いていこうと思います。第1弾はNHKでこの冬に実写ドラマ第2シーズンが放送された「守り人」シリーズより、番外編の2冊を。 流れ行く者 守り人短編集上橋菜穂子/新潮社 新潮文庫/2013(単行本は偕成社から、2008年) バルサとタンダがまだ10代の頃のエピソードが収められています。「浮き籾」はタンダが主人公。村で家族と暮らすタ [続きを読む]
  • 北国の春 2017
  •  ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか。当地も20度越えの暑い連休です。もう南の方は初夏ですが…当地の春をお届けします。 まずはソメイヨシノから。春は何故か晴れると風が強い。下の2枚は、風で花びらが散り始めていた頃でした。 もうソメイヨシノは終わり。でも、しだれ桜や八重桜はこれからです。 しだれ桜は満開でした。青空に濃いめのピンクの花はとてもきれいです。 昨年秋からこの春まで、大変なこと [続きを読む]
  • 日本とデンマークの150年切手&特印
  •  最近は切手と特印のことしか書いていないような…。いや、本のこととかも書きたいのですが…。まずは切手のこと。 今年は、日本とデンマークが外交を樹立して150年。1867年に修好通商航海条約を締結しました。ということで、日本デンマーク国交150年の記念切手です。北欧諸国との記念切手。これは逃がせない。◇日本郵便:特殊切手「日デンマーク外交関係樹立150周年」の発行 切手のテーマは「Hygge(ヒュッゲ)」、デンマーク語 [続きを読む]
  • 理化学研究所創立100年記念切手&特印
  •  久しぶりに切手の話を。今日は今年は理化学研究所創立100年(フィンランド独立と同じ年だったんだな)。その記念の切手が出ました。◇日本郵便:特殊切手「理化学研究所創立100周年」の発行顕微鏡や薬品の瓶など、いかにも理研らしい図案。シンプルに可愛らしくデフォルメされているのも親しみやすいです。 理研といえば、新元素ニホニウム(Nh)で話題になりましたが、そのニホニウムの切手もあります。押印機特印はニホニウムの図 [続きを読む]
  • 「星の物語」切手 第5集 押印機特印
  •  先日発行された「星の物語」切手シリーズ 第5集の、頼んでいた押印機特印が届きました。・最後は南天 「星の物語」切手第5集&特印 +完結編 りゅうこつ座(竜骨座)です。 りゅうこつ座は、日本からは辛うじて見える南天の星座。一等星カノープスが有名です。全天で21個ある一等星の中で2番目に明るい星です(1番目はおおいぬ座のシリウス。南半球なら、シリウスとカノープスが競うように輝いています!)関東以南なら、今の時期、カノ [続きを読む]
  • 星の案内人 4 [完結]
  •  ずっと読んだ本の感想書いていませんね…。少しずつ書いていけたらと思います(諦めてない)。 プラネタリウム天文漫画「星の案内人」、3巻の発売から随分経ってからの4巻が出ました。そして、完結です…。なんと…。星の案内人 4上村五十鈴 / 芳文社・芳文社コミックス/2016 ある日、トキオは不思議な雰囲気の青年と出会う。旅人のような雰囲気で、カメラを持っていた。おじいさんのプラネタリウム「小宇宙」にいると、その青年・チ [続きを読む]
  • 最後は南天 「星の物語」切手第5集&特印 +完結編
  •  毎度お楽しみの切手シリーズも、これで最後です。◇日本郵便:特殊切手「星の物語シリーズ 第5集」の発行 今回は南天の星座を10種類。前回の「星座シリーズ」切手では南天は出なかったので嬉しいです。南天の星座の代表・みなみじゅうじ座や一等星カノープスが目印のりゅうこつ座、日本からでもギリギリ見られるつる座やケンタウルス座。日本からは全く見えず馴染みも薄いきょしちょう座やとびうお座など。南天の星座は、大航海 [続きを読む]
  • 2017:あけましておめでとうございます
  •  新年の挨拶が遅くなりました。あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 今年も使います、博文館の懐中日記。私はその日のよかったことをつけるのに使っていますが、今年こそ日記をつけたいという方に、小さめのスペースで短文で気軽につけられるのでおすすめです。渋いデザインも好きです。月の満ち欠けや各月の季語、世界の偉人の名言など情報も満載です。 という私も、昨年、途中で頓挫したんです [続きを読む]
  • クリスマスの再会 クインテット クリスマス・スペシャル2016
  •  先日予告した通り、「クインテット」クリスマス回を再編成した「クインテット クリスマス・スペシャル」が放送されました!・【予告】「クインテット」のクリスマス再び! 祝・再放送(再構成版)決定!◇NHK:Eテレ:お願い!編集長:再放送決定!「リトルドラマーボーイ」(クインテット) 放送された内容は以下です。・2008年12月24日放送回 明日は月の上で/フラットさんの口笛・ホワイトクリスマス/クラリネット・ポルカ・2005年12月15日放 [続きを読む]
  • 【予告】「クインテット」のクリスマス再び! 祝・再放送(再構成版)決定!
  •  「クインテット」に関する記事を書くのは久しぶりです。 この時期になると、これを思い出します。◇NHK:Eテレ お願い!編集長:検討中「リトル・ドラマー・ボーイ」(クインテット) 「クインテット」の「リトル・ドラマー・ボーイ」をはじめとするクリスマス回への再放送リクエストです。100票以上獲得し、再放送検討に入ってもう何年…?毎年、今年もない。今年は?今年もない。そんなことの繰り返しでした。 しかし、ようやく実現と相 [続きを読む]