やっちゃん さん プロフィール

  •  
やっちゃんさん: 北国の根魚
ハンドル名やっちゃん さん
ブログタイトル北国の根魚
ブログURLhttp://soinamazu.blog.fc2.com/
サイト紹介文北海道の釣り〜海・ロックフィッシング、淡水・ナマズなど。脱線もします。
自由文気まぐれ者ですがよろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2006/06/10 12:21

やっちゃん さんのブログ記事

  • 幌別駐屯地創立記念行事
  • 道内のこの時期の自衛隊イベントといえば、いわずとしれた千歳基地航空祭。同日の7/23に開催された、登別は幌別駐屯地の創立記念行事に行ってまいりました。 といっても予定していたわけではなく、実家にいたら天候にも恵まれ、ササッと出向いただけです。やや風もあり快晴と、気持ち良い快晴、乳児連れなので順番待ちになる展示は並ばず。説明のおにいさんが随所に展開しております。プラモ映えしそう。こういうナチュラルな迷彩 [続きを読む]
  • ソイもなかなか
  • 海の日の前の日の話。地獄の暑さの直射日光をあびるのを嫌って、時間帯を遅めにし、港でライトタックルで釣行してみる。飛距離は出ないが、ヒラメにおいても軽いリグでのアクションのみ反応が出るケースがあることは経験済。 しかしご承知の通りわかりやすい欠点というか特性があって、根魚に猛烈にアピールすることにもなる。習性から30cm前後のソイはつい撮りたくなる。なぜかこの日はソイが元気。このくらいのがぽんぽん [続きを読む]
  • ソゲ以下の
  • 今年まったくアタリすらもらえていないヒラメ釣り。どの釣りでも、こういう時期の試行や開拓を重ねることが、そのうち結実するんだと思う。思うが、毎年、どうせ何回かしか行かないし、と、結局変化しないのがパターンだ。 今年は諦念を前向きに使うべく、出発から極力短時間で1キャスト目を開始でき、かつ、混まないポイントの開拓を考えていた。(わたしの噴火湾釣行は、基本、対実家決戦兵器「マゴ」の携行により実現する。釣 [続きを読む]
  • 隣の青いの
  • 10日ほど前の記録です。 ひさびさの朝まずめ。今年の残りは行先や手法を変えて試行してみるシーズンにしようかなと思いつつも、習性で港をまわる。期待度低く打っていると、オハヨーゴザイマスのフグ。足元にはボラが回っていたりする。自分が行く地域は、気温ももちろんだけど、水温も前年よりだいぶハイペースで上がっている。 港全体では3人ほど釣り人がいたが、移動しているうちにお隣さんができ、互いに、ヒラメ全然だねーー [続きを読む]
  • おしゃまんべ毛がにまつり
  • 天気は快晴、気分はいいが海は穏やかすぎる、そんな日。地元と思われる人たちに混じって夕マズメを満喫すると、ガンガン招かれざる魚がかかる。ガヤ略。 キュウリとか何度もスレでかかるんだけどそういう魚?あまりキュウリの群れに出くわしたことがないし、望みもしないが、場所やシーズンによっては貴重な釣りものだったりするんだろうか。 今年の噴火湾のヒラメは遅い、という表現もあるけど、総体的には前年比薄めといって間違 [続きを読む]
  • 冒険心くすぐられる番組「陸海空こんな時間に地球制服するなんて」
  • テレビ見なくなってしまって久しい、楽しみにするような番組がほとんどない、、でしたが、春からやっている、「陸海空こんな時間に地球制服するなんて」毎週火曜夜11:15〜は久々の期待番組となっています。いくつかのコーナーで成り立っているのですが、最近のメインはアマゾン流域の現地レポ「部族アース」で、開高健の「オーパ!」シリーズが好きな本ベスト3にはいるわたしにはドストライクです。加えて、怪魚ハンターの釣りが [続きを読む]
  • 眼福
  • どこに行っても人、人の季節ですな。この時期になると、無性に山岡家に寄りたくなるので困ります。自宅まわりではあまりこの衝動は起こらないけど、朝方以外ほぼ開いていることもあり訴求力高し。実際食べることはまずないけども。港に浜に繰り出すものの、混雑釣り場は好きじゃないので(といっても下見はする)、地味めな港に入って夕飯まで実釣。今月は毎回底荒れしている日ばかりに当たっていたけど、今回はまともそう。先行者 [続きを読む]
  • プラモ作成 タミヤ1/35キングタイガー その1
  • はじめてこの手のプラモ作ったのは小3くらいだったな、高校生のイトコからもらった「ロンメル戦車」、今思えばなんであのチョイスだったのだろう。ともかくそのあたりからプラモは身近だった。タミヤはヤクトパンターを売るのに勝手にロンメルの名前をつけていたんだよね。子供の頃に作ってみたい気持ちはあったけど実行しなかった、「キングタイガー」ことティーガー2です。エアブラシで迷彩する予定だけどいつ終わるかさっぱり [続きを読む]
  • プラモ作成 ベアッガイFとパパッガイ
  • ガンダムと一口に言っても結構なバリエーションがあり、おっさんなのでファーストガンダム以外はあまり知らない私。ビルドファイターズという作品に、アッガイをかわいくしたベアッガイさんシリーズというのが出ている。もうなにがガンダムか分からないんだが、嫁に「これ作ってみ」と渡すと、本体は無事組みあがっていた。全般的に手直しして、完成。FはファミリーのF、墨入れのみで無塗装です。もうしばらく溶剤系は家で使うの [続きを読む]
  • 四代目タモを新調す
  • ハイシーズンにタモが逝くという、グレートでクリティカル的シリアルプログレムな事案(重複)が発生!ネット注文も受け取り日が確実にわからなかったので、釣具屋へ・・。タモというのはある意味で消耗品な部分があって、先代は約4年を経て、タモジョイントのゴムの劣化や、ホルダー部分がガバガバになったのを主因として逝ってしまわれた。タモはいわばドリームキャッチャーであるがゆえ、それにまつわる釣り人のエピソードには [続きを読む]
  • ナマズ用トップに電気ウキミライトをつける
  • どうにも休みとなると条件のよろしくない日が続く6月、太平洋でマズメ短時間ヒラメ狙いも当然のように撃沈。マンベ嫁宅に孫を連れていくという錦の御旗をかざしつつ、これから1か月くらいは毎週往復かな。といっても血眼になってやるようなことはせず、当たればラッキーくらいの心構えです。隙を見てナマズもいくことになろうかと、ルアーをいじってました。釣具は模型製作に流用できるものが多い、けどその逆はこれまであまりなか [続きを読む]
  • 今年初釣行 魚運は貯まっていたらしい
  • プラモ作ったり引っ越したりしているうちに、もう5月も後半、釣り道具は引っ越し時の荷物状態から全く触ってもいませんでした。最後に釣りにいったのいつだっけ?ってガチのマジでブログの前記事10月後半だった。。が、代休なんかで子ども連れて実家に2泊3日と、初釣行のチャンス到来、釣具一式積み込んで、室蘭に朝まずめに行きました。昨年今年は週休が変則なので、平日釣行となるわけですが、けっこうどこも釣り人いるもんです [続きを読む]
  • 初恵山
  • 子供が産まれてからというもの、めっきりネット使う時間が減ってる昨今です。今回の記事は10月2日のことになります。 マンベ滞留中時間をもらったので、これまで行ったことのない恵山方面に単独ドライブを試みました。釣り竿はもちろん持参、およそ半日未満の外出です。ガチンコ釣行ではなく、まずは新函館北斗駅を経由してぐるっとドライブ。駅の近くで白バイさんが後続からスーッとわたしの車を追い越していき、先頭車をロック [続きを読む]
  • 白老沖防波堤オール
  • すっかり日にちが経過してしまいました、9月中旬のことですが、白老沖防波堤で一泊してきました。フライマスターM氏の企画に急遽便乗した形です。子供連れて登別にいたので、白老まではあっという間。白老沖防波堤は初上陸です。このブログ初期の頃にボート流しをやってますが、それ以来。そして夕暮れから早朝4時までとナイトというのも初です。今回は計6名、わたし以外は何度も来ている方でした。白老は拡張すすんでますが、 [続きを読む]
  • 今年のナマズ釣りは終了します
  • 手帳を見てたら、最後に釣りにいったのが8月しょっぱなのナマズ釣りだった、もう一か月空いております。生後0か月の子供の夜泣きも激しさを増している今日このごろ。あと何回かいけるかな〜と思っていたナマズですが、潔く今年は終了します、例年、まだあったか排水のあるエリアではトップで釣れてはおりますが、ちょいと短期実家暮らしをしますので。。今年はナマズ用ルアーの買い足しは一個だけでしたが、レギュラーをご紹介。 [続きを読む]
  • シマノのサンダル
  • ヨメと子が家に戻ってきて数日、聞いていたとおりの寝れない日々が続いております。おまけにこの暑い秋、窓も全開にしたいけどオンギャーと元気に泣くもんで、ままなりません。釣り友によると台風後もナマズは釣れているようで、カラフトも当たりと釣りものは枯渇していない模様。わたしはまずは譲られたチャイルドシート付けたりルーフボックスの見積もりを取ったり、新生活対応中の日々です。もう秋になりますが、シマノのサンダ [続きを読む]
  • リラックマ・・のストリンガー袋
  • ショアヒラメいまいち感が漂う今年ですが、八雲の刺網漁では昨年比2倍で安値なんだとかhttp://suisan.jp/article-5460.html)。今年のお盆はまさに盛夏となりました。 コンビニ飲み物は眠気覚ましの缶コーヒー以外はあまり買わないんですが、オマケには弱い。昨年の「お〜いお茶」のペットボトルカバー、すっかりストリンガー入れとして重宝してました。 ライジャケやバッグの外側にジャラジャラさせてもいいのですが、わたしの腕 [続きを読む]
  • 「鯰―魚と文化の多様性」
  • 近所の公園でもお祭りがありました、北海道の短い夏も佳境の8月一周目ですね。さて。ナマズに関する書籍って、けっこうあるんですよね。釣り人的にはトップウォーターのルアーフィッシングに関するものを目にしますが、研究面での本もなかなかの数が出版されておりやす。というわけでざっくりと書評回です。 「鯰―魚と文化の多様性」は滋賀県立琵琶湖博物館編著ということで、琵琶湖周辺の話題がメインでしたが、興味を引かれる部 [続きを読む]
  • ナマズマックスパワーPEを試す
  • 九重親方、亡くなってしまいましたね。相当昔ですが、大学生時代、JRAの警備員の仕事をしていたとき、ハンドスタンプ係というポジションで、引退後の千代の富士に遭遇したことがあります。ハンドスタンプというのは、ディズニーランドにもありますが、手の甲に透かしのようなスタンプをし、専用台で照らすと認証ができるというやつです。来賓席用です。スタンプ台にのった千代の富士の手のデカいことデカいこと。小兵なんて言われ [続きを読む]
  • 夏!ナマズ!
  • 気が付けば海の日も終わり・・。変則で月火休みという、3連休で叩かれきってしまった後の日だが湿気最高なのでナマズ釣りに行ってきました。だいたい年間の釣りモノの順番が固まりつつあり、ナマズは後回し気味になってます。体質的なものか、虫刺されに弱いというのもナマズや磯にいまひとつ執心しきれない一因となってたりします。釣れそうな場所って虫害がきびしめなんだよなあ。ごくごくフツーのポイントに繰り出すと、雨が降 [続きを読む]
  • 「小幌の仙人」秘話
  • そろそろ小幌の磯の時期かと思います。小幌駅は存続するかで話題にもなっていますね。今回は故人を偲ぶ思い、また、考えさせられることも多く、記事としました。けっこう重たい話題を含むので苦手な方はスルーしてください。なお今週はじめにヒラメ釣りに出て無事何事もなかったことも報告しておきます。 ----- もう何年も前の話になりますが、小幌には仙人と呼ばれる方が住み着いておりました。かにぬーさんがブログ「ヲタキッシ [続きを読む]
  • 続いて噴火湾ヒラメ!
  • 我が家に知人の車で来ていた義母が帰る。すみやかに予報をチェックすると、風があるようだが天候は回復傾向。任務発生、これは送迎ミッションである!てなわけで日曜夜にマンベ入り、けっこう風があり、雨もときおりで止んではいない。月曜朝マズメ。まぁ言うまでもなく釣り馬鹿さんなんで、ヒラメ狙いに繰り出しますよ。変則勤務になってからわかったけど、平日でも人出はあるものですね。港で投げとルアーのちゃんぽんの若めの方 [続きを読む]
  • ナマズもね
  • 蒸し暑いという実感のある日もほぼないまま6月も後半に。 雨の日も多いし、いける日にナマズいっとくか、と仕事後に自宅で晩飯をすませ車を走らせる。現地ではいれかわりの組もいて、さすがシーズンというところ。 予報では風が5mとなっていたが、そこまででもない。でも水面は波立っていたので、でんぐりガエル鯰SPを投入。 風で着地点が曲がるのを利用し枝の裏の近くを通してみるも異常なし。 と、回収地点至近のヘリでパチャ [続きを読む]
  • なんとか噴火湾ヒラメ
  • いまいちな釣りが続き、思いつきで夕マズメヒラメ狙い一本勝負、長万部界隈へ。 道央は晴れていたけど、着いてみると霧雨まじり。火曜日、港は無人です。荒れ気味な日が続いたせいか、一帯に海藻やらゴミが浮いている。 10fと7f、ロッドは2本持ち込みました。暗くなる前はジグを遠投し続けてみますが、海藻回収率高し。こういう日はだいたいダメですね。ただ潮は動いていて潮目も一部できてる。 派手な色のワームにも全く反応は [続きを読む]