hakusuke さん プロフィール

  •  
hakusukeさん: つくること みること かんがえること
ハンドル名hakusuke さん
ブログタイトルつくること みること かんがえること
ブログURLhttp://hakusuke.exblog.jp/
サイト紹介文教科指導を通して考えること,生徒とのやりとりを綴ってます。教員採用試験に関してもチラホラと・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2006/06/20 10:20

hakusuke さんのブログ記事

  • 思考錯誤すること
  • 輪切りリンゴから構成 色を試す。構成を試す。押印する向きを試す。この試すといった行為を大事にしたい。限られた授業時間の中で、どれだけ思考錯誤させることができるだろうか。試すことが多過ぎても、遊びになってしまう。適度な制約を設けながら、課題を達成できる楽しさを追求していきたいな。 [続きを読む]
  • 連続文様と箸作りに向けて
  • 連続文様の授業では、自然物を単純化させること、単純化に表すといったことが難しいようでした。しかし、バナナやら貝、キウィ、シクラメンの花びらなど、生徒たちの身近なもののスケッチにはじまり、線を太くしたり、直線ではっきり輪郭線を描いたりしながら、ゴム印に表すことができました。昨年までは、18色の色を自由に選ばせて押印に取り組ませていましたが、あえて2色で押印すると制約を設けました。色数を制約して、構成 [続きを読む]
  • 浮世絵の鑑賞
  •  浮世絵の鑑賞を行いました。以前、ブリジストン美術館で鑑賞した、ドビュッシーの展覧会が印象に残っていて、何か授業で気付かせられないかなぁ・・・取り上げられないかなぁ・・・と、授業構想を練っている間に授業日になってしまいました。なんてこったい。課題は多々見つかったので、授業として進めた通りに記し次年度の改善策とします。   授業開始前にドビュッシーの曲をかけてチャイムと共に号令。休み時間早々に美術室 [続きを読む]
  • この世界の片隅に
  •  昨年末からじわじわと話題の映画『この世界の片隅に』を観て来ました。ネタバレ多々・・・(汗) 本作を『戦争映画』というまとめて良いのか分からない。しかし、優しい画のタッチで描かれている。実際は、戦時下の広島・呉を舞台にした、そこで生きる人々の『庶民の暮らし』を描いた温かい内容映画でもある。 『戦争』という題材を扱うと、どこか暗い笑顔が無いイメージが強い。しかし、この作品は全体的に柔らかいトーンやタ [続きを読む]
  • 伝統芸能文化展に出向く
  •  三井記念美術館に、日本の伝統芸能展に出向きました。我が国の各時代・各分野の芸能が伝承されていて、この伝統文化を保存、継承している方たちがいます。います。これらの伝統芸能「雅楽」「能楽」「歌舞伎」「文楽」「演芸」「民俗芸能(琉球芸能含む)」について、それぞれの魅力を分かりやすく解説されている内容でした。芸能部門別に、解説文は日本の伝統色でわかるように示されていました。 伝統芸能は支える人がいなけ [続きを読む]
  • 早朝の地震発生
  • 5時58分。けたたましい音で緊急速報。けたたましくなければ緊急ではないのでしょうが、いつ聞いても心臓に悪い緊急速報。身構えていたら、揺れる、揺れる。ずいぶん長く揺れた。朝ごはんを作っていた時のことだった。津波警報にドキドキしながら、テレビをつけっぱなしにしていた。 今日は勤務校は期末テストと数時間分授業。テスト中も、クラクラ揺れる。地震に気づく生徒もいれば、周囲の声を聞いて、あれ?え?となる生徒 [続きを読む]
  • 早朝の地震発生
  • 5時58分。けたたましい緊急速報。いつ聞いても心臓に悪い緊急速報。身構えていたら、揺れる、揺れる。ずいぶん長く揺れた。起床していたし、朝ごはんを作っていた時のことだった。津波警報にドキドキしながら、テレビをつけっぱなしにしていた。 今日は勤務校は期末テストと授業。テスト中も、クラクラ揺れる。地震に気づく生徒もいれば、周囲の声を聞いて、あれ?え?となる生徒もいる。週末は防災訓練だ。気を引き締めて、 [続きを読む]
  • 市の作品展
  • いつもは忙しく市の造形作品展の展示準備をしていましたが、出展する作品にめどをつけていたことや、全造大会参加も視野に入れていたので、校内でもゆとりをもって台紙に貼り準備をすることができました。コメントカードも、出展する生徒に記入して貰い、作品に対する思いを記入して、展示ができたと思います。コメントカードは、パソコンで打たず、生徒自身が記入した方があじがあります。ちょうど、立体作品を職員室で数えていた [続きを読む]
  • つながりの中に生まれたもの
  • 全造大会を終えて、今日は部活指導のため学校へ。会議要綱やら、進路書類、部活動の資料等のどっちゃりの机上に嫌気が。現実だ。頑張れ自分。 帰路、停滞というか更新を公開していないブログを読み直しました。全造大会のテーマよさや美しさ〜つながりの中に生まれるものに向かって〜で、自分との「つながり」を思い出してみました。今回の大会で中学校の実践報告をされていた3名の先生方は、すでに面識もあり「つながり」はあり [続きを読む]
  • 仏像の鑑賞
  • 全造大会の報告だけでなく、自分自身の授業について振り返る。最近、3年の仏像の鑑賞題材に取り組んだ。指導主事訪問時にご指導いただく授業でもあった。ここ数年仏像の鑑賞について、あれこれ取り組んでいた内容に修正を加え、ちょうど今の3年生は古い教科書を使用している生徒たち。個人的には、新しい教科書を活用したいことはやまやまでしたが、生徒たちが持っている教科書を活用する。  今までは、阿修羅像をじっくりと [続きを読む]
  • 地域と「つながる」美術の授業を読んで
  • *ランチョンマットデザインの紹介写真。決して、お寿司が食べたいと訴えている写真ではありません。 昨日まで仙台で開催されていた全国造形教育研究会。本日はあえて、自分ならばどのようなことができるか振り返りの日です。全くもって時系列ではありませんが、感想を記しておきます。  午前中は、中学校の授業実践を2本参観させていただきました。どちらの授業も、何故美術を学ぶのか、美術を学ぶことの意義が、生徒たちの発表 [続きを読む]
  • 感謝。感謝。感謝。
  •  全国造形教育研究会から戻りました。戻ってきた・・・といっても会場は仙台だったので、宮城に住んでいる私からすれば、身近な場所で大きな研究会が行われていました。様々面で、感謝すべき事を含め振り返りします。 岡田先生、東良先生お二方の長官の講演を聞いて、自分の授業を見直ししようと出向きました。児童・生徒の活動が見られる映像を交えた解説は、わかりやすい内容です。日々の自分の授業に当てはめて、有効な点、改 [続きを読む]
  • 和菓子題材
  • 夕方撮影したらから、写りが良くない(−−)あとで差し替えます。今日は、さっさと退勤してきたので、振り返りを兼ねて記します。 かなり久々に取り組んでみた和菓子題材。久々に取り組んだら、かなり課題が見つかりました。実践内容と、反省点がありすぎて発狂したくなる。生徒たちだって、こんな指導者に教えられたもんにゃ、発狂したくなるだろう。1.アイデアスケッチ 和菓子の画像や写真を十分に見せたことは、イメージを [続きを読む]
  • 全国造形教育研究大会宮城大会のご案内
  •  いろんなことが目まぐるしく過ぎていき7月から更新を渋っていました(==)この間、県外で学んだこともあり、授業の課題に気付くことも多々ありました。秋は文化的行事が多々あります。美術ブログなので、宣伝をしておきます。 平成28年11月10日(木)11日(金)の日程で、第69回全国造形教育研究大会宮城大会が行われます。 申し込み締め切り日は、10月6日でしたが、10月31日(月)まで延長されています。 第69回全国造形教育研 [続きを読む]
  • 美術室改造計画
  •  美術室の改造計画・・・ちまちま決行中。 私が現勤務校に赴任した当時は、美術室が美術室の環境になっていなかった。机が机と機能していなかった。そんな折に、我が校の取り組みが、某教科書会社さんの教科書に掲載していただく機会を得た。そんなこともあって、「環境を良くしたいよ!」で、騒いだら机だけ、替えてもらう。あとは、作品が展示されているのに暗いなで、ライトを美術室に取り付けてもらう。 机の交換といっても [続きを読む]
  • 試験を受ける方たち頑張って!
  •  このブログは、教員採用試験の時期になると明らかに閲覧数が増える。背景は、ブログを立ち上げた経緯が関係している。遠い昔のことである。ごめんなさい。試験情報は今はあげていません。1.どのように児童・生徒に関わる 学校現場で教える、目の前に児童・生徒がいることを想像する、念頭において試験を受ける。指導といった言葉は嫌いですが、学校現場にいると、生徒指導の繰り返しである。私自身は、授業を通した生徒 指導 [続きを読む]
  • 2016 6月あれこれ
  • GW以降バタバタっと過ごしてきました。①修学旅行引率 ②中総体 ③中総体後の振休を有効活用?思いつくままに記しておきます。1.修学旅行引率 5月末の行事である。今年度は、主に支援学級の生徒たちを中心に引率に関わった。彼ら・彼女たちにとって初めての東京。保護者の方たちの心配をよそに、生徒たちはかなり良き思い出を作ることができた。自主研修は品川のアクアマリンパークに出向いた。研修中の移動は、切符を買った [続きを読む]
  • 感じること力で人は育つ
  • 修学旅行引率前に、福井の牧井先生から本を送付していただきました。昨年から、本を執筆していることをうかがっていたので、届くことを楽しみにしていました。 さて、この本の内容は、牧井先生が福井県内の小中学校に菱田春草の『落葉』レプリカを持参し、対話による鑑賞を行った記録集である。写真も豊富であり、児童の反応やどのような声がけを行ったのか、具体的で分かりやすい。同じ作品を見ても年齢や発達段階によって感じ方 [続きを読む]
  • レヴェナントを見て
  •  やっとさ?ディカプリオがオスカー獲得した。毎年、オスカーと騒がれている彼ではあったが、この作品ならば、受賞は納得であった。彼は、顔つきが年齢の割に少年のような青臭さがあったことが、受賞できなかった背景だったのだろうか。結構、華麗なるギャッツビーの時、いい演技だなぁと思っていた。 映画では自然が広大で偉大であり、脅威と示し合わせであることを痛感させた。アメリカの開拓していった人類の歴史に争いに対し [続きを読む]
  • 新年度体制で部活動が始まった
  •  大型連休が終わろうとしている。実質、2日(月)、6日(金)は普通登校日であり、連休前半・後半といった感じでした。運動部顧問なので、中総体に向けて練習したり、練習試合に引率だったりの日々だった。しかし、完全オフにする日を設けないと、疲れることが目に見えたので、がっつり2日間は休みを取った。休みを取る環境をつくることも大切なことだと思う。休みの間、部員たちものんびり過ごしたり、田植えの手伝いをしていた [続きを読む]
  • 「情報リテラシー教育のこれからを考える」に参加して
  • PTAの仕事をお手伝いしてから出向いた。前日というか当日まで学校に残っていたので、だるさもあったけれど、気持ちをリフレッシュさせようと気合を入れ参加。東西線は私は利用する機会はないので、ドキドキワクワク。東北大までビューん☆田舎もんだ・・・。 参加目的は、「情報リテラシー連続セミナー@東北大学 情報リテラシー教育のこれからを考える」である。駅に降りると、目の前が会場!なんて利便がよいのだろう。情報 [続きを読む]
  • 熊本の地震によせて
  •  新年度が始まり、提出書類や生徒会資料を作っていた。同じく職員室で仕事していた先生から、「熊本がすごいことになっている・・・」で、スマートニュースを見て驚く。 大きな災害が発生すると、ライフラインが止まる。3.11の震災時を思い出す。私自身の身の回りは、停電、寒い、暗い等々だった。我が家はガスや水といったライフラインが多少あった。のちに笑いネタにしかならない、ベランダで数日分の燻製もつくった。「サ [続きを読む]
  • 2016 新年度が始まった
  •  新年度が始まり、怒涛の日程が過ぎ去りまし。過ぎ去ったが適切です。今年は着任式が、金曜日であり、本格的な会議は4日から。連日新年度に向けて会議、準備、会議の日々でした。恐らく、行政職に勤務の方は、皆同様のことでしょう。まだ、私は異動もない職場で、「これは?」「あれは?」と疑問が少ないだけ、多少なりと心にゆとりをもつことができました。逆に、行事運営についても、大方理解しているので、異動してきた職員、 [続きを読む]
  • 平成28年度に向けて
  •  27年度もあと少しで終わりです。送別会では涙し、お見送りでも涙し、同僚たちを見送りました。 年度末怒涛の日程、新年度に向けて、あれよあれよで校務分掌も発表され、気持ちは平成28年度の準備。どことなく、ゆっくり。やることはあるのだけど、気持ちはゆっくり。何故だろう? 28年度は、初校務分掌をあてがわれたり、長年関わってきた分掌から外していただきました。バックアップ体制を構築したい。 学年末休業日以降、美 [続きを読む]
  • 益子に出向く
  •  学び研で栃木入り。どうせならば・・・で、益子まで足を延ばしました。 益子参考館に出向く。宇都宮でも梅がちらりほらり咲いていましたが、日も照っていて温かった。日曜美術館の再放送が流れていた。収集品が素晴らしい。ラスター彩といい、異国の民芸品の数々。 これには60年と15秒かかっています。  柄杓で釉薬を掛ける「流し掛け」の絵付け手法を編み出した浜田庄司が、「絵付けが15秒では短すぎる」と言われた時に反論 [続きを読む]